Iwao Dev

気付いたことをメモしています.

この画面は、簡易表示です

2010 / 9月

「応答なし」になり難くする

//*******************************************************************************
// 関数名 :時間がかかる時に,応答なしにならない様にする
// 作成日 :’07/10/05
//*******************************************************************************
BOOL WaitPeek (void)
{
  MSG msg ;
  ::PeekMessage(&msg,NULL,0,0,PM_NOREMOVE) ;
  return TRUE ;
  }

//*******************************************************************************
// 関数名 :時間がかかる時に他に制御を回す
// 作成日 :’95/12/05
//*******************************************************************************
BOOL Wait (void)
{
  MSG msg ;
  for (int msgCnt=0 ; msgCnt < 1000 ; msgCnt++) {
    if (::PeekMessage(&msg ,NULL,0,0,PM_REMOVE)) {
      if (msg.message == WM_QUIT) {
        return FALSE ;
        }
      ::TranslateMessage(&msg) ;
      ::DispatchMessage(&msg) ;
      continue ;
      }
    break ;
    }
  return TRUE ;
  }


2011/11/02 追加
//*******************************************************************************
// 関数名 :時間がかかった時に,不要なイベントをスキップする
// 作成日 :’11/03/31
//*******************************************************************************
inline
BOOL EatMessage (const HWND wnd=NULL,const UINT skipWM=WM_TIMER)
{
  MSG eatMsg;
  while(::PeekMessage(&eatMsg,wnd,skipWM,skipWM,PM_REMOVE)) ;
  return TRUE ;
  }


  にほんブログ村 IT技術ブログへ

  • Categories:

Win7 srv 2017

ログの名前: System
ソース: srv
日付: 2010/01/08 21:15:09
イベント ID: 2017
タスクのカテゴリ: なし
レベル: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー: N/A
コンピューター: T54W7U64
説明:
非ページ プール割り当ての制限に達したため、サーバーはシステムの非ページ プールから割り当てることができませんでした。

検索すると,
[HKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMCurrentControlSetservicesLanmanServerParameters]
"Size"=dword:00000003
"MaxMpxCt"=dword:000000ff
"MaxWorkItems"=dword:00000400
とある.

T54W7U64 の現在の設定は,
[HKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMCurrentControlSetservicesLanmanServerParameters]
"MaxNonPagedMemoryUsage"=dword:ffffffff

http://cid-535f5973454c1292.office.live.com/self.aspx/.Public/RegFiles/Win7^_SRV^_2017.zip


  にほんブログ村 IT技術ブログへ


画像付 RecentFile の追加

RecentFileMF クラスを利用して,画像でのメニュー表示を可能にする

  1. ODMenu を利用可能な様に追加する.
    アプリケーションクラスのヘッダなどで MetaFile.hxx をインクルードして,ODMMetaFile を利用可能に.
  2. ID_RECENT_FILE_00 ~ の必要数分のリソースを作成する.
  3. アプリケーションクラスのヘッダに,include と変数を追加する.
    #include "RecentFM.hxx"
    RecentFileMF RcntFM ;
  4. アプリケーションクラスのコンストラクタに RecnetFileMF の初期化を追加する.
    : RcntFM(_T("RecentFileMF"),30)
  5. InitInstance で,RcntFM のデータを読込む処理を追加する.
    {
     RcntFM.Read() ;
     RcntFM.SetStartID(ID_RECENT_FILE_00) ;
     }
  6. アプリケーションクラスに,範囲でコマンドハンドラを追加する.
    ON_COMMAND_RANGE  (ID_RECENT_FILE_00,ID_RECENT_FILE_29,OnRecentFile)
    void CXxxxApp::OnRecentFile(UINT nID)
    {
     CString selFile = RcntFM.GetSelectFile(nID) ;
     AfxGetApp()->OpenDocumentFile(selFile) ;
     }
  7. ドキュメントクラスのファイルの読み書きの時に,次の様にドキュメントと対応する画像を指定する.
    {
     CXxxxApp* app = (CXxxxApp*)AfxGetApp() ;
     app->RcntFM.Add(fileName,emfName) ;
     }
  8. さらに,ドキュメントに対するファイル名をステータスバーなどに表示するために,CMainFrame に追加する.
    // ツールチップの表示データの更新
    BOOL CMainFrame::OnToolTipText(UINT id, NMHDR *pNMHDR, LRESULT *pResult)
    {
     BOOL ret = CFrameWnd:: OnToolTipText(id,pNMHDR,pResult) ;
                Prompt:: OnToolTipText(id,pNMHDR,pResult) ;
     return ret ;
     }
    // ステータスバーの表示データの更新
    void CMainFrame::GetMessageString(UINT nID, CString &rMessage) const
    {
     CFrameWnd:: GetMessageString(nID,rMessage) ;
     Prompt:: GetMessageString(nID,rMessage) ;
     }


2012/06/12 追記
VC6 でドロップタウンが有効にならない場合,CBRS_SIZE_DYNAMIC を外す.
  if (!m_wndToolBar.CreateEx(this, TBSTYLE_FLAT, WS_CHILD | …
        … | CBRS_FLYBY/* | CBRS_SIZE_DYNAMIC*/) ||
       !m_wndToolBar.LoadToolBar(IDR_MAINFRAME))
ODMenu が有効にならない場合,
  #include “ODMenu.hxx”
  #include “WinMFC.cxx”
Prompt が有効にならない場合,
  #include “Prompt.hxx”
  #include “RecentFM.cxx”
ODMenu は有効ではあるが,何も表示されない
  手動で追加していたため,メッセージマップの修正漏れ
    ON_WM_MEASUREITEM()
    ON_WM_DRAWITEM()


  にほんブログ村 IT技術ブログへ

  • Categories:

ツールバーにドロップダウンボタン

ツール バー コントロールでのドロップダウン ボタンの使い方
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/1ke6s1fc.aspx
 
上の方法だけでは,MFC のバージョンによりうまく動作しないので…
ToolBar.hxx
BOOL ToolBar::SetStyleDropDown (CToolBar* toolBar,int commandID)
MFC 6 では,CBRS_SIZE_DYNAMIC を無効にして.Create する必要あり.


  にほんブログ村 IT技術ブログへ

  • Categories:

ファイルを選択した状態で explorer.exe

explorer.exe /select,c:~exmple.txt
http://support.microsoft.com/kb/314853/ja
void CXxxxDoc::OnExecExplorer() 
{
 CString docName = GetPathName() ;
 ShellExec se ;
 se.SetNon2QMark(TRUE) ;
 se.SetFile(_T("explorer.exe")) ;
 se.SetParamaters(_T("/e,/select,")+docName) ;
 se.Execute() ;
 }


  にほんブログ村 IT技術ブログへ

  • Categories:


    top

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。