Iwao Dev

気付いたことをメモしています.

この画面は、簡易表示です

VC

std::setprecision

次の様なコードでビルドすると,
std::tout << … << std::setprecision(4) << x << _T(“\t”) << y << std::endl ;


——————–構成: GetX_5 – Win32 Debug——————–
コンパイル中…
GetX_5.cpp
c:\…\getx_5\getx_5.cpp(256) : error C2039: ‘setprecision’ : ‘std’ のメンバではありません。
c:\…\getx_5\getx_5.cpp(256) : error C2065: ‘setprecision’ : 定義されていない識別子です。
cl.exe の実行エラー
GetX_5.exe – エラー 2、警告 0


iomanip のインクルードが必要.



  にほんブログ村 IT技術ブログへ


VC 6 プロジェクトを VC 14 …

VC 6 プロジェクトを VC 14 に変換してビルドすると,

------ ビルド開始: プロジェクト:GetX_1, 構成:Release Win32 ------
C:\Program Files (x86)\MSBuild\Microsoft.Cpp\v4.0\V140\Microsoft.CppBuild.targets(367,5): warning MSB8004: Intermediate Directory does not end with a trailing slash.  This build instance will add the slash as it is required to allow proper evaluation of the Intermediate Directory.
C:\Program Files (x86)\MSBuild\Microsoft.Cpp\v4.0\V140\Microsoft.CppBuild.targets(368,5): warning MSB8004: Output Directory does not end with a trailing slash.  This build instance will add the slash as it is required to allow proper evaluation of the Output Directory.
  GetX_1.cpp
  GetX_1.vcxproj -> c:\Temp\Test\Fill\GetX_1\Release.140\GetX_1.exe
  GetX_1.vcxproj -> c:\Temp\Test\Fill\GetX_1\Release.140\GetX_1.pdb (Full PDB)
------ ビルド開始: プロジェクト:GetX_1, 構成:Debug Win32 ------
C:\Program Files (x86)\MSBuild\Microsoft.Cpp\v4.0\V140\Microsoft.CppBuild.targets(367,5): warning MSB8004: Intermediate Directory does not end with a trailing slash.  This build instance will add the slash as it is required to allow proper evaluation of the Intermediate Directory.
C:\Program Files (x86)\MSBuild\Microsoft.Cpp\v4.0\V140\Microsoft.CppBuild.targets(368,5): warning MSB8004: Output Directory does not end with a trailing slash.  This build instance will add the slash as it is required to allow proper evaluation of the Output Directory.
cl : コマンド ライン error D8016: コマンド ライン オプション '/ZI' と '/Gy-' は同時に指定できません
========== ビルド: 1 正常終了、1 失敗、0 更新不要、0 スキップ ==========


/ZI と /Gy- は,
 デバッグ情報の形式   : エディット コンティニュのプログラム データベース (/ZI)
 関数レベルでリンクする : いいえ (/Gy-)

「関数レベルでリンクする」をブランクに.



  にほんブログ村 IT技術ブログへ


コンソール AP で C2065 C2059

コンソール AP で,ビルドすると

--------------------構成: T_S_xxx - Win32 Debug--------------------
コンパイル中...
T_S_xxx.cpp
\\devs\documents\develop\_.src\_yet\winmfc.hxx(68) : error C2065: 'CListCtrl' : 定義されていない識別子です。
\\devs\documents\develop\_.src\_yet\winmfc.hxx(68) : error C2065: 'ctrl' : 定義されていない識別子です。
\\devs\documents\develop\_.src\_yet\winmfc.hxx(68) : error C2059: 構文エラー : 'const'
\\devs\documents\develop\_.src\_yet\winmfc.hxx(68) : error C2143: 構文エラー : ';' が '{' の前に必要です。
\\devs\documents\develop\_.src\_yet\winmfc.hxx(68) : error C2447: '<L_PROPERTY>' : 関数ヘッダがありません (旧形式の仮引数リスト?)
...
\\devs\documents\develop\_.src\_yet\list.hxx(159) : error C2061: 構文エラー : 識別子 'CListCtrl' がシンタックスエラーを起こしました。
\\devs\documents\develop\_.src\_yet\list.hxx(169) : error C2061: 構文エラー : 識別子 'CListCtrl' がシンタックスエラーを起こしました。
...
\\devs\documents\develop\_.src\...\.....cpp(2017) : fatal error C1903: 直前のエラーを修復できません; コンパイルを中止します。
cl.exe の実行エラー

T_S_xxx.exe - エラー 24、警告 0

#include <AfxCmn.h> を追加.



  にほんブログ村 IT技術ブログへ

  • Categories:

空のコンソール AP で C2065 C2146

空のコンソール AP プロジェクトで,ビルドすると

--------------------構成: MkBG_up - Win32 Debug--------------------
コンパイル中...
MkBG_up.cpp
\\devs\documents\develop\_.src\__cpr_\straryfn.hxx(254) : error C2065: 'MessageCon' : 定義されていない識別子です。
\\devs\documents\develop\_.src\__cpr_\straryfn.hxx(254) : error C2146: 構文エラー : ';' が、識別子 'bar' の前に必要です。
\\devs\documents\develop\_.src\__cpr_\straryfn.hxx(254) : error C2065: 'bar' : 定義されていない識別子です。
\\devs\documents\develop\_.src\__cpr_\straryfn.hxx(258) : error C2228: '.SetBarInc' : 左側がクラス、構造体、共用体ではありません。
\\devs\documents\develop\_.src\__iwao\messbar.hxx(23) : warning C4005: 'MessageBar' : マクロが再定義されました。
        s:\develop\vc_test\_3d\mkbg_up\mkbg_up.cpp(19) : 'MessageBar' の前の定義を確認してください
\\devs\documents\develop\_.src\__cpr_\openfile.hxx(56) : error C2146: 構文エラー : ';' が、識別子 'bar' の前に必要です。
\\devs\documents\develop\_.src\__cpr_\openfile.hxx(66) : error C2228: '.SetBarInc' : 左側がクラス、構造体、共用体ではありません。
\\devs\documents\develop\_.src\__iwao\enumfile.hxx(342) : error C2146: 構文エラー : ';' が、識別子 'bar' の前に必要です。
\\devs\documents\develop\_.src\__iwao\enumfile.hxx(346) : error C2228: '.SetBarInc' : 左側がクラス、構造体、共用体ではありません。
\\devs\documents\develop\_.src\__iwao\enumfile.hxx(412) : error C2146: 構文エラー : ';' が、識別子 'bar' の前に必要です。
\\devs\documents\develop\_.src\__iwao\enumfile.hxx(419) : error C2228: '.SetBarMax' : 左側がクラス、構造体、共用体ではありません。
\\devs\documents\develop\_.src\__iwao\enumfile.hxx(420) : error C2228: '.SetBarInc' : 左側がクラス、構造体、共用体ではありません。
....
\\devs\documents\develop\_.src\__iwao\f_copyfn.hxx(66) : error C2146: 構文エラー : ';' が、識別子 'bar' の前に必要です。
\\devs\documents\develop\_.src\__iwao\f_copyfn.hxx(67) : error C2228: '.SetBar' : 左側がクラス、構造体、共用体ではありません。
\\devs\documents\develop\_.src\__iwao\f_copyfn.hxx(68) : error C2228: '.SetBar' : 左側がクラス、構造体、共用体ではありません。
\\devs\documents\develop\_.src\__iwao\f_copyfn.hxx(72) : error C2228: '.SetBarInc' : 左側がクラス、構造体、共用体ではありません。
cl.exe の実行エラー

MkBG_up.exe - エラー 53、警告 1

リビルドすると通る.


「プリコンパイル済みヘッダーを自動的に使用」になっているためで,
「プリコンパイル済みヘッダを使用しない」にするか,pch を正しく指定する.


半年ほど前にも同じ記事を書いてた.



  にほんブログ村 IT技術ブログへ

  • Categories:

VC 6 LNK2001 __beginthreadex

空のコンソール AP プロジェクトで,Afx.h を追加でインクルードしてビルドすると,

--------------------構成: MkBG_up - Win32 Debug--------------------
リンク中...
nafxcwd.lib(thrdcore.obj) : error LNK2001: 外部シンボル "__endthreadex" は未解決です
nafxcwd.lib(thrdcore.obj) : error LNK2001: 外部シンボル "__beginthreadex" は未解決です
c:\Temp\Test_3D\MkBG_up\Debug.060/MkBG_up.exe : fatal error LNK1120: 外部参照 2 が未解決です。
link.exe の実行エラー
MkBG_up.exe - エラー 3、警告 0

プロジェクトの設定で「共有 DLL で MFC を使用」などに変更.



  にほんブログ村 IT技術ブログへ


template の利用

//*******************************************************************************
//	Name	: Vxx_tstr.hxx
//		: Vxx --> tstring
//	Create	: 2014/01/22
//*******************************************************************************
#pragma		once
#include	"i_vector.hxx"
#include	"Vector.hxx"
#include	"T_tstrng.hxx"

inline	tstring	x_To_tstring	(const i_64	v)	{	return	::i64tot	(v,10) ;	}
inline	tstring	x_To_tstring	(const u_64	v)	{	return	::u64tot	(v,10) ;	}
inline	tstring	x_To_tstring	(const long	v)	{	return	::i64tot	(v,10) ;	}
inline	tstring	x_To_tstring	(const int	v)	{	return	::i64tot	(v,10) ;	}
inline	tstring	x_To_tstring	(const float	v)	{	return	::To_tstring_rz	(v,0, 7) ;	}
inline	tstring	x_To_tstring	(const double	v)	{	return	::To_tstring_rz	(v,0,15) ;	}

