利用可能なドライブ名の列挙 GetLogicalDrives

GetLogicalDrives

//*******************************************************************************
// 関数名 :利用可能なドライブ名の列挙
// 作成日 :’10/02/02
//*******************************************************************************
CString GetLogicalDriveName (void)
{
    DWORD drives = ::GetLogicalDrives() ;
    long defaultDrive = -1 ;
    CString driveName ;
    for (int index=0 ; index<30 ; index++) {
        if (drives & (1<<index)) {
            driveName += 'A'+index ;
            }
        }
    return driveName ;
    }
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ

  • Categories:


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください