Iwao Dev

気付いたことをメモしています.

この画面は、簡易表示です

2012 / 6月

WM 5 版 ColorHSV クラステスト

zip 内の構成で,\\T54w7u64\public\Documents\Temp\WM_Card にファイルを置いている.
WM_Card.2012.06.29.zip

VS 2005 の「ツール」-「デバイス エミュレータ マネージャ」を起動.
デバイスを選択して「接続」.

デバイス エミュレータの「ファイル」-「構成」で,「共有フォルダ」を指定.
デバイスの「ファイル エクスプローラ」で対象のフォルダに移動して起動.



  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Windows Mobile 用修正

Windows Mobile プロジェクトで利用した場合のエラー.
但し,今は 2012.07 の関係があるため _CE フォルダを作成してそれを利用している.


C:\…\HelpAPI.hxx(28) : error C2660: ‘GetLongPathName’ : 関数に 3 個の引数を指定できません。
C:\…\HelpAPI.hxx(58) : error C2660: ‘GetComputerName’ : 関数に 2 個の引数を指定できません。
C:\…\HelpAPI.hxx(76) : error C2660: ‘GetUserName’ : 関数に 2 個の引数を指定できません。
C:\…\HelpAPI.hxx(106) : error C2660: ‘GetCurrentDirectory’ : 関数に 2 個の引数を指定できません。
C:\…\HelpAPI.hxx(121) : error C2660: ‘GetFullPathNameW’ : 関数に 4 個の引数を指定できません。
機能としてなさそう.関数を _WIN32_WCE で無効に.


c:\…\CRT_MBWC.hxx(113) : error C3861: ‘_tcsncat_s’: 識別子が見つかりませんでした
c:\…\CRT_MBWC.hxx(144) : error C3861: ‘_vstprintf_s’: 識別子が見つかりませんでした
c:\…\CRT_MBWC.hxx(168) : error C3861: ‘_vstprintf_s’: 識別子が見つかりませんでした
c:\…\CRT_MBWC.hxx(447) : error C3861: ‘_i64tot_s’: 識別子が見つかりませんでした
c:\…\CRT_MBWC.hxx(459) : error C3861: ‘_ui64tot_s’: 識別子が見つかりませんでした
c:\…\CRT_MBWC.hxx(488) : error C3861: ‘_tstof’: 識別子が見つかりませんでした
_s が付かないものや,他の関数に置き換え.


C:\…\WinMFC.hxx(297) : error C2065: ‘HDROP’ : 定義されていない識別子です。
C:\…\WinMFC.hxx(297) : error C2146: 構文エラー : ‘)’ が、識別子 ‘hDropInfo’ の前に必要です。
C:\…\WinMFC.hxx(297) : error C2433: ‘DropFilesToStringArray’ : ‘inline’ はデータ宣言をするのに使用できません。
C:\…\WinMFC.hxx(297) : error C2059: 構文エラー : ‘)’
C:\…\WinMFC.hxx(298) : error C2143: 構文エラー : ‘;’ が ‘{‘ の前にありません。
C:\…\WinMFC.hxx(298) : error C2447: ‘{‘ : 対応する関数ヘッダーがありません (旧形式の仮引数リスト?)
関数を無効に.


C:\…\WinMFC.hxx(477) : error C2589: ‘(‘ : スコープ解決演算子 (::) の右側にあるトークンは使えません。
C:\…\WinMFC.hxx(477) : error C2059: 構文エラー : ‘::’
C:\…\WinMFC.hxx(479) : error C2589: ‘(‘ : スコープ解決演算子 (::) の右側にあるトークンは使えません。
C:\…\WinMFC.hxx(479) : error C2143: 構文エラー : ‘;’ が ‘::’ の前にありません。
クリップボードへのテキスト転送の部分ではあるが,ちょっとわからず.関数を.無効に.




  にほんブログ村 IT技術ブログへ


VC 2005 MFC スマートデバイス AP

以下の様なコードが動作する様に幾つかを書換えてテスト.
  CString TF_GetRunStatus (void)
  {
    CStringArray sa ;
    {
      sa.Add(::GetTempPath ()) ;
      sa.Add(::GetModuleFileName ()) ;
      sa.Add(::IsWow64()?_T(“Wow64”):_T(“”)) ;
      }
    {
      double osVer = ::OS__GetVersion() ;
      sa.Add(::FtoT (osVer)) ;
      CString str ; str.Format(_T(“%f”),osVer) ;
      sa.Add(str) ;
      }
  #ifndef _WIN32_WCE
    sa.Add(::GetComputerName ()) ;
    sa.Add(::GetUserName ()) ;
    sa.Add(::GetCurrentDirectory()) ;
    sa.Add(::GetFullPathName (_T(“.\\”))) ;
  #endif
    sa.Add(::GetBuildStrFull ()) ;
    CString str ;
    ::StringArrayToString(sa,str) ;
    return str ;
    }


::GetTempPath
  PPC2003  “\Temp\”
  SP 2003   “\Strage\Application Data\Volatile\”
  WM 5,6   ”\Application Data\Volatile\”



  にほんブログ村 IT技術ブログへ



    top

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。