Iwao Dev

気付いたことをメモしています.

この画面は、簡易表示です

MFC

SDI exe で変換後ドキュメントを開く

SDI exe で,変換後のデータをそのまま開きたかった.
OnOpenDocument で開くことは可能だが,幾つかうまくない所がある.
CDocument の OnOpenDocument 前後の動作をデバッガで追いかけると,ビューの初期化が足りない.
CView* を求めて OnInitialUpdate で対応.

void CX__Doc::OnConvert() 
{
	if (GetPathName().IsEmpty())	{	return	;	}
	tstring	new_name ;
	{
	//	...
		::G3_to_NEW(...,new_name.c_str()) ;
		}
	{
		OnNewDocument () ;
		OnOpenDocument(new_name.c_str()) ;
		SetPathName   (new_name.c_str()) ;
		{
			CFrameWnd*	frame = (CFrameWnd*)AfxGetMainWnd() ;
			if (frame != NULL) {
				CView*	view = frame->GetActiveView() ;
				if (view != NULL) {
					view->OnInitialUpdate() ;
					}
				}
			}
		}
	}

MFC 変換直後にドキュメントを開く

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


error C1189: #error: Please use /MD

プロジェクトの設定で「スタティック ライブラリで MFC を使用する」から「共有 DLL で MFC を使う」に変更すると,次のエラーになることがある.
—— ビルド開始: プロジェクト: MkCmf, 構成: Release Win32 ——
StdAfx.cpp
C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2019\Professional\VC\Tools\MSVC\14.22.27905\atlmfc\include\afxver_.h(77,1): error C1189: #error: Please use the /MD switch for _AFXDLL builds
プロジェクト “MkCmf142.vcxproj” のビルドが終了しました — 失敗。
========== ビルド: 0 正常終了、1 失敗、0 更新不要、0 スキップ ==========


対応方法はエラーメッセージにある様に
「マルチスレッド(/MT)」から「マルチスレッド DLL(/MD)」に変更する.
ランタイムライブラリの設定を「マルチスレッド DLL(/MD)」に変更する


同様に「共有 DLL で MFC を使う」から「スタティック ライブラリで MFC を使用する」に変更した場合.
—— ビルド開始: プロジェクト: AsHVR, 構成: Release Win32 ——
StdAfx.cpp
c:\program files (x86)\microsoft visual studio\2017\professional\vc\tools\msvc\14.16.27023\atlmfc\include\afx.h(24): fatal error C1189: #error: Building MFC application with /MD[d] (CRT dll version) requires MFC shared dll version. Please #define _AFXDLL or do not use /MD[d]
プロジェクト “AsHVR142.vcxproj” のビルドが終了しました — 失敗。
========== ビルド: 0 正常終了、1 失敗、0 更新不要、0 スキップ ==========
この場合は「マルチスレッド(/MT)」に変更する.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Win10 に入っている MFC*.dll

MFC の DLL に関して調べていて,
Win10 では幾つかの MFC DLL がインストールされているという記述を見つけたので調べてみました.


VirtualBox で仮想環境を作成して,Win10 Pro 1903 をインストール.
Win10 Pro 1903
インストールされているものは仮想マシン用のツール.
Win10 Pro プログラムと機能
このような環境で C ドライブを mfc*.dll で検索すると,見つかるのは前から存在するもの.
mfc40.dll mfc40u.dll mfc42.dll mfc42u.dll
Win10 Pro  mfc*.dll で検索した結果
Win10 のバージョンによるのかどうかわかりませんが,
OS のみのインストール状態では mfc140u.dll は入っていないようです.


私の方で MFC dll をダウンロードするページへのリンクをまとめています.
https://mish.myds.me/wordpress/i-tools/2017/05/17/mfc140u-dll-error/


2019/06/15
msvc???.dll などは入っていたのでその画面コピーです.
msvcr???.dll
msvcp???.dll
msvc????.dll
msvc????.dll バージョンでソート 1
msvc????.dll バージョンでソート 2

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


C1189 : WINDOWS.H already …

幾つかの,MFC を使用していないプロジェクトをビルドしていると,

--------------------構成: GAtoSTL - Win32 Release--------------------
コンパイル中...
GAtoSTL.cpp
C:\Program Files\Microsoft Visual Studio\VC98\MFC\INCLUDE\afxv_w32.h(14) : fatal error C1189: #error :  WINDOWS.H already included.  MFC apps must not #include <windows.h>
cl.exe の実行エラー

GAtoSTL.obj - エラー 1、警告 0	

最近(2019/03)変更したコードで,意図せず Afx.h などを利用するようになっしまった所があると思われる.
今回の場合,デバッグ版や Linux 環境,VC 14 などでは通っている.


次の様な内容を include している部分に挿入して確認すると,
 #pragma message (“message 1”)
Zip.hxx がうまくない.

#ifndef		I_SUPPORT_ZIP
	#ifdef	_DEBUG
		#include	"i_Zip.hxx"	//	STL と Windows.h
	#else
		#include	"a_Zip.hxx"	//	AfxDisp などを使用
	#endif
#endif

a_Zip.hxx は zip を扱う古い形式( MFC を使用している)のもの.
a_Zip.hxx は使用しないように変更.


2019/08/26 追加
このエラーが表示される原因は,
MFC 関連の afx*.h がインクルードされる前に Windows.h が読み込まれているため.
MFC を使用しているプロジェクトで StdAfx.h を使用してない場合は,
ソース内のヘッダのインクルードで最初に #include <afxwin.h> などとすれば良い.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


ファイルの検索

あるフォルダ内のファイルを列挙するコード 

MFC
v_tstring	EnumFiles_MFC	(c_tstring& path,const bool skipDot=true)
{
	v_tstring	foundFiles ;
	{
		iFileFind	ff ;
		BOOL		isWorking = ff.FindFile((::Path_AddLastSP(path)+_T("*.*")).c_str()) ;
		while	(isWorking)	{
			 	isWorking = ff.FindNextFile() ;
			if (skipDot && ff.IsDots()) {	continue ;	}
			tstring	fileName = ff.GetFileName() ;
			if (ff.IsDirectory()) {
				fileName = ::Path_AddLastSP(fileName) ;
				}
			foundFiles.push_back(::Path_AddLastSP(path)+fileName) ;
			}
		}
	return	foundFiles ;
	}

MSC
v_tstring	EnumFiles_MSC	(c_tstring& path,const bool skipDot=true)
{
	v_tstring	foundFiles ;
	{
		tstring	fffPath = ::Path_AddLastSP(path)+_T("*.*") ;
		WIN32_FIND_DATA	fd ;
		memset(&fd,0,sizeof(WIN32_FIND_DATA)) ;
		HANDLE	hFind = ::FindFirstFile(fffPath.c_str(),&fd) ;
		if (hFind != INVALID_HANDLE_VALUE) {
			while	(TRUE)	{
				tstring	fileName = fd.cFileName ;
				if (skipDot) {
					if (fileName == _T("."))   {	fileName = _T("") ;	}
					if (fileName == _T(".."))  {	fileName = _T("") ;	}
					}
				if (!fileName.empty()) {
					if (fd.dwFileAttributes & FILE_ATTRIBUTE_DIRECTORY) {
						fileName = ::Path_AddLastSP(fileName) ;
						}
					foundFiles.push_back(::Path_AddLastSP(path)+fileName) ;
					}
				if (!::FindNextFile(hFind,&fd)) {
					break ;
					}
				}
			::FindClose(hFind) ;
			}
		}
	return	foundFiles ;
	}

GNUC
v_tstring	EnumFiles_GNUC	(c_tstring& path_,const bool skipDot=true)
{
	tstring 	path = path_ ;
	v_tstring	foundFiles ;
	{
		DIR*	dp = ::opendir(path.c_str()) ;
		struct	dirent*	dent = NULL ;
		do	{
			dent = readdir(dp) ;
			if (dent != NULL)	{
				tstring	fileName = dent->d_name ;
				if (skipDot) {
					if (fileName == _T("."))   {	continue ;	}
					if (fileName == _T(".."))  {	continue ;	}
					}
				if (dent->d_type & DT_DIR) {
					fileName = ::Path_AddLastSP(fileName) ;
					}
				foundFiles.push_back(::Path_AddLastSP(path)+fileName) ;
				}
			}	while (dent != NULL) ;
		::closedir(dp) ;
		}
	return	foundFiles ;
	}

MFC 版で,iFileFind としているのは,VC 6 MFC MBCS 版でのバグのため.

class	iFileFind	:	public	CFileFind	{
	public:
		virtual	CString GetFilePath() const	{
			ASSERT(m_hContext != NULL);
			ASSERT_VALID(this);
			CString strResult = m_strRoot;
			#ifdef	____VC_6_______MBCS_BUG___
			{
				if (strResult[strResult.GetLength()-1] != '\\' &&
					strResult[strResult.GetLength()-1] != '/')	{
					strResult += m_chDirSeparator;
					}
				}
			#else
			{
				LPCTSTR pszResult;
				LPCTSTR pchLast;
				pszResult = strResult;
				pchLast = _tcsdec( pszResult, pszResult+strResult.GetLength() );
				VERIFY(pchLast!=NULL);
				if ((*pchLast != _T('\\')) && (*pchLast != _T('/')))	{
					strResult += m_chDirSeparator;
					}
				}
			#endif
			strResult += GetFileName();
			return strResult;
			}
		} ;

MFC 7 以降であれば,CFileFind として利用可能.


i_FileF.hxx
EnumFile.hxx

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


システムメニューに項目の追加

あまり使用しないので,メモ.
「ダイアログベース」の AP に「設定」メニューの追加.
コードのサンプルなどは以下の所や,CXxxDlg::OnInitDialog .
MSDN CWnd::GetSystemMenu


IDS_… と IDM_… のリソースを追加.

	pSysMenu->AppendMenu(MF_SEPARATOR);
	pSysMenu->AppendMenu(MF_STRING, IDM_SETTING, _T("設定(&S)...")) ;	

今回は,面倒だったのでメニュー名は文字列として直接指定.


IDM_… の値は 0x0020 など.
CXxxxDlg::OnSysCommand でイベントを受け取る.

	if ((nID & 0xFFF0) == IDM_ABOUTBOX)	{
		CAboutDlg dlgAbout;
		dlgAbout.DoModal();
		}
	else if ((nID & 0xfff0) == IDM_SETTING) {
		OnSetting() ;
		}
	else 	{
		CDialog::OnSysCommand(nID, lParam);
		}	
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


MAPI の MapiFileDesc の配列

MFC を使用している方法では,

    LateDelete	ld ;    //  MultiByte の必要があるようなので,UNICODE の時のバッファをここに登録
    //	添付ファイルの準備
    CArray<MapiFileDesc,MapiFileDesc>	fileDescA ;
    int	fileCount = 0 ;
    int	index = 0 ;
    for (index=0 ; index<PathNames.GetSize() ; index++) {
        CString	    pathName = PathNames[index] ;
        if (::FileIsNothing  (pathName))	{	continue ;	}
        if (::FileIsDirectory(pathName))	{	continue ;	}
        MapiFileDesc	fileDesc ;
        memset(&fileDesc,0,sizeof(MapiFileDesc)) ;
        fileDesc.nPosition		= (ULONG)-1 ;
    #ifdef	_UNICODE
        fileDesc.lpszPathName	= SendMail__ChangeMultiByte(PathNames[index],&ld) ;
        fileDesc.lpszFileName	= SendMail__ChangeMultiByte(FileNames[index],&ld) ;
    #else
        fileDesc.lpszPathName	= LPSTR(LPCTSTR(PathNames[index])) ;
        fileDesc.lpszFileName	= LPSTR(LPCTSTR(FileNames[index])) ;
    #endif
        fileDescA.Add(fileDesc) ;
        fileCount++ ;
        }

MFC を使用しないコードは,

    std::vector<MapiFileDesc>	fileDescA ;
    std::vector<std::string>	pathNameA ;
    std::vector<std::string>	fileNameA ;
    int	index = 0 ;
    {
        for (index=0 ; index<PathNames.GetSize() ; index++) {
            {
                tstring	pathName = PathNames[index] ;
                if (::File_IsNothing  (pathName))	{	continue ;	}
                if (::File_IsDirectory(pathName))	{	continue ;	}
                }
            std::string	pathName= ::To__string(PathNames[index]) ;
            std::string	fileName= ::To__string(FileNames[index]) ;
            pathNameA.push_back(pathName) ;
            fileNameA.push_back(fileName) ;
            }
        {
            for (size_t index=0 ; index<pathNameA.size()&&index<fileNameA.size() ; index++) {
                MapiFileDesc	fileDesc ;
                memset(&fileDesc,0,sizeof(MapiFileDesc)) ;
                fileDesc.nPosition	= (ULONG)-1 ;
                fileDesc.lpszPathName	= &(pathNameA[index])[0] ;
                fileDesc.lpszFileName	= &(fileNameA[index])[0] ;
                fileDescA.push_back(fileDesc) ;
                }
            }
        }

