NDK 環境作成 – 1

まだ完全ではないが,何とか NDK のサンプルのビルド,実行までは可能となったので,
ここまでで参考にした本は,Android アプリ開発超入門Android NDK 入門
他にも NDK 関係の本は購入したが,開発環境の構築に関してはよくわからなかった.


PC 環境としては,Virtusl PC で Win XP を用意.メモリは 1 GB でも動作するが,1.2 GB 以上ある方が良い?
メモリ 1 GB では,エミュレータでのテストでメモリ不足となってしまったことがあった.
Eclipse のインストールには,Pleiades – Eclipse プラグイン日本語化プラグインを利用.
  Pleiades All in One 4.2.2a.v20130303
    その中の Ultimate 32 bit Full Edition
  注意しなければならないのが,zip の展開先フォルダの指定.
    WIn XP で,zip を c ドライブのルートに置いて,展開ウィザードの展開先を c:\ に指定した.
    展開には 30 分以上かかった(45 分位)?
Pleiades
ここまでで,「ファイル」-「プロジェクト」から,「Hello World C++ プロジェクト」-「MinGW」で exe が生成できる.
MInGW gcc


「ヘルプ」-「新規ソフトウェアのインストール」でADT プラグインを組込み.
  作業対象に,http://dl-ssl.google.com/android/eclipse/ と入力.
  「開発ツール」と「NDK プラグイン」をチェックしてインストール.
Eclipse の再起動後,SDK の場所を指定するか,ダウンロードしてインストールできる.
これで,「Android アプリケーション プロジェクト」が生成できるようになる.
  デフォルト状態でのスケルトンの生成では,API 8 のインストールが要求された.
出来上がったスケルトンの状態では,ビルドできない.
  MainActivity.java の R の部分がエラーとなっている.
   「ウィンドウ」-「パースペクティブのカスタマイズ」で「Android SDK および AVD マネージャー」を追加.
  よくわからないが,SDK Manager を起動してインストールされてないとなったものをインストール.
    Android SDK Build-tools
    4.2.2 ARM , x86 , MIPS
    Google USB Driver
  Eclipse の再起動で,R の部分のエラー表示はなくなりビルド可能となった.
    エミュレータを作成して,動作を確認.
    Java での Android 開発環境ができた.
Android Java Hello
他にも,SDK Manager を利用して,幾つかの API をインストール.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください