Iwao Dev

気付いたことをメモしています.

この画面は、簡易表示です

メモ

ファイルの検索

あるフォルダ内のファイルを列挙するコード 

MFC
v_tstring	EnumFiles_MFC	(c_tstring& path,const bool skipDot=true)
{
	v_tstring	foundFiles ;
	{
		iFileFind	ff ;
		BOOL		isWorking = ff.FindFile((::Path_AddLastSP(path)+_T("*.*")).c_str()) ;
		while	(isWorking)	{
			 	isWorking = ff.FindNextFile() ;
			if (skipDot && ff.IsDots()) {	continue ;	}
			tstring	fileName = ff.GetFileName() ;
			if (ff.IsDirectory()) {
				fileName = ::Path_AddLastSP(fileName) ;
				}
			foundFiles.push_back(::Path_AddLastSP(path)+fileName) ;
			}
		}
	return	foundFiles ;
	}

MSC
v_tstring	EnumFiles_MSC	(c_tstring& path,const bool skipDot=true)
{
	v_tstring	foundFiles ;
	{
		tstring	fffPath = ::Path_AddLastSP(path)+_T("*.*") ;
		WIN32_FIND_DATA	fd ;
		memset(&fd,0,sizeof(WIN32_FIND_DATA)) ;
		HANDLE	hFind = ::FindFirstFile(fffPath.c_str(),&fd) ;
		if (hFind != INVALID_HANDLE_VALUE) {
			while	(TRUE)	{
				tstring	fileName = fd.cFileName ;
				if (skipDot) {
					if (fileName == _T("."))   {	fileName = _T("") ;	}
					if (fileName == _T(".."))  {	fileName = _T("") ;	}
					}
				if (!fileName.empty()) {
					if (fd.dwFileAttributes & FILE_ATTRIBUTE_DIRECTORY) {
						fileName = ::Path_AddLastSP(fileName) ;
						}
					foundFiles.push_back(::Path_AddLastSP(path)+fileName) ;
					}
				if (!::FindNextFile(hFind,&fd)) {
					break ;
					}
				}
			::FindClose(hFind) ;
			}
		}
	return	foundFiles ;
	}

GNUC
v_tstring	EnumFiles_GNUC	(c_tstring& path_,const bool skipDot=true)
{
	tstring 	path = path_ ;
	v_tstring	foundFiles ;
	{
		DIR*	dp = ::opendir(path.c_str()) ;
		struct	dirent*	dent = NULL ;
		do	{
			dent = readdir(dp) ;
			if (dent != NULL)	{
				tstring	fileName = dent->d_name ;
				if (skipDot) {
					if (fileName == _T("."))   {	continue ;	}
					if (fileName == _T(".."))  {	continue ;	}
					}
				if (dent->d_type & DT_DIR) {
					fileName = ::Path_AddLastSP(fileName) ;
					}
				foundFiles.push_back(::Path_AddLastSP(path)+fileName) ;
				}
			}	while (dent != NULL) ;
		::closedir(dp) ;
		}
	return	foundFiles ;
	}

MFC 版で,iFileFind としているのは,VC 6 MFC MBCS 版でのバグのため.

class	iFileFind	:	public	CFileFind	{
	public:
		virtual	CString GetFilePath() const	{
			ASSERT(m_hContext != NULL);
			ASSERT_VALID(this);
			CString strResult = m_strRoot;
			#ifdef	____VC_6_______MBCS_BUG___
			{
				if (strResult[strResult.GetLength()-1] != '\\' &&
					strResult[strResult.GetLength()-1] != '/')	{
					strResult += m_chDirSeparator;
					}
				}
			#else
			{
				LPCTSTR pszResult;
				LPCTSTR pchLast;
				pszResult = strResult;
				pchLast = _tcsdec( pszResult, pszResult+strResult.GetLength() );
				VERIFY(pchLast!=NULL);
				if ((*pchLast != _T('\\')) && (*pchLast != _T('/')))	{
					strResult += m_chDirSeparator;
					}
				}
			#endif
			strResult += GetFileName();
			return strResult;
			}
		} ;

MFC 7 以降であれば,CFileFind として利用可能.


i_FileF.hxx
EnumFile.hxx


  にほんブログ村 IT技術ブログへ


vector<Xxxx<T>> の利用でのエラー

template <class T> Extent2<T> E2_GetExtent (const std::vector<VLine2<T>>& lins)     //  エラー
template <class T> Extent2<T> E2_GetExtent (const std::vector< VLine2<T> >& lins)   //  OK

vector<VLine2<T>> の様にスペースがないとエラーになる.
vector< VLine2<T> > の様に空ければ OK .


  にほんブログ村 IT技術ブログへ


ActiveX.exe , ActiveX.dll の登録

何年かに 1 度ある問合せ.普段あまりやってないとすぐ忘れてしまう.

dll や ocx の登録は,RegSvr32 .
 管理者として起動したコマンドプロンプトで,以下の様に入力して登録できる.
  RegSvr32.exe ActiveX.dll
 RegSvr32 で ocx などの登録
 OCX x64
exe は,管理者として起動したコマンドプロンプトで実行.
  ActiveX.exe
 IIS 環境の再設定


  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Magical Finder + WN-AC1167R

moto g5 を Android 8.1 に更新した.

ダウンロードする所の評価はかなり低いが…
Android 7 の時もそうだったが,特に問題なし.

「Web設定画面を開く」で,正しく開くことができる.


Magical Finder は,IPv4 のアドレスを調べる程度の利用.
今は ASUS Router アプリ があるので,あまり必要ではない.


  にほんブログ村 IT技術ブログへ


STL(Stereolithography) 読込みで…

STL(Stereolithography,Standard Triangulated Language) バイナリ読込みで,VC 14 でビルドした exe でダウンする.
VC 6 でビルドしたものは通っているが,たまたまエラーにならなかっただけ.
コードは,

    {
        size_t  hStart = 0 ;
        v_char  head ;
        head.resize(STL_B_HEADER_SIZE+100,0x00) ;
        memmove(&head,&readBuf[hStart],sizeof(STL_B_HEADER_SIZE)) ;
        stl.SetName(::To_tstring(head).c_str()) ;
        }

::To_tstring で head を利用した時にエラーとなる.
ここをコメントにすると,ブロックを抜けた時に head の解放?でエラーになる.


memmove で &head ではなく &head[0] としなければならない.

正しくは,

    {
        size_t	hStart = 0 ;
        v_char	head ;
        head.resize(STL_B_HEADER_SIZE+100,0x00) ;
        memmove(&head[0],&readBuf[hStart],STL_B_HEADER_SIZE) ;
        stl.SetName(::To_tstring(head).c_str()) ;
        }

v_char は次の様に定義.
 typedef std::vector<char> v_char ;


  にほんブログ村 IT技術ブログへ


3D ファイルの表示で黒?

個人的な形式の ipl .直接読込んで OpenGL で表示する様にコードを修正中…
表示すると黒くなる.

STL などはそれなりの色で表示される.
ワイヤフレームなどでは,色で表示されている.
原因は,ipl では法線ベクトルを持っていないので 0,0,0 として表示されていた.


  にほんブログ村 IT技術ブログへ


wordpress で更新できない

次の所を編集しようとして,「更新」を押しても反映されない.
https://mish.myds.me/wordpress/i-tools/about/
元に戻ってしまう.
一度ログアウトして,再度入ろうとすると入れない.
Synology NAS DS116 を再起動することで対応.



  にほんブログ村 IT技術ブログへ


C1076 ヒープの領域を…

——————–構成: MkCmf – Win32 Debug——————–
コンパイル中…
ComPrj03.cpp
c:\program files\microsoft visual studio\vc98\include\comip.h(46) : fatal error C1076: コンパイラの制限 : ヒープの領域を使い果たしました; 上限を設定するために /Zm オプションを使用してください。
cl.exe の実行エラー
ComPrj03.obj – エラー 1、警告 0

MSDN /Zm

コンパイルのオプションに,/Zm150 を追加.


  にほんブログ村 IT技術ブログへ


template でのキャスト

次の様なベクトルの template .

	template <typename T>
	struct	Vector3 {
	//	...
		void	Normalize	(void)	{
			if (Length() > 0) {
				double	s = 1.0f / Length() ;
				x *= s;
				y *= s;
				z *= s;
				}
			}
	//	...
		T	x ;
		T	y ;
		T	z ;
		} ;	

double の時は問題ないが,float だとワーニング.
T(value) として対応.

				double	s = 1.0f / Length() ;
				x = T(x*s) ;
				y = T(y*s) ;
				z = T(z*s) ;	

  にほんブログ村 IT技術ブログへ



    top

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。