CString::ReleaseBuffer で Assert

CString::GetBuffer を使用して,ReleaseBuffer を忘れているバグがあった.
現象は,内容をコピーした別の CString で ReleaseBuffer した時にアサート.
—————————
Microsoft Visual C++ Debug Library
—————————
Debug Assertion Failed!
Program: …\…\TInet\Debug.060\TInet.exe
File: strcore.cpp
Line: 512
For information on how your program can cause an assertion
failure, see the Visual C++ documentation on asserts.
(Press Retry to debug the application)
—————————
中止(A) 再試行(R) 無視(I)
—————————
CString::ReleaseBuffer で Assert

他にも,GetLength で 0 になる.
CString::GetLength()  で 0 になる

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください