Iwao Dev

気付いたことをメモしています.

この画面は、簡易表示です

2012/02/02

コンパイルで C4786

——————–構成: T_xml_7 – Win32 Debug——————–
コンパイル中…
T_xml_7.cpp
c:\documents and settings\all users\documents\develop\____test\xmlout.hxx(69) : warning C4786: ‘__ehhandler$?Add_Attribute@XmlOut@@SAHV?$_com_ptr_t@V?$_com_IIID@UIXMLDOMDocument@MSXML@@$1?_GUID_2933bf81_7b36_11d2_b20e_00c04f983e60@@3U__s_GUID@@A@@@@
V?$_com_ptr_t@V?$_com_IIID@UIXMLDOMElement@MSXML@@$1?_GUID_2933bf86_7b36_11d2_b20e_00c04f983e60@@3U__s_GUID@@A@@@@PBD2@Z’ : デバッグ情報で識別子が 255 文字に切り捨てられました。
...
リンク中…
T_xml_7.exe – エラー 0、警告 6

コードは以下の部分.
  inline
  BOOL XmlOut::Add_Attribute (
        MSXML::IXMLDOMDocumentPtr pDoc,
        MSXML::IXMLDOMElementPtr pEle,
        LPCTSTR name,LPCTSTR value)
  {
    if (pDoc == NULL) { return FALSE ; }
    if (pEle == NULL) { return FALSE ; }
    MSXML::IXMLDOMAttributePtr pAtt = pDoc->createAttribute(name) ;
    pAtt->value = value ;
    pEle->setAttributeNode(pAtt) ;
    return TRUE ;
    }

前後に,
  #pragma warning (disable : 4786 )

  #pragma warning (default : 4786 )
を付加.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ



    top

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。