Iwao Dev

気付いたことをメモしています.

この画面は、簡易表示です

2012年7月20日

定義済みマクロ

__GNUC__
__APPLE_CC__
Hello, World!
以下のコードで確認.


#include <iostream>
int main(int argc, const char * argv[])
{
#if defined(__GNUC__)
  printf(“__GNUC__\n”) ;
#endif
#if defined(__APPLE_CPP__)
  printf(“__APPLE_CPP__\n”) ;
#endif
#if defined(__APPLE_CC__)
  printf(“__APPLE_CC__\n”) ;
#endif
#if defined(__MACOS_CLASSIC__)
  printf(“__MACOS_CLASSIC__\n”) ;
#endif
  // insert code here…
  std::cout << “Hello, World!\n”;
  return 0;
  }


???/MacOSX.platform/Developer/SDKs/MaxOSX10.7.sdk/usr/include/TargetConditionals.h より
cpp -dM /dev/null

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ



    top

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。