Iwao myds

dev.mish.work へ移行しました.

この画面は、簡易表示です

メモ

意図しない Web サーバへのアクセス

1 週間ほど前から,Web サーバにアクセスしたログが残る様になってしまった.
LAN 内のアクセスの場合,必要以上には記録しない様にしている.


スマートフォンからのアクセスでは問題ない.
PC も限られた環境?
アクセス先の Web サーバがどれかはあまり関係ない.


今日,今まで大丈夫だった PC のログが残る様になったことに気づいた.
昨日変更したことを思い出して…
そういえば「VT4Browsers」を追加したことを思い出した.


最近バージョンが上がって,それによる影響みたい.
「VT4Browsers」を「オフ」にすることで対応.
「VT4Browsers」を「オフ」に


2022/03/28
この記事を書いた時より,アクセスの記録が減った?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


QNAP NAS 上の WordPress の場所

QNAP NAS 上の App Center で,WordPress の更新版 5.8.2 があった.
特に意識しないで更新すると…
今まで \\(NAS)\Web\WordPress\(WordPress のファイル) となっていたものが,なくなってしまった?
以前 Synology NAS を更新 した時も場所が変わってしまったことがあった.


今回はなかなか場所がわからない.
QuLog Center の「イベントログ」で,やっと見つけた.
/share/…/.qpkg/WordPress にあった.
QNAP NAS WordPress の新しい場所


ダッシュボードの動作が遅くなった気がする.
また,先頭のページは表示されるが,それぞれの記事は 404 になってしまう?
記事の編集は問題なくできそうなので,どこかの設定がまだうまくないみたい.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


QNAP NAS 上のサイトが…

QNAP NAS 上の幾つかのページがうまく動作しなくなった.
静的なページや,WorkPressJoomla! のページは問題ない.
いろいろと動きを見ると,C++ で書いたコードを呼出しているページがうまく動作していない様子.
SSH 接続して幾つかのコマンドを実行すると command not found となってしまう.
which gcc などで探すと,gcc が見つからない.
以前 gcc などは入れている ので,/opt/bin/gcc として存在するはず.
/opt/bin/ を見ると,perl 関係のものしか入ってない.
QNAP /opt/bin  perl
App Center で入れた Perl 5.26.1.0.1 がいけなかったみたい.


Entware-std 1.03 を入れ直すことでうまく動作する様になった.
AppCenter にある Perl のパッケージとは共存できない?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


VNC 接続が安定しない?

最近は使う頻度が減ってきたが…
QNAP NAS の Virtualization Station の Win10 x86 への VNC 接続が安定しない.
他にも幾つか登録しているが,うまく開けないものが多い.
また Android からは,いつからかわからないが開けなくなってしまっている.
Android からの VNC 接続
Virtualization Station へはブラウザからも接続できて操作はできるが,ちょっと反応が悪い.


VNC のクライアントは VNC Viewer ,サーバは UltraVNC を使用している.
ハッキリわからないが,Win10 などのバージョンが上がった関係か?


先ず VNC Viewer を Windows 版 6.21.1109 に更新.Android 版は最新版になっていた.
予想通りだが,特に変わらず.


サーバ側の UltraVNC は 1.2.24 や 1.2.40 が入っていた.これを 1.3.60 に更新.
インストール後,再起動が要求されるが,試しに Android から接続するとうまくいった.
どうも UltraVNC が古いことがまずかったと思われる.
Windows Server 2022 に VNC 接続

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Edge で WebGL が表示できない?

Edge で three.js を利用したデータが表示できなかった.
WebGL Cube
デバッガで追いかけると,WebGL を利用できない様なエラー.


Edge を再起動すると,うまく表示できるようになった.
何だったのだろう?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


::CreateMutex の名称

以前作成した W_mutex を利用.
同じドキュメントを開かない様なガードに使えると思い,単体テスト用のコードを書いた.

#include	"messbar.hxx"
#include	"itls_tmp.hxx"
#include	"cmd_line.hxx"
#include	"S_Exec.hxx"
#include	"W_mutex.hxx"

tstring	make_mutex_name	(const tstring& doc_name)
{
	tstring		mutex_name ;
	v_tstring	argv = ::get_arg() ;
	if (argv.size() > 0) {
		mutex_name += argv[0] ;
		mutex_name += _T(" ") ;
		}
	mutex_name += doc_name ;
///////////////////////////////////////////////////////////////
//	mutex_name = ::Path_Normalize(mutex_name,_T('/')) ;
///////////////////////////////////////////////////////////////
	std::terr << mutex_name << std::endl ;
	return	mutex_name ;
	}

bool	t_wait	(const tstring& doc_name)
{
	tstring		mutex_n = ::make_mutex_name(doc_name) ;
	size_t		bar_max = 1000 ;
	MessageBar	bar(_T("wait"),bar_max) ;
	for (size_t index=0 ; index<bar_max ; index++) {
		::Sleep(100) ;
		W_mutex	mutex(mutex_n.c_str()) ;
		bar.SetBarInc() ;
		if (mutex.Is_exist()) {
			}
		else {
			break ;
			}
		}
	return	true ;
	}

bool	t_loop	(const tstring& doc_name)
{
	tstring		mutex_n = ::make_mutex_name(doc_name) ;
	W_mutex		mutex(mutex_n.c_str()) ;
	size_t		bar_max = 100 ;
	MessageBar	bar(_T("loop"),bar_max) ;
	for (size_t index=0 ; index<bar_max ; index++) {
		bar.SetBarInc() ;
		::Sleep(30) ;
		}
	::Sleep(2000) ;
	return	true ;
	}

bool	test	(const tstring& doc_name)
{
	::t_wait(doc_name) ;
	::t_loop(doc_name) ;
	return	true ;
	}

int	_tmain	(int argc,TCHAR* argv[])
{
	_tsetlocale(LC_ALL,_T("")) ;
	::reg_argv(argc,argv) ;
	if (argc > 1) {
		test(argv[1]) ;
		}
	else {
		time_t	now = ::time(NULL) ;
		size_t	count = 5 ;
		tstring	test_cmd ;
		S_Exec	se ;
		{
			tstring	exe_name ;
			tstring	tmp_name ;
			{
				exe_name = argv[0] ;
				}
			{
				tstring	temp_dir = ::Get_i_Tools_tmp() ;
				tstring	time_str = ::Now_Format(_T("%H%M%S")) ;
					tmp_name = ::Path_AddLastSP(temp_dir) + time_str + _T(".tmp") ;
				}
			{
				test_cmd = exe_name + _T(" ") + tmp_name ;
				}
			{
				se.SetFile      (exe_name.c_str()) ;
				se.SetParamaters(tmp_name.c_str()) ;
				}
			{
				for (size_t index=0 ; index<count ; index++) {
					std::terr << test_cmd << std::endl ;
					se.Execute() ;
					::Sleep(2000) ;
					}
				}
			{
				::Sleep(1000) ;
				tstring		mutex_n = ::make_mutex_name(tmp_name.c_str()) ;
				size_t		bar_max = 1000 ;
				MessageBar	bar(_T("test wait "),bar_max) ;
				for (size_t index=0 ; index<bar_max ; index++) {
					W_mutex	mutex(mutex_n.c_str()) ;
					if (mutex.Is_exist()) {
						bar.SetBarInc() ;
						::Sleep(100) ;
						}
					else {
						break ;
						}
					}
				}
			}
		}
	return	0 ;
	}

#include	"messbar.cxx"

Mutex の名称としては,exe 名とドキュメント名を連結したものとした.


最初,実行させるとうまく動作しない(Mutex オブジェクトが存在するはずなのに抜ける).
::CreateMutex に与えている名称がうまくなかった.’\’ が使えない.
パスの区切りを ‘/’ に変更してうまくいった.
CreateMutex の名称で '\' は使えない


次の様なコードをアプリケーションクラスの InitInstance に追加.

	{
		if (cmdInfo.m_nShellCommand == CCommandLineInfo::FileOpen) {
			tstring	doc_name = cmdInfo.m_strFileName ;
			tstring	exe_name = ::Get_module_name() ;
			tstring	mtx_name = exe_name + _T(" ") + doc_name ;
				mtx_name = ::Path_Normalize(mtx_name,_T('/')) ;
			static	W_mutex	mutex(mtx_name.c_str()) ;
			if (mutex.Is_exist()) {
				return	FALSE ;
				}
			}
		}
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Jetpack Boost の影響?

このページもそうだが,
WordPress のページにつけている「QR コード」が意図した位置に表示されていないことに気づいた.


先日,表示が速くなるかなと思い「Jetpack Boost」の設定を変更した.
どうもこれが影響していたみたい.
Jetpack Boost 「必須ではない JavaScript を後回しに」
「必須ではない JavaScript を後回しに」の機能を「OFF」に.


* QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です.
https://www.qrcode.com/faq.html#patentH2Title


この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


コンソール AP での色

以前に NAS に SSH 接続した環境で,文字色などの変更 をやった.
確か DOS 時代に少し使った記憶があるが,コンソール AP で使ってみたいと思い調べてのメモ.


先ず,コマンドプロンプトでの動作から.
echo ^G
echo Ctrl+G   BEL
‘^G’ の入力は,「Ctrl」+「G」.
「Enter」すると,ブザー(BEL)が鳴る.
今度は,次の様なバイナリデータのファイルを用意しての表示.
ESC シーケンス バイナリデータ
それを type で表示する(Linux 環境などでは cat ).
type esc.txt
type esc.txt の結果
echo を使っての ‘ESC [‘ 入力がわからなかったが,いろいろ試すと「Ctrl」+「[」で入った.
echo ^[[103m
echo ^[[30m
echo ^[[103m    echo ^[[30m
最初わからなかったが,Linux 環境などでは
echo -e “\x1b[103m”
BEL の所に書いてあった.


以前試した時もそうだったと思うが,コマンドプロンプトでそのまま実行してもうまく機能しない.
またその頃はまだメインの開発機は Win7 だったこともありそれ以上は試していなかった.
以前の T_esc 2018 05 exe
一度ファイルにリダイレクトして type すると意図した動作になる.
Windows ESC CSI」で検索すると次の所が見つかる.
コンソールの仮想ターミナル シーケンス
ここを見ると ::SetConsoleModeENABLE_VIRTUAL_TERMINAL_PROCESSING を指定するとある.
それで次の様なコードで試すとうまくいった.

#ifdef		_WIN32
	#ifdef	ENABLE_PROCESSED_OUTPUT
		#ifndef	ENABLE_VIRTUAL_TERMINAL_PROCESSING
		#define	ENABLE_VIRTUAL_TERMINAL_PROCESSING	0x0004
		#endif
	#endif
#endif
//	...
{
//	...
	can_CSI = true ;
	#ifdef		_WIN32
		BOOL	can_ESC = FALSE ;
		#ifdef	ENABLE_PROCESSED_OUTPUT
			HANDLE	hout =	::GetStdHandle(STD_OUTPUT_HANDLE) ;
			DWORD	mode = 0 ;
					::GetConsoleMode(hout,&mode) ;
				mode|= ENABLE_VIRTUAL_TERMINAL_PROCESSING ;
			can_ESC =	::SetConsoleMode(hout, mode) ;
		#endif
		can_CSI = (can_ESC == TRUE) ;
	#endif
	if (change_bg) {
		if (can_CSI) {
			std::terr << _T("\x1b[107m") ;
			std::terr << _T("\x1b[30m") ;
			std::terr << _T("\x1b[0J") ;
		//	std::terr << _T("\x1b[;H") ;
			}
		}
//	...
	}

CSI.hxx
CSI クラスを使用したもの
ちょっとうまくない部分もある?が,何とか.


python だと

from ctypes import windll , wintypes , byref
kernel = windll.kernel32
hout = kernel.GetStdHandle(-11)
mode = wintypes.DWORD()
kernel.GetConsoleMode(hout,byref(mode))
mode.value |= 4
kernel.SetConsoleMode(hout,mode)
print ('\033[96m')

参考にさせてもらったところ.
第3章5 エスケープシーケンスで文字の色、背景の色を変更

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


JavaScript module Three.js

前回 Three.jsバージョンを更新 した時に気づいていたがそのままになっていたので少し調べてみた.
きっかけは,今まで r109 だったものを r131 にしようかと …
three.module.js は r83 ぐらい? example が module 対応になったのは r105 の頃か?
r105 と r106 の ./example/js/loaders/OBJLoader.js の内容は同じ.
./webgl_loader_obj_mtl.html は import 部分と THREE が異なる.JavaScript のコードとしては同じ?


次の所を参考に,いろいろと…
JavaScript モジュール
そこにある basic-modules を,import でない方法で書き直し.
main.js を html 内の body に取り込み.
最初,間違って head 内に書いたら create でエラー(document.body が null).
また,canvas.js 内に export が存在するとうまくいかず,js をコピーして,その行をコメントに.
script src=".../canvas_.js"
それを import を使用した方法に.
main.js を直接 body 内に記述したもの.
script type="module"


*.js をどちらの場合も同じものとしたいが,方法は?


2021/06/06
Three.js で,同じ OBJLoader.js を使っているのかと思ったが,違った.
example/js/OBJLoader.js と example/jsm/OBJLoader.js が存在している.


ある程度 module を使うための変更内容がわかったので,既存のデータを変更してみた.
データはいつもの.http://mish.work/i_Tools/Doc/blog/3D_Data/Cube_2021_07.htm
r109 を利用している.それを r131 に変更.
r131 に変更したもの
c_3js_10.js の先頭に次のもの追加.

import	* as THREE        	from '/_lib/js/webgl/threejs/r131/build/three.module.js';
import	{ OrbitControls } 	from '/_lib/js/webgl/threejs/r131/examples/jsm/controls/OrbitControls.js';
import	{ MTLLoader }     	from '/_lib/js/webgl/threejs/r131/examples/jsm/loaders/MTLLoader.js';
import	{ OBJLoader }     	from '/_lib/js/webgl/threejs/r131/examples/jsm/loaders/OBJLoader.js';

最後に以下を追加.

export	{	ThreeStart10	} ;
export	{	ThreeStartF 	} ;

html を type="module" と import …/c_3js_10.js に.

<script	type="module">
	import	{	ThreeStart10	}	from	"./c_3js_10.js" ;

type module , import
実行すると幾つかのエラー.

Uncaught TypeError: THREE.OrbitControls is not a constructor
    Set_orbit http://mish.work/i_Tools/Doc/blog/3D_Data/c_3js_10.js:137
    ThreeStart10 http://mish.work/i_Tools/Doc/blog/3D_Data/c_3js_10.js:47
    <anonymous> http://mish.work/i_Tools/Doc/blog/3D_Data/Cube_2021_08.htm:42

Uncaught TypeError: THREE.OrbitControls is not a constructor
OrbitControls などクラスの利用部分が違う.THREE. の部分を削除.
THREE. 部分を削除
module を使用した方法に変更
表示されている QR コードは,以前 WebGL が動作しない環境の時の区別のためのもの.
これはうまく使えないみたいなので,その部分は削除.他に “use strict”; なども削除.
module を使用


html の script の部分で type="module" が指定されていないと,

Uncaught SyntaxError: import declarations may only appear at top level of a module Cube_2021_08_E2.htm:19:3

type="module" が指定されていない時のエラー

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


QR コード生成 – 3

今まで幾つかの所でサイトのアドレスの表示に使用してきた.
QRcode Perl CGI & PHP scripts ver. 0.50
これを他で使えないかと調べていると…

  1. 引数がうまく渡せない.2 つ目以降が無視されているような感じ.
  2. 100 文字位を超えると正しく表示できない.

どうも php の呼び出し方が悪かったみたいで,…/qr_img.php に与える引数を変更.

{
	p_data	=	p_data.substr(0,106) ;
	var	last_p	=	p_data.lastIndexOf('&') ;
	if (last_p > 0) {
		p_data	=	p_data.substr(0,last_p) ;
		}
	s_data	=	p_data ;
	p_data	=	escape		(p_data) ;
	p_data	=	"?d="	+	 p_data	;
//	p_data	=	p_data	+	"&e=M"	 ;
	}

使い方は以前と同様で .js のパスを変更.
<script src ="//itl.mydns.jp/_lib/js/i_lib/2022.01/c_qr_img.js"> </script>
<script> call_qr_img_href() ; </script>

<script src ="//itl.mydns.jp/_lib/js/i_lib/2022.01/c_qr_img.js"> </script>
<script> call_qr_img_href() ; </script>

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ



    top

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。