Iwao Dev

気付いたことをメモしています.

この画面は、簡易表示です

2018 / 5月

ループ部分の OpenMP 対応

効果は低かったが,OpenMP を利用したコードに書きなおしてみた.


//---	オリジナルのコード  ----------------------------------------------------------------
	Ld2A	lins ;
	{
		for (size_t indexVV=0 ; indexVV<vv_plf.size() ; indexVV++) {
			v_PLF	v_plf = vv_plf[indexVV] ;
			if (v_plf.size() == 0)		{	continue ;		}
			for (size_t indexV=0 ; indexV<v_plf.size() ; indexV++) {
				PLF	plf = v_plf[indexV] ;
				if (plf.Is_line()) {
					Vd4A	v4a = plf ;
					Vd3A	v3a = ::ToVd3A(v4a) ;
					Vd2A	v2a = ::ToVd2A(v3a) ;
					for (size_t indexL=1 ; indexL<v2a.size() ; indexL++) {
						Vd2	s = v2a[indexL-1] ;
						Vd2	e = v2a[indexL-0] ;
						Ld2	lin(s,e) ;
						lins.push_back(lin) ;
						}
					}
				}
			}
		}
//----	OpenMP 対応 ------------------------------------------------------------------------
Ld2A	PLF_to_Ld2A	(const v_PLF& v_plf)
{
	Ld2A	lins ;
	{
		for (size_t indexV=0 ; indexV<v_plf.size() ; indexV++) {
			PLF	plf = v_plf[indexV] ;
			if (plf.Is_line()) {
				Vd4A	v4a = plf ;
				Vd3A	v3a = ::ToVd3A(v4a) ;
				Vd2A	v2a = ::ToVd2A(v3a) ;
				for (size_t indexL=1 ; indexL<v2a.size() ; indexL++) {
					Vd2	s = v2a[indexL-1] ;
					Vd2	e = v2a[indexL-0] ;
					Ld2	lin(s,e) ;
					lins.push_back(lin) ;
					}
				}
			}
		}
	return	lins ;
	}

Ld2A	PLF_to_Ld2A	(const vv_PLF& vv_plf)
{
	Ld2A	lins ;
	{
		#ifdef	_OPENMP
			#pragma	omp	parallel for
		#endif
		for (long indexVV=0 ; indexVV<long(vv_plf.size()) ; indexVV++) {
			v_PLF	v_plf = vv_plf[indexVV] ;
			if (v_plf.size() == 0)		{	continue ;		}
			Ld2A	ln_a = ::PLF_to_Ld2A(v_plf) ;
			#ifdef	_OPENMP
				#pragma	omp	critical	(PLF_to_Ld2A)
			#endif
			{
				lins.insert(lins.end(),ln_a.begin(),ln_a.end()) ;
				}
			}
		}
	return	lins ;
	}

C:\Users\Iwao>C:\Temp\Test\Fill\GetX_1\ReleaseS.140\GetX_1.exe
31.856

C:\Users\Iwao>C:\Temp\Test\Fill\GetX_1\Release.140\GetX_1.exe
20.202

C:\Users\Iwao>

v_Vd2A	GetCross	(const vv_PLF& vv_plf,const Vd2& pt)
{
	Ld2A	lins = ::PLF_to_Ld2A(vv_plf) ;
	v_Vd2A	v_pnts ;
	{
		Vd2A	pnts ;
		pnts.push_back(pt) ;
		v_pnts.push_back(pnts) ;
		}
	{
		Ld2		lh(pt,pt+Vd2(1,0)) ; 
		Ld2		lv(pt,pt+Vd2(0,1)) ; 
		Vd2A	work_pnts ;
		#ifdef	_OPENMP
			#pragma	omp	parallel for
		#endif
		for (long index=0 ; index<long(lins.size()) ; index++) {
			Vd2	s = lins[index].S ;
			Vd2	e = lins[index].E ;
			Ed2	ext(s,e) ;
			Vd2	x ;
			if (get_cross_line(s,e,lh.S,lh.E,&x)) {
				if (::Is_point_in_extent(x,ext)) {
				//	pnts.push_back(x) ;
					}
				}
			if (get_cross_line(s,e,lv.S,lv.E,&x)) {
				if (::Is_point_in_extent(x,ext)) {
				//	pnts.push_back(x) ;
					}
				}
			{
				Vd2	h = ::get_near_on_line(s,e,pt) ;
				if (::Is_point_in_extent(h,ext)) {
					#ifdef	_OPENMP
						#pragma	omp	critical	(GetCross)
					#endif
					{
						work_pnts.push_back(h) ;
						if (work_pnts.size() > 10) {
							v_pnts.push_back(work_pnts) ;
							work_pnts.clear() ;
							}
						}
					}
				}
			}
		v_pnts.push_back(work_pnts) ;
		}
	return	v_pnts ;
	}


  にほんブログ村 IT技術ブログへ


VC 6 プロジェクトを VC 14 …

VC 6 プロジェクトを VC 14 に変換してビルドすると,

------ ビルド開始: プロジェクト:GetX_1, 構成:Release Win32 ------
C:\Program Files (x86)\MSBuild\Microsoft.Cpp\v4.0\V140\Microsoft.CppBuild.targets(367,5): warning MSB8004: Intermediate Directory does not end with a trailing slash.  This build instance will add the slash as it is required to allow proper evaluation of the Intermediate Directory.
C:\Program Files (x86)\MSBuild\Microsoft.Cpp\v4.0\V140\Microsoft.CppBuild.targets(368,5): warning MSB8004: Output Directory does not end with a trailing slash.  This build instance will add the slash as it is required to allow proper evaluation of the Output Directory.
  GetX_1.cpp
  GetX_1.vcxproj -> c:\Temp\Test\Fill\GetX_1\Release.140\GetX_1.exe
  GetX_1.vcxproj -> c:\Temp\Test\Fill\GetX_1\Release.140\GetX_1.pdb (Full PDB)
------ ビルド開始: プロジェクト:GetX_1, 構成:Debug Win32 ------
C:\Program Files (x86)\MSBuild\Microsoft.Cpp\v4.0\V140\Microsoft.CppBuild.targets(367,5): warning MSB8004: Intermediate Directory does not end with a trailing slash.  This build instance will add the slash as it is required to allow proper evaluation of the Intermediate Directory.
C:\Program Files (x86)\MSBuild\Microsoft.Cpp\v4.0\V140\Microsoft.CppBuild.targets(368,5): warning MSB8004: Output Directory does not end with a trailing slash.  This build instance will add the slash as it is required to allow proper evaluation of the Output Directory.
cl : コマンド ライン error D8016: コマンド ライン オプション '/ZI' と '/Gy-' は同時に指定できません
========== ビルド: 1 正常終了、1 失敗、0 更新不要、0 スキップ ==========


/ZI と /Gy- は,
 デバッグ情報の形式   : エディット コンティニュのプログラム データベース (/ZI)
 関数レベルでリンクする : いいえ (/Gy-)

「関数レベルでリンクする」をブランクに.


  にほんブログ村 IT技術ブログへ


RT-AC86U 追加 – 7

「AiProtection」-「脆弱性保護」のログ.

2018/05/10 08:23:49 27.92.169.109 156.232.254.26 404 /phpMyAdmin/phpMyAdmin/index.php GET     Mozilla/5.0
2018/05/10 08:23:49 27.92.169.109 156.232.254.26 404 /phpmyadmin/phpmyadmin/index.php GET     Mozilla/5.0
2018/05/10 08:23:46 27.92.169.109 156.232.254.26 404 /typo3/phpmyadmin/index.php GET     Mozilla/5.0
2018/05/10 08:23:45 27.92.169.109 156.232.254.26 404 /claroline/phpMyAdmin/index.php GET     Mozilla/5.0
2018/05/10 08:23:45 27.92.169.109 156.232.254.26 404 /pma-old/index.php GET     Mozilla/5.0
2018/05/10 08:23:42 27.92.169.109 156.232.254.26 404 /phpmyadmin-old/index.php GET     Mozilla/5.0
2018/05/10 08:23:42 27.92.169.109 156.232.254.26 404 /tools/phpMyAdmin/index.php GET     Mozilla/5.0
2018/05/10 08:23:39 27.92.169.109 156.232.254.26 404 /phpMyadmin_bak/index.php GET     Mozilla/5.0
2018/05/10 08:23:39 27.92.169.109 156.232.254.26 404 /xampp/phpmyadmin/index.php GET     Mozilla/5.0
2018/05/10 08:23:39 27.92.169.109 156.232.254.26 404 /myadmin2/index.php GET     Mozilla/5.0
2018/05/10 08:23:36 27.92.169.109 156.232.254.26 404 /phpmyadmin2/index.php GET     Mozilla/5.0
2018/05/10 08:23:35 27.92.169.109 156.232.254.26 404 /phpmyadmin1/index.php GET     Mozilla/5.0
2018/05/10 08:23:35 27.92.169.109 156.232.254.26 404 /phpmyadmin0/index.php GET     Mozilla/5.0
2018/05/10 08:23:32 27.92.169.109 156.232.254.26 404 /mysql-admin/index.php GET     Mozilla/5.0
2018/05/10 08:23:32 27.92.169.109 156.232.254.26 404 /mysqladmin/index.php GET     Mozilla/5.0
2018/05/10 08:23:32 27.92.169.109 156.232.254.26 404 /admin/phpmyadmin2/index.php GET     Mozilla/5.0
2018/05/10 08:23:29 27.92.169.109 156.232.254.26 404 /admin/phpmyadmin/index.php GET     Mozilla/5.0
2018/05/10 08:23:29 27.92.169.109 156.232.254.26 404 /admin/mysql2/index.php GET     Mozilla/5.0
2018/05/10 08:23:29 27.92.169.109 156.232.254.26 404 /admin/mysql/index.php GET     Mozilla/5.0
2018/05/10 08:23:28 27.92.169.109 156.232.254.26 404 /admin/PMA/index.php GET     Mozilla/5.0
2018/05/10 08:23:25 27.92.169.109 156.232.254.26 404 /web/phpMyAdmin/index.php GET     Mozilla/5.0
2018/05/10 08:23:25 27.92.169.109 156.232.254.26 404 /dbadmin/index.php GET     Mozilla/5.0
2018/05/10 08:23:25 27.92.169.109 156.232.254.26 404 /db/index.php GET     Mozilla/5.0
2018/05/10 08:23:22 27.92.169.109 156.232.254.26 404 /mysql/index.php GET     Mozilla/5.0
2018/05/10 08:23:22 27.92.169.109 156.232.254.26 404 /pmamy2/index.php GET     Mozilla/5.0
2018/05/10 08:23:22 27.92.169.109 156.232.254.26 404 /pmamy/index.php GET     Mozilla/5.0
2018/05/10 08:23:22 27.92.169.109 156.232.254.26 404 /PMA2/index.php GET     Mozilla/5.0
2018/05/10 08:23:18 27.92.169.109 156.232.254.26 404 /pma/index.php GET     Mozilla/5.0
2018/05/10 08:23:18 27.92.169.109 156.232.254.26 404 /pmd/index.php GET     Mozilla/5.0
2018/05/10 08:23:18 27.92.169.109 156.232.254.26 404 /phpMyAdmin/index.php GET     Mozilla/5.0
2018/05/10 08:23:18 27.92.169.109 156.232.254.26 404 /phpmyadmin/index.php GET     Mozilla/5.0
2018/05/10 08:23:18 27.92.169.109 156.232.254.26   /index.php GET     Mozilla/5.0
2018/05/10 08:23:18 27.92.169.109:80 156.232.254.26 404 /wls-wsat/CoordinatorPortType GET     Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:5.0) Gecko/20100101 Firefox/5.0

2018/05/21
時々,ブロックされた情報が更新されなくなるので,定期的に再起動させる設定に.
ルータの設定で,「詳細設定」「管理」-「システム」.
「基本設定」-「リブートスケジューラーの有効化」で「はい」に.
「再起動指定日」と「再起動指定時間」を設定.


2018/05/28
ブロック情報が更新されなくなると?,「リブートスケジューラー」の動作も効かなくなる.


2018/07/06
今日も「リブートスケジューラー」の再起動後正しく動作しなくなった.
ランプは全て白だったので有線 LAN は動作していたのかもしれない.
6/17 にも似た様な現象になったが,この時は WAN LED が赤だった?
結局,「リブートスケジューラー」は OFF にして様子見.


  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Note Station の設定

Note Station をインストールはしていたが,使用していなかった.
Synology NAS をもっと使えないかと調べていたら,このツールが Evernote と似た用途とあった.
DSM の「メインメニュー」から「Note Station」を選択.
起動直後に表示されるリンク,または「設定」ダイアログ内からデスクトップ版を入手.


デスクトップ版 Note Station は,QuickConnect だと簡単に接続できた.

モバイル版は,Synology サイトのここから入ってインストール.
同様に入ろうとするが,なぜか入れない.

この方法がわかり難かった.
「アプリケーション ポータル」で note を設定.

LAN 内であれば 192.168.x.xxx/note と指定することで開ける様になった.


2018/05/13
「File Station」のスマートフォン版「DS File」.
PC からのアクセス(ブラウザで ds116/file)はうまく動作するのに,DS file ではログインできないでいた.
が,今日操作すると入れるようになっている.
その間に弄ったところで思いつくのは,AC86U の「ポートフォワーディング」の設定.
WebDAV http 5005 192.168.1.216 TCP
WebDAV https 5006 192.168.1.216 TCP
設定を外しても動作しているので詳細は不明.


  にほんブログ村 IT技術ブログへ


RT-AC86U 追加 – 6

AiProtection で検出されていない?
よくわからないので,とりあえずルータを再起動.
その後は検出されるようになった.


2018/05/08 また,リストには表示されなくなっている.

試しに pixel.bilinmedia.net にアクセスすると,

保護はされているみたい.


先日設定した「アラート設定」だが,うまく動作していない?


AiProtection で検索していたら,動作テストのページへのリンクがあった.
ウイルスバスターCorp. 11.0, XG のWebレピュテーション機能テスト方法
不審接続監視機能(C&Cコンタクトアラート)の概要および設定の有効化について


2018/11/13
先日の再起動(2018/11/05)以来,AiProtection の動作リストは正しく表示されている.


  にほんブログ村 IT技術ブログへ


RT-AC86U 追加 – 5

追加してから 10 日程になる.今の所安定していると思う.
ただ少し気になるのが,スマートフォンからの「ネットワーク診断」.
うまくいくこともあるが,時々次の様な状態.

問題なく動作していると思うが,何で?


  にほんブログ村 IT技術ブログへ


RT-AC86U 追加 – 4

AiProtection のログを見ると,かなりの件数.


これだけでも ASUS のルータにする価値はありそう.


2018/05/22
昨日届いたフィッシングメール.
そこにアクセスすると,


  にほんブログ村 IT技術ブログへ



    top

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。