Iwao Dev

気付いたことをメモしています.

この画面は、簡易表示です

Linux

Debian 環境に pip のインストール

PyOpenGL を使おうとして pip コマンドを打つと,コマンドがない.
どうも pip が入っていないみたいで,次の様に入力してインストール.
sudo apt install python-pip
更に PyOpenGL のインストール.
pip install PyOpenGL
Debian 環境に PyOpenGL のインストール


pip3 のインストールは
sudo apt install python3-pip


C:\WINDOWS\System32>cd C:\Users\Iwao\AppData\Local\Temp

C:\Users\Iwao\AppData\Local\Temp>ssh -l admin -p 22 lxcdebian10
admin@lxcdebian10's password:
Linux lxcdebian10 4.14.x #1 SMP Wed May 13 00:37:48 CST 2020 x86_64

The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
permitted by applicable law.
Last login: Thu Jul  9 10:51:02 2020 from fe80::ed6f:4991:21c9:1882%eth0
admin@lxcdebian10:~$ cat /usr/bin/pip
#!/usr/bin/python
# GENERATED BY DEBIAN

import sys

# Run the main entry point, similarly to how setuptools does it, but because
# we didn't install the actual entry point from setup.py, don't use the
# pkg_resources API.
from pip._internal import main
if __name__ == '__main__':
    sys.exit(main())
admin@lxcdebian10:~$ cat /usr/bin/pip3
#!/usr/bin/python3
# GENERATED BY DEBIAN

import sys

# Run the main entry point, similarly to how setuptools does it, but because
# we didn't install the actual entry point from setup.py, don't use the
# pkg_resources API.
from pip._internal import main
if __name__ == '__main__':
    sys.exit(main())
admin@lxcdebian10:~$  

Debian  cat pip , pip3

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


AS5202T Debian 10 に Image Magick

Raspberry Pi などと同様
sudo apt install imagemagick
Debian 環境に Image Magick のインストール
特に難しいことはない.
Debian 環境に Image Magic インストール後 display コマンド

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


AS5202T Debian 10 と VC

VC で ASUSTOR NAS Linux Center の Debian 10 Desktop を使用するための設定.


SSH 接続を可能にして gcc などをインストールしておく必要がある.
Linux development with C++ in Visual Studio


VC の「ツール」-「オプション」,「クロスプラットフォーム」-「接続マネージャー」-「追加」.
Debian 10 への接続の設定
SSH 接続する時の情報を設定する.
追加後「接続マネージャー」-「リモートヘッダー…」で「更新」するとエラー.
エラーが発生しました。Could not start the ‘rsync’ command on the remote host, please install it using your system package manager. Please see https://aka.ms/AA23jat for troubleshooting。詳細については、C:\Users\Iwao\AppData\Local\Temp\vslinux_header_update_log.txt を参照してください。トラブルシューティングを行うには、https://aka.ms/AA23jat をご覧ください。
エラーが発生しました。Could not start the 'rsync' command on the remote host, please install it using your system package manager.
この部分の対応方法はよくわからない.


VC のプロジェクトの設定を「lxcdebian10」に.
VC リモートビルドマシンを「lxcdebian10」に設定


これでビルドすれば大丈夫なはずだが,何故かエラー.
VC を再起動したり,プロジェクトを読み直したりしていたら通る様になった.
AS5202T Debuan 10 VC ビルド

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


AS5202T Debian 10

以前 インストールしてそのままになっていた環境.
その時わからなかったのが「タイムゾーン」の設定.
次の所を参考にさせてもらって設定.
Debian 10 busterをインストールして最初に行う設定と確認 10項目
Linux Center Debian 10 タイムゾーンの設定


共通のソースなどを参照するために…
Linux から Windows 環境への接続
Linux Center Debian 10 mount
接続先は,最終的には変更する予定.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


弦と矢と半径 – 11

JavaScript 版で Canvas を使用する様にしてみた.
弦と矢と半径 JavaScript Canvas
https://mish.myds.me/Test/blog/r_cs/b/

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


弦と矢と半径 – 10

JavaScript 数値入力で更新.

	<body>

<pre>
c : <input  type='number'  id='in__c'  value='8'  style='width:100px;'  step='any' /> <span  id='out_c'> </span>  <br />
s : <input  type='number'  id='in__s'  value='2'  style='width:100px;'  step='any' /> <span  id='out_s'> </span>  <br />
r : <input  type='number'  id='in__r'  value='5'  style='width:100px;'  step='any' /> <span  id='out_r'> </span>  <br />
</pre>
		<img	src='r_cs.png'	width='300px'>

		<script>

			function	r_cs	(c , s)		{	return	(        ( c*c )  / ( 8*s )  +  s/2 ) ;		}
			function	s_rc	(r , c)		{	return	( r-Math.sqrt(r*r - (c/2)*(c/2) )   ) ;		}
			function	c_rs	(r , s)		{	return	(   Math.sqrt(r*r - (r-s)*(r-s) )*2 ) ;		}

			function	f_c_rs	() {
				var	oc = document.querySelector("#out_c") ;
				var	os = document.querySelector("#out_s") ;
				var	or = document.querySelector("#out_r") ;
				var	ic = document.querySelector("#in__c") ;
				var	is = document.querySelector("#in__s") ;
				var	ir = document.querySelector("#in__r") ;
				var	fc = parseFloat(ic.value) ;
				var	fs = parseFloat(is.value) ;
				var	fr = parseFloat(ir.value) ;
				oc.textContent = "" ;
				os.textContent = "" ;
				or.textContent = "" ;
				os.textContent = s_rc(fr,fc) ;
				or.textContent = r_cs(fc,fs) ;
				}
		//	...
			{
				var	ec = document.getElementById("in__c") ;
				var	es = document.getElementById("in__s") ;
				var	er = document.getElementById("in__r") ;
				ec.addEventListener("keyup",f_c_rs, false) ;
				es.addEventListener("keyup",f_s_rc, false) ;
				er.addEventListener("keyup",f_r_cs, false) ;
				}

			</script>

		</body>

弦と矢と半径 JavaScript 版
https://mish.myds.me/…/r_cs/a/

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


弦と矢と半径 – 9

JavaScript で.

<body>
	c : <input	type='number'	id='in__c'	value='80.0'	size='10'	step='any'	/><input	type='submit'	value='c_rs'	id='c_rs'	/>	<span	id='out_c'> </span>	<br />
	s : <input	type='number'	id='in__s'	value='20.0'	size='10'	step='any'	/><input	type='submit'	value='s_rc'	id='s_rc'	/>	<span	id='out_s'> </span>	<br />
	r : <input	type='number'	id='in__r'	value='50.0'	size='10'	step='any'	/><input	type='submit'	value='r_cs'	id='r_cs'	/>	<span	id='out_r'> </span>	<br />
	<img	src='r_cs.png'	width='300px'>

	<script>
		function	r_cs	(c , s)		{	return	(        ( c*c )  / ( 8*s )  +  s/2 ) ;		}
		function	s_rc	(r , c)		{	return	( r-Math.sqrt(r*r - (c/2)*(c/2) )   ) ;		}
		function	c_rs	(r , s)		{	return	(   Math.sqrt(r*r - (r-s)*(r-s) )*2 ) ;		}

		function	f_c_rs	() {
			var	oc = document.querySelector("#out_c") ;
			var	os = document.querySelector("#out_s") ;
			var	or = document.querySelector("#out_r") ;
			var	ic = document.querySelector("#in__c") ;
			var	is = document.querySelector("#in__s") ;
			var	ir = document.querySelector("#in__r") ;
			var	fc = parseFloat(ic.value) ;
			var	fs = parseFloat(is.value) ;
			var	fr = parseFloat(ir.value) ;
			oc.textContent = "" ;
			os.textContent = "" ;
			or.textContent = "" ;
			oc.textContent = c_rs(fr,fs) ;
			}
		//	...
		{
			var	ec = document.getElementById("c_rs") ;
			var	es = document.getElementById("s_rc") ;
			var	er = document.getElementById("r_cs") ;
			ec.addEventListener("click",f_c_rs, false) ;
			es.addEventListener("click",f_s_rc, false) ;
			er.addEventListener("click",f_r_cs, false) ;
			}
		</script>
	</body>

R S C JavaScript
https://mish.myds.me/…/r_cs/9/

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


弦と矢と半径 – 8

Python を使用しないで PHP のみで.

<?php
	function	r_cs	($c , $s)	{	return	(    ( $c*$c )  / ( 8 *$s )   +  $s/2 ) ;	}
	function	s_rc	($r , $c)	{	return	( $r-sqrt($r*$r - ($c/2)*($c/2) )     ) ;	}
	function	c_rs	($r , $s)	{	return	(    sqrt($r*$r - ($r-$s)*($r-$s) )*2 ) ;	}
	?>

PHP のみで実装
https://mish.myds.me/…/r_cs/8/

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


弦と矢と半径 – 7

input タグで number を使用している部分.
step=’0.001′ などとすれば小数値を入力できるが,欲しい動作ではない.
例えば 1.23456789 など任意の値を入力可能にしたかった.
step=’any’ と指定することで小数部を入力できるようになる.
<input type=’number’ name=’c’ value=’1.234567890′ size=’15’ step=’any’ />
https://mish.myds.me/…/r_cs/7/
弦と矢と半径 7

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


弦と矢と半径 – 6

Python のコードを修正して「結果のみ」を出力する様に変更.

import	sys
import	math

def	r_cs	(c , s)	:	return	(        ( c*c )  / ( 8 *s ) +  s/2 )
def	s_rc	(r , c)	:	return	( r-math.sqrt(r*r - (c/2)*(c/2) )   )
def	c_rs	(r , s)	:	return	(   math.sqrt(r*r - (r-s)*(r-s) )*2 )

cmd =       sys.argv[1]
p1  = float(sys.argv[2])
p2  = float(sys.argv[3])

#print	(cmd + " " + str(p1) + " " + str(p2))

if  	cmd == "r_cs"	:	print	(r_cs(p1,p2))
elif	cmd == "s_rc"	:	print	(s_rc(p1,p2))
elif	cmd == "c_rs"	:	print	(c_rs(p1,p2))
#else	            	:	print	("error")

#print	("")

弦と矢と半径 スマートフォンからアクセス
PHP
あまり綺麗なコードでないので,ここには張り付けていません.リンク先を見てください.
PHP から Python の呼び出し
https://mish.myds.me/…/r_cs/6/

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ



    top

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。