Iwao Dev

気付いたことをメモしています.

この画面は、簡易表示です

MFC

利用可能なドライブ名の列挙 GetLogicalDrives

GetLogicalDrives

//*******************************************************************************
// 関数名 :利用可能なドライブ名の列挙
// 作成日 :’10/02/02
//*******************************************************************************
CString GetLogicalDriveName (void)
{
    DWORD drives = ::GetLogicalDrives() ;
    long defaultDrive = -1 ;
    CString driveName ;
    for (int index=0 ; index<30 ; index++) {
        if (drives & (1<<index)) {
            driveName += 'A'+index ;
            }
        }
    return driveName ;
    }
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ

  • Categories:

Disable にされたラジオボタンでアサート

Disable にされたラジオボタンで,そのボタンが選択状態(値がそのボタン)の時,DDX を使用していると Debug 版でアサートされる.
Release 版では,うまく動作する様に見える場合もあるが,他の値に変更されない場合もある.
UpdateData(FALSE) のみを使用している場合は OK.
 
//*******************************************************************************
// 関数名 :指定されたコントロールの無効化
// 作成日 :’09/11/11
// 変更日 :’10/01/26 ラジオボタンで選択されている時,アサートされたバグの対応
//*******************************************************************************
inline
BOOL MDlgMod::DisableControlID (CWnd* wnd,const CUIntArray& disCmmdIDs,const BOOL isDisable)
{
    BOOL isEnable = (isDisable) ? FALSE : TRUE ;
    if (wnd == NULL)   { return FALSE ;  }
    for (INT_PTR index=0 ; index<disCmmdIDs.GetSize() ; index++) {
        UINT id = disCmmdIDs[index] ;
        if (id == 0)  { continue ; }
        CWnd* ctrl = wnd->GetDlgItem(id) ;
        if (ctrl == NULL) { continue ; }
        if (!isEnable) {
            if (_AfxIsRadioButton(ctrl->GetSafeHwnd())) {     // CtlPPG.cpp
                if (Button_GetCheck(ctrl->GetSafeHwnd())) {  // WindowsX.h
                    continue ;
                    }
                }
            }
        ctrl->EnableWindow(isEnable) ;
        }
    return TRUE ;
    }
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ

  • Categories:

コントロールがラジオボタンかどうかの判断

// CtlPPG.cpp より
BOOL AFXAPI _AfxIsRadioButton(HWND hWnd)
{
    DWORD dwButtonStyle = GetWindowLong(hWnd, GWL_STYLE) & 0x0000000FL;
    return ((dwButtonStyle == BS_RADIOBUTTON) ||
               (dwButtonStyle == BS_AUTORADIOBUTTON));
 }
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ

  • Categories:

ダイアログにドロップ機能の追加

「ダイアログ プロパティ」-「拡張スタイル」タブ内の「ドラッグアンドドロップを許可」にチェック.
「MFC ClassWizard」の「クラス情報」-「詳細設定オプション」の「メッセージフィルタ」を「ウィンドウ」に.
「メッセージマップ」の「メッセージ」内の WM_DROPFILES を追加.


void C???Dlg::OnDropFiles(HDROP hDropInfo) 
{
    CStringArray dropFiles ;
    ::DropFilesToStringArray(hDropInfo,dropFiles) ;
    ...
    CDialog::OnDropFiles(hDropInfo);
}
//   WinMFC.hxx
//*******************************************************************************
// 関数名 :ドロップされたファイル名の取得
// 作成日 :’07/10/19
//*******************************************************************************
BOOL DropFilesToStringArray (HDROP hDropInfo,CStringArray& strAry)
{
    UINT nFiles = ::DragQueryFile(hDropInfo,(UINT)-1,NULL,0) ;
    CStringArray dropFiles ;
    for (UINT index=0 ; index<nFiles ; index++) {
         UINT len = ::DragQueryFile(hDropInfo,index, NULL,0) ;
              len += 1 ; // 終端の NULL 文字の分を確保
         CString dropFile ;
         ::DragQueryFile(hDropInfo,index,dropFile.GetBuffer(len),len) ;
         dropFile.ReleaseBuffer() ;
         dropFiles.Add(dropFile) ;
         }
    strAry.Copy(dropFiles) ;
    return TRUE ;
    }

2014/06/02 v_tstring DropFilesTo (HDROP hDropInfo) { v_tstring dropFiles ; UINT nFiles = ::DragQueryFile(hDropInfo,(UINT)-1,NULL,0) ; for (UINT index=0 ; index<nFiles ; index++) { UINT len = ::DragQueryFile(hDropInfo,index, NULL,0) ; len += 1 ; // reserve last '\0' tstring dropFile ; dropFile.resize(len,0) ; ::DragQueryFile(hDropInfo,index,&dropFile[0],len) ; dropFiles.push_back(dropFile.c_str()) ; } return dropFiles ; }
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


複数のツールバーを横に並べて作成

//*******************************************************************************
// 関数名 :ツールバーの作成の後処理
// 作成日 :’05/06/16
// 変更日 :’07/04/06
//*******************************************************************************
// MFC\General\DockTool\MainFrm.cpp DockControlBarLeftOf より
BOOL	ToolBar::CreateDocking	(
	CFrameWnd*	frameW,
	CToolBar*	toolBar,
	UINT		idr,
	CString		title,
	UINT		barID,
	CToolBar*	last,
	const	BOOL	canFloat		//	フローティング可能かどうか
	)
{
	toolBar->SetWindowText(title) ;                                            	//  ウィンドウタイトルの設定
//	toolBar->SetBarStyle(toolBar->GetBarStyle()|CBRS_TOOLTIPS|CBRS_FLYBY) ;  	//  ツール チップなどの付加
	toolBar->EnableDocking(CBRS_ALIGN_ANY) ;                                       	//  ドッキング可能に
	Resize(toolBar,idr) ;	//	ツールバーのリサイズ
	{	//	ツールバーの位置を決定する
		static	CToolBar*		LastToolBar = NULL ;			//  前のツールバーの位置
		if (last != NULL)	{	LastToolBar = last ;	}		//  前のツールバーが指定された
		if (LastToolBar == NULL || barID != 0) {
			CControlBar*	pDockBar = frameW->GetControlBar(barID) ;
			if (pDockBar != NULL && canFloat) {
				frameW->DockControlBar(toolBar,barID) ;
				}
			}
		else {
			frameW-6gt;RecalcLayout() ;
			CRect		rect ;
			LastToolBar->GetWindowRect(&rect);
			rect.OffsetRect(1,1);
			DWORD		dw = LastToolBar->GetBarStyle();
			UINT		tBarID = 0 ;
			tBarID = (dw&CBRS_ALIGN_TOP)	            	?  AFX_IDW_DOCKBAR_TOP    : tBarID ;
			tBarID = (dw&CBRS_ALIGN_BOTTOM	&& tBarID==0)	?  AFX_IDW_DOCKBAR_BOTTOM : tBarID ;
			tBarID = (dw&CBRS_ALIGN_LEFT	&& tBarID==0)	?  AFX_IDW_DOCKBAR_LEFT   : tBarID ;
			tBarID = (dw&CBRS_ALIGN_RIGHT	&& tBarID==0)	?  AFX_IDW_DOCKBAR_RIGHT  : tBarID ;
			CControlBar*	pDockBar = frameW->GetControlBar(tBarID) ;
			if (pDockBar != NULL && canFloat) {
				frameW->DockControlBar(toolBar,tBarID,&rect) ;
				}
			}
		LastToolBar = toolBar ;				//  次のツールバーの位置を求めるために保存しておく
		}
	return	TRUE ;
	}

http://cid-535f5973454c1292.skydrive.live.com/embedicon.aspx/.Public/MFC/ToolBar.hxx

ToolBar.hxx

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


CMenu::SetDefaultItem()

CMenu::SetDefaultItem() では,サブメニューに設定できない

CMenu menu ;
CMenu* pPopup = menu.GetSubMenu(0);
