Iwao Dev

気付いたことをメモしています.

この画面は、簡易表示です

2013/04/09

::SetCursor

使い方がわからなかったので,
最初,こんな感じにしたら,SetCursor 直後は変更されるが保持されない.
void CVEyeCSView::OnVEyeDrag()
{
  VEyeChgView::OnVEye() ;
  if (GetEyeChg().CanMouseEyeChange()) {
    ::SetCursor(m_DragEye) ;
    }
  else {
    ::SetCursor(NULL) ;
    }
  }
SetCursor 直後と言ってもデバッガでブレイクしている状態でないと確認はできない.
CWaitCursor と似た様な動作となる.


やりたかったのは,
BOOL CVEyeCSView::OnSetCursor(CWnd* pWnd, UINT nHitTest, UINT message)
{
  if (nHitTest == HTCLIENT) {
    if (GetEyeChg().CanMouseEyeChange()) {
      ::SetCursor(m_DragEye) ;
      return TRUE ;
      }
    }
  return VEyeChgView::OnSetCursor(pWnd, nHitTest, message);
  }
The MFC Anser Book より

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ



    top

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。