Iwao Dev

気付いたことをメモしています.

この画面は、簡易表示です

Iwao

ADM 更新で WordPress が…

スマートフォンの AiMaster で ASUSTOR NAS にアクセスすると ADM のアップデートがあった.
特に気にすることなく更新.
その後,この NAS の WordPress のページにアクセスしようとすると開けない.404 になってしまう.
AiMaster ではわかり辛いので,今度は PC から ASUSTOR NAS へアクセス.
すると WordPress などがグレーになっている.
ネットワーク上などから WordPress のフォルダも見えない.



App Central で確認すると WordPress などの機能が無効(OFF)になっている.
画像をとり損ねたが,ON にしようとすると「MariaDB の更新が必要」とのメッセージが表示された.
MariaDB に入ると更新が始まった.
ADM 4  MariaDB 更新
更新後,App Central で WordPress などを ON に.
ちゃんと動作する様になった.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


FBX SDK 2020.2.1 に更新

FBX SDK を 2020.2.1 に更新.
プロジェクト設定の,インクルードとライブラリのディレクトリを変更.
C:\Program Files\Autodesk\FBX\FBX SDK\2020.2.1\include;%(AdditionalIncludeDirectories)
FBX SDK 2020.2.1 include
C:\Program Files\Autodesk\FBX\FBX SDK\2020.2.1\lib\vs2019\x86\$(Configuration);%(AdditionalLibraryDirectories)
FBX SDK 2020.2.1 Lib
特に問題なくビルド完了.動作テストはこれから.


#pragma comment (lib, “LibFbxSDK-MD.lib”) などの設定は次の所に書いている.
http://mish.work/joomla/cpp/fbx-sdk-setting.html

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ

  • カテゴリー:

高 DPI

先日の更新で,ツールバーのボタンが小さくなった?という報告を受けたので,ちょっとまとめてみた.

DPI 認識 DPI 対応 「互換性」タブ
なし 非対応 システム
高い DPI 認識 システム  
モニターごとの高い DPI 認識 モニターごと アプリケーション

プロジェクトの「プロパティ」-「マニフェストツール」-「DPI 認識」
「タスクマネージャー」での表示
上から,非対応,システム,モニターごとx2 .下から 2 つ目は,100% のディスプレイから移動したもの.
GLSmth の「バージョン情報」

高 DPI デバイスでの Windows のスケーリングの問題
PROCESS_DPI_AWARENESS enumeration (shellscalingapi.h)
C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Include\10.0.19041.0\um\ShellScalingApi.h

いろいろ試したが,特にツールバーボタンの関係ではわからなかった.


2021/10/14
どうも,プライマリディスプレイの設定によりスケーリング動作が異なる?
ImageLook タスクマネージャ
125% にしたもの.
プライマリディスプレイを 125% に
右下の 3 つのツールバーとダイアログの大きさなどがスケーリングされない.
それら以外の,メニューやステータスバーなどは正しくスケーリングされている様に見える.
VirtualBox の「スケールモード」で 80% 程度にしたもの.
80% 程度にして,ホストのウィンドウを重ね合わせ


exe のプロパティで「アプリケーション」としたもの.
exe のプロパティで「アプリケーション」に
ダイアログのフォントに固定サイズのものを使用しているので少し文字間隔が広くなってしまっている.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


コンソール AP での色

以前に NAS に SSH 接続した環境で,文字色などの変更 をやった.
確か DOS 時代に少し使った記憶があるが,コンソール AP で使ってみたいと思い調べてのメモ.


先ず,コマンドプロンプトでの動作から.
echo ^G
echo Ctrl+G   BEL
‘^G’ の入力は,「Ctrl」+「G」.
「Enter」すると,ブザー(BEL)が鳴る.
今度は,次の様なバイナリデータのファイルを用意しての表示.
ESC シーケンス バイナリデータ
それを type で表示する(Linux 環境などでは cat ).
type esc.txt
type esc.txt の結果
echo を使っての ‘ESC [‘ 入力がわからなかったが,いろいろ試すと「Ctrl」+「[」で入った.
echo ^[[103m
echo ^[[30m
echo ^[[103m    echo ^[[30m
最初わからなかったが,Linux 環境などでは
echo -e “\x1b[103m”
BEL の所に書いてあった.


以前試した時もそうだったと思うが,コマンドプロンプトでそのまま実行してもうまく機能しない.
またその頃はまだメインの開発機は Win7 だったこともありそれ以上は試していなかった.
以前の T_esc 2018 05 exe
一度ファイルにリダイレクトして type すると意図した動作になる.
Windows ESC CSI」で検索すると次の所が見つかる.
コンソールの仮想ターミナル シーケンス
ここを見ると ::SetConsoleModeENABLE_VIRTUAL_TERMINAL_PROCESSING を指定するとある.
それで次の様なコードで試すとうまくいった.

#ifdef		_WIN32
	#ifdef	ENABLE_PROCESSED_OUTPUT
		#ifndef	ENABLE_VIRTUAL_TERMINAL_PROCESSING
		#define	ENABLE_VIRTUAL_TERMINAL_PROCESSING	0x0004
		#endif
	#endif
#endif
//	...
{
//	...
	can_CSI = true ;
	#ifdef		_WIN32
		BOOL	can_ESC = FALSE ;
		#ifdef	ENABLE_PROCESSED_OUTPUT
			HANDLE	hout =	::GetStdHandle(STD_OUTPUT_HANDLE) ;
			DWORD	mode = 0 ;
					::GetConsoleMode(hout,&mode) ;
				mode|= ENABLE_VIRTUAL_TERMINAL_PROCESSING ;
			can_ESC =	::SetConsoleMode(hout, mode) ;
		#endif
		can_CSI = (can_ESC == TRUE) ;
	#endif
	if (change_bg) {
		if (can_CSI) {
			std::terr << _T("\x1b[107m") ;
			std::terr << _T("\x1b[30m") ;
			std::terr << _T("\x1b[0J") ;
		//	std::terr << _T("\x1b[;H") ;
			}
		}
//	...
	}

CSI.hxx
CSI クラスを使用したもの
ちょっとうまくない部分もある?が,何とか.


python だと

from ctypes import windll , wintypes , byref
kernel = windll.kernel32
hout = kernel.GetStdHandle(-11)
mode = wintypes.DWORD()
kernel.GetConsoleMode(hout,byref(mode))
mode.value |= 4
kernel.SetConsoleMode(hout,mode)
print ('\033[96m')

参考にさせてもらったところ.
第3章5 エスケープシーケンスで文字の色、背景の色を変更

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


CCmdUI::SetText

以前,VC 11 以降で メニューのテキストがうまく更新できない 現象があった.
この時,オーナードローを使っている所は解決した(個人的なコードのバグだった).
が,普通のサブメニューの方はうまくないままとなっていて,それを今回改めて調べてみた.


デバッガで追いかけると,CcmdUI::SetText は呼ばれている.
MFC のコードを見ると,ModifyMenu と SetMenuItemInfo の違いがある.
MFC 10 と 11 の CCmdUI::SetText


サブメニューの場合にうまくないのかと思い,単体テスト用のコードを書いてみたが,再現できない.

void CM_textView::OnUpdateMenuItem(CCmdUI* pCmdUI) 
{
	// TODO: Add your command update UI handler code here
	CString	now = CTime::GetCurrentTime().Format(_T("%H:%M:%S")) ;
	pCmdUI->SetText(now) ;
	}

void CM_textView::OnMenuItem(UINT nID) 
{
	// TODO: Add your command handler code here
	}

何か他の条件があるみたい.


CMenu::TrackPopupMenu で表示するメニューではうまく更新されている.
メニューバーの項目としてコマンドを割り当て,そこから TrackPopupMenu を呼出すことで対応.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ

  • カテゴリー:

DSM 7 と WordPress , Joomla!

2021/07 に Synology NAS の DSM を更新
WordPress は動作しているが Joomla! はうまくないまま.


今日 Maria DB と WordPress ,Joomla! の更新版があったので更新した.
DSM 7  WordPress
前回と同様 でうまく開かない.
WordPress のインストールされたところをみると .htaccess が存在しない.
以前バックアップしたものをコピー.
これで WordPress はうまく動作する様になった.
Joomla! の方は相変わらず.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


VC リリースビルドのデバッグ

先日の VC 6 でのリリースビルドでうまくなかった現象
これをデバッグするための設定.
以前から何度か使っているが,今回コンパイル時の設定部分が何故かすぐにわからなかったのでメモ.
リリースビルドのデバッグ コンパイル設定
同様に,リンクの設定でも「Generate debug info」のチェックが必要.
方法: リリース ビルドをデバッグする

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ

  • カテゴリー:

VS 6 RTM bug … ?

Win10 環境に入れた VC 6 でビルドした exe をテストしていると…
VC 6 RTM
「何か修正を間違えた?」と思い,幾つかの exe で実行するとうまくいく.
VC 6 SP6
VC 14 などでビルドしたものや,VC 6 デバッグビルドのものは OK .
2021/06 頃からの VC 6 リリースビルドのものがうまくなさそう.
WinXP 環境の VC 6 でビルドしたものも OK .
Win10 に入れた VS 6 が英語版だったので,SP はまだ入れていない.


2021/08/17
VC 6 RTM で作成される exe がうまくないものと思われる.
3D データ変換の状況


2021/08/18
次の様なコードでテストすると ::GonsA_Triangulation で長方形の片方が消えてしまう.

	GonsA	gnsa = ::To_GonsA(_3d_file) ;
	     	gnsa = ::GonsA_Triangulation(gnsa) ;
	::GonsA_Toix3(gnsa,(out_name+_T(".ix3")).c_str()) ;
	::GonsA_ToOBJ(gnsa,(out_name+_T(".imo")).c_str()) ;
	::GonsA_ToWRL(gnsa,(out_name+_T(".wrl")).c_str()) ;

その後いろいろとデバッガでやってみたが,その中は限定できなかった.
最適化の「実行速度」以外では,現象は発生しない.


結局 SP 6 をインストールすることに…
が,インストールできない.
VS 6 SP 6 was not completed successfully
対応方法がわからないので,仮想マシンの Win10 Pro x64 にインストールしてみるとうまくいった.
ちょっと面倒(ビルド時間がかかるなど)だが,動かないよりは良いので併用か?


2021/08/19
仮想マシンの VC 6 のデバッグ.
一度ブレークさせると,その後ステップ実行できない.

---------------------------
Microsoft Visual C++
---------------------------
Unhandled exception in GLSm.exe (OLE32.DLL): 0xC0000005: Access Violation.
---------------------------
OK   
---------------------------

VC 6 ブレーク後のステップ実行で 0xC0000005
同じタイミングでインストールした Win7 x64 環境ではうまく動作している.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ

  • カテゴリー:

JavaScript module Three.js

前回 Three.jsバージョンを更新 した時に気づいていたがそのままになっていたので少し調べてみた.
きっかけは,今まで r109 だったものを r131 にしようかと …
three.module.js は r83 ぐらい? example が module 対応になったのは r105 の頃か?
r105 と r106 の ./example/js/loaders/OBJLoader.js の内容は同じ.
./webgl_loader_obj_mtl.html は import 部分と THREE が異なる.JavaScript のコードとしては同じ?


次の所を参考に,いろいろと…
JavaScript モジュール
そこにある basic-modules を,import でない方法で書き直し.
main.js を html 内の body に取り込み.
最初,間違って head 内に書いたら create でエラー(document.body が null).
また,canvas.js 内に export が存在するとうまくいかず,js をコピーして,その行をコメントに.
script src=".../canvas_.js"
それを import を使用した方法に.
main.js を直接 body 内に記述したもの.
script type="module"


*.js をどちらの場合も同じものとしたいが,方法は?


2021/06/06
Three.js で,同じ OBJLoader.js を使っているのかと思ったが,違った.
example/js/OBJLoader.js と example/jsm/OBJLoader.js が存在している.


ある程度 module を使うための変更内容がわかったので,既存のデータを変更してみた.
データはいつもの.http://mish.work/i_Tools/Doc/blog/3D_Data/Cube_2021_07.htm
r109 を利用している.それを r131 に変更.
r131 に変更したもの
c_3js_10.js の先頭に次のもの追加.

import	* as THREE        	from '/_lib/js/webgl/threejs/r131/build/three.module.js';
import	{ OrbitControls } 	from '/_lib/js/webgl/threejs/r131/examples/jsm/controls/OrbitControls.js';
import	{ MTLLoader }     	from '/_lib/js/webgl/threejs/r131/examples/jsm/loaders/MTLLoader.js';
import	{ OBJLoader }     	from '/_lib/js/webgl/threejs/r131/examples/jsm/loaders/OBJLoader.js';

最後に以下を追加.

export	{	ThreeStart10	} ;
export	{	ThreeStartF 	} ;

html を type="module" と import …/c_3js_10.js に.

<script	type="module">
	import	{	ThreeStart10	}	from	"./c_3js_10.js" ;

type module , import
実行すると幾つかのエラー.

Uncaught TypeError: THREE.OrbitControls is not a constructor
    Set_orbit http://mish.work/i_Tools/Doc/blog/3D_Data/c_3js_10.js:137
    ThreeStart10 http://mish.work/i_Tools/Doc/blog/3D_Data/c_3js_10.js:47
    <anonymous> http://mish.work/i_Tools/Doc/blog/3D_Data/Cube_2021_08.htm:42

Uncaught TypeError: THREE.OrbitControls is not a constructor
OrbitControls などクラスの利用部分が違う.THREE. の部分を削除.
THREE. 部分を削除
module を使用した方法に変更
表示されている QR コードは,以前 WebGL が動作しない環境の時の区別のためのもの.
これはうまく使えないみたいなので,その部分は削除.他に “use strict”; なども削除.
module を使用


html の script の部分で type="module" が指定されていないと,

Uncaught SyntaxError: import declarations may only appear at top level of a module Cube_2021_08_E2.htm:19:3

type="module" が指定されていない時のエラー

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


コンソール AP で SetRegistryKey …

以前一度やっているが…
https://mish.myds.me/wordpress/dev/2015/01/28/console-ap-reg-read/

class	CMy_App	:	public	CWinApp	{
public:
	void	SetRegistryKey_	(LPCTSTR key)	{	SetRegistryKey(key) ;	}
	} ;

//CWinApp	theApp ;
CMy_App		theApp ;

int	_tmain	(int argc,TCHAR* argv[])
{
	_tsetlocale(LC_ALL,_T("")) ;
	::reg_argv(argc,argv) ;
	{
		if (!AfxWinInit(::GetModuleHandle(NULL), NULL, ::GetCommandLine(), 0)) {
			std::terr << _T("Fatal Error: MFC initialization failed") << std::endl ;
			}
		theApp.SetRegistryKey_(Profile::GetRegKey_Base()) ;	//	レジストリを使用する
		}
	if (argc > 1) {
		for (int index=1 ; index<argc ; index++) {
			tstring	fold = argv[index] ;
			::test(fold) ;
			}
		}
	else {
		tstring	def_path = LPCTSTR(::PC_get_current_page()) ;
		tstring	fold = def_path ;
		while(true)	{
			fold = ::ask_folder(fold.c_str()) ;
			if (fold.empty())	{	break ;		}
			::test(fold) ;
			}
		}
	return	0 ;
	}

CMy_App SetRegistryKey

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ

  • カテゴリー:


    top

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。