Iwao Dev

気付いたことをメモしています.

この画面は、簡易表示です

2019 / 12月

Linux 文字コード変換のコード

iconv を使用した方法

std::string	SJIS_to_UTF8	(const std::string& sj_str)
{
	tstring	u8_str ;
	iconv_t	icd = ::iconv_open("UTF8","Shift_JIS") ;
	if (icd == (iconv_t)-1) {
		u8_str = ::iconv_SJIS_UTF8(sj_str) ;
		}
	else {
		{
			size_t	sj_size = sj_str.length() ;
			size_t	u8_size = sj_str.length()*3 + 1024 ;
			u8_str.resize(u8_size) ;
			char*	sj_ptr = (char*)(&sj_str[0]) ;
			char*	u8_ptr = (char*)(&u8_str[0]) ;
			::iconv(icd,&sj_ptr,&sj_size,&u8_ptr,&u8_size) ;
			}
		::iconv_close(icd) ;
		}
	return	u8_str.c_str() ;
	}

iconv,uconv の部分

#define	cmd_iconv		_T("iconv")		//	linux
#define	cmd_uconv		_T("uconv")		//	DS116

bool	exec_x_conv	(const tstring& s_j_name,const tstring& u_8_name)
{
	tstring	sj_name = ::QuotM_Add_Auto(s_j_name) ;
	tstring	u8_name = ::QuotM_Add_Auto(u_8_name) ;
	tstring	param = _T(" -f sjis -t utf8 ") + sj_name + _T(" -o ") + u8_name ;
	if (::which( cmd_iconv)) {
		tstring	 exe_iconv = cmd_iconv	_T(" ") + param ;
		_tsystem(exe_iconv.c_str()) ;
		return	true ;
		}
	if (::which( cmd_uconv)) {
		tstring	 exe_uconv = cmd_uconv	_T(" ") + param ;
		_tsystem(exe_uconv.c_str()) ;
		return	true ;
		}
	return	false ;
	}

std::string	iconv_SJIS_UTF8(const std::string& sj_str)
{
	tstring	tmp_path = ::Get_i_Tools_tmp_date() ;
	tstring	now_str  = ::Now_Format(_T("%M%S")) ;
	tstring	s_j_name = ::Path_AddLastSP(tmp_path) + _T("sj_") + now_str + _T(".txt") ;
	tstring	u_8_name = ::Path_AddLastSP(tmp_path) + _T("u8_") + now_str + _T(".txt") ;
		s_j_name = ::CreateUniqueEmpty(s_j_name.c_str()) ;
		u_8_name = ::CreateUniqueEmpty(u_8_name.c_str()) ;
	std::string	u8_str ;
	{
		v_char	v_c_u8 ;
		v_char	v_c_sj = ::To_v_char(sj_str.c_str()) ;
				 ::v_c_SaveText(s_j_name.c_str(),v_c_sj) ;
		{
				 ::exec_x_conv(s_j_name,u_8_name) ;
			}
		v_c_u8 = ::v_c_LoadText(u_8_name.c_str()) ;
		u8_str = ::To_tstring( v_c_u8   ).c_str() ;
		}
	return	u8_str.c_str() ;
	}

Fedora  iconv コマンドでの変換


うまく置き換わっていない文字があった.
‘~'(0x7e) が ‘‾'(0x203e) になってしまっていた.
他にも ‘\'(0x5c) が ‘¥'(0xa5) .
http://ossforum.jp/jossfiles/Linux_SJIS_Support.pdf
幾つか違う文字があるようで,iconv の -f sjis を SJIS-WIN でうまくいった.

	tstring	i_param = _T(" -f SJIS-WIN -t utf8 ") + sj_name + _T(" -o ") + u8_name ;
	tstring	u_param = _T(" -f sjis     -t utf8 ") + sj_name + _T(" -o ") + u8_name ;
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Linux で文字コードの変換

Windows での文字コードの変換部分は MultiByteToWideChar,WideCharToMultiByte でうまく機能している.

 exe \ 入力 シフトJIS UTF-16 UTF-8
_UNICODE → WideChar そのまま → WideChar(CP_UTF8)
_MBCS そのまま → MultiByte → WideChar(CP_UTF8) → MultiByte

MultiByteToWideCharWideCharToMultiByte の使い方は C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 12.0\VC\crt\src\ などの mbstowcs.c,wcstombs.c を参照.


MSDN で見つけた記事
C++ – STL の文字列クラスと Win32 API による Unicode エンコーディングの変換


Linux 環境での動作は 2014/03 に一度調べていたみたいで ” gcc iconv ” とコメントになっている.
それで https://ja.wikipedia.org/wiki/Iconv にあるコードを Raspberry Pi 環境で実行するとうまく変換できる.
コンパイルエラーになったので string.h のインクルードが必要かも?
同じコードを Synology NAS の DS116 でコンパイルして実行するとうまく動作しない
(そのままのコードでは止まってしまう).
iconv_open で (iconv_t)-1 が返されていて errno は EINVAL になってしまう.


iconv コマンドを試すと Raspberry Pi では OK .
Synology NAS は iconv が存在しない.
検索すると uconv が使えると書かれている.
https://forum.synology.com/enu/viewtopic.php?t=82591


Iwao@DS116:~$ uconv -L
ASCII-Latin Accents-Any Amharic-Latin/BGN Any-Accents Any-Publishing Arabic-Latin Arabic-Latin/BGN Armenian-Latin Armenian-Latin/BGN Azerbaijani-Latin/BGN Belarusian-Latin/BGN Bengali-Devanagari Bengali-Gujarati Bengali-Gurmukhi Bengali-Kannada Bengali-Latin Bengali-Malayalam Bengali-Oriya Bengali-Tamil Bengali-Telugu Bopomofo-Latin Bulgarian-Latin/BGN Cyrillic-Latin Devanagari-Bengali Devanagari-Gujarati Devanagari-Gurmukhi Devanagari-Kannada Devanagari-Latin Devanagari-Malayalam Devanagari-Oriya Devanagari-Tamil Devanagari-Telugu Digit-Tone Fullwidth-Halfwidth Georgian-Latin Georgian-Latin/BGN Greek-Latin Greek-Latin/BGN Greek-Latin/UNGEGN Gujarati-Bengali Gujarati-Devanagari Gujarati-Gurmukhi Gujarati-Kannada Gujarati-Latin Gujarati-Malayalam Gujarati-Oriya Gujarati-Tamil Gujarati-Telugu Gurmukhi-Bengali Gurmukhi-Devanagari Gurmukhi-Gujarati Gurmukhi-Kannada Gurmukhi-Latin Gurmukhi-Malayalam Gurmukhi-Oriya Gurmukhi-Tamil Gurmukhi-Telugu Halfwidth-Fullwidth Han-Latin Han-Latin/Names Hangul-Latin Hans-Hant Hant-Hans Hebrew-Latin Hebrew-Latin/BGN Hiragana-Katakana Hiragana-Latin IPA-XSampa Jamo-Latin Kannada-Bengali Kannada-Devanagari Kannada-Gujarati Kannada-Gurmukhi Kannada-Latin Kannada-Malayalam Kannada-Oriya Kannada-Tamil Kannada-Telugu Katakana-Hiragana Katakana-Latin Katakana-Latin/BGN Kazakh-Latin/BGN Kirghiz-Latin/BGN Korean-Latin/BGN Latin-ASCII Latin-Arabic Latin-Armenian Latin-Bengali Latin-Bopomofo Latin-Cyrillic Latin-Devanagari Latin-Georgian Latin-Greek Latin-Greek/UNGEGN Latin-Gujarati Latin-Gurmukhi Latin-Hangul Latin-Hebrew Latin-Hiragana Latin-Jamo Latin-Kannada Latin-Katakana Latin-Malayalam Latin-NumericPinyin Latin-Oriya Latin-Syriac Latin-Tamil Latin-Telugu Latin-Thaana Latin-Thai Macedonian-Latin/BGN Malayalam-Bengali Malayalam-Devanagari Malayalam-Gujarati Malayalam-Gurmukhi Malayalam-Kannada Malayalam-Latin Malayalam-Oriya Malayalam-Tamil Malayalam-Telugu Maldivian-Latin/BGN Mongolian-Latin/BGN NumericPinyin-Latin NumericPinyin-Pinyin Oriya-Bengali Oriya-Devanagari Oriya-Gujarati Oriya-Gurmukhi Oriya-Kannada Oriya-Latin Oriya-Malayalam Oriya-Tamil Oriya-Telugu Pashto-Latin/BGN Persian-Latin/BGN Pinyin-NumericPinyin Publishing-Any Russian-Latin/BGN Serbian-Latin/BGN Simplified-Traditional Syriac-Latin Tamil-Bengali Tamil-Devanagari Tamil-Gujarati Tamil-Gurmukhi Tamil-Kannada Tamil-Latin Tamil-Malayalam Tamil-Oriya Tamil-Telugu Telugu-Bengali Telugu-Devanagari Telugu-Gujarati Telugu-Gurmukhi Telugu-Kannada Telugu-Latin Telugu-Malayalam Telugu-Oriya Telugu-Tamil Thaana-Latin Thai-Latin Tone-Digit Traditional-Simplified Turkmen-Latin/BGN Ukrainian-Latin/BGN Uzbek-Latin/BGN XSampa-IPA am-am_FONIPA az-Lower az-Title az-Upper ch-ch_FONIPA cs-cs_FONIPA cs-ja cs-ko cs_FONIPA-ja cs_FONIPA-ko dsb-dsb_FONIPA el-Lower el-Title el-Upper eo-eo_FONIPA es-am es-es_FONIPA es-ja es-zh es_419-ja es_419-zh es_FONIPA-am es_FONIPA-es_419_FONIPA es_FONIPA-ja es_FONIPA-zh ia-ia_FONIPA it-am it-ja ja_Latn-ko ja_Latn-ru ky-ky_FONIPA la-la_FONIPA lt-Lower lt-Title lt-Upper nl-Title pl-ja pl-pl_FONIPA pl_FONIPA-ja ro-ja ro-ro_FONIPA ro_FONIPA-ja ru-ja ru-zh sk-ja sk-sk_FONIPA sk_FONIPA-ja tlh-tlh_FONIPA tr-Lower tr-Title tr-Upper uz_Cyrl-uz_Latn uz_Latn-uz_Cyrl yo-yo_BJ zh_Latn_PINYIN-ru Any-Null Any-Lower Any-Upper Any-Title Any-Name Name-Any Any-Remove Any-Hex/Unicode Any-Hex/Java Any-Hex/C Any-Hex/XML Any-Hex/XML10 Any-Hex/Perl Any-Hex Hex-Any/Unicode Hex-Any/Java Hex-Any/C Hex-Any/XML Hex-Any/XML10 Hex-Any/Perl Hex-Any Any-NFC Any-NFKC Any-NFD Any-NFKD Any-FCD Any-FCC Any-ch_FONIPA Any-Latin Any-Telugu Any-Gurmukhi Any-Gujarati Any-Malayalam Any-Oriya Any-Devanagari Any-Kannada Any-Tamil Any-cs_FONIPA Any-ru Any-Bengali Any-uz_Latn Any-Katakana Any-ro_FONIPA Any-ky_FONIPA Any-zh Any-yo_BJ Any-am Any-es_419_FONIPA Any-eo_FONIPA Any-es_FONIPA Any-sk_FONIPA Any-Hant Any-Hans Any-Hiragana Any-la_FONIPA Any-Syriac Any-Greek Any-Greek/UNGEGN Any-Cyrillic Any-Hangul Any-Bopomofo Any-Arabic Any-Thai Any-Armenian Any-Thaana Any-Georgian Any-Hebrew Any-am_FONIPA Any-dsb_FONIPA Any-ia_FONIPA Any-uz_Cyrl Any-pl_FONIPA
Iwao@DS116:~$
DS116 で uconv -L


iconv_open で失敗した場合,iconv コマンドまたは uconv コマンドとするか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Windows , Linux 共通の c++ コード

3 年位前から,少しずつ Windows や Linux に依存しない c++ のコードを書く様にしている.
ソースファイルの文字コードと改行コードは 7 ビットの範囲で crlf にしている.
.sh などは lf でないとうまくない.
html などの場合は UTF-8 .
扱うファイル名も 7 ビットの範囲に限定している.
これで UI を伴わない範囲ではほぼうまく機能している.
次のページからのリンク先で WebGL を使用したサーバのコードはソースレベルで互換性あり.
https://itl.mydns.jp/i_Tools/

他に Windows 専用のコードとの区別のため,ファイル名を小文字に.
これは Linux では大文字,小文字が区別されるため.


今回既存の AP ドキュメントを扱うことに.
Windows でいう「シフト JIS」と「UNICODE」のテキストファイル.
他に UTF-8 のファイルもあるが対応する必要性は未定.
UTF-8 ファイルは Windows のコードでは書いているが,テスト用に存在するのみ.


今までの Windows のコード(tstrmbwc.hxx)では _T や _UNICODE の有無でうまく機能している.
読み込んだ時に _UNICODE の有無でそれぞれの文字コードで保持すればほぼ OK .
「ほぼ」というのは「㎥」の様にシフト JIS にない文字は失われてしまうため.
他にもサロゲートペアにはうまく対応できていない.


Linux でも同様に考えると,読み込んだ時に UTF-8 にすれば良さそう.
wchar_t もあるみたいだが今の時点では考慮しないことにする.
と,思ってテスト用のコードを書いてみたがうまく動作しない.
恐らく変換関連の考え方が理解できていないため.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Win10 に IIS と PHP – 6

ASP の処理に時間がかかっていると,

Active Server Pages エラー 'ASP 0113'
スクリプトがタイムアウトしました
/Test/ASP/umpc/mbSearch/MBxSrchR.asp
スクリプトを実行する時間の制限を超えました。この制限時間は、プロパティ Server.ScriptTimeout に新しい値を指定するか、IIS 管理ツールの値を変更することによって変更できます。

管理ツールでの設定は「サイトを選択」-「ASP」-「右クリック」-「機能を開く」.
「サイトを選択」-「ASP」-「右クリック」-「機能を開く」
「動作」-「制限プロパティ」-「スクリプトのタイムアウト」の値を変更する.
「動作」-「制限プロパティ」-「スクリプトのタイムアウト」

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Win10 に IIS と PHP – 5

DB の場所が変わって「ODBC データ ソース アドミニストレーター」で正しく指定.
動作を確認していると,

Provider エラー '80004005'
エラーを特定できません
/_LIB_/L_LogAcc.asp, 行 224

Win10 IIS Provider エラー '80004005' エラーを特定できません
ADODB.recordset の Open でエラー
サイトの再起動を試したが変わらず.
OS を再起動することでうまく通るようになった.


他にもチェックしていると,

HTTP エラー 500.19 - Internal Server Error
ページに関連する構成データが無効であるため、要求されたページにアクセスできません。
エラー情報の詳細:
モジュール CustomErrorModule
通知 SendResponse
ハンドラー ASPClassic
エラー コード 0x800700b7
構成エラー 一意のキー属性 'fileExtension' が '.imo'に設定されている種類 'mimeMap' の重複コレクション エントリを追加できません
構成ファイル \\?\C:\Users\Public\Documents\web\Test\web.config
要求された URL http://localhost:80/Test/ASP/Default.asp
物理パス C:\Users\Public\Documents\web\Test\ASP\Default.asp
ログオン方法 匿名
ログオン ユーザー 匿名
構成ソース:
5: <staticContent>
6: <mimeMap fileExtension=".imo" mimeType="text/imo" />
7: </staticContent>
詳細情報:
このエラーは、Web サーバーまたは Web アプリケーションの構成ファイルの読み取りに問題があるときに発生します。エラーの原因に関する情報が、イベント ログに記録されている場合があります。
詳細情報の表示 »