template  <class V2>	tstring	V2_To_tstring(const V2& vt,LPCTSTR sp=_T(" "))
{
	tstring	str = ::x_To_tstring(vt.x) + sp ;
		str+= ::x_To_tstring(vt.y) + sp ;
	return	str ;
	}
template  <class V2>	tstring	V2_To_tstring(const std::vector<V2>& va,LPCTSTR sp2=_T("\t"),LPCTSTR sp=_T("\r\n"))
{
	tstring	str ;
	for (size_t index=0 ; index<va.size() ; index++) {
		str += ::V2_To_tstring<V2>(va[index],sp2) + sp ;
		}
	return	str ;
	}

次の様にすると, tstring pt_str = ::V2_To_tstring(pt2) ; C:\...\T_SplVw.cpp(99) : error C2667: 'V2_To_tstring' : 2 個のオーバーロード関数があいまいで最適な変換ができません。 C:\...\T_SplVw.cpp(99) : error C2668: 'V2_To_tstring' : オーバーロード関数の呼び出しを解決することができません。(新機能 ; ヘルプを参照)

呼出し方法を忘れるので…
  Vl2A pt2 ;
  tstring pt_str = ::V2_To_tstring<Vl2>(pt2) ;
他にも,
  ::V2_To_tstring<Vd2>(::ToVd2A(tuvs)) ;



  にほんブログ村 IT技術ブログへ


空のコンソール AP でビルドすると

空のコンソール AP プロジェクトを追加して,何度かビルドしていると…

--------------------構成: up_nView - Win32 Debug--------------------
コンパイル中...
up_nView.cpp
\\devs\...\__cpr_\straryfn.hxx(254) : error C2065: 'MessageCon' : 定義されていない識別子です。
\\devs\...\__cpr_\straryfn.hxx(254) : error C2146: 構文エラー : ';' が、識別子 'bar' の前に必要です。
\\devs\...\__cpr_\straryfn.hxx(254) : error C2065: 'bar' : 定義されていない識別子です。
\\devs\...\__cpr_\straryfn.hxx(258) : error C2228: '.SetBarInc' : 左側がクラス、構造体、共用体ではありません。
\\devs\...\__iwao\messbar.hxx(23) : warning C4005: 'MessageBar' : マクロが再定義されました。
        c:\documents...\up_nview\up_nview.cpp(19) : 'MessageBar' の前の定義を確認してください
Message::SetMessage      No Support MsgStr
\\devs\...\__iwao\enumfile.hxx(342) : error C2146: 構文エラー : ';' が、識別子 'bar' の前に必要です。
\\devs\...\__iwao\enumfile.hxx(346) : error C2228: '.SetBarInc' : 左側がクラス、構造体、共用体ではありません。
\\devs\...\__iwao\enumfile.hxx(412) : error C2146: 構文エラー : ';' が、識別子 'bar' の前に必要です。
\\devs\...\_.src\__iwao\enumfile.hxx(419) : error C2228: '.SetBarMax' : 左側がクラス、構造体、共用体ではありません。
\\devs\...\develop\_.src\__iwao\enumfile.hxx(420) : error C2228: '.SetBarInc' : 左側がクラス、構造体、共用体ではありません。
...
cl.exe の実行エラー
up_nView.exe - エラー 31、警告 1

「プリコンパイル済みヘッダーを自動的に使用」になっていることがあるので「…使用しない」に.



  にほんブログ村 IT技術ブログへ

  • Categories:

データの送信 socket

3D データをアップするのに,複数のファイルを指定するのが面倒
調べてみると socket でいけそう?


利用するのは Win AP なので,MFC で良いかと思い調べると
CAsyncSocket や CSocket は適切ではないとのこと.
プログラミング Visual C++.NET Vol.2 活用編
 第28章 インターネット通信の基礎 313 ページ
 28.3.2 MFC の Winsock クラス


参考になるコードを探したが,その範囲でわかりやすかったのがここ.
http://www.katto.comm.waseda.ac.jp/~katto/
http://www.katto.comm.waseda.ac.jp/~katto/Class/GazoTokuron/code/socket.html
但し,そのままのコードではコンパイルエラーなどが少しあったので修正.
また,#ifdef _MSC_VER で一つのコードに.
sock_tcp.zip
VC 6 と DS115j でビルドし動作を確認.
ここまでの範囲では,クライアントからサーバに固定の文字列を送信.
LAN 内の PC と NAS などで相互に確認済み.


