Iwao Dev

気付いたことをメモしています.

この画面は、簡易表示です

Joomla! の更新

先日 Synology NAS に Joomla! をインストールした.
まだ使い方を理解できてないので,これでサイトを管理するには「ほど遠い」状態.


Synology NAS でのアップデートは,ここにある「更新のインストール」で行うのが簡単と思われる.
Joomla! パッケージ更新
Joomla! パッケージ更新



Raspberry Pi 再起動コマンド

ちょっと原因がわからないが「ジブン専用パソコンキット2」の HDMI 接続の画面が表示されなくなった.
リモートデスクトップや SSH では接続可能な状態.
Linux なので,端末から操作できるはずと思い検索すると
Raspberry Pi シャットダウンコマンド
shutdown – システムを終了する
shutdown -h now
“sudo shutdown -h now” を入力.
起動すると,ちゃんと画面は表示されている.何だったのだろう?


「Raspberry Pi の設定」-「インターフェイス」に「VNC」の設定があったので,VNC 接続を試してみた.
設定を「有効」にして,RealVNC のサイトからダウンロード.
Raspberry Pi の VNC Viewer での表示
リモートデスクトップ(RDP)とは違い,VNC 接続では画面の表示状態を転送しているらしい.
RDP は,キーボードや画面などをつなぎ変えて利用している感じ.Raspberry Pi 本体の表示とは異なる.
それに対して VNC は,追加でキーボードや画面をつなげた様な感じ.本体の表示と同様.
VNC は,リモートアシスタンスの動作に近い?


VNC で,Scratch 1.4 は正しく起動し表示できる.
Minecraft Pi は,起動はするがウィンドウ内が表示されないみたい.



xml の読込み – 2

昨日の xml 読込み で,データが大きい場合に比例ではなく極端に遅くなる?
それで,次の様なコードで計測してみた.

bool Test (c_tstring& str)
{
    for (size_t index=0 ; index<str.size() ; index++) {
        ElapseTime et ;
        tstring s_str = ::Parse_xml_quot(str,_T('|'), &index) ;
        std::cerr << ::To_tstring_Ki(long(s_str.size())) << _T("\t") << et.GetElapse() << std::endl ;
        }
    return true ;
    }

bool Test (void)
{
    tstring outPath = ::Get_i_Tools_tmp_date() ;
    tstring now_hms = ::Now_Format(_T("%H%M%S")) ;
    tstring out_txt = ::Path_AddLastSP(outPath) + now_hms + _T(".txt") ;
    tstring outrtxt = ::Path_AddLastSP(outPath) + now_hms + _T("_.txt") ;
    tstring str ;
    {
        v_tstring strAry ;
        {
            tstring str_1000 ;
            {
                tstring str_10 = _T("0123456789") ;
                for (long indexS=0 ; indexS<100 ; indexS++) {
                    str_1000 += str_10 ;
                    }
                }
            for (long index=0 ; index<2000 ; index++) {
                strAry.push_back(str_1000) ;
                }
            }
        str = ::String_Join_Line(strAry) ;
        }
    str[0] = _T('|') ;
    str += _T('|') ;
    size_t len = str.length() ;
    while (len > 100) {
        len = len/2 ;
        str[len-0] = _T('|') ;
        str[len-1] = _T('|') ;
        }
    {
        tstring tmp = str ;
        v_tstring tmpAry = ::String_Split(tmp.c_str(),false) ;
        tmpAry = ::SkipEmpty(tmpAry) ;
        str = ::String_Join_Line(tmpAry) ;
        }
    {
        ::SaveUTF8(out_txt.c_str(),str) ;
        ::Test(str) ;
        }
    {
        tstring rev = str ;
        {
            std::reverse(rev.begin(),rev.end()) ;
            v_tstring revAry = ::String_Split(rev.c_str(),false) ;
            revAry = ::SkipEmpty(revAry) ;
            rev = ::String_Join_Line(revAry) ;
            }
        ::SaveUTF8(outrtxt.c_str(),rev) ;
        ::Test(rev) ;
        }
    return true ;
    }

DS116 では,比例と思われる.

login as: Iwao
Iwao@DS116's password:
Iwao@DS116:~$ source ./set_ds_inc.sh
Iwao@DS116:~$ cd gcc_test/Test/T_P_xm_q/
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/T_P_xm_q$ g++ T_P_xm_q.cpp
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/T_P_xm_q$ ll
total 204
drwxrwxrwx+  2 Iwao users   4096 Jan  8 14:10 .
drwxrwxrwx+ 10 Iwao users   4096 Jan  8 14:09 ..
-rwxrwxrwx   1 Iwao users 183528 Jan  8 14:10 a.out
-rwxrwxrwx+  1 Iwao users   3009 Jan  8 13:59 T_P_xm_q.cpp
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/T_P_xm_q$ ./a.out
     61         0.000384092
     61         6.10352e-05
    122         5.31673e-05
    245         5.19753e-05
    489         6.29425e-05
    979         8.70228e-05
  1.91 K        0.000140905
  3.82 K        0.000212908
  7.64 K        0.000381947
 15.29 K        0.000729799
 30.58 K        0.00145721
 61.16 K        0.0028069
122.32 K        0.00562811
244.63 K        0.011224
489.26 K        0.0223849
978.52 K        0.0462639
      0         5.38826e-05
      0         3.91006e-05
978.52 K        0.045109
489.26 K        0.022413
244.63 K        0.0112309
122.32 K        0.00556397
 61.16 K        0.00286198
 30.58 K        0.00143504
 15.29 K        0.000734806
  7.64 K        0.000383139
  3.82 K        0.000211
  1.91 K        0.000123024
    979         8.51154e-05
    489         6.19888e-05
    245         5.00679e-05
    122         4.3869e-05
     61         4.00543e-05
     61         3.91006e-05
      0         3.31402e-05
      0         3.31402e-05
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/T_P_xm_q$

VC 6 は比例でなく,もっとかかっている.VC 14 では問題ない.VC 8 以降?は大丈夫だと思う.

C:\Users\Iwao>C:\Users\Iwao\AppData\Local\Temp\MICS.tmp\Temp\Test.exe\T_P_xm_q.exe
     61         0
     61         0
    122         0
    245         0
    489         0
    979         0
  1.91 K        0
  3.82 K        0
  7.64 K        0
 15.29 K        0
 30.58 K        0.016
 61.16 K        0.016
122.32 K        0.109
244.63 K        0.531
489.26 K        2.433
978.52 K        14.68
      0         0
      0         0
978.52 K        14.664
489.26 K        1.342
244.63 K        0.374
122.32 K        0.125
 61.16 K        0.016
 30.58 K        0.015
 15.29 K        0
  7.64 K        0
  3.82 K        0
  1.91 K        0
    979         0
    489         0
    245         0
    122         0
     61         0
     61         0
      0         0
      0         0

C:\Users\Iwao>

parse_xml_quot をグラフ化
修正のコードは,

tstring Parse_xml_quot (c_tstring& str,const TCHAR qm,size_t* index)
{
    tstring q_str ;
    if (*index < str.length()) {
        TCHAR c = str[*index] ;
        if (c == qm) {
            /*
            q_str += c ;
            for (size_t indexQ=*index+1 ; indexQ<str.size() ; indexQ++) {
                TCHAR cq = str[indexQ] ;
                q_str += cq ;
                if (cq == qm) {
                    *index = indexQ ;
                    break ;
                    }
                }
            */
            size_t pos = ::String__Find(str,qm,*index+1) ;
            if (pos == tstring::npos) {
                q_str = str.substr(*index) ;
                *index = str.length() ;
                }
            else {
                size_t q_len = pos+1 - *index ;
                q_str = str.substr(*index,q_len) ;
                *index = pos ;
                }
            }
        }
    return q_str ;
    }

parsexml.hxx



xml の読込み

幾つかの xml データを読んでみると,データにより msxml.dll を使用したときに比べて明らかに遅い.

bool Test (LPCTSTR pathName)
{
    tstring outPath = ::Get_i_Tools_tmp_date() ;
    tstring now_hms = ::Now_Format(_T("_%M%S")) ;
    tstring out_xml = ::Path_AddLastSP(outPath) + ::Path_GetName(pathName) + now_hms + _T(".o.xml") ;
    tstring new_xml = ::Path_AddLastSP(outPath) + ::Path_GetName(pathName) + now_hms + _T(".n.xml") ;
    {
        ElapseTime eto ;
        Xml_E xml = ::Xml_Import(pathName) ;
        std::cerr << eto.GetElapse() << std::endl ;
        Xml_Out::Export(xml,out_xml.c_str()) ;
        }
    {
        ElapseTime etn ;
        Xml_E xml = ::Load_xml_2018_12(pathName) ;
        std::cerr << etn.GetElapse() << std::endl ;
        Xml_Out::Export(xml,new_xml.c_str()) ;
        }
    return true ;
    }

データは次の様な x3d で,5 倍くらいかかる.

Parse_xml で時間がかかる x3d
Parse_xml で時間がかかる x3d

x3d の場合は,属性の値が長い.
そのため次のコード部分( q_str+=cq )がうまくない.

tstring Parse_xml_quot (c_tstring& str,const TCHAR qm,size_t* index)
{
    tstring q_str ;
    if (*index < str.length()) {
        TCHAR c = str[*index] ;
        if (c == qm) {
            q_str += c ;
            for (size_t indexQ=*index+1 ; indexQ<str.size() ; indexQ++) {
                TCHAR cq = str[indexQ] ;
                q_str += cq ;
                if (cq == qm) {
                    *index = indexQ ;
                    break ;
                    }
                }
            }
        }
    return q_str ;
    }


ジブン専用パソコンキット2 Scratch

はじめようジブン専用パソコン」連載のバックナンバーのスクラッチをやってみた.
第4回 スクラッチに挑戦!
第5回 猫を使ったゲームをつくろう!
第6回 ゲームを完成させて、ネットにアップしよう!
リモートデスクトップでは Scratch は起動できない?そのため Scratch 2 を利用.

Scratch 2
Scratch 2


2019/01/08
「ファイルマネージャー」でのネットワークの参照
「ファイルマネージャー」でのネットワークの参照
ファイルマネージャー



Synology NAS で whois …

今まで,ログに残る変な IP を調べる時「IP 検索」のサイトを利用していた.
が,もう少し手軽に利用できないものかと…


検索すると,wiki WHOIS
さらに,【 whois 】コマンド――ドメイン情報を表示する


linux のコマンドであれば,Synology NAS でも可能と思い試してみることに.

Iwao@DS116:~$ sudo -i
Password:
root@DS116:~# opkg update
-ash: opkg: command not found
root@DS116:~# cd /var/services/homes/Iwao/
root@DS116:/var/services/homes/Iwao# source ./set_ds_inc.sh
root@DS116:/var/services/homes/Iwao# opkg -v
opkg version 0.1.8
root@DS116:/var/services/homes/Iwao# opkg update
Downloading http://pkg.entware.net/binaries/armv7/Packages.gz
Updated list of available packages in /opt/var/opkg-lists/packages
root@DS116:/var/services/homes/Iwao# opkg install whois
Installing whois (5.2.19-1) to root...
Downloading http://pkg.entware.net/binaries/armv7/whois_5.2.19-1_armv7soft.ipk
Installing libidn (1.33-2) to root...
Downloading http://pkg.entware.net/binaries/armv7/libidn_1.33-2_armv7soft.ipk
Configuring libidn.
Configuring whois.
root@DS116:/var/services/homes/Iwao# whois
Usage: whois [OPTION]... OBJECT...

-h HOST, --host HOST   connect to server HOST
-p PORT, --port PORT   connect to PORT
-H                     hide legal disclaimers
      --verbose        explain what is being done
      --help           display this help and exit
      --version        output version information and exit

These flags are supported by whois.ripe.net and some RIPE-like servers:
-l                     find the one level less specific match
-L                     find all levels less specific matches
-m                     find all one level more specific matches
-M                     find all levels of more specific matches
-c                     find the smallest match containing a mnt-irt attribute
-x                     exact match
-b                     return brief IP address ranges with abuse contact
-B                     turn off object filtering (show email addresses)
-G                     turn off grouping of associated objects
-d                     return DNS reverse delegation objects too
-i ATTR[,ATTR]...      do an inverse look-up for specified ATTRibutes
-T TYPE[,TYPE]...      only look for objects of TYPE
-K                     only primary keys are returned
-r                     turn off recursive look-ups for contact information
-R                     force to show local copy of the domain object even
                       if it contains referral
-a                     also search all the mirrored databases
-s SOURCE[,SOURCE]...  search the database mirrored from SOURCE
-g SOURCE:FIRST-LAST   find updates from SOURCE from serial FIRST to LAST
-t TYPE                request template for object of TYPE
-v TYPE                request verbose template for object of TYPE
-q [version|sources|types]  query specified server info
root@DS116:/var/services/homes/Iwao#


そのままでは Cannot open /opt/etc/whois.conf: Permission denied となる.

Iwao@DS116:~$ whois 27.92.169.109
Cannot open /opt/etc/whois.conf: Permission denied
Iwao@DS116:~$ sudo -i
Password:
root@DS116:~# cd /opt/etc/
root@DS116:/opt/etc# ll
total 28
drwxr-xr-x  3 root root 4096 Dec 28 10:55 .
drwxr-xr-x 11 root root 4096 Jan  4  2018 ..
drwxr-xr-x  2 root root 4096 Sep 25  2017 init.d
-rw-r--r--  1 root root    0 May 31  2017 ld.so.conf
-rw-r--r--  1 root root  282 May 31  2017 nsswitch.conf
-rw-r--r--  1 root root  142 Aug 16  2016 opkg.conf
-rwxr-xr-x  1 root root  471 May 31  2017 profile
-rw-------  1 root root  526 Jan  4  2018 whois.conf
root@DS116:/opt/etc# chmod 644 whois.conf
root@DS116:/opt/etc# exit
logout
Iwao@DS116:~$ whois 27.92.169.109
% [whois.apnic.net]
% Whois data copyright terms    http://www.apnic.net/db/dbcopyright.html

% Information related to '27.80.0.0 - 27.95.255.255'

% Abuse contact for '27.80.0.0 - 27.95.255.255' is 'hostmaster@nic.ad.jp'

inetnum:        27.80.0.0 - 27.95.255.255

...

last-modified:  2011-03-01T18:11:04Z
source:         JPNIC

% This query was served by the APNIC Whois Service version 1.88.15-46 (WHOIS-JP4)


Iwao@DS116:~$


T5400 また青くなってしまった…

昼休みから戻ってくると,

T5400 ブルースクリーン
T5400 ブルースクリーン

最近は安定していたのに…
C ドライブの空きが少なくなってきた影響か?
取りあえず「ディスク クリーンアップ」を行って様子見.


2019/01/08
T5400 blue screen
今回は DS116 上の VHD を開いたままだったため,仮想マシンを起動しようとするとエラー.
vmc が壊れたためかと思い,新しく仮想マシンを作成してもダメ.
VHD を移動しようと操作すると,どこかで開いた状態になっているみたいで動かせない.
DS116 を再起動してうまく動作する様になった.



PHP 5.6 から 7.0 へ

以前調べた時,何かうまくない部分があったように思うが…
php.net PHP 5.6.x から PHP 7.0.x への移行
Synology NAS では簡単に戻せるので,7.0 に変更してみた.
設定は,DSM の「Web Station」.
ついでに,Apache も 2.4 に.

PHP 7 への設定
PHP 7 への設定

簡単に動作を確認していると,QR コードが表示されなくなっている.
この時と同じ現象,原因.
GD が動作していなかった.
gd を有効に
gd を有効に


2018/12/26
「Apache HTTP Server 2.4」では一部 500 となってしまうものがあり.
ちょっと調べる時間が取れないので 2.2 に戻すことに.
一部の .htaccess の中身がうまくなかった様で修正.
IndexIgnore となっていて,IndexIgnore * の様にファイルが指定されていなかった.



Joomla! インストール

ブログ形式ではなく,仕様書などマニュアルの様な構成の記述ができないかと調べてみた.
今までは,次の様な感じて記述している.
http://itl.mydns.jp/Iwao/Doc/spec/3d/iges/iges.html
WEBマニュアルをワードプレスと無料テーマで作る方法」を見つけたが,ちょっと違う?気がする.


以前 WD Cloud に入れていた Joomla を思い出し,検索してみた.
Joomla!の道しるべ」を参考にさせてもらっていじってみた.
WD Cloud の Joomla は外からアクセスできなさそう.wordpress も同様だった.


Synology NAS に Joomla! をインストール.
「パッケージ センター」から「Joomla」を選択して「インストール」.
「パッケージ センター」-「Joomla」
「パッケージ センター」-「Joomla」


サイトの設定.
サイトの設定
サイトの設定

データベースの設定.
データベースの設定
データベースの設定

確認が入るので「_Joomla….txt」を削除.
データベースの設定-エラー
データベースの設定-エラー

インストール終了.
インストール終了
インストール終了

instllation ディレクトリを削除.


このインストール方法では,サンプルデータの「日本語(JP)デフォルト」がなくインストールできなかった.
インストール先は https://itl.mydns.jp/joomla/
最初の記事




    top

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。