Iwao Dev

気付いたことをメモしています.

この画面は、簡易表示です

gcc

漢字を含むソースのテスト – 2

前回のコードで,文字列の部分を #define で指定.

Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_2$ uconv -f SJIS cc_ml_2.cpp

#include        <clocale>
#include        <iostream>
#include        "i_define.hxx"
#include        "_tdefine.hxx"
#include        "ccc_mlg.hxx"

#define Name_1_         _T("Name_1")
#define Name_2_         _T("Name_2")
#define Name_3_         _T("Name_3")
#define Name_4_         _T("Name_4")
#define Name_5_         _T("Name_5")
#define Name_1J         _T("名称 1")
#define Name_2J         _T("名称 2")
#define Name_3J         _T("名称 3")
#define Name_4J         _T("名称 4")
#define Name_5J         _T("名称 5")

bool    test    (void)
{
        {
                ccc_mlg*        cm = ::get_ccc_mlg() ;
                {
                        ccc_mlg_1       cm_1 ;  cm_1.Name = Name_1_ ;   cm_1.JPN = Name_1J ;
                        ccc_mlg_1       cm_2 ;  cm_2.Name = Name_2_ ;   cm_2.JPN = Name_2J ;
                        ccc_mlg_1       cm_3 ;  cm_3.Name = Name_3_ ;   cm_3.JPN = Name_3J ;
                        ccc_mlg_1       cm_4 ;  cm_4.Name = Name_4_ ;   cm_4.JPN = Name_4J ;
                        ccc_mlg_1       cm_5 ;  cm_5.Name = Name_5_ ;   cm_5.JPN = Name_5J ;
                        cm->push_back(cm_1) ;
                        cm->push_back(cm_2) ;
                        cm->push_back(cm_3) ;
                        cm->push_back(cm_4) ;
                        cm->push_back(cm_5) ;
                        }
                std::tout << ccc("Name_2") << std::endl ;
                }
        return  true ;
        }

int _tmain(int argc, TCHAR* argv[])
{
        _tsetlocale(LC_ALL,_T("")) ;
        test() ;
        return 0 ;
        }

Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_2$ uconv -f SJIS cc_ml_2.cpp  > dd.cpp
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_2$ g++ dd.cpp -Wall
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_2$ ./a.out
名称 2
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_2$  

文字列の部分を #define で定義 Synology NAS 上でコンパイル


#define の部分を別のファイルとして保存.test_ccc.hpp
“㎥” を次の様に指定してみたが,Windows コンソール AP ではうまくいかない.

#define	Unit_M_				"Unit_M^3"
#ifdef	_MSC_VER
	#ifdef	_UNICODE
		#define	Unit_MJ		L"\x7acb "		L" \x33a5 "		L" \x7c73"
	#else
		#define	Unit_MJ		"立米"
	#endif
#else
		#define	Unit_MJ		"\xE3\x8E\xA5"
#endif

Synology NAS では OK .


文字コードを検索できるサイト
https://www.fileformat.info/info/unicode/char/search.htm


2020/01/20
Windows AP の場合のコードを少し変更.

	std::tout << ccc(Name_3_) << std::endl ;
	std::tout << ccc(Unit_M_) << std::endl ;
	tstring	ccc_str ;
	ccc_str += ccc(Name_3_) + _T("\r\n") ;
	ccc_str += ccc(Unit_M_) + _T("\r\n") ;
	::MessageBox(NULL,ccc_str.c_str(),_T("Test"),MB_OK) ;

「㎥」を含む ::MessageBox での表示
::MessageBox で意図した表示となることを確認.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


漢字を含むソースのテスト

’90 年代前半の頃は JIS と シフトJIS のソースを扱っていた.
そのプロジェクトの最初の頃は,ターゲット環境のみでソースを管理していた.
0x1c 0x2d 漢字 0x1c 0x2e の形式.wiki 漢字シフトコード
途中からソース管理は PC-9801DA などに移行してシフトJIS になった.
ターゲット環境に移す時,ソースのコピーとシフトJIS から JIS への変換を行っていた.


Linux 環境を意識し始めてから新規に書いた共通のコードは 7 ビットの範囲にしている.
Windows AP であれば rc ファイルの STRINGTABLE が使用できるが,これにあたるものをどうするか?
まず一番簡単な方法の漢字を含むソースでの動作をテストしてみた.
この中の ccc(const char* s) の部分はまだ暫定的なコードで,登録されたテーブルから対応する JPN を求めるもの.

#include	<clocale>
#include	<iostream>
#include	"i_define.hxx"
#include	"_tdefine.hxx"
#include	"ccc_mlg.hxx"

bool	test	(void)
{
	ccc_mlg*	cm = ::get_ccc_mlg() ;
	{
		ccc_mlg_1	cm_1 ;	cm_1.Name = _T("Name_1") ;	cm_1.JPN = _T("名称 1") ;
		ccc_mlg_1	cm_2 ;	cm_2.Name = _T("Name_2") ;	cm_2.JPN = _T("名称 2") ;
		ccc_mlg_1	cm_3 ;	cm_3.Name = _T("Name_3") ;	cm_3.JPN = _T("名称 3") ;
		ccc_mlg_1	cm_4 ;	cm_4.Name = _T("Name_4") ;	cm_4.JPN = _T("名称 4") ;
		ccc_mlg_1	cm_5 ;	cm_5.Name = _T("Name_5") ;	cm_5.JPN = _T("名称 5") ;
		cm->push_back(cm_1) ;
		cm->push_back(cm_2) ;
		cm->push_back(cm_3) ;
		cm->push_back(cm_4) ;
		cm->push_back(cm_5) ;
		}
	std::tout << ccc("Name_3") << std::endl ;
	return	true ;
	}

int _tmain(int argc, TCHAR* argv[])
{
	_tsetlocale(LC_ALL,_T("")) ;
	test() ;
	return 0 ;
	}

gcc 漢字 shiftjis」で検索すると -finput-charset で文字コードを指定できるとある.

pi@raspberrypi:~/projects/cc_ml_1 $ g++ cc_ml_1.cpp 
pi@raspberrypi:~/projects/cc_ml_1 $ ./a.out 
���� 3
pi@raspberrypi:~/projects/cc_ml_1 $ g++ -finput-charset=SJIS-WIN cc_ml_1.cpp 
pi@raspberrypi:~/projects/cc_ml_1 $ ./a.out 
名称 3
pi@raspberrypi:~/projects/cc_ml_1 $ 

g++ -finput-charset=SJIS-WIN
-finput-charset=SJIS ではよくわからないエラーになる.
g++ -finput-charset=SJIS
cp932 でも良さそう.


Synology NAS DS116 は g++ の-finput-charset の指定では変換できないみたい.

Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_1$ g++ cc_ml_1.cpp -Wall
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_1$ ll
total 72
drwxrwxrwx+  3 Iwao users  4096 Jan 16 22:01 .
drwxrwxrwx+ 10 Iwao users  4096 Jan 16 21:36 ..
-rwxrwxrwx   1 Iwao users 50452 Jan 16 22:01 a.out
drwxrwxrwx+  2 Iwao users  4096 Jan 16 21:53 bak
-rwxrwxrwx+  1 Iwao users  2001 Jan 16 22:00 cc_ml_1.cpp
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_1$ ./a.out
 3
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_1$ uconv -f sjis cc_ml_1.cpp > dd.cpp
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_1$ g++ dd.cpp
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_1$ ./a.out
名称 3
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_1$ g++ -finput-charset=SJIS cc_ml_1.cpp
cc1plus: error: conversion from SJIS to UTF-8 not supported by iconv
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_1$ g++ -finput-charset=sjis cc_ml_1.cpp
cc1plus: error: conversion from sjis to UTF-8 not supported by iconv
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_1$ iconv
-sh: iconv: command not found
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_1$
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Linux 文字コード変換のコード

iconv を使用した方法

std::string	SJIS_to_UTF8	(const std::string& sj_str)
{
	tstring	u8_str ;
	iconv_t	icd = ::iconv_open("UTF8","Shift_JIS") ;
	if (icd == (iconv_t)-1) {
		u8_str = ::iconv_SJIS_UTF8(sj_str) ;
		}
	else {
		{
			size_t	sj_size = sj_str.length() ;
			size_t	u8_size = sj_str.length()*3 + 1024 ;
			u8_str.resize(u8_size) ;
			char*	sj_ptr = (char*)(&sj_str[0]) ;
			char*	u8_ptr = (char*)(&u8_str[0]) ;
			::iconv(icd,&sj_ptr,&sj_size,&u8_ptr,&u8_size) ;
			}
		::iconv_close(icd) ;
		}
	return	u8_str.c_str() ;
	}

iconv,uconv の部分

#define	cmd_iconv		_T("iconv")		//	linux
#define	cmd_uconv		_T("uconv")		//	DS116

bool	exec_x_conv	(const tstring& s_j_name,const tstring& u_8_name)
{
	tstring	sj_name = ::QuotM_Add_Auto(s_j_name) ;
	tstring	u8_name = ::QuotM_Add_Auto(u_8_name) ;
	tstring	param = _T(" -f sjis -t utf8 ") + sj_name + _T(" -o ") + u8_name ;
	if (::which( cmd_iconv)) {
		tstring	 exe_iconv = cmd_iconv	_T(" ") + param ;
		_tsystem(exe_iconv.c_str()) ;
		return	true ;
		}
	if (::which( cmd_uconv)) {
		tstring	 exe_uconv = cmd_uconv	_T(" ") + param ;
		_tsystem(exe_uconv.c_str()) ;
		return	true ;
		}
	return	false ;
	}

std::string	iconv_SJIS_UTF8(const std::string& sj_str)
{
	tstring	tmp_path = ::Get_i_Tools_tmp_date() ;
	tstring	now_str  = ::Now_Format(_T("%M%S")) ;
	tstring	s_j_name = ::Path_AddLastSP(tmp_path) + _T("sj_") + now_str + _T(".txt") ;
	tstring	u_8_name = ::Path_AddLastSP(tmp_path) + _T("u8_") + now_str + _T(".txt") ;
		s_j_name = ::CreateUniqueEmpty(s_j_name.c_str()) ;
		u_8_name = ::CreateUniqueEmpty(u_8_name.c_str()) ;
	std::string	u8_str ;
	{
		v_char	v_c_u8 ;
		v_char	v_c_sj = ::To_v_char(sj_str.c_str()) ;
				 ::v_c_SaveText(s_j_name.c_str(),v_c_sj) ;
		{
				 ::exec_x_conv(s_j_name,u_8_name) ;
			}
		v_c_u8 = ::v_c_LoadText(u_8_name.c_str()) ;
		u8_str = ::To_tstring( v_c_u8   ).c_str() ;
		}
	return	u8_str.c_str() ;
	}

Fedora  iconv コマンドでの変換


うまく置き換わっていない文字があった.
‘~'(0x7e) が ‘‾'(0x203e) になってしまっていた.
他にも ‘\'(0x5c) が ‘¥'(0xa5) .
http://ossforum.jp/jossfiles/Linux_SJIS_Support.pdf
幾つか違う文字があるようで,iconv の -f sjis を SJIS-WIN でうまくいった.

	tstring	i_param = _T(" -f SJIS-WIN -t utf8 ") + sj_name + _T(" -o ") + u8_name ;
	tstring	u_param = _T(" -f sjis     -t utf8 ") + sj_name + _T(" -o ") + u8_name ;
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Linux で文字コードの変換

Windows での文字コードの変換部分は MultiByteToWideChar,WideCharToMultiByte でうまく機能している.

 exe \ 入力 シフトJIS UTF-16 UTF-8
_UNICODE → WideChar そのまま → WideChar(CP_UTF8)
_MBCS そのまま → MultiByte → WideChar(CP_UTF8) → MultiByte

MultiByteToWideCharWideCharToMultiByte の使い方は C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 12.0\VC\crt\src\ などの mbstowcs.c,wcstombs.c を参照.


MSDN で見つけた記事
C++ – STL の文字列クラスと Win32 API による Unicode エンコーディングの変換


Linux 環境での動作は 2014/03 に一度調べていたみたいで ” gcc iconv ” とコメントになっている.
それで https://ja.wikipedia.org/wiki/Iconv にあるコードを Raspberry Pi 環境で実行するとうまく変換できる.
コンパイルエラーになったので string.h のインクルードが必要かも?
同じコードを Synology NAS の DS116 でコンパイルして実行するとうまく動作しない
(そのままのコードでは止まってしまう).
iconv_open で (iconv_t)-1 が返されていて errno は EINVAL になってしまう.


iconv コマンドを試すと Raspberry Pi では OK .
Synology NAS は iconv が存在しない.
検索すると uconv が使えると書かれている.
https://forum.synology.com/enu/viewtopic.php?t=82591


Iwao@DS116:~$ uconv -L
ASCII-Latin Accents-Any Amharic-Latin/BGN Any-Accents Any-Publishing Arabic-Latin Arabic-Latin/BGN Armenian-Latin Armenian-Latin/BGN Azerbaijani-Latin/BGN Belarusian-Latin/BGN Bengali-Devanagari Bengali-Gujarati Bengali-Gurmukhi Bengali-Kannada Bengali-Latin Bengali-Malayalam Bengali-Oriya Bengali-Tamil Bengali-Telugu Bopomofo-Latin Bulgarian-Latin/BGN Cyrillic-Latin Devanagari-Bengali Devanagari-Gujarati Devanagari-Gurmukhi Devanagari-Kannada Devanagari-Latin Devanagari-Malayalam Devanagari-Oriya Devanagari-Tamil Devanagari-Telugu Digit-Tone Fullwidth-Halfwidth Georgian-Latin Georgian-Latin/BGN Greek-Latin Greek-Latin/BGN Greek-Latin/UNGEGN Gujarati-Bengali Gujarati-Devanagari Gujarati-Gurmukhi Gujarati-Kannada Gujarati-Latin Gujarati-Malayalam Gujarati-Oriya Gujarati-Tamil Gujarati-Telugu Gurmukhi-Bengali Gurmukhi-Devanagari Gurmukhi-Gujarati Gurmukhi-Kannada Gurmukhi-Latin Gurmukhi-Malayalam Gurmukhi-Oriya Gurmukhi-Tamil Gurmukhi-Telugu Halfwidth-Fullwidth Han-Latin Han-Latin/Names Hangul-Latin Hans-Hant Hant-Hans Hebrew-Latin Hebrew-Latin/BGN Hiragana-Katakana Hiragana-Latin IPA-XSampa Jamo-Latin Kannada-Bengali Kannada-Devanagari Kannada-Gujarati Kannada-Gurmukhi Kannada-Latin Kannada-Malayalam Kannada-Oriya Kannada-Tamil Kannada-Telugu Katakana-Hiragana Katakana-Latin Katakana-Latin/BGN Kazakh-Latin/BGN Kirghiz-Latin/BGN Korean-Latin/BGN Latin-ASCII Latin-Arabic Latin-Armenian Latin-Bengali Latin-Bopomofo Latin-Cyrillic Latin-Devanagari Latin-Georgian Latin-Greek Latin-Greek/UNGEGN Latin-Gujarati Latin-Gurmukhi Latin-Hangul Latin-Hebrew Latin-Hiragana Latin-Jamo Latin-Kannada Latin-Katakana Latin-Malayalam Latin-NumericPinyin Latin-Oriya Latin-Syriac Latin-Tamil Latin-Telugu Latin-Thaana Latin-Thai Macedonian-Latin/BGN Malayalam-Bengali Malayalam-Devanagari Malayalam-Gujarati Malayalam-Gurmukhi Malayalam-Kannada Malayalam-Latin Malayalam-Oriya Malayalam-Tamil Malayalam-Telugu Maldivian-Latin/BGN Mongolian-Latin/BGN NumericPinyin-Latin NumericPinyin-Pinyin Oriya-Bengali Oriya-Devanagari Oriya-Gujarati Oriya-Gurmukhi Oriya-Kannada Oriya-Latin Oriya-Malayalam Oriya-Tamil Oriya-Telugu Pashto-Latin/BGN Persian-Latin/BGN Pinyin-NumericPinyin Publishing-Any Russian-Latin/BGN Serbian-Latin/BGN Simplified-Traditional Syriac-Latin Tamil-Bengali Tamil-Devanagari Tamil-Gujarati Tamil-Gurmukhi Tamil-Kannada Tamil-Latin Tamil-Malayalam Tamil-Oriya Tamil-Telugu Telugu-Bengali Telugu-Devanagari Telugu-Gujarati Telugu-Gurmukhi Telugu-Kannada Telugu-Latin Telugu-Malayalam Telugu-Oriya Telugu-Tamil Thaana-Latin Thai-Latin Tone-Digit Traditional-Simplified Turkmen-Latin/BGN Ukrainian-Latin/BGN Uzbek-Latin/BGN XSampa-IPA am-am_FONIPA az-Lower az-Title az-Upper ch-ch_FONIPA cs-cs_FONIPA cs-ja cs-ko cs_FONIPA-ja cs_FONIPA-ko dsb-dsb_FONIPA el-Lower el-Title el-Upper eo-eo_FONIPA es-am es-es_FONIPA es-ja es-zh es_419-ja es_419-zh es_FONIPA-am es_FONIPA-es_419_FONIPA es_FONIPA-ja es_FONIPA-zh ia-ia_FONIPA it-am it-ja ja_Latn-ko ja_Latn-ru ky-ky_FONIPA la-la_FONIPA lt-Lower lt-Title lt-Upper nl-Title pl-ja pl-pl_FONIPA pl_FONIPA-ja ro-ja ro-ro_FONIPA ro_FONIPA-ja ru-ja ru-zh sk-ja sk-sk_FONIPA sk_FONIPA-ja tlh-tlh_FONIPA tr-Lower tr-Title tr-Upper uz_Cyrl-uz_Latn uz_Latn-uz_Cyrl yo-yo_BJ zh_Latn_PINYIN-ru Any-Null Any-Lower Any-Upper Any-Title Any-Name Name-Any Any-Remove Any-Hex/Unicode Any-Hex/Java Any-Hex/C Any-Hex/XML Any-Hex/XML10 Any-Hex/Perl Any-Hex Hex-Any/Unicode Hex-Any/Java Hex-Any/C Hex-Any/XML Hex-Any/XML10 Hex-Any/Perl Hex-Any Any-NFC Any-NFKC Any-NFD Any-NFKD Any-FCD Any-FCC Any-ch_FONIPA Any-Latin Any-Telugu Any-Gurmukhi Any-Gujarati Any-Malayalam Any-Oriya Any-Devanagari Any-Kannada Any-Tamil Any-cs_FONIPA Any-ru Any-Bengali Any-uz_Latn Any-Katakana Any-ro_FONIPA Any-ky_FONIPA Any-zh Any-yo_BJ Any-am Any-es_419_FONIPA Any-eo_FONIPA Any-es_FONIPA Any-sk_FONIPA Any-Hant Any-Hans Any-Hiragana Any-la_FONIPA Any-Syriac Any-Greek Any-Greek/UNGEGN Any-Cyrillic Any-Hangul Any-Bopomofo Any-Arabic Any-Thai Any-Armenian Any-Thaana Any-Georgian Any-Hebrew Any-am_FONIPA Any-dsb_FONIPA Any-ia_FONIPA Any-uz_Cyrl Any-pl_FONIPA
Iwao@DS116:~$
DS116 で uconv -L


iconv_open で失敗した場合,iconv コマンドまたは uconv コマンドとするか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Windows , Linux 共通の c++ コード

3 年位前から,少しずつ Windows や Linux に依存しない c++ のコードを書く様にしている.
ソースファイルの文字コードと改行コードは 7 ビットの範囲で crlf にしている.
.sh などは lf でないとうまくない.
html などの場合は UTF-8 .
扱うファイル名も 7 ビットの範囲に限定している.
これで UI を伴わない範囲ではほぼうまく機能している.
次のページからのリンク先で WebGL を使用したサーバのコードはソースレベルで互換性あり.
https://itl.mydns.jp/i_Tools/

他に Windows 専用のコードとの区別のため,ファイル名を小文字に.
これは Linux では大文字,小文字が区別されるため.


今回既存の AP ドキュメントを扱うことに.
Windows でいう「シフト JIS」と「UNICODE」のテキストファイル.
他に UTF-8 のファイルもあるが対応する必要性は未定.
UTF-8 ファイルは Windows のコードでは書いているが,テスト用に存在するのみ.


今までの Windows のコード(tstrmbwc.hxx)では _T や _UNICODE の有無でうまく機能している.
読み込んだ時に _UNICODE の有無でそれぞれの文字コードで保持すればほぼ OK .
「ほぼ」というのは「㎥」の様にシフト JIS にない文字は失われてしまうため.
他にもサロゲートペアにはうまく対応できていない.


Linux でも同様に考えると,読み込んだ時に UTF-8 にすれば良さそう.
wchar_t もあるみたいだが今の時点では考慮しないことにする.
と,思ってテスト用のコードを書いてみたがうまく動作しない.
恐らく変換関連の考え方が理解できていないため.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Win10 に IIS と PHP – 3

どこかに設定があるのかもしれないが,
PHP でのエラーなどのログファイル.
場所は c:\Windows\Temp\ .
Win10 IIS PHP のログファイル
今回テストした PHP のコード

<?php
	$tempfile =             $_FILES['fname']['tmp_name'];
	$filename = './data/' . $_FILES['fname']['name'] ;
	$up_status = false ;
	if (is_uploaded_file($tempfile)) {
		$up_status = move_uploaded_file($tempfile , $filename) ;
		}
	$link	= "" ;
	if ($up_status) {
		$p_info = pathinfo($filename) ;
		$pi_ext = $p_info['extension'] ;
		$bmp_name = $filename . ".bmp" ;
		$to_bmp = FALSE ;
		if  	($pi_ext == "png")  {	$img = imagecreatefrompng ($filename) ;   $to_bmp = imagebmp($img,$bmp_name) ;	}
		else if	($pi_ext == "jpg")  {	$img = imagecreatefromjpeg($filename) ;   $to_bmp = imagebmp($img,$bmp_name) ;	}
		else if ($pi_ext == "bmp")  {	$bmp_name = $filename ;                   $to_bmp = TRUE ;                 	}
		if ($to_bmp) {
			$cmd_to	= ("rsz_bmp.exe") . " " . $bmp_name ;
			exec	($cmd_to,$out,$ret) ;
			}
		if ($ret == 0) {
			$rsz_file = $out[count($out)-1] ;
			$bak_file = $filename . ".bak." . $pi_ext ;
			rename($filename,$bak_file) ;
			$rsz_name = pathinfo($rsz_file)['basename'] ;
			$file_rsz = $p_info['dirname'] . "/" . $rsz_name ;
			rename($rsz_file,$file_rsz) ;
			if    	($pi_ext == "png")  {	$img_bmp = imagecreatefrombmp($file_rsz) ;   imagepng ($img_bmp,$filename) ;	}
			else if	($pi_ext == "jpg")  {	$img_bmp = imagecreatefrombmp($file_rsz) ;   imagejpeg($img_bmp,$filename) ;	}
			else if ($pi_ext == "bmp")  {	copy($file_rsz,$filename) ;                                             	}
			if (!file_exists($filename)) {
				$filename = $file_rsz ;
				}
			}
		if (file_exists($filename)) {
			$link .= "<hr/>" ;
			$link .= "<a href='" ;
			$link .= $filename ;
			$link .= "'>" ;
			$link .= $filename ;
			$link .= "</a>" ;
			$link .= "<br/>" ;
			$link .= "<img src='" ;
			$link .= $filename ;
			$link .= "'>" ;
			}
		}
	?>

rsz_bmp.exe で画像ファイルを 2^n にリサイズし,その結果のファイル名を標準出力に出力する.
画像を出力する imagebmp などはあまり速くない.
同様の PHP を Synology NAS 上で.
https://itl.mydns.jp/Test/tex_pow2/tex_pow2.php
PHP のコードが悪いのか? Synology NAS では DIB から元の画像に戻すのがうまくいかない.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


VS 2019 Raspberry Pi への接続で…

VS 2019 の「オプション」-「クロスプラットフォーム」-…-「リモートヘッダー…」の「更新」を選択すると,
エラーが発生しました。Could not connect to the remote system or the connection was lost。詳細については、C:\Users\Iwao\AppData\Local\Temp\vslinux_header_update_log.txt を参照してください。トラブルシューティングについては、https://aka.ms/AA23jat をご覧ください。
「InteliSense 用のヘッダーのダウンロードおよび更新」でエラー
コマンドで接続しようとするとやはり接続できない.IP では可能.

Microsoft Windows [Version 10.0.18362.418]
(c) 2019 Microsoft Corporation. All rights reserved.

C:\Users\Iwao>ssh -l pi raspberrypi
ssh: Could not resolve hostname raspberrypi: \202\273\202\314\202\346\202\244\202\310\203z\203X\203g\202\315\225s\226\276\202\305\202\267\201B

C:\Users\Iwao>ssh -l pi 192.168.1.36
pi@192.168.1.36's password:
Linux raspberrypi 4.19.66-v7+ #1253 SMP Thu Aug 15 11:49:46 BST 2019 armv7l

The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
permitted by applicable law.
Last login: Tue Nov 12 17:04:32 2019

SSH is enabled and the default password for the 'pi' user has not been changed.
This is a security risk - please login as the 'pi' user and type 'passwd' to set a new password.

pi@raspberrypi:~ $

ちょっとわからないので,IP での接続を追加して対応.
IP で「リモートシステムへの接続」を追加

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Linux から NAS 上のアクセス

Linux から NAS 上のファイルを読み込むコード


Windows からであれば次の様な指定が可能.
tstring test_imo = _T(“//DS116/web/i_Tools/Doc/blog/3D_Data/Test_cube_line.imo”) ;
使用する関数や API によっては “\\” でないとうまくない場合もある.
tstring test_imo = _T(“\\\\DS116\\web\\i_Tools\\Doc\\blog\\3D_Data\\Test_cube_line.imo”) ;


Linux では mount すれば次の様な指定が可能なことは以前に調べている.
tstring test_imo = _T(“/mnt/ds116/web/i_Tools/Doc/blog/3D_Data/Test_cube_line.imo”) ;
今回は異なる方法で何か方法はないかと調べてみた.
結果としては「ファイルマネージャ」などでアクセスできる状態にする必要があるのであまり mount と変わらない.


調べたのは次の様な手順.
「端末」を開いて ls と入力.
そこに「ファイルマネージャ」からディレクトリをドロップ.
「端末」で「Enter」するとアクセスできることを確認.
Linux から NAS 上のディレクトリの ls
tstring test_imo = _T(“/run/user/1000/gvfs/smb-share:server=ds116.local,share=web/i_Tools/Doc/blog/3D_Data/Test_cube_line.imo“) ;

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


VC Linux でのデバッグ

単純な「Linux ターミナル」の「コンソール AP」であれば,Windows コンソール AP と同様にデバッグできる.
出力は VS の「Linux コンソールウィンドウ」.
VC Linux コンソール AP のデバッグ


GLUT を使用したデバッグはこの方法ではできない?
::glutInit(&argc, argv); で抜けてしまう.
Linux 上で .out を起動しておいて VS の「デバッグ」-「プロセスにアタッチ」.
「接続の種類」を「SSH」にして「接続先」を Linux 環境に.
VC Linux デバッグ対象の .out にアタッチ
「使用可能なプロセス」が更新されるのでデバッグ対象の .out を選択して「アタッチ」でデバッグできる.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


VC Linux で GLUT

GLUT を使用したコード
ビルドするとリンクでのエラーとなってしまう.

1>------ ビルド開始: プロジェクト: T_GL2, 構成: Debug x64 ------
1>ソースを検証します
1>リモートでソースを 'fedora' にコピーします
1>アーキテクチャを検証します
1>C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2019\Professional\MSBuild\Microsoft\VC\v160\Application Type\Linux\1.0\Linux.targets(184,5): warning : 配置で使用されるリモート システムに互換性のないプラットフォーム アーキテクチャ ('x64'、'ARM') があります。
1>アーキテクチャを検証します
1>リモート ビルドを開始しています
1>ソースをコンパイルします:
1>オブジェクトをリンクしています
1>/usr/bin/ld : error : /home/Iwao/projects/T_GL2/obj/x64/Debug/main.o: in function `idle()':
1>D:\Document\VS\VS\2019\T_Linux\T_GL2\main.cpp(51): error : undefined reference to `glutPostRedisplay'
1>/usr/bin/ld : error : /home/Iwao/projects/T_GL2/obj/x64/Debug/main.o: in function `display()':
1>D:\Document\VS\VS\2019\T_Linux\T_GL2\main.cpp(56): error : undefined reference to `glClear'
1>/usr/bin/ld : error : /home/Iwao/projects/T_GL2/main.cpp:63: undefined reference to `glMatrixMode'
1>/usr/bin/ld : error : /home/Iwao/projects/T_GL2/main.cpp:64: undefined reference to `glLoadIdentity'
1>/usr/bin/ld : error : /home/Iwao/projects/T_GL2/main.cpp:65: undefined reference to `gluLookAt'
1>/usr/bin/ld : error : /home/Iwao/projects/T_GL2/main.cpp:67: undefined reference to `glColor3d'
...
1>/usr/bin/ld : error : /home/Iwao/projects/T_GL2/main.cpp:165: undefined reference to `glutMainLoop'
1>collect2 : error : エラー: ld はステータス 1 で終了しました
1>プロジェクト "T_GL2.vcxproj" のビルドが終了しました -- 失敗。
========== ビルド: 0 正常終了、1 失敗、0 更新不要、0 スキップ ==========

コマンドでの -l オプションにあたる指定が足りないため.
「リンカー」-「コマンドライン」-「追加のオプション」に以下を追加.
-lglut -lGL -lGLU
-l オプション
GLUT を使用した .out

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ



    top

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。