コンソール AP で MFC

コンソール AP で,MFC(AfxWin.h など)に依存したコードを利用


新しく書いたものは,次の様なコードで可能.
  #include “EnhMetaF.hxx”
  #include “i_Trace.hxx”
  
  int _tmain(int argc, TCHAR* argv[])
  {
     _tsetlocale(LC_ALL,_T(“”)) ;
     {
       EnhMetaF emf ;
       CMetaFileDC*mfdc = emf.GetDC() ;
       mfdc->Rectangle(10,10,30,20) ;
     }
     return 0 ;
     }


古いコードは,うまく対応できてないので…
  #undef _CONSOLE
  #include <AfxWin.h>
  #include <AfxExt.h>
  #include <AfxCmn.h>
  #ifdef _WIN32
  #define _WINDOWS
  #endif
  #include “MessCon.hxx”
  #include “MessBar.hxx”
  #ifdef MessageBar
     #undef MessageBar
     #define MessageBar MessageCon
     #undef I_SUPPORT_MESSAGE_MFC
  #endif
  #include “MessWrap.hxx”
  // …
  int _tmain(int argc, TCHAR* argv[])
  {
     #ifdef _MFC_VER
     if (!::AfxWinInit(::GetModuleHandle(NULL),NULL,::GetCommandLine(),0)) {
       return 1 ;
       }
     #else
     _tsetlocale(LC_ALL,_T(“”)) ;
     #endif
    //  …
     }


undef の幾つかは,自コードの対応のために必要.


  にほんブログ村 IT技術ブログへ



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください