Iwao Dev

気付いたことをメモしています.

この画面は、簡易表示です

3D

3DS 保存でアプリケーションエラー

次の様な 3DS 形式で保存するコード.
データ部分が空の時,アプリケーションエラー.
3DS 保存でアプリケーションエラー

bool	save_3DS	(FILE* ofp,const tDS_Chunk& chnk)
{
	if (ofp == NULL)		{	return	false ;		}
	{
		u_16	id  = chnk.GetID() ;
		u_32	len = chnk.GetLen() ;
		v_u__8	data= chnk.GetData() ;
		::fwrite(&id,		1,		sizeof(u_16),	ofp) ;
		::fwrite(&len,		1,		sizeof(u_32),	ofp) ;
		::fwrite(&data[0],	data.size(),	sizeof(u__8),	ofp) ;
		}
	for (size_t index=0 ; index<size_t(chnk.GetChildCount()) ; index++) {
		tDS_Chunk	child = chnk.GetChild(long(index)) ;
		bool	result = ::save_3DS(ofp,child) ;
		if (!result)		{	return	false ;		}
		}
	return	true ;
	}

::fwrite(&data[0], data.size(),sizeof(u__8), ofp) ; がうまくない.
次の様な感じでコードを修正.

if (data.size() > 0) {	::fwrite(&data[0],	data.size(),	sizeof(u__8),	ofp) ;	}

VC 6 や VC 14 では,たまたまだと思うがエラーにならなかった.


VC 14 デバッグ版では,アサートされることを確認.
サイズ 0 の vector の fwrite VC 14 デバッグ版でアサート

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Linux で 32 ビット色の BMP に変換

3D データの相互変換を書き直していて,32 ビット DIB が必要になってきた.
Windows 環境では,自前の Image クラスがあるのでそれを利用している.
Linux 環境は,先日見つけた convert コマンドが使えそうと思って調べるとなかなか情報が少ない.
次の -depth 32 で行けそうと思うが,24 ビットのまま.
convert dib_24.png -depth 32 dib_32.bmp
それで検索して見つけたのが,Convert to 32-bit depth BMP
次の様に存在しないアルファの情報を指定(-alpha set)する必要があるみたい.
convert dib_24.png -depth 32 -alpha set dib_32.bmp

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


xml の読込み

幾つかの xml データを読んでみると,データにより msxml.dll を使用したときに比べて明らかに遅い.

bool Test (LPCTSTR pathName)
{
    tstring outPath = ::Get_i_Tools_tmp_date() ;
    tstring now_hms = ::Now_Format(_T("_%M%S")) ;
    tstring out_xml = ::Path_AddLastSP(outPath) + ::Path_GetName(pathName) + now_hms + _T(".o.xml") ;
    tstring new_xml = ::Path_AddLastSP(outPath) + ::Path_GetName(pathName) + now_hms + _T(".n.xml") ;
    {
        ElapseTime eto ;
        Xml_E xml = ::Xml_Import(pathName) ;
        std::cerr << eto.GetElapse() << std::endl ;
        Xml_Out::Export(xml,out_xml.c_str()) ;
        }
    {
        ElapseTime etn ;
        Xml_E xml = ::Load_xml_2018_12(pathName) ;
        std::cerr << etn.GetElapse() << std::endl ;
        Xml_Out::Export(xml,new_xml.c_str()) ;
        }
    return true ;
    }

データは次の様な x3d で,5 倍くらいかかる.

Parse_xml で時間がかかる x3d
Parse_xml で時間がかかる x3d

x3d の場合は,属性の値が長い.
そのため次のコード部分( q_str+=cq )がうまくない.

tstring Parse_xml_quot (c_tstring& str,const TCHAR qm,size_t* index)
{
    tstring q_str ;
    if (*index < str.length()) {
        TCHAR c = str[*index] ;
        if (c == qm) {
            q_str += c ;
            for (size_t indexQ=*index+1 ; indexQ<str.size() ; indexQ++) {
                TCHAR cq = str[indexQ] ;
                q_str += cq ;
                if (cq == qm) {
                    *index = indexQ ;
                    break ;
                    }
                }
            }
        }
    return q_str ;
    }
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


three.js で表示できない

ipl を WebGL で表示できる形式に変換しても,表示できないデータができてしまった.

本当は次の様に表示されなければならない.


vt と vn がない時にうまくない.
f 1// 2// 3// の様になってしまっていて,これをうまく処理してくれない.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


STL(Stereolithography) 読込みで…

STL(Stereolithography,Standard Triangulated Language) バイナリ読込みで,VC 14 でビルドした exe でダウンする.
VC 6 でビルドしたものは通っているが,たまたまエラーにならなかっただけ.
コードは,

    {
        size_t  hStart = 0 ;
        v_char  head ;
        head.resize(STL_B_HEADER_SIZE+100,0x00) ;
        memmove(&head,&readBuf[hStart],sizeof(STL_B_HEADER_SIZE)) ;
        stl.SetName(::To_tstring(head).c_str()) ;
        }

::To_tstring で head を利用した時にエラーとなる.
ここをコメントにすると,ブロックを抜けた時に head の解放?でエラーになる.


memmove で &head ではなく &head[0] としなければならない.

正しくは,

    {
        size_t	hStart = 0 ;
        v_char	head ;
        head.resize(STL_B_HEADER_SIZE+100,0x00) ;
        memmove(&head[0],&readBuf[hStart],STL_B_HEADER_SIZE) ;
        stl.SetName(::To_tstring(head).c_str()) ;
        }

v_char は次の様に定義.
 typedef std::vector<char> v_char ;

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


3D ファイルの表示で黒?

個人的な形式の ipl .直接読込んで OpenGL で表示する様にコードを修正中…
表示すると黒くなる.

STL などはそれなりの色で表示される.
ワイヤフレームなどでは,色で表示されている.
原因は,ipl では法線ベクトルを持っていないので 0,0,0 として表示されていた.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


#define での括弧 …

STL バイナリのサイズをチェックする所でうまく判断できず,気が付くまで少し時間がかかったのでメモ.
   u_64 dataSize = STL_B_H_COUNT_SIZE + faceCount * STL_B_FACE_1_SIZE ;
   if (dataSize == fileSize) { return true ; }
STL_B_FACE_1_SIZE が 4*3*4+2 となっていて,84 + faceCount * 48 + 2 になってしまっていた.
括弧で括って 84 + faceCount * 50 で OK .
#define     STL_B_FACE_1_SIZE       (4*3*4+2)

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


球が作成できない

背景画像のアップロードで,球を生成してそれに貼り付ける.
コード自体はそれほど難しくないので,1 日位でできると思ってた.
Windows のコンソール AP で,次の様なコードを書いてテスト.
MakeBG.cpp
make_bg.hxx


#include "MessBar.hxx"
#include "i_Trace.hxx"
#include "gonsprm2.hxx"
#include "Htm_thrj.hxx"

//*******************************************************************************
// make bg files imo and html
// Create : 2018/04/19
//*******************************************************************************
inline bool MakeBG (c_tstring& dibPath)
{
    tstring ext = ::Path_GetExtLow(dibPath) ;
    if      (ext == _T("bmp")) { ;              }
    else if (ext == _T("jpg")) { ;              }
    else if (ext == _T("png")) { ;              }
    else                       { return false ; }
    {
        tstring imoPath = ::Path_ChangeExt(dibPath,_T(".imo")) ;
        tstring htmName = ::Path_ChangeExt(dibPath,_T(".html")) ;
        tstring dmpName = ::Path_ChangeExt(dibPath,_T(".ipl")) ;
        {
            long div = 90/5 ;
            v_Vd3A pntsAry = ::BuildSphere(div) ;
            {
                std::tout << pntsAry.size() << std::endl ;
                if (pntsAry.size() > 0) {
                    Vd3A pnts = pntsAry[0] ;
                    std::tout << pnts.size() << std::endl ;
                    }
                tstring str = ::v_V3_To_tstring(pntsAry,_T(",")) ;
                {
                    std::tout << str << std::endl ;
                    }
                ::SaveText(dmpName.c_str(),str) ;
                }
            v_Vd2A  txuvAry = ::SetTextureUV(pntsAry) ;
                    pntsAry = ::V3_Scale (pntsAry,Vd3(20.)) ;
            Gons1   gons1 = ::Gons_BuildFace(pntsAry,txuvAry,dibPath.c_str()) ;
            GonsA   ga ;
                    ga.push_back(gons1) ;
            Ed3     es = ::GonsA_GetExtent(ga) ;
            {
                std::tout << imoPath << _T("\t") ;
                std::tout << ::V3_To_tstring(es.Volume()) << std::endl ;
                }
            if (es.Volume() != Vd3(0)) {
                es = Ed3(es.L*0.01,es.G*0.01) ;
                ::GonsA_ToOBJ(ga,imoPath.c_str()) ;
                ::HT_Make_three_js_html(imoPath.c_str(),es) ;
                }
            }
        }
    return true ;
    }

//*******************************************************************************
// Make BG
// Create : 2018/04/19
//*******************************************************************************
int _tmain (int argc,TCHAR* argv[])
{
    _tsetlocale(LC_ALL,_T("")) ;
    {
        double s = sin(rad(30)) ;
        double c = cos(rad(30)) ;
        std::tout << ::To_tstring(rad(30)) << _T("\t") << ::To_tstring(s) << _T("\t") << ::To_tstring(c) << std::endl ;
        }
    if (argc > 1) {
        v_tstring argAry ;
        for (int index=1 ; index<argc ; index++) {
            tstring av = argv[index] ;
            ::MakeBG(av) ;
            }
        }
    else {
        tstring buf ;
        buf.resize(1000) ;
        {
            while (std::terr << _T("dib ? =") , std::tin.getline(&buf[0],buf.size()))
            {
                tstring str = buf.c_str() ;
                if      (str == _T("q"))   { break ; }
                else if (str == _T("Q"))   { break ; }
                str = ::QuotM_Del_All(str) ;
                if (str.empty())           { continue ; }
                if (::File_IsNothing(str)) { continue ; }
                tstring dib_file = str ;
                ::MakeBG(dib_file) ;
                }
            }
        }
    return 0 ;
    }

#include "MessBar.cxx"

今度は,DS116 でビルドして実行すると,

Iwao@DS116:/var/.../Test/up_bg/data$ ./a.out
0.523599        98314745853377985068733249901357667205561433229409406145971019710277043155206326909160297391588106447153156445277590513896008090831662627743743127151181611161993303763348552511914898438567008016612049817143085994563143448055356356529593034366351316506187159487365573007925410016860727208738652774465536.000000  98321247861193438769252981549279948821735544950351014769381393881588573259178110828643912278175146924986161470094082713103803921735703931192359519739047155548857037547932930737608178537416409042994283830606984599100883034181136178714087912736395732787698542049681305006129736011480288874859116047106048.000000
dib ? =

本当は,

C:\Users\Iwao\...\i_Tools.tmp>\\DevXP\C_Drive\Temp\DS11x\MakeBG\Release.060\MakeBG.exe
0.523599        0.500000        0.866025
dib ? =

cmath が使えない様で,検索すると「-lm でコンパイルが通る」と言うのは見つかる.
が,コンパイルの問題ではなく,実行でうまくない.


当然ではあるが,DS115j でも同様.
試しに,opkg update と opkg install gcc .
root@DS116:/var/…/Iwao# opkg update
Downloading http://pkg.entware.net/binaries/armv7/Packages.gz
Updated list of available packages in /opt/var/opkg-lists/packages
root@DS116:/var/…/Iwao# opkg install gcc
Upgrading gcc on root from 6.3.0-1 to 6.3.0-1a…
Downloading http://pkg.entware.net/binaries/armv7/gcc_6.3.0-1a_armv7soft.ipk
Configuring gcc.
root@DS116:/var/…/Iwao#
もう一度,ビルドして実行すると,
Iwao@DS116:/var/…/Test/up_bg/data$ g++ MakeBG.cpp
Iwao@DS116:/var/…/Test/up_bg/data$ ./a.out
0.523599 0.500000 0.866025
dib ? =
予想以上に時間がかかってしまったが,何とか…
daikoku_edit.html


2019/02/13 リンクなどを修正

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Cardboard と WebGL

Cardboard で撮った画像を,WebGL の背景として利用してみた.

もう少しうまく貼れればと思うが,方法がわからない.
球に貼っているため縦方向に引き伸ばされてしまう.


以下,画像は 横:縦 = 2:1 に編集している.
このすぐ下は,SceneJS を使用したもの.


2018/04/27 画像をアップロードできるページ
360度パノラマ画像の表示

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


B-Spline

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ



    top

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。