Iwao Dev

気付いたことをメモしています.

この画面は、簡易表示です

MFC

VC 6 C2059 C2091 C2809 C2954

2001/11 作成のプロジェクトをビルドしたらよくわからないエラー.

--------------------構成: MsgStCon - Win32 Debug--------------------
コンパイル中...
MsgStCon.cpp
c:\program files\microsoft visual studio\vc98\include\memory(16) : error C2059: 構文エラー : 'string'
c:\program files\microsoft visual studio\vc98\include\memory(17) : error C2091: 関数は関数を返せません。
c:\program files\microsoft visual studio\vc98\include\memory(17) : error C2809: 'operator new' に仮引数リストがありません。
c:\program files\microsoft visual studio\vc98\include\memory(20) : error C2954: テンプレートの定義はネストできません。
cl.exe の実行エラー

MsgStCon.obj - エラー 4、警告 0

C2059 C2091 C2809 C2954


ソースの先頭付近に #include <memory> を追加.

#include	"StdAfx.h"
#include	"MsgStCon.h"

#include	<memory>	//	① OK
#ifdef _DEBUG
#define new DEBUG_NEW
#undef THIS_FILE
static char THIS_FILE[] = __FILE__;
#endif
#include	<memory>	//	② NG

//	...

②の位置では現象は変わらず.①の位置に追加する必要がある.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


CEdit で文字列の最後を表示させる

エディットボックスに文字列が入りきらない場合に,文字列の最後の方を表示させる方法
CEdit::SetSel length
例えば次のように UpdateData(FALSE) を呼び出すと CEdit::GetSel では開始位置と終了位置が 0 で戻される.

	m_OutFolder = Copy_ccc.GetTarget().c_str() ;
	UpdateData(FALSE) ;

CEdit::SetSel で文字列の長さを指定することにより最後の位置を選択してその部分が表示されるようにする.

	m_OutFolder = Copy_ccc.GetTarget().c_str() ;
	UpdateData(FALSE) ;
	int	start	= m_OutFolder.GetLength() ;
	int	end	= m_OutFolder.GetLength() ;
	m_CtrlOutFolder.SetSel(start,end) ;

2020/01/22 
選択文字列を常に強調表示するには,
「No Hide Selection」を Treu に

	int	start	= m_OutFolder.GetLength()-1 ;
	int	end	= m_OutFolder.GetLength()-0 ;

EN_NOHIDESEL を有効にする.
Edit Control  No Hide Selection

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


SDI exe で変換後ドキュメントを開く

SDI exe で,変換後のデータをそのまま開きたかった.
OnOpenDocument で開くことは可能だが,幾つかうまくない所がある.
CDocument の OnOpenDocument 前後の動作をデバッガで追いかけると,ビューの初期化が足りない.
CView* を求めて OnInitialUpdate で対応.

void CX__Doc::OnConvert() 
{
	if (GetPathName().IsEmpty())	{	return	;	}
	tstring	new_name ;
	{
	//	...
		::G3_to_NEW(...,new_name.c_str()) ;
		}
	{
		OnNewDocument () ;
		OnOpenDocument(new_name.c_str()) ;
		SetPathName   (new_name.c_str()) ;
		{
			CFrameWnd*	frame = (CFrameWnd*)AfxGetMainWnd() ;
			if (frame != NULL) {
				CView*	view = frame->GetActiveView() ;
				if (view != NULL) {
					view->OnInitialUpdate() ;
					}
				}
			}
		}
	}

MFC 変換直後にドキュメントを開く

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


error C1189: #error: Please use /MD

プロジェクトの設定で「スタティック ライブラリで MFC を使用する」から「共有 DLL で MFC を使う」に変更すると,次のエラーになることがある.
—— ビルド開始: プロジェクト: MkCmf, 構成: Release Win32 ——
StdAfx.cpp
C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2019\Professional\VC\Tools\MSVC\14.22.27905\atlmfc\include\afxver_.h(77,1): error C1189: #error: Please use the /MD switch for _AFXDLL builds
プロジェクト “MkCmf142.vcxproj” のビルドが終了しました — 失敗。
========== ビルド: 0 正常終了、1 失敗、0 更新不要、0 スキップ ==========


対応方法はエラーメッセージにある様に
「マルチスレッド(/MT)」から「マルチスレッド DLL(/MD)」に変更する.
ランタイムライブラリの設定を「マルチスレッド DLL(/MD)」に変更する


同様に「共有 DLL で MFC を使う」から「スタティック ライブラリで MFC を使用する」に変更した場合.
—— ビルド開始: プロジェクト: AsHVR, 構成: Release Win32 ——
StdAfx.cpp
c:\program files (x86)\microsoft visual studio\2017\professional\vc\tools\msvc\14.16.27023\atlmfc\include\afx.h(24): fatal error C1189: #error: Building MFC application with /MD[d] (CRT dll version) requires MFC shared dll version. Please #define _AFXDLL or do not use /MD[d]
プロジェクト “AsHVR142.vcxproj” のビルドが終了しました — 失敗。
========== ビルド: 0 正常終了、1 失敗、0 更新不要、0 スキップ ==========
この場合は「マルチスレッド(/MT)」に変更する.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Win10 に入っている MFC*.dll

MFC の DLL に関して調べていて,
Win10 では幾つかの MFC DLL がインストールされているという記述を見つけたので調べてみました.


VirtualBox で仮想環境を作成して,Win10 Pro 1903 をインストール.
Win10 Pro 1903
インストールされているものは仮想マシン用のツール.
Win10 Pro プログラムと機能
このような環境で C ドライブを mfc*.dll で検索すると,見つかるのは前から存在するもの.
mfc40.dll mfc40u.dll mfc42.dll mfc42u.dll
Win10 Pro  mfc*.dll で検索した結果
Win10 のバージョンによるのかどうかわかりませんが,
OS のみのインストール状態では mfc140u.dll は入っていないようです.


私の方で MFC dll をダウンロードするページへのリンクをまとめています.
https://mish.myds.me/wordpress/i-tools/2017/05/17/mfc140u-dll-error/
https://itl.mydns.jp/joomla/cpp/30-ref-vcredist-xxx-exe.html


2019/06/15
msvc???.dll などは入っていたのでその画面コピーです.
msvcr???.dll
msvcp???.dll
msvc????.dll
msvc????.dll バージョンでソート 1
msvc????.dll バージョンでソート 2

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


C1189 : WINDOWS.H already …

幾つかの,MFC を使用していないプロジェクトをビルドしていると,

--------------------構成: GAtoSTL - Win32 Release--------------------
コンパイル中...
GAtoSTL.cpp
C:\Program Files\Microsoft Visual Studio\VC98\MFC\INCLUDE\afxv_w32.h(14) : fatal error C1189: #error :  WINDOWS.H already included.  MFC apps must not #include <windows.h>
cl.exe の実行エラー

GAtoSTL.obj - エラー 1、警告 0

最近(2019/03)変更したコードで,意図せず Afx.h などを利用するようになっしまった所があると思われる.
今回の場合,デバッグ版や Linux 環境,VC 14 などでは通っている.


次の様な内容を include している部分に挿入して確認すると,
 #pragma message (“message 1”)
Zip.hxx がうまくない.

#ifndef		I_SUPPORT_ZIP
	#ifdef	_DEBUG
		#include	"i_Zip.hxx"	//	STL と Windows.h
	#else
		#include	"a_Zip.hxx"	//	AfxDisp などを使用
	#endif
#endif

a_Zip.hxx は zip を扱う古い形式( MFC を使用している)のもの.
a_Zip.hxx は使用しないように変更.


2019/08/26 追加
このエラーが表示される原因は,
MFC 関連の afx*.h がインクルードされる前に Windows.h が読み込まれているため.
MFC を使用しているプロジェクトで StdAfx.h を使用してない場合は,
ソース内のヘッダのインクルードで最初に #include <afxwin.h> などとすれば良い.
#include <afxwin.h>

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


ファイルの検索

あるフォルダ内のファイルを列挙するコード 

MFC
v_tstring	EnumFiles_MFC	(c_tstring& path,const bool skipDot=true)
{
	v_tstring	foundFiles ;
	{
		iFileFind	ff ;
		BOOL		isWorking = ff.FindFile((::Path_AddLastSP(path)+_T("*.*")).c_str()) ;
		while	(isWorking)	{
			 	isWorking = ff.FindNextFile() ;
			if (skipDot && ff.IsDots()) {	continue ;	}
			tstring	fileName = ff.GetFileName() ;
			if (ff.IsDirectory()) {
				fileName = ::Path_AddLastSP(fileName) ;
				}
			foundFiles.push_back(::Path_AddLastSP(path)+fileName) ;
			}
		}
	return	foundFiles ;
	}

MSC
v_tstring	EnumFiles_MSC	(c_tstring& path,const bool skipDot=true)
{
	v_tstring	foundFiles ;
	{
		tstring	fffPath = ::Path_AddLastSP(path)+_T("*.*") ;
		WIN32_FIND_DATA	fd ;
		memset(&fd,0,sizeof(WIN32_FIND_DATA)) ;
		HANDLE	hFind = ::FindFirstFile(fffPath.c_str(),&fd) ;
		if (hFind != INVALID_HANDLE_VALUE) {
			while	(TRUE)	{
				tstring	fileName = fd.cFileName ;
				if (skipDot) {
					if (fileName == _T("."))   {	fileName = _T("") ;	}
					if (fileName == _T(".."))  {	fileName = _T("") ;	}
					}
				if (!fileName.empty()) {
					if (fd.dwFileAttributes & FILE_ATTRIBUTE_DIRECTORY) {
						fileName = ::Path_AddLastSP(fileName) ;
						}
					foundFiles.push_back(::Path_AddLastSP(path)+fileName) ;
					}
				if (!::FindNextFile(hFind,&fd)) {
					break ;
					}
				}
			::FindClose(hFind) ;
			}
		}
	return	foundFiles ;
	}

GNUC
v_tstring	EnumFiles_GNUC	(c_tstring& path_,const bool skipDot=true)
{
	tstring 	path = path_ ;
	v_tstring	foundFiles ;
	{
		DIR*	dp = ::opendir(path.c_str()) ;
		struct	dirent*	dent = NULL ;
		do	{
			dent = readdir(dp) ;
			if (dent != NULL)	{
				tstring	fileName = dent->d_name ;
				if (skipDot) {
					if (fileName == _T("."))   {	continue ;	}
					if (fileName == _T(".."))  {	continue ;	}
					}
				if (dent->d_type & DT_DIR) {
					fileName = ::Path_AddLastSP(fileName) ;
					}
				foundFiles.push_back(::Path_AddLastSP(path)+fileName) ;
				}
			}	while (dent != NULL) ;
		::closedir(dp) ;
		}
	return	foundFiles ;
	}

MFC 版で,iFileFind としているのは,VC 6 MFC MBCS 版でのバグのため.

class	iFileFind	:	public	CFileFind	{
	public:
		virtual	CString GetFilePath() const	{
			ASSERT(m_hContext != NULL);
			ASSERT_VALID(this);
			CString strResult = m_strRoot;
			#ifdef	____VC_6_______MBCS_BUG___
			{
				if (strResult[strResult.GetLength()-1] != '\\' &&
					strResult[strResult.GetLength()-1] != '/')	{
					strResult += m_chDirSeparator;
					}
				}
			#else
			{
				LPCTSTR pszResult;
				LPCTSTR pchLast;
				pszResult = strResult;
				pchLast = _tcsdec( pszResult, pszResult+strResult.GetLength() );
				VERIFY(pchLast!=NULL);
				if ((*pchLast != _T('\\')) && (*pchLast != _T('/')))	{
					strResult += m_chDirSeparator;
					}
				}
			#endif
			strResult += GetFileName();
			return strResult;
			}
		} ;

MFC 7 以降であれば,CFileFind として利用可能.


i_FileF.hxx
EnumFile.hxx

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


システムメニューに項目の追加

あまり使用しないので,メモ.
「ダイアログベース」の AP に「設定」メニューの追加.
コードのサンプルなどは以下の所や,CXxxDlg::OnInitDialog .
MSDN CWnd::GetSystemMenu


IDS_… と IDM_… のリソースを追加.

	pSysMenu->AppendMenu(MF_SEPARATOR);
	pSysMenu->AppendMenu(MF_STRING, IDM_SETTING, _T("設定(&S)...")) ;	

今回は,面倒だったのでメニュー名は文字列として直接指定.


IDM_… の値は 0x0020 など.
CXxxxDlg::OnSysCommand でイベントを受け取る.

	if ((nID & 0xFFF0) == IDM_ABOUTBOX)	{
		CAboutDlg dlgAbout;
		dlgAbout.DoModal();
		}
	else if ((nID & 0xfff0) == IDM_SETTING) {
		OnSetting() ;
		}
	else 	{
		CDialog::OnSysCommand(nID, lParam);
		}	
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


MAPI の MapiFileDesc の配列

MFC を使用している方法では,

    LateDelete	ld ;    //  MultiByte の必要があるようなので,UNICODE の時のバッファをここに登録
    //	添付ファイルの準備
    CArray<MapiFileDesc,MapiFileDesc>	fileDescA ;
    int	fileCount = 0 ;
    int	index = 0 ;
    for (index=0 ; index<PathNames.GetSize() ; index++) {
        CString	    pathName = PathNames[index] ;
        if (::FileIsNothing  (pathName))	{	continue ;	}
        if (::FileIsDirectory(pathName))	{	continue ;	}
        MapiFileDesc	fileDesc ;
        memset(&fileDesc,0,sizeof(MapiFileDesc)) ;
        fileDesc.nPosition		= (ULONG)-1 ;
    #ifdef	_UNICODE
        fileDesc.lpszPathName	= SendMail__ChangeMultiByte(PathNames[index],&ld) ;
        fileDesc.lpszFileName	= SendMail__ChangeMultiByte(FileNames[index],&ld) ;
    #else
        fileDesc.lpszPathName	= LPSTR(LPCTSTR(PathNames[index])) ;
        fileDesc.lpszFileName	= LPSTR(LPCTSTR(FileNames[index])) ;
    #endif
        fileDescA.Add(fileDesc) ;
        fileCount++ ;
        }

MFC を使用しないコードは,

    std::vector<MapiFileDesc>	fileDescA ;
    std::vector<std::string>	pathNameA ;
    std::vector<std::string>	fileNameA ;
    int	index = 0 ;
    {
        for (index=0 ; index<PathNames.GetSize() ; index++) {
            {
                tstring	pathName = PathNames[index] ;
                if (::File_IsNothing  (pathName))	{	continue ;	}
                if (::File_IsDirectory(pathName))	{	continue ;	}
                }
            std::string	pathName= ::To__string(PathNames[index]) ;
            std::string	fileName= ::To__string(FileNames[index]) ;
            pathNameA.push_back(pathName) ;
            fileNameA.push_back(fileName) ;
            }
        {
            for (size_t index=0 ; index<pathNameA.size()&&index<fileNameA.size() ; index++) {
                MapiFileDesc	fileDesc ;
                memset(&fileDesc,0,sizeof(MapiFileDesc)) ;
                fileDesc.nPosition	= (ULONG)-1 ;
                fileDesc.lpszPathName	= &(pathNameA[index])[0] ;
                fileDesc.lpszFileName	= &(fileNameA[index])[0] ;
                fileDescA.push_back(fileDesc) ;
                }
            }
        }

詳しくは見てないが,幾つかの方法が書かれていたので
Sending Email with MAPI


MapiRecipDesc.lpszAddress の “smtp:”
以前コードを直したのが 2002/4 であまり情報がなかった様に思う.
個人的に書いた内容が「Outlook で配信不能になる
参考になりそうな所
Email mit Dateien perWinAPI versenden??
MAPISendMail
MSDN MapiRecipDesc structure
Sending email using MAPI causes error on ‘ResolveName’ function in Window7


MAPI を使用した複数ファイルの送信
S_Mail.hxx

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


VC 6 LNK2001 __beginthreadex

空のコンソール AP プロジェクトで,Afx.h を追加でインクルードしてビルドすると,

--------------------構成: MkBG_up - Win32 Debug--------------------
リンク中...
nafxcwd.lib(thrdcore.obj) : error LNK2001: 外部シンボル "__endthreadex" は未解決です
nafxcwd.lib(thrdcore.obj) : error LNK2001: 外部シンボル "__beginthreadex" は未解決です
c:\Temp\Test_3D\MkBG_up\Debug.060/MkBG_up.exe : fatal error LNK1120: 外部参照 2 が未解決です。
link.exe の実行エラー
MkBG_up.exe - エラー 3、警告 0

プロジェクトの設定で「共有 DLL で MFC を使用」などに変更.


2018/06/29 追記
エラーが出た直後の場合は,リビルドが必要.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ



    top

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。