Iwao Dev

気付いたことをメモしています.

この画面は、簡易表示です

gcc

WordPress でエラーが表示される

自分のブログを見ているとエラーが…
Warning: mysqli_query(): (HY000/14): Can’t change size of file (Errcode: 28 “No space left on device”) in /…/wp-db.php on line 1924 Warning: mysqli_query(): (HY000/1021): Disk full (/tmp/#sql_27c2_0.MAI); waiting for someone to free some space… (errno: 28 “No space left on device”) in /…/wp-db.php on line 1924
wordpress disk full /tmp
原因は,画像変換で /tmp 以下を使用していて,70 MB 位のファイルが幾つも存在する様になってしまっていた.

Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/call_im$ ./a.out ~/gcc_test/Test/gons_to/data/dib/IMG_20180624_185921.vr.jpg
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/call_im$ ./a.out ~/gcc_test/Test/gons_to/data/dib/IMG_20180624_185921.vr.jpg
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/call_im$ ./a.out ~/gcc_test/Test/gons_to/data/dib/IMG_20180624_185921.vr.jpg
convert: ImproperImageHeader `/tmp/Iwao/i_Tools.tmp/20190201/20190201/IMG_20180624_185921.vr.jpg.004.bmp' @ error/bmp.c/ReadBMPImage/590.
convert: NoImagesDefined `/tmp/Iwao/i_Tools.tmp/20190201/20190201/IMG_20180624_185921.vr.001.jpg' @ error/convert.c/ConvertImageCommand/3258.
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/call_im$ df
Filesystem      1K-blocks      Used  Available Use% Mounted on
/dev/sda1         2385592    946808    1320000  42% /
none               513436         0     513436   0% /dev
/tmp               515324    515320          4 100% /tmp
/run               515324      3312     512012   1% /run
/dev/shm           515324         4     515320   1% /dev/shm
none                    4         0          4   0% /sys/fs/cgroup
/dev/sda3      2879506904 518855752 2360532368  19% /volume1
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/call_im$

rm -r /tmp/Iwao/i_Tools.tmp/20190201/* とすることで一先ず対応.
デバッグ用にファイルを残していることもあるが,コードとしてどの様に対応するか検討が必要.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Linux で 32 ビット色の BMP に変換

3D データの相互変換を書き直していて,32 ビット DIB が必要になってきた.
Windows 環境では,自前の Image クラスがあるのでそれを利用している.
Linux 環境は,先日見つけた convert コマンドが使えそうと思って調べるとなかなか情報が少ない.
次の -depth 32 で行けそうと思うが,24 ビットのまま.
convert dib_24.png -depth 32 dib_32.bmp
それで検索して見つけたのが,Convert to 32-bit depth BMP
次の様に存在しないアルファの情報を指定(-alpha set)する必要があるみたい.
convert dib_24.png -depth 32 -alpha set dib_32.bmp

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


xml の読込み – 2

昨日の xml 読込み で,データが大きい場合に比例ではなく極端に遅くなる?
それで,次の様なコードで計測してみた.

bool Test (c_tstring& str)
{
    for (size_t index=0 ; index<str.size() ; index++) {
        ElapseTime et ;
        tstring s_str = ::Parse_xml_quot(str,_T('|'), &index) ;
        std::cerr << ::To_tstring_Ki(long(s_str.size())) << _T("\t") << et.GetElapse() << std::endl ;
        }
    return true ;
    }

bool Test (void)
{
    tstring outPath = ::Get_i_Tools_tmp_date() ;
    tstring now_hms = ::Now_Format(_T("%H%M%S")) ;
    tstring out_txt = ::Path_AddLastSP(outPath) + now_hms + _T(".txt") ;
    tstring outrtxt = ::Path_AddLastSP(outPath) + now_hms + _T("_.txt") ;
    tstring str ;
    {
        v_tstring strAry ;
        {
            tstring str_1000 ;
            {
                tstring str_10 = _T("0123456789") ;
                for (long indexS=0 ; indexS<100 ; indexS++) {
                    str_1000 += str_10 ;
                    }
                }
            for (long index=0 ; index<2000 ; index++) {
                strAry.push_back(str_1000) ;
                }
            }
        str = ::String_Join_Line(strAry) ;
        }
    str[0] = _T('|') ;
    str += _T('|') ;
    size_t len = str.length() ;
    while (len > 100) {
        len = len/2 ;
        str[len-0] = _T('|') ;
        str[len-1] = _T('|') ;
        }
    {
        tstring tmp = str ;
        v_tstring tmpAry = ::String_Split(tmp.c_str(),false) ;
        tmpAry = ::SkipEmpty(tmpAry) ;
        str = ::String_Join_Line(tmpAry) ;
        }
    {
        ::SaveUTF8(out_txt.c_str(),str) ;
        ::Test(str) ;
        }
    {
        tstring rev = str ;
        {
            std::reverse(rev.begin(),rev.end()) ;
            v_tstring revAry = ::String_Split(rev.c_str(),false) ;
            revAry = ::SkipEmpty(revAry) ;
            rev = ::String_Join_Line(revAry) ;
            }
        ::SaveUTF8(outrtxt.c_str(),rev) ;
        ::Test(rev) ;
        }
    return true ;
    }

DS116 では,比例と思われる.

login as: Iwao
Iwao@DS116's password:
Iwao@DS116:~$ source ./set_ds_inc.sh
Iwao@DS116:~$ cd gcc_test/Test/T_P_xm_q/
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/T_P_xm_q$ g++ T_P_xm_q.cpp
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/T_P_xm_q$ ll
total 204
drwxrwxrwx+  2 Iwao users   4096 Jan  8 14:10 .
drwxrwxrwx+ 10 Iwao users   4096 Jan  8 14:09 ..
-rwxrwxrwx   1 Iwao users 183528 Jan  8 14:10 a.out
-rwxrwxrwx+  1 Iwao users   3009 Jan  8 13:59 T_P_xm_q.cpp
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/T_P_xm_q$ ./a.out
     61         0.000384092
     61         6.10352e-05
    122         5.31673e-05
    245         5.19753e-05
    489         6.29425e-05
    979         8.70228e-05
  1.91 K        0.000140905
  3.82 K        0.000212908
  7.64 K        0.000381947
 15.29 K        0.000729799
 30.58 K        0.00145721
 61.16 K        0.0028069
122.32 K        0.00562811
244.63 K        0.011224
489.26 K        0.0223849
978.52 K        0.0462639
      0         5.38826e-05
      0         3.91006e-05
978.52 K        0.045109
489.26 K        0.022413
244.63 K        0.0112309
122.32 K        0.00556397
 61.16 K        0.00286198
 30.58 K        0.00143504
 15.29 K        0.000734806
  7.64 K        0.000383139
  3.82 K        0.000211
  1.91 K        0.000123024
    979         8.51154e-05
    489         6.19888e-05
    245         5.00679e-05
    122         4.3869e-05
     61         4.00543e-05
     61         3.91006e-05
      0         3.31402e-05
      0         3.31402e-05
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/T_P_xm_q$

VC 6 は比例でなく,もっとかかっている.VC 14 では問題ない.VC 8 以降?は大丈夫だと思う.

C:\Users\Iwao>C:\Users\Iwao\AppData\Local\Temp\MICS.tmp\Temp\Test.exe\T_P_xm_q.exe
     61         0
     61         0
    122         0
    245         0
    489         0
    979         0
  1.91 K        0
  3.82 K        0
  7.64 K        0
 15.29 K        0
 30.58 K        0.016
 61.16 K        0.016
122.32 K        0.109
244.63 K        0.531
489.26 K        2.433
978.52 K        14.68
      0         0
      0         0
978.52 K        14.664
489.26 K        1.342
244.63 K        0.374
122.32 K        0.125
 61.16 K        0.016
 30.58 K        0.015
 15.29 K        0
  7.64 K        0
  3.82 K        0
  1.91 K        0
    979         0
    489         0
    245         0
    122         0
     61         0
     61         0
      0         0
      0         0

C:\Users\Iwao>

parse_xml_quot をグラフ化
修正のコードは,

tstring Parse_xml_quot (c_tstring& str,const TCHAR qm,size_t* index)
{
    tstring q_str ;
    if (*index < str.length()) {
        TCHAR c = str[*index] ;
        if (c == qm) {
            /*
            q_str += c ;
            for (size_t indexQ=*index+1 ; indexQ<str.size() ; indexQ++) {
                TCHAR cq = str[indexQ] ;
                q_str += cq ;
                if (cq == qm) {
                    *index = indexQ ;
                    break ;
                    }
                }
            */
            size_t pos = ::String__Find(str,qm,*index+1) ;
            if (pos == tstring::npos) {
                q_str = str.substr(*index) ;
                *index = str.length() ;
                }
            else {
                size_t q_len = pos+1 - *index ;
                q_str = str.substr(*index,q_len) ;
                *index = pos ;
                }
            }
        }
    return q_str ;
    }

parsexml.hxx

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


xml の読込み

幾つかの xml データを読んでみると,データにより msxml.dll を使用したときに比べて明らかに遅い.

bool Test (LPCTSTR pathName)
{
    tstring outPath = ::Get_i_Tools_tmp_date() ;
    tstring now_hms = ::Now_Format(_T("_%M%S")) ;
    tstring out_xml = ::Path_AddLastSP(outPath) + ::Path_GetName(pathName) + now_hms + _T(".o.xml") ;
    tstring new_xml = ::Path_AddLastSP(outPath) + ::Path_GetName(pathName) + now_hms + _T(".n.xml") ;
    {
        ElapseTime eto ;
        Xml_E xml = ::Xml_Import(pathName) ;
        std::cerr << eto.GetElapse() << std::endl ;
        Xml_Out::Export(xml,out_xml.c_str()) ;
        }
    {
        ElapseTime etn ;
        Xml_E xml = ::Load_xml_2018_12(pathName) ;
        std::cerr << etn.GetElapse() << std::endl ;
        Xml_Out::Export(xml,new_xml.c_str()) ;
        }
    return true ;
    }

データは次の様な x3d で,5 倍くらいかかる.

Parse_xml で時間がかかる x3d
Parse_xml で時間がかかる x3d

x3d の場合は,属性の値が長い.
そのため次のコード部分( q_str+=cq )がうまくない.

tstring Parse_xml_quot (c_tstring& str,const TCHAR qm,size_t* index)
{
    tstring q_str ;
    if (*index < str.length()) {
        TCHAR c = str[*index] ;
        if (c == qm) {
            q_str += c ;
            for (size_t indexQ=*index+1 ; indexQ<str.size() ; indexQ++) {
                TCHAR cq = str[indexQ] ;
                q_str += cq ;
                if (cq == qm) {
                    *index = indexQ ;
                    break ;
                    }
                }
            }
        }
    return q_str ;
    }
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


ジブン専用パソコンキット2 追加

KoKaジブン専用パソコンキット2 が届いた.

KoKaジブン専用パソコンキット2
KoKaジブン専用パソコンキット2

箱は 2つ.
ジブン専用パソコンキット2 本体
ジブン専用パソコンキット2 本体

今日は組み立てまで.
パイケース組立マニュアル」の手順通りやれば難しくはないが,カバーを外すのが少しわかり難い?
赤い所に突起がある.
パイケース組立 3
パイケース組立 3

小さい方のヒートシンクは,大人は指が大きいので取り付けが難しい.


2018/12/25
はじめようジブン専用パソコン」連載のバックナンバーから,組み立てと設定.
組み立てて OS 起動直後はシステム日付が正しくない.
ネットワークの設定を行うと自動的に設定される?


2018/12/26
そのままでは使い勝手が悪いので,リモート接続を可能にするための設定.
Windowsパソコンからraspberrypi3にリモートデスクトップで接続する」を参考にさせてもらい設定.
実際に入力したのは,
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install xrdp
「日本語キーボードの配列を追加」はやっていない.
他に「Raspberry Pi の設定」で「SSH」を「有効」に.
リモート接続と SSH 接続
リモート接続と SSH 接続


DS116 とは違い,zip と unzip があることは確認.7z はない.
以前調べて知ってはいたが gcc はちゃんと入っている.


2018/12/28
今日起動すると,
SSH is enabled and the default password for the ‘pi’ user has not been changed .
This is a seurity risk – please login as the ‘pi’ user and run Raspberry Pi Configuration to set a new passowrd .
pi SSH warning
pi SSH warning

自分でしか使わないので,そのままに.


WebGL で作成したページを表示すると,あまり綺麗に表示できない.
WebGL のページの表示
WebGL のページの表示


あると便利かも?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


include ファイルの大文字

Windows 上で動作しているコンソール AP の Synology NAS 上での動作テスト.
NAS 上でコンパイルすると include ファイルがないエラー.
今まで include する時,大文字と小文字を正しく指定できていた.
が,今回タイプミスで小文字となってしまっていたためのエラー.


g++ 時に大文字,小文字を無視する方法がないか調べたがわからず.
いろいろ考えたが,Linux 環境などでも互換性が取れるコードは小文字のファイル名とすれば都合が良さそう.
MFC や Windows.h を使用している時は,今まで通り大文字が混在するファイル名とする.
インクルードしているファイル

関連するファイルを全て編集するのは時間がかかるし間違いも増えそう.
そこで,新規のファイルと変更するファイルなどから徐々に修正することにする.
新規や変更時,include する所で lowname.hxx などとする.
LowName.hxx となっているファイルは,gcc でのみインクルードするディレクトリにコピー.
元のファイルは lowname.hxx にリネーム.
gcc にコピーした LowName.hxx は #include “lowname.hxx” の様に間接的にインクルードする様に変更する.
これでうまく機能することは確認した.
が,robocopy や Dropbox を使用している関係で lowname.hxx にならないことがある.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


ファイルの検索

あるフォルダ内のファイルを列挙するコード 

MFC
v_tstring	EnumFiles_MFC	(c_tstring& path,const bool skipDot=true)
{
	v_tstring	foundFiles ;
	{
		iFileFind	ff ;
		BOOL		isWorking = ff.FindFile((::Path_AddLastSP(path)+_T("*.*")).c_str()) ;
		while	(isWorking)	{
			 	isWorking = ff.FindNextFile() ;
			if (skipDot && ff.IsDots()) {	continue ;	}
			tstring	fileName = ff.GetFileName() ;
			if (ff.IsDirectory()) {
				fileName = ::Path_AddLastSP(fileName) ;
				}
			foundFiles.push_back(::Path_AddLastSP(path)+fileName) ;
			}
		}
	return	foundFiles ;
	}

MSC
v_tstring	EnumFiles_MSC	(c_tstring& path,const bool skipDot=true)
{
	v_tstring	foundFiles ;
	{
		tstring	fffPath = ::Path_AddLastSP(path)+_T("*.*") ;
		WIN32_FIND_DATA	fd ;
		memset(&fd,0,sizeof(WIN32_FIND_DATA)) ;
		HANDLE	hFind = ::FindFirstFile(fffPath.c_str(),&fd) ;
		if (hFind != INVALID_HANDLE_VALUE) {
			while	(TRUE)	{
				tstring	fileName = fd.cFileName ;
				if (skipDot) {
					if (fileName == _T("."))   {	fileName = _T("") ;	}
					if (fileName == _T(".."))  {	fileName = _T("") ;	}
					}
				if (!fileName.empty()) {
					if (fd.dwFileAttributes & FILE_ATTRIBUTE_DIRECTORY) {
						fileName = ::Path_AddLastSP(fileName) ;
						}
					foundFiles.push_back(::Path_AddLastSP(path)+fileName) ;
					}
				if (!::FindNextFile(hFind,&fd)) {
					break ;
					}
				}
			::FindClose(hFind) ;
			}
		}
	return	foundFiles ;
	}

GNUC
v_tstring	EnumFiles_GNUC	(c_tstring& path_,const bool skipDot=true)
{
	tstring 	path = path_ ;
	v_tstring	foundFiles ;
	{
		DIR*	dp = ::opendir(path.c_str()) ;
		struct	dirent*	dent = NULL ;
		do	{
			dent = readdir(dp) ;
			if (dent != NULL)	{
				tstring	fileName = dent->d_name ;
				if (skipDot) {
					if (fileName == _T("."))   {	continue ;	}
					if (fileName == _T(".."))  {	continue ;	}
					}
				if (dent->d_type & DT_DIR) {
					fileName = ::Path_AddLastSP(fileName) ;
					}
				foundFiles.push_back(::Path_AddLastSP(path)+fileName) ;
				}
			}	while (dent != NULL) ;
		::closedir(dp) ;
		}
	return	foundFiles ;
	}

MFC 版で,iFileFind としているのは,VC 6 MFC MBCS 版でのバグのため.

class	iFileFind	:	public	CFileFind	{
	public:
		virtual	CString GetFilePath() const	{
			ASSERT(m_hContext != NULL);
			ASSERT_VALID(this);
			CString strResult = m_strRoot;
			#ifdef	____VC_6_______MBCS_BUG___
			{
				if (strResult[strResult.GetLength()-1] != '\\' &&
					strResult[strResult.GetLength()-1] != '/')	{
					strResult += m_chDirSeparator;
					}
				}
			#else
			{
				LPCTSTR pszResult;
				LPCTSTR pchLast;
				pszResult = strResult;
				pchLast = _tcsdec( pszResult, pszResult+strResult.GetLength() );
				VERIFY(pchLast!=NULL);
				if ((*pchLast != _T('\\')) && (*pchLast != _T('/')))	{
					strResult += m_chDirSeparator;
					}
				}
			#endif
			strResult += GetFileName();
			return strResult;
			}
		} ;

MFC 7 以降であれば,CFileFind として利用可能.


i_FileF.hxx
EnumFile.hxx

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


#define での括弧 …

STL バイナリのサイズをチェックする所でうまく判断できず,気が付くまで少し時間がかかったのでメモ.
   u_64 dataSize = STL_B_H_COUNT_SIZE + faceCount * STL_B_FACE_1_SIZE ;
   if (dataSize == fileSize) { return true ; }
STL_B_FACE_1_SIZE が 4*3*4+2 となっていて,84 + faceCount * 48 + 2 になってしまっていた.
括弧で括って 84 + faceCount * 50 で OK .
#define     STL_B_FACE_1_SIZE       (4*3*4+2)

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


template でのキャスト

次の様なベクトルの template .

	template <typename T>
	struct	Vector3 {
	//	...
		void	Normalize	(void)	{
			if (Length() > 0) {
				double	s = 1.0f / Length() ;
				x *= s;
				y *= s;
				z *= s;
				}
			}
	//	...
		T	x ;
		T	y ;
		T	z ;
		} ;	

double の時は問題ないが,float だとワーニング.
T(value) として対応.

				double	s = 1.0f / Length() ;
				x = T(x*s) ;
				y = T(y*s) ;
				z = T(z*s) ;	
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Synology NAS で文字色

別の事を調べていて,次の様な内容を見つけたので Synology NAS でやってみた.
C言語でターミナルで表示される文字をカラー表示させる
コードはそのまま拝借させてもらった.
ANSI escape code

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ



    top

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。