Iwao Dev

気付いたことをメモしています.

この画面は、簡易表示です

メモ

VNC Viewer での画面コピー

検索すると設定があることは見つかるが,設定場所が見当たらない.
VNC Viewer のメニューから「Properties…」を開くと,「Options」タブ内にあった.
VNC Viewer の「画面コピー」の設定
「Pass special keys …」のチェックを外すことで意図した動作に.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Raspberry Pi にインストール

Raspberry Pi 用に micro SD を購入.

パッケージから micro SD を取り出すのがちょっと大変(金属部分に触ってしまいそう).
micro SD の動作確認のために「KoKaRasPi1181118.img」をコピーして OS が起動することを確認.


今度は Raspbian からのインストール.
ダウンロードできるページにアクセスすると幾つかあり.
https://www.raspberrypi.org/downloads/ NOOBS と Raspbian
今回は Raspbian Buster with desktop and recommended software を選択.
「2019-07-10-raspbian-buster-full.img」を microSD にコピー
あとは Raspberry Pi に挿して起動.
Raspbian Buster with desktop を起動
幾つかの設定を「Japanese」に.
再起動して Wi-Fi などの設定後,ソフトウェアのアップデートに.これは 1 時間程度かかった.
Update Software の画面
また再起動して何とか使える状態に.


ssh で接続仕様とすると,何かの設定をしなければならない様なメッセージ.

C:\Users\Iwao\AppData\Local\Temp>ssh -l pi 192.168.1.34
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@    WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!     @
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
IT IS POSSIBLE THAT SOMEONE IS DOING SOMETHING NASTY!
Someone could be eavesdropping on you right now (man-in-the-middle attack)!
It is also possible that a host key has just been changed.
The fingerprint for the ECDSA key sent by the remote host is
SHA256:+XCHdOHLyB0hFfxDrAR2xEvYhuiylCLzFYhmznJyzYg.
Please contact your system administrator.
Add correct host key in C:\\Users\\Iwao/.ssh/known_hosts to get rid of this message.
Offending ECDSA key in C:\\Users\\Iwao/.ssh/known_hosts:1
ECDSA host key for 192.168.1.34 has changed and you have requested strict checking.
Host key verification failed.

C:\Users\Iwao\AppData\Local\Temp>

検索すると,
SSH接続で WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!
エディタで …/.ssh/known_hosts の 1 行目の 192.168.1.34 を 192.168.1.35 に.
もう一度,ssh -l pi 192.168.1.34 とすることで接続できた.
また,known_hosts には 192.168.1.34 が追加されている.
192.168.1.35 にしたものを 192.168.1.34 に戻すことで,前の SD でも動作可能なことを確認.
known_hosts を編集

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


PyOpenGL インストール – 2

今度は Ubuntu 環境へのインストール.
先ず Python 2.7 .

iwao@VB-Ubuntu:~$ sudo apt install python
[sudo] iwao のパスワード: 
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
以下の追加パッケージがインストールされます:
  libpython-stdlib libpython2-stdlib libpython2.7-minimal libpython2.7-stdlib
  python-minimal python2 python2-minimal python2.7 python2.7-minimal
提案パッケージ:
  python-doc python-tk python2-doc python2.7-doc binfmt-support
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  libpython-stdlib libpython2-stdlib libpython2.7-minimal libpython2.7-stdlib
  python python-minimal python2 python2-minimal python2.7 python2.7-minimal
アップグレード: 0 個、新規インストール: 10 個、削除: 0 個、保留: 9 個。
3,883 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 16.7 MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか? [Y/n] 

Ubuntu に Python 2.7 をインストール
続いて pip .

iwao@VB-Ubuntu:~$ pip

Command 'pip' not found, but can be installed with:

sudo apt install python-pip

iwao@VB-Ubuntu:~$ sudo apt install python-pip
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
以下の追加パッケージがインストールされます:
  javascript-common libexpat1 libexpat1-dev libjs-jquery libjs-sphinxdoc libjs-underscore libpython-all-dev
  libpython-dev libpython2-dev libpython2.7 libpython2.7-dev python-all python-all-dev python-asn1crypto
  python-cffi-backend python-configparser python-crypto python-cryptography python-dbus python-dev python-entrypoints
  python-enum34 python-gi python-idna python-ipaddress python-keyring python-keyrings.alt python-pip-whl
  python-pkg-resources python-secretstorage python-setuptools python-six python-wheel python-xdg python2-dev
  python2.7-dev
提案パッケージ:
  apache2 | lighttpd | httpd python-crypto-doc python-cryptography-doc python-cryptography-vectors python-dbus-dbg
  python-dbus-doc python-enum34-doc python-gi-cairo libkf5wallet-bin gir1.2-gnomekeyring-1.0 python-gdata
  python-keyczar python-secretstorage-doc python-setuptools-doc
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  javascript-common libexpat1-dev libjs-jquery libjs-sphinxdoc libjs-underscore libpython-all-dev libpython-dev
  libpython2-dev libpython2.7 libpython2.7-dev python-all python-all-dev python-asn1crypto python-cffi-backend
  python-configparser python-crypto python-cryptography python-dbus python-dev python-entrypoints python-enum34
  python-gi python-idna python-ipaddress python-keyring python-keyrings.alt python-pip python-pip-whl
  python-pkg-resources python-secretstorage python-setuptools python-six python-wheel python-xdg python2-dev
  python2.7-dev
以下のパッケージはアップグレードされます:
  libexpat1
アップグレード: 1 個、新規インストール: 36 個、削除: 0 個、保留: 8 個。
37.0 MB 中 36.9 MB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 72.7 MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか? [Y/n] 

Ubuntu に pip をインストール


PyOpenGL .
$ pip install PyOpenGL
$ pip install PyOpenGL_accelerate
PyOpenGL のインストール
Ubuntu はこのインストールで良いみたい.
Fedora の様に OpenGL.GL にあたるパッケージのインストールは必要なさそう.


Raspberry Pi へのインストール.
Python 2.7 は入っているので PyOpenGL のインストール.
$ pip install PyOpenGL
$ pip install PyOpenGL_accelerate
Raspberry Pi に PyOpenGL のインストール
これだけ良いみたい.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


PyOpenGL インストール

PyOpenGL は Python 2.7 が奨励みたいで,Fedora 環境に Python 2.7 をインストール.
Fedora に Python 2.7 をインストール

[Iwao@fedora ~]$ python
bash: python: コマンドが見つかりませんでした...
コマンド python' を提供するためにパッケージ 'python-unversioned-command' をインストールしますか? [N/y] y

 * キューで待機中... 
 * パッケージの一覧をロード中。... 
以下のパッケージはインストールされるべきものです:
 gdbm-1:1.18-4.fc30.x86_64	A GNU set of database routines which use extensible hashing
 python-unversioned-command-2.7.16-2.fc30.noarch	The "python" command that runs Python 2
 python2-2.7.16-2.fc30.x86_64	An interpreted, interactive, object-oriented programming language
 python2-libs-2.7.16-2.fc30.x86_64	Runtime libraries for Python 2
 python2-pip-19.0.3-3.fc30.noarch	A tool for installing and managing Python 2 packages
 python2-setuptools-40.8.0-1.fc30.noarch	Easily build and distribute Python packages
変更したまま継続しますか? [N/y] y

 * キューで待機中... 
 * 認証を待ち受け中... 
 * キューで待機中... 
 * パッケージをダウンロード中... 
 * データを要求中... 
 * 変更をテスト中... 
 * パッケージのインストール中... 

[Iwao@fedora ~]$ 

次は PyOpenGL のインストール
インストールは次のものらしい.
$ pip install PyOpenGL
$ pip install PyOpenGL_accelerate
【Python】PyOpenGLのインストールからウィンドウ表示まで
PythonのOpenGLライブラリ「PyOpenGL」はPython3系では動かないのね


次の様なウィンドウを表示するだけのコードでエラー.
ImportError: No module named OpenGL.GL

from OpenGL.GL   import *
from OpenGL.GLUT import *

def draw():
    glClearColor(1.0, 1.0, 0.5, 0.0)
    glClear(GL_COLOR_BUFFER_BIT | GL_DEPTH_BUFFER_BIT)
    glFlush()
    glutSwapBuffers()

def main():
    glutInit(sys.argv)
    glutInitDisplayMode(GLUT_RGBA | GLUT_DOUBLE | GLUT_DEPTH)
    glutInitWindowSize(300, 300)
    glutCreateWindow("PyOpenGL")
    glutDisplayFunc(draw)
    glutMainLoop()

main()
[Iwao@fedora pyopengl]$ python test.py 
Traceback (most recent call last):
  File "test.py", line 3, in 
    from OpenGL.GL import *
ImportError: No module named OpenGL.GL
[Iwao@fedora pyopengl]$ 

OpenGL 関係が足りないみたいで検索すると python-pyopengl が必要とある.
Pythonでグラフィックやるには?

[Iwao@fedora py_math]$ sudo dnf install python-pyopengl*
[sudo] Iwao のパスワード:
メタデータの期限切れの最終確認: 0:57:14 時間前の 2019年09月13日 16時39分16秒 に実施しました。
依存関係が解決しました。
================================================================================
 Package                Architecture Version                Repository     Size
================================================================================
インストール:
 python2-pyopengl       x86_64       3.1.1a1-15.fc30        fedora        2.4 M
依存関係のインストール:
 openblas-threads       x86_64       0.3.7-1.fc30           updates       4.8 M
 python2-numpy          x86_64       1:1.16.4-2.fc30        updates       3.9 M
 python2-nose           noarch       1.3.7-22.fc30          fedora        261 k

dnf install python-pyopengl
これで実行できるようになった.
PyOpenGL でのウィンドウの表示

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


FBX SDK の lib ファイル指定

先日,時間があまりとれず 今までの lib の指定 でそのままだった.


FbxSdk.h から順にたどっていくと fbxsdk_version.h があった.
この中に次の様な SDK バージョンが定義されている.

#define FBXSDK_VERSION_MAJOR	2014
#define FBXSDK_VERSION_MINOR	1
#define FBXSDK_VERSION_POINT	0

バージョン文字列は次の様に利用できる.

CString	fsv_str = FS_Ver_Str ;
#ifdef	FBXSDK_VERSION_STRING
//	fsv_str = ::To_tstring(FBXSDK_VERSION_STRING).c_str() ;
	fsv_str =           _T(FBXSDK_VERSION_STRING) ;
#endif

これらを利用した方法で書き換え.


#if		(FBXSDK_VERSION_MAJOR >= 2014)
		#define	FS_VER_GT_2014_00
#endif
#if		(FBXSDK_VERSION_MAJOR >= 2019)
	#if	(FBXSDK_VERSION_MINOR >=    1)
		#define	FS_VER_GT_2019_01
	#endif
#endif

#ifdef	FS_VER_GT_2019_01
	#ifdef	_DLL
		#pragma	comment	(lib, 	"LibXml2-MD.lib")
		#pragma	comment	(lib, 	"Zlib-MD.lib")
	#else
		#pragma	comment	(lib, 	"LibXml2-MT.lib")
		#pragma	comment	(lib, 	"Zlib-MT.lib")
	#endif
#endif

#ifdef	FS_VER_GT_2014_00
	#ifdef	_DLL
		#pragma	comment	(lib, 	"LibFbxSDK-MD.lib")
	#else
		#pragma	comment	(lib, 	"LibFbxSDK-MT.lib")
	#endif
#endif

FBXSDK_VERSION を使用した pragma comment lib の指定

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


コンパイルオプション -Dname=…

コンパイル時のオプションで -DVER=2019.09 の様な指定を使いたくなったので調べてみた.
コードは次のようなもの.

#include	<iostream>
#include	<iomanip>

#ifndef	Test_Ver_F
#define	Test_Ver_F  2019.0902
#endif

int	main	(int argc,   char* argv[])
{
	{
		std::cout                            	<< Test_Ver_F  << std::endl ;
		std::cout <<  std::setprecision(20)  	<< Test_Ver_F  << std::endl ;
		}
	return	0 ;
	}
pi@raspberrypi:~/Documents/test_gcc/t_ccsw_d $ g++ t_ccsw_d.cpp 
pi@raspberrypi:~/Documents/test_gcc/t_ccsw_d $ ./a.out 
2019.09
2019.0902000000000953
pi@raspberrypi:~/Documents/test_gcc/t_ccsw_d $ g++ t_ccsw_d.cpp -DTest_Ver_F=2019.0902
pi@raspberrypi:~/Documents/test_gcc/t_ccsw_d $ ./a.out 
2019.09
2019.0902000000000953
pi@raspberrypi:~/Documents/test_gcc/t_ccsw_d $ g++ t_ccsw_d.cpp -DTest_Ver_F="2019.0902"
pi@raspberrypi:~/Documents/test_gcc/t_ccsw_d $ ./a.out 
2019.09
2019.0902000000000953
pi@raspberrypi:~/Documents/test_gcc/t_ccsw_d $ g++ t_ccsw_d.cpp -DTest_Ver_F=\"2019.0902\"
pi@raspberrypi:~/Documents/test_gcc/t_ccsw_d $ ./a.out 
2019.0902
2019.0902
pi@raspberrypi:~/Documents/test_gcc/t_ccsw_d $ g++ t_ccsw_d.cpp -DTest_Ver_F=\"2019.09.02\"
pi@raspberrypi:~/Documents/test_gcc/t_ccsw_d $ ./a.out 
2019.09.02
2019.09.02
pi@raspberrypi:~/Documents/test_gcc/t_ccsw_d $ 

g++ t_ccsw_d.cpp -DTest_Ver_F=2019.0902
2019.0902 の様な浮動小数点の指定は特に変わった所はない.
但し浮動小数点による誤差などは考慮が必要.
文字列として扱いたいときは \” で括ればよい.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


error C1189: #error: Please use /MD

プロジェクトの設定で「スタティック ライブラリで MFC を使用する」から「共有 DLL で MFC を使う」に変更すると,次のエラーになることがある.
—— ビルド開始: プロジェクト: MkCmf, 構成: Release Win32 ——
StdAfx.cpp
C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2019\Professional\VC\Tools\MSVC\14.22.27905\atlmfc\include\afxver_.h(77,1): error C1189: #error: Please use the /MD switch for _AFXDLL builds
プロジェクト “MkCmf142.vcxproj” のビルドが終了しました — 失敗。
========== ビルド: 0 正常終了、1 失敗、0 更新不要、0 スキップ ==========


対応方法はエラーメッセージにある様に
「マルチスレッド(/MT)」から「マルチスレッド DLL(/MD)」に変更する.
ランタイムライブラリの設定を「マルチスレッド DLL(/MD)」に変更する


同様に「共有 DLL で MFC を使う」から「スタティック ライブラリで MFC を使用する」に変更した場合.
—— ビルド開始: プロジェクト: AsHVR, 構成: Release Win32 ——
StdAfx.cpp
c:\program files (x86)\microsoft visual studio\2017\professional\vc\tools\msvc\14.16.27023\atlmfc\include\afx.h(24): fatal error C1189: #error: Building MFC application with /MD[d] (CRT dll version) requires MFC shared dll version. Please #define _AFXDLL or do not use /MD[d]
プロジェクト “AsHVR142.vcxproj” のビルドが終了しました — 失敗。
========== ビルド: 0 正常終了、1 失敗、0 更新不要、0 スキップ ==========
この場合は「マルチスレッド(/MT)」に変更する.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Linux から Windows 環境への接続

先日は「ファイルマネージャ」での Windows 環境へのアクセスだったが,今度はマウント.
検索すると以下の所に詳しく書かれていた.
LinuxからWindowsの共有フォルダをマウントするには
LinuxからWindowsの共有フォルダにアクセスする方法
実際に操作したのは,
$ sudo mkdir /mnt/_.src
$ sudo mount -t cifs -o username=pi,password=raspberry //Z170S0/Public/Documents/CloudD/GoogleD/Develop/_.SRC /mnt/_.src


Fedora ではこれでうまくいったが,Ubuntu ではエラー.
Fedora 環境は先日いろいろ弄って Samba の関係を入れたが Ubuntu はまだだった.
$ sudo apt install samba
$ sudo apt install cifs-utils
* samba のインストールは不要?
Z170S0 ではエラーとなり IP アドレスで指定したらうまくいった.
$ sudo mount -t cifs -o username=pi,password=raspberry //192.168.1.169/Public/Documents/CloudD/GoogleD/Develop/_.SRC /mnt/_.src
/mnt/_.src に mount

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Linux から Windows 環境のファイル

先日 Linux 環境から NAS 環境のファイルアクセスの手順などはある程度分かった.
今度は Windows 環境のファイルへのアクセス.
「他の場所」を選んだ時「Z170S0」が表示されていた(表示されないこともあり).
表示されていない時は「サーバへの接続」欄に smb://z170s0/ で可能.
「他の場所」で「Z170S0」が表示されている
選択するとパスワードを求められるが,これがうまく入らなかった(何を指定すれば良いかがわからなかった).
Raspberry Pi 上からも同じ様な感じで見えていたので試すと「pi」で入れた.
Ubuntu や Fedora でも「pi」で入れることがわかった.
Ubuntu から Z170S0 への接続
Fedora から Z170S0 への接続
「pi」で入ることで「Everyone」として扱われているものと思われる.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Fedora yum と dnf

まだいろいろとわからないことが多い Linux .
今まで apt-get や yumopkg などをあまり意識しないで利用してきた.


Fedora に samba をインストールしようとして調べていると,dnf の記述が多い?
どうも最近は yum に代わって dnf になっているらしい.
ただ wiki によると,dnf にリダイレクトされるらしい.


2019/08/23
Ubuntu などでの apt-get も同様に,今は apt になっている.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ



    top

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。