HTTP エラー 500.19 - Internal Server Error   ページに関連する構成データが無効であるため、要求されたページにアクセスできません。   ハンドラー ASPClassic   エラー コード 0x800700b7
MINE の設定を外して実行すると,

Microsoft VBScript 実行時エラー エラー '800a01ad'
ActiveX コンポーネントはオブジェクトを作成できません。
/_LIB_/L_LstDir.asp, 行 14

Microsoft VBScript 実行時エラー エラー '800a01ad' ActiveX コンポーネントはオブジェクトを作成できません。
コードの部分を見ると,
set oFSys = Server.CreateObject(“AsFile.FileSys”)
「アプリケーション プール」-「詳細設定」-「32 ビット アプリケーションの有効化」を「True」に.
「アプリケーション プール」-「詳細設定」-「32 ビット アプリケーションの有効化」


他にも,

HTTP エラー 500.19 - Internal Server Error
ページに関連する構成データが無効であるため、要求されたページにアクセスできません。
エラー情報の詳細:
モジュール	   CustomErrorModule
通知	   SendResponse
ハンドラー	   StaticFile
エラー コード	   0x800700b7
構成エラー	   一意のキー属性 'fileExtension' が '.imo'に設定されている種類 'mimeMap' の重複コレクション エントリを追加できません
構成ファイル	   \\?\C:\Users\Public\Documents\web\Test\web.config
要求された URL	   http://localhost:80/Test/iisstart.png
物理パス	   C:\Users\Public\Documents\web\Test\iisstart.png
ログオン方法	   匿名
ログオン ユーザー	   匿名
構成ソース:
   17:         <staticContent>
   18:             <mimeMap fileExtension=".imo" mimeType="text/imo" />
   19:         </staticContent>
詳細情報:
このエラーは、Web サーバーまたは Web アプリケーションの構成ファイルの読み取りに問題があるときに発生します。エラーの原因に関する情報が、イベント ログに記録されている場合があります。
詳細情報の表示 »

MIME の設定がダブっているとうまくない様で,下位の方を削除しようとすると

---------------------------
MIME の種類
---------------------------
この操作の実行中にエラーが発生しました。
詳細: 
ファイル名: \\?\C:\Users\Public\Documents\web\Test\web.config
行番号: 18
エラー: 一意のキー属性 'fileExtension' が '.imo'に設定されている種類 'mimeMap' の重複コレクション エントリを追加できません
---------------------------
OK   
---------------------------

MIME の種類   この操作の実行中にエラーが発生しました。
上位の方から順に削除して対応.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


T90Chi Win10 1803 からの更新

Win10 1803 だった T90Chi が Windows Update 1903 ? の対象に.
そのまま受け入れて進めると 0x80070057 のエラーに.
Win10 1803 Update 0x80070057 エラー
どうしたものかと思ったが「やり直す」を選択.
1 時間程度経ったと思う.
今度は「次の作業が必要です」.
Win10 VirtualBox が対応していないのでアンインストール
VirtualBox をアンインストール.


画面を撮り忘れたが,10 GB 以上の空きがある外部記憶装置が必要に.
追加している SD カードを指定して継続.
また 1 時間程度して再起動の画面.
Win10 1803 からの更新で「今すぐ再起動」
その後なかなか進まない?


4 時間程度経って,
「コンピューターに対する変更を元に戻しています…」のループ.
コンピューターに対する変更を元に戻しています...
更に 2 時間程再起動を繰り返していたが,「電源」+「音量-」でシャットダウンさせた.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


ポートを指定してのアクセス

引き続き IIS 環境へのアクセスを調べているが…
幾つか調べたことのメモ


IIS 部分を PHP から呼び出せないかと思い見つけたのが file_get_contents
<?php
$homepage = file_get_contents('http://www.example.com/');
echo $homepage;
?>

//www.example.com/ はちゃんと表示できるが,他のサイトなどではうまく表示されないことが多い?


auひかりのルータ Aterm BL190HW の設定を幾つか調べたが,特に影響しているものはなさそう.
ASUS RT-AC86U の設定でいろいろ見ていたら「ポートフォワーディング」が気になった.
試しに DS115j に接続する設定を追加したら,うまく動作する.
外部ポート 8000  内部ポート 80  内部 IP アドレスを 192.168.1.115 に.
http://iwao.synology.me:8000/ でアクセスできる.
RT-AC86U ポートフォワーディングの設定
同様に Win10 IIS も設定したがうまく接続できない.こうなると Win10 の設定か?


Win10 の設定を見直していたら IPv4 の設定の「デフォルトゲートウェイ」がブランクになっていた.
Win10 IIS IPv4 「デフォルトゲートウェイ」の設定
これを正しく設定したらうまく接続できるようになった.
http://iwao.synology.me:8080/

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


IPv6 でのアクセス

テスト用に IIS 環境へ接続できないかと…
LAN 内であれば次の様な指定で可能.
//192.168.1.80:8080/
//win10-ltsc:8080/


ASUS RT-AC86U を追加前は BL190HW のポートマッピング設定で設定していた.
LAN 側ホスト 192.168.0.80  プロトコル TCP  ポート番号 8080
2 重ルータにする前のポートマッピング設定


IPv6 ならそれぞれが指定できると思い試すことに…
指定方法は次のページにあった.
URLで IPv6 のIPアドレスを指定して接続する

DS116  http://[240f:33:c6c7:1:211:32ff:fe7f:75a6]/
DS115j http://[240f:33:c6c7:1:211:32ff:fe5f:e655]/
Win10  http://[240f:33:c6c7:1:241f:8b43:86b9:28de]:8080/
Win 7  http://[240f:33:c6c7:1:855d:191e:86aa:6fc3]/

LAN 内であれば意図した動作になりアクセスできる.
どこかの設定が足りないみたいで WAN からはアクセスできていない.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


WebGL three.js r111

WebGL three.jsr111
その中に 3MF テクスチャ があった.
three.js r111 3mf テクスチャ
3mf を自前のファイルに差替えて試したがうまく表示できなかった.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


FBX SDK 2020.0.1

FBX SDK がまた新しくなっている.
とりあえずダウンロードしてインストール.
FBX SDK 2020.0.1 インストール
ビルドなどは次のタイミングを予定.


Lib を組み込む部分のコードは次の様にしている.

#include <FbxSdk.h>
#ifdef	FBXSDK_VERSION_STRING

#if 	(FBXSDK_VERSION_MAJOR >= 2014)
    	#define	FS_VER_GT_2014_00
#endif
#if 	(FBXSDK_VERSION_MAJOR >= 2019)
    #if	(FBXSDK_VERSION_MINOR >=    1)
    	#define	FS_VER_GT_2019_01
    #endif
#endif
#if 	(FBXSDK_VERSION_MAJOR >= 2020)
    	#define	FS_VER_GT_2019_01
#endif

#if	defined	(FS_VER_GT_2019_01)
    #if     defined	    (_DLL)
    	    #pragma comment (lib, "LibXml2-MD.lib")
    	    #pragma comment (lib, "Zlib-MD.lib")
    #else   //		   !(_DLL)
    	    #pragma comment (lib, "LibXml2-MT.lib")
    	    #pragma comment (lib, "Zlib-MT.lib")
    #endif  //		    (_DLL)
#endif

#if	defined	(FS_VER_GT_2014_00)
    #if	    defined	    (_DLL)
    	    #pragma comment (lib, "LibFbxSDK-MD.lib")
    #else   //		   !(_DLL)
    	    #pragma comment (lib, "LibFbxSDK-MT.lib")
    #endif  //		    (_DLL)
#endif

#endif // FBXSDK_VERSION_STRING
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ

  • Categories:


    top

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。