tcp_s.cpp のコードを一部修正.
 char buffer[BUFFER_SIZE+10]; // +10 の大きさに
 受信部分で
  while(1) {
    memset(&buffer,0,sizeof(buffer)) ; // バッファのクリアを追加
    numrcv = recv(dstSocket, buffer, BUFFER_SIZE, 0);
    …
    }


サーバ側の tcp_s.exe を実行.
次の様な html を用意して,ブラウザで開く.
 <!DOCTYPE html>
   <html lang=”ja” >
   <head >
    <meta charset=”UTF-8″ />
    </head>
   <body >
    <form action=”http://localhost:9876/” method=”post” enctype=”multipart/form-data”>
     <input type=”file” name=”fname”>
     <input type=”submit” value=”upload”>
     </form>
    </body>
   </html>
 何も指定せずに「upload」.


C:\…\Iwao>”C:\…\tcp\tcp_s\Release\tcp_s.exe”
Waiting for connection …
Connected from 127.0.0.1
received: POST / HTTP/1.1
Accept: image/gif, image/x-xbitmap, image/jpeg, image/pjpeg, application/x-shockwave-flash, application/x-ms-application, application/x-ms-xbap, appli
cation/vnd.ms-xpsdocument, application/xaml+xml, application/vnd.ms-excel, application/ms
received: word, */*
Referer: http://ds115j/Test/test_up/test_up.htm
Accept-Language: ja
Content-Type: multipart/form-data; boundary=—————————7e13a71ce4098a
Accept-Encoding: gzip, deflate
User-Agent: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows N
received: T 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C; .NET4.0E)
Host: localhost:9876
Content-Length: 195
Connection: Keep-Alive
Cache-Control: no-cache
 
—————————
received: –7e13a71ce4098a
Content-Disposition: form-data; name=”fname”; filename=””
Content-Type: application/octet-stream
  
  
—————————–7e13a71ce4098a–
  
  
C:\…\Iwao>


ClassicASP や ASP.NET でのファイルのアップロード
 ASP を使用して Web サーバーにファイルをアップロードする方法
 IIS7 ファイルアップロード用ページを簡単に作成する方法
ASP.NET の方は動作確認済み.


http://www.geekpage.jp/
http://www.geekpage.jp/programming/winsock/



  にほんブログ村 IT技術ブログへ


EnumFilesTree で無限ループ

フォルダ以下の全てのファイルを列挙する関数

v_tstring	EnumFilesTree	(LPCTSTR path)
{
	v_tstring	foundFiles = ::EnumFiles(path) ;
	v_tstring	foundFolds = ::ExtractFolders(foundFiles) ;
	for (size_t index=0 ; index<foundFolds.size() ; index++) {
		tstring		subFold = foundFolds[index] ;
		v_tstring	chFiles = ::EnumFiles(subFold.c_str()) ;
		v_tstring	chFolds = ::ExtractFolders(chFiles) ;
		foundFolds.insert(foundFolds.end(),chFolds.begin(),chFolds.end()) ;
		foundFiles.insert(foundFiles.end(),chFiles.begin(),chFiles.end()) ;
		}
	return	foundFiles ;
	}

今まで特に問題なく動作していたが,
先週末 VC 14 i3DV のデバッグ版を実行すると無限ループに.
Release 版や,VC 12 のデバッグ版などでは OK .


昨日は,別の PC 環境だったため再現せず.


今日デバッガを使用して調査すると,
 フォルダの「作成日時」が正しくない.
 /wordpress/dev/2016/09/15/
そのため,_wstat64 が正しく帰ってこない.


v_tstring	EnumFiles	(LPCTSTR path_,const bool skipDot=true)
{
	tstring	path = ::Path_DelLastSP(path_) ;
	if (!File_IsDirectory(path.c_str()))	{
		path = ::Path_GetDir(path) ;
		}
	v_tstring	foundFiles ;
	#if		defined	__GNUC__
		foundFiles = ::EnumFiles_GNUC	(path,skipDot) ;
	#elif	defined	_MFC_VER
		foundFiles = ::EnumFiles_MFC	(path,skipDot) ;
	#elif	defined	_MSC_VER
		foundFiles = ::EnumFiles_MSC	(path,skipDot) ;
	#endif
	return	foundFiles ;
	}

ここの,File_IsDirectory(…) で,stat を利用している.


次の様に ::GetFileAttributes(…) の判断を追加.

	if (!::File_IsDirectory(path.c_str()))	{
		#if	(_MSC_VER == 1900)
		{
			if (!::FA_Is_Directory(path)) {
				path = ::Path_GetDir(path) ;
				}
			}
		#else
		{
			path = ::Path_GetDir(path) ;
			}
		#endif
		}

EnumFile.hxx



  にほんブログ村 IT技術ブログへ



    top

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。