g++ DrawLog.cpp

今まで xcode を利用していたが,他の PC からビルドするために…


コードは次の様なもの.ほとんどの動作はi_DrawLG.hxx 内に.
 // カレントのファイルを成型してファイルに出力
 #include “i_DrawLg.hxx”
 #include <iostream>
 int _tmain (int argc,TCHAR* argv[])
 {
   _tsetlocale(LC_ALL,_T(“”)) ;
   {
    std::tout << ::GetCWD() << std::endl ;
    }
   tstring logPath = _T("./") ;
   #ifdef _WIN32
     logPath = ::Get_i_Tools_tmp() ;
   #endif
   ::PL_DrawLog(logPath) ;
   return 0 ;
   }
 //———————–
 #include "MessBar.cxx"


次の様に -I で指定すれば,include が機能するのは知っていたが…
 g++ DrawLog.cpp -I/Users/…/__CPR_ -I/Users/…/__Iwao
環境変数を利用する様に
 export CPATH=/Users/…/__CPR_
 export CPATH=/Users/…/__Iwao:$CPATH
これらをスクリプトファイルに登録.
 呼出し元にも反映させるには bash env.sh ではなく
  source env.sh とする必要があるらしい.
sh ファイルを MIFES で編集していて,微妙にうまく動作していない.
 原因は改行コードで,「LF」で保存.
これで g++ DrawLog.cpp としてビルドできる様になった.


実行すると,Segmentation fault: 11.
xcode でもテストしてなかったのでデバッグすると,
 readdir で EXC_BAD_ACCESS .
ここは _WIN32 では通らないのでデバッグが不十分な部分.
 原因は,与えているファイルが
  ディレクトリでなかった.
  ファイルが存在していなかったこと.
コードを修正して OK .

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください