Iwao Dev

気付いたことをメモしています.

この画面は、簡易表示です

メモ

Magical Finder + WN-AC1167R

moto g5 を Android 8.1 に更新した.

ダウンロードする所の評価はかなり低いが…
Android 7 の時もそうだったが,特に問題なし.

「Web設定画面を開く」で,正しく開くことができる.


Magical Finder は,IPv4 のアドレスを調べる程度の利用.
今は ASUS Router アプリ があるので,あまり必要ではない.



  にほんブログ村 IT技術ブログへ


STL(Stereolithography) 読込みで…

STL(Stereolithography,Standard Triangulated Language) バイナリ読込みで,VC 14 でビルドした exe でダウンする.
VC 6 でビルドしたものは通っているが,たまたまエラーにならなかっただけ.
コードは,

    {
        size_t  hStart = 0 ;
        v_char  head ;
        head.resize(STL_B_HEADER_SIZE+100,0x00) ;
        memmove(&head,&readBuf[hStart],sizeof(STL_B_HEADER_SIZE)) ;
        stl.SetName(::To_tstring(head).c_str()) ;
        }

::To_tstring で head を利用した時にエラーとなる.
ここをコメントにすると,ブロックを抜けた時に head の解放?でエラーになる.


memmove で &head ではなく &head[0] としなければならない.

正しくは,

    {
        size_t	hStart = 0 ;
        v_char	head ;
        head.resize(STL_B_HEADER_SIZE+100,0x00) ;
        memmove(&head[0],&readBuf[hStart],STL_B_HEADER_SIZE) ;
        stl.SetName(::To_tstring(head).c_str()) ;
        }

v_char は次の様に定義.
 typedef std::vector<char> v_char ;



  にほんブログ村 IT技術ブログへ


3D ファイルの表示で黒?

個人的な形式の ipl .直接読込んで OpenGL で表示する様にコードを修正中…
表示すると黒くなる.

STL などはそれなりの色で表示される.
ワイヤフレームなどでは,色で表示されている.
原因は,ipl では法線ベクトルを持っていないので 0,0,0 として表示されていた.



  にほんブログ村 IT技術ブログへ


wordpress で更新できない

次の所を編集しようとして,「更新」を押しても反映されない.
https://mish.myds.me/wordpress/i-tools/about/
元に戻ってしまう.
一度ログアウトして,再度入ろうとすると入れない.
Synology NAS DS116 を再起動することで対応.




  にほんブログ村 IT技術ブログへ


C1076 ヒープの領域を…

——————–構成: MkCmf – Win32 Debug——————–
コンパイル中…
ComPrj03.cpp
c:\program files\microsoft visual studio\vc98\include\comip.h(46) : fatal error C1076: コンパイラの制限 : ヒープの領域を使い果たしました; 上限を設定するために /Zm オプションを使用してください。
cl.exe の実行エラー
ComPrj03.obj – エラー 1、警告 0

MSDN /Zm

コンパイルのオプションに,/Zm150 を追加.



  にほんブログ村 IT技術ブログへ


システムメニューに項目の追加

あまり使用しないので,メモ.
「ダイアログベース」の AP に「設定」メニューの追加.
コードのサンプルなどは以下の所や,CXxxDlg::OnInitDialog .
MSDN CWnd::GetSystemMenu


IDS_… と IDM_… のリソースを追加.

	pSysMenu->AppendMenu(MF_SEPARATOR);
	pSysMenu->AppendMenu(MF_STRING, IDM_SETTING, _T("設定(&S)...")) ;	

今回は,面倒だったのでメニュー名は文字列として直接指定.


IDM_… の値は 0x0020 など.
CXxxxDlg::OnSysCommand でイベントを受け取る.

	if ((nID & 0xFFF0) == IDM_ABOUTBOX)	{
		CAboutDlg dlgAbout;
		dlgAbout.DoModal();
		}
	else if ((nID & 0xfff0) == IDM_SETTING) {
		OnSetting() ;
		}
	else 	{
		CDialog::OnSysCommand(nID, lParam);
		}	


  にほんブログ村 IT技術ブログへ


pgons.Material::operator=(pgons1)

	d3D_PgonsA	pgsa = c3d.GetPgonsA() ;
	{
		d3D_PgonsA	pa_tri ;
		for (long index=0 ; index<pgsa.GetCount() ; index++) {
			d3D_Pgons1	pgns1 = pgsa[index] ;
			d3D_Pgons1	pgons = pgns1 ;
			{
					pgons = ::Pgons_ToTriangle(pgns1) ;
				//	pgons.SetColor  (pgns1.GetColor  ()) ;
				//	pgons.SetTexture(pgns1.GetTexture()) ;
				//	pgons.SetName   (pgns1.GetName   ()) ;
					pgons.Material::operator=(pgns1) ;
				}
			pa_tri.Add(pgons) ;
			}
		pgsa = pa_tri ;
		}


  にほんブログ村 IT技術ブログへ


vector 型のデフォルト引数

あまり使うことがないかもしれないが…
関数に std::vector<Vd2> を渡す時,デフォルト引数を指定可能にしたかった.

	typedef	std::vector<Vd2>  Vd2A ;

	Vd2A	pnt2s = ::ToVd2A(pnts) ;
	v_Vd2A	v_v2a = ::V2_Triangulation(pnt2s) ;
		v_v2a = ::V2_Triangulation(pnt2s,ext2s) ;

	通常は上の呼び方だが,デバッグ用のデータのダンプで全体の範囲を与えたい時がある.
	上の方法では,デバッグ用のデータが個別の範囲となってしまう.

検索すると,[C++]const参照は一時変数にバインドできる
次の様に指定すれば良いとあった.
 const std::vector<int>& param = std::vector<int>()

v_Vd2A	V2_Triangulation	(const Vd2A& pnts,const Vd2A& ext2s=Vd2A())
{
	Poly_1_2D	ply2d(pnts) ;
	ply2d.AddPosition(ext2s) ;
	vv_long		tri_a = ply2d.Triangulation() ;
	Vd2A		tri_p = ply2d.GetPosition() ;
	v_Vd2A		tri_ary ;
	{
		//	...
		}
	return	tri_ary ;
	}


  にほんブログ村 IT技術ブログへ



    top

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。