詳しくは見てないが,幾つかの方法が書かれていたので
Sending Email with MAPI


MapiRecipDesc.lpszAddress の “smtp:”
以前コードを直したのが 2002/4 であまり情報がなかった様に思う.
個人的に書いた内容が「Outlook で配信不能になる
参考になりそうな所
Email mit Dateien perWinAPI versenden??
MAPISendMail
MSDN MapiRecipDesc structure
Sending email using MAPI causes error on ‘ResolveName’ function in Window7


S_Mail.hxx

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


VC 6 LNK2001 __beginthreadex

空のコンソール AP プロジェクトで,Afx.h を追加でインクルードしてビルドすると,

--------------------構成: MkBG_up - Win32 Debug--------------------
リンク中...
nafxcwd.lib(thrdcore.obj) : error LNK2001: 外部シンボル "__endthreadex" は未解決です
nafxcwd.lib(thrdcore.obj) : error LNK2001: 外部シンボル "__beginthreadex" は未解決です
c:\Temp\Test_3D\MkBG_up\Debug.060/MkBG_up.exe : fatal error LNK1120: 外部参照 2 が未解決です。
link.exe の実行エラー
MkBG_up.exe - エラー 3、警告 0

プロジェクトの設定で「共有 DLL で MFC を使用」などに変更.


2018/06/29 追記
エラーが出た直後の場合は,リビルドが必要.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


CObArray <--> CObList

CObList の形式のデータを配列として処理したかったので,その相互変換(Sort_ind.hxx 内).


#ifdef		_MFC_VER
//*******************************************************************************
//	ObList	->	ObArray
//	Create	:	2017/10/30
//*******************************************************************************
inline	bool	To_ObArray	(const CObList& src,CObArray* dstAry)
{
	if (dstAry == NULL)		{	return	false ;		}
	dstAry->RemoveAll() ;
	{
		POSITION pos = src.GetHeadPosition();
		while (pos != NULL)	{
			CObject*	pObj = src.GetNext(pos);
			dstAry->Add(pObj) ;
			}
		}
	return	true ;
	}

//*******************************************************************************
//	ObArray	->	ObList
//	Create	:	2017/10/30
//*******************************************************************************
inline	bool	To_ObList	(const CObArray& src,CObList* dstLst)
{
	if (dstLst == NULL)		{	return	false ;		}
	dstLst->RemoveAll() ;
	{
		for (INT_PTR index=0 ; index<src.GetSize() ; index++) {
			CObject*	pObj = src[index] ;
			dstLst->AddTail(pObj) ;
			}
		}
	return	true ;
	}

#endif	//	_MFC_VER
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


CHttpFile を使用したアップロード

CHttpFile を使用したアップロードのコードを整理.
サーバ側は先日の php と同様.


//*******************************************************************************
//	send request define
//	Create	:	2017/08/28
//*******************************************************************************
#define	C_CRLF			_T("\r\n") ;
#define	CT_ct_mp_fd_b_		_T("Content-Type: multipart/form-data; boundary=")
#define	CT_boundary__		_T("--")
#define	CD_cd_f_d_n_		_T("Content-Disposition: form-data; name=")
#define	CD_cd__fn_		_T("; filename=") ;
#define	CT_ct_a_o_s		_T("Content-Type: application/octet-stream")

//*******************************************************************************
//	make send data
//	Create	:	2017/08/28
//*******************************************************************************
inline	v_char	Make_send_data	(LPCTSTR upFile,LPCTSTR ___boundary)
{
	v_char	up_Data = v_c_LoadText(upFile) ;
	v_char	sndData ;
	{
		tstring	ct_boundary	= ___boundary ;
		tstring	file_img	= ::QuotM_Add(_T("file_img")) ;
		tstring	fileName	= ::QuotM_Add(::Path_GetName(upFile)) ;
		tstring	dataPre ;
		tstring	dataPst ;
		dataPre+=	CT_boundary__	+	ct_boundary				+	C_CRLF ;
		dataPre+=	CD_cd_f_d_n_	+	file_img	+	CD_cd__fn_	;
		dataPre+=							fileName	+	C_CRLF ;
		dataPre+=	T_ct_a_o_s								C_CRLF ;
		dataPre+=										C_CRLF ;
		dataPst+=										C_CRLF ;
		dataPst+=	CT_boundary__	+	 ct_boundary	+	CT_boundary__		C_CRLF ;
		v_char	vc_pref = ::To_v_char(::To__string(dataPre.c_str())) ;
		v_char	vc_post = ::To_v_char(::To__string(dataPst.c_str())) ;
		sndData.insert(sndData.end(),vc_pref.begin(),vc_pref.end()) ;
		sndData.insert(sndData.end(),up_Data.begin(),up_Data.end()) ;
		sndData.insert(sndData.end(),vc_post.begin(),vc_post.end()) ;
		}
	#ifdef	_DEBUG
	{
		::i_Dump(sndData,(::Path_GetName(upFile)+_T(".txt")).c_str()) ;
		}
	#endif
	return	sndData ;
	}

//*******************************************************************************
//	upload
//	Create	:	2017/08/28
//*******************************************************************************
inline	bool	UploadFile	(LPCTSTR svrName,LPCTSTR php,LPCTSTR upFile)
{
	{
		if (::File_IsNothing(upFile))			{	return	false ;		}
	//	if (::File_GetSize  (upFile) > 2048*1024)	{	return	false ;		}
		}
	tstring	head ;
	v_char	sndData ;
	{
		tstring	___boundary = _T("-----UpFile__2017_08_30") ;
			___boundary = _T("-----") + ::Path_GetName(_T(__FILE__)) + _T("__") + ::Now_Format(_T("%H%M%S")) ;
		head	= CT_ct_mp_fd_b_	+ ___boundary ;
		sndData = Make_send_data(upFile,  ___boundary.c_str()) ;
		}
	tstring	serverN = svrName ;
	tstring	portStr ;
	{
		v_tstring	strAry = ::String_Split(svrName,false,_T(":")) ;
		if (strAry.size() >= 2) {
			serverN = strAry[0] ;
			portStr = strAry[1] ;
			}
		}
	INTERNET_PORT	nPort = 0 ;
			nPort = ::ttou2(portStr) ;
	tstring		userAgent = _T("drop_up") ;
			userAgent = ::Path_GetName(_T(__FILE__)).c_str() ;
	#ifdef	_WIN32
	{
		userAgent = ::Path_GetName(::i_GetModuleFileName()) ;
		{
			tstring	osVer	= _T("Windows NT ") + ::To_tstring_rz(::GetWinVer_exe()) ;
				osVer	+=  tstring(_T(" "))+ Bracket_Add(::GetWinVerStr_exe(),_T('(')).c_str() ;
			userAgent += _T(" ") + osVer ;
			userAgent += EXE_AddVerBuildStr() ;
			}
		}
	#endif
	CInternetSession	session(userAgent.c_str()) ;
	CHttpConnection*	pServer = NULL ;
	CHttpFile*		pFile = NULL ;
	DWORD			dwStatus = 0 ;
	try	{
				pServer = session.GetHttpConnection(serverN.c_str(),nPort) ;
				if (pServer == NULL)				{	return	false ;		}
			{
				CString	headStr = head.c_str() ;
				pFile = pServer->OpenRequest(CHttpConnection::HTTP_VERB_POST,	php) ;
				if (pFile == NULL)				{	return	false ;		}
				pFile->SendRequest(headStr,(LPVOID)(&sndData[0]),DWORD(sndData.size())) ;
				pFile->QueryInfoStatusCode(dwStatus) ;
				}
			{
				delete	(pFile) ;
				delete	(pServer) ;
				}
		}
	catch	(CInternetException* e) {
		CString	errMsg ;
		e->GetErrorMessage(errMsg.GetBuffer(1024),1024) ;
		errMsg.ReleaseBuffer() ;
		std::tout << LPCTSTR(errMsg) << std::endl ;
		return	false ;
		}
	session.Close() ;
	return	true ;
	}

//*******************************************************************************
//	upload files
//	Create	:	2017/08/29
//*******************************************************************************
inline	bool	UploadFiles	(c_v_tstring& upFiles)
{
	v_tstring	svr_php = ::UF_get_server_php() ;
	tstring		serverN = svr_php[0] ;
	tstring		phpName = svr_php[1] ;
	for (size_t index=0 ; index<upFiles.size() ; index++) {
		tstring	upFile = upFiles[index] ;
		if (::File_IsNothing(upFile))		{	continue ;		}
		if (!::UploadFile(serverN.c_str(),phpName.c_str(),upFile.c_str()))	{
			return	false ;
			}
		}
	return	true ;
	}

UploadFile

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ



    top

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。