Iwao Dev

気付いたことをメモしています.

この画面は、簡易表示です

2010 / 3月

OpenMP エラー 1002

—————————
致命的なユーザー エラー 1002:
—————————
同一名の 1 つで ‘#pragma omp critical’ が不適切に入れ子にされています

2.9 ディレクティブの入れ子

ms-help://MS.VSCC.v90/MS.MSDNQTR.v90.ja/dv_vcopenmp/html/6565a43c-fd2d-4366-8322-8d75e1b06600.htm

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/azb90x99(v=VS.80).aspx

局所的になる様に,呼び出し元での "#pragma omp critical" を削除.

class Profile {
  …
protected:
    LPCTSTR  LastProfileName ;
    CString     C_T_ProfileName ;
  …
  } ;

BOOL Profile::SaveProfileName(void)
{
  CWinApp* app = AfxGetApp() ;
  if (app== NULL) { return FALSE ; }
  LastProfileName = AfxGetApp()->m_pszProfileName ;
  AfxGetApp()->m_pszProfileName = C_T_ProfileName ;
  return TRUE ;
  }
BOOL Profile::LoadProfileName(void)
{
  AfxGetApp()->m_pszProfileName = LastProfileName ;
  return TRUE ;
  }

omp critical ではなく,MFC 同期クラスを使用する様に変更.
//  以下は,テスト用のコード  
BOOL Profile::?et??? (LPCTSTR lpszSection,LPCTSTR lpszEntry,…)
{
    … 
    CMutex m(FALSE,MN_LPN) ;
    m.Lock() ;
// return        ???Profile??? (lpszSection, lpszEntry, …) ;
    BOOL ret = ???Profile??? (lpszSection, lpszEntry, …) ;
    m.Unlock() ;
    return ret ;
    }
//  MFC 同期クラスの呼出しはコストがかからない様に修正する 


  にほんブログ村 IT技術ブログへ


MFC Static → DLL

MFC を「スタティック ライブラリ」から「共有 DLL」に変更した時,以下のエラーになることがある.

—— ビルド開始: プロジェクト: Project , 構成: Release Win32 ——
コンパイルしています…
StdAfx.cpp
C:Program FilesMicrosoft Visual Studio 8VCatlmfcincludeafx.h(24) : fatal error C1189: #error : Building MFC application with /MD[d] (CRT dll version) requires MFC shared dll version. Please #define _AFXDLL or do not use /MD[d]
Project – エラー 1、警告 0
========== ビルド: 0 正常終了、1 失敗、0 更新、0 スキップ ==========

*.vcproj をエディタで開き,"$(NoInherit)" を削除


2010/04/21 追記

1>—— ビルド開始: プロジェクト: Project , 構成: Release Win32 ——
1> StdAfx.cpp
1>C:Program Files (x86)Microsoft Visual Studio 10.0VCatlmfcincludeafxver_.h(81): fatal error C1189: #error : Please use the /MD switch for _AFXDLL builds
========== ビルド: 0 正常終了、1 失敗、0 更新不要、0 スキップ ==========

プロジェクトの「プロパティ」-「構成プロパティ」-「C/C++」-「コード生成」-「ランタイムライブラリ」
マルチスレッド (/MT) → マルチスレッド DLL (/MD)


  にほんブログ村 IT技術ブログへ

  • Categories:

FileVer.* を使用した CAboutDlg

CAboutDlg を表示する時に IDC_STATIC による固定的な情報を使用するのではなく,バージョンリソースを使用する

  1. IDD_ABOUTBOX の IDC_STATIC を IDC_FV_DESCRIPTION_VERSION と IDC_FV_LEGAL_COPYRIGHT に変更.
  2. IDC_FV_XXX で始まる使用できるものは,FileVer.cxx を参照.個別の12個と組合せの1個を用意 . 
  3. CAboutDlg::OnInitDialog() で,SetAboutFileVer(this) を呼び出す. 
  4. リンク時に Version.lib がなければ追加.

http://cid-535f5973454c1292.skydrive.live.com/embedicon.aspx/.Public/MFC/FileVer.zip


  にほんブログ村 IT技術ブログへ

  • Categories:

Windows バージョンのデスクトップ表示

 Windows のバージョンをデスクトップに表示する reg ファイル
http://cid-535f5973454c1292.skydrive.live.com/embedicon.aspx/.Public/RegFiles/PaintDesktopVersion.zip

HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Desktop
  PaintDesktopVersion


  にほんブログ村 IT技術ブログへ


IE の Skype アドオン機能の無効化

IE での Web ページ内の電話番号付近の表示をなくす設定
Skype add-on の設定を開く.

その中の,「番号をハイライト表示する」のチェックを外す.

特に利用しない場合は,アンインストールしても良い.


2013/12/09 追記
今の環境(Win 7 , IE 10)では,
メニューの「ツール」-「アドオンの管理」などから
IE_10_AddOn
「Skype add-on for Internet Explorer」を選択して,「無効にする」
IE_10_Skype_Add_on
IE を再起動.


  にほんブログ村 IT技術ブログへ


IIS 他の PC から接続できない

以下を設定済み.
Windows ファイアウォールを設定したまま、IIS のサービス提供を有効にする方法
  http://support.microsoft.com/kb/883877/ja
  http://support.microsoft.com/ja-jp/help/883877
この状態で,他の PC から接続できない状態になっていた(前は接続できてたはず).
 1. 一度,「詳細設定」-「サービス」タブの「Web サーバ(HTTP)」のチェックを外す.
 2. 「Windows ファイアウォール」のダイアログを閉じる.
 3. 再度開いて「「Web サーバ(HTTP)」のチェックを付ける.
再設定して他から接続できる様になった.


2016/04/19 追記 上は,Win XP 相当の内容です.


2015/02/17
IIS 環境の再設定


  にほんブログ村 IT技術ブログへ

  • Categories:

「全て/このユーザのみ」の選択を表示させない

インストール時のインストールフォルダの指定の時に,「すべてのユーザ」/「このユーザのみ」の選択を表示しない.

  1. メニューの「表示」-「エディタ」-「ユーザーインターフェイス」で設定ウィンドウを表示する.
  2. ツリーの「インストール」-「開始」-「インストールフォルダ」を選択.
  3. プロパティの「InstallAllUsersVisible」を Flase に.

必要に応じて,「配置プロジェクトのプロパティ」の「InstallAllUsers」を設定すること.


  にほんブログ村 IT技術ブログへ


エクスプローラでサムネール表示できない

 エクスプローラの表示設定の「常にアイコンを表示し,縮小版は表示しない」のチェックを外す.

  1. 「コントロールパネル」-「デスクトップのカスタマイズ」.
  2. その中の「フォルダオプション」.
  3. 「フォルダオプション」ダイアログ内の「表示」タブにあります.
  • または,「エクスプローラ」のメニューの「ツール」-「フォルダオプション」.


  にほんブログ村 IT技術ブログへ



    top

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。