CListBox などのオーナードロー

投稿日 by Iwao

リストスクロール時,動作が逆に見える現象の調査のため調べたこと.


WinCore.cpp CWnd::OnMeasureItem での CtlType の値

/*
 * Owner draw control types
 */
#define ODT_MENU        1
#define ODT_LISTBOX     2
#define ODT_COMBOBOX    3
#define ODT_BUTTON      4
#if(WINVER >= 0x0400)
#define ODT_STATIC      5
#endif /* WINVER >= 0x0400 */
/*
 * Listbox Styles
 */
#define LBS_NOTIFY            0x0001L
#define LBS_SORT              0x0002L
#define LBS_NOREDRAW          0x0004L
#define LBS_MULTIPLESEL       0x0008L
#define LBS_OWNERDRAWFIXED    0x0010L
#define LBS_OWNERDRAWVARIABLE 0x0020L
#define LBS_HASSTRINGS        0x0040L
#define LBS_USETABSTOPS       0x0080L
#define LBS_NOINTEGRALHEIGHT  0x0100L
#define LBS_MULTICOLUMN       0x0200L
#define LBS_WANTKEYBOARDINPUT 0x0400L
#define LBS_EXTENDEDSEL       0x0800L
#define LBS_DISABLENOSCROLL   0x1000L
#define LBS_NODATA            0x2000L
#if(WINVER >= 0x0400)
#define LBS_NOSEL             0x4000L
#endif /* WINVER >= 0x0400 */
#define LBS_STANDARD          (LBS_NOTIFY | LBS_SORT | WS_VSCROLL | WS_BORDER)
// Measure item implementation relies on unique control/menu IDs
void CWnd::OnMeasureItem(int /*nIDCtl*/, LPMEASUREITEMSTRUCT lpMeasureItemStruct)
{
	if (lpMeasureItemStruct->CtlType == ODT_MENU)
	{
	//	...
	}
	else
	{
		CWnd* pChild = GetDescendantWindow(lpMeasureItemStruct->CtlID, TRUE);
		if (pChild != NULL && pChild->SendChildNotifyLastMsg())
			return;     // eaten by child
	}
	// not handled - do default
	Default();
}

GetDescendantWindow で求めた pChild が NULL のため CListBox::OnChildNotify から MeasureItem が呼ばれない?
呼ばれた時の lpMeasureItemStruct->itemHeight は,ODT_LISTBOX は 18 ,ODT_COMBOBOX は 20 .
デバッガで高さを設定すると,その高さになる.
OWNERDRAWVARIABLE は項目ごとに呼ばれるが,OWNERDRAWFIXED の時はうまくない?


結局,VC 6 などの場合にそうなる(逆にスクロール)様子.
コモンコントロール Ver.6 を使う様にすることで回避できる.
コモンコントロール Ver.6 の指定
VC 6 exe などの場合は (VC6_app).exe.manifest ファイルを用意する.
視覚スタイルを有効にする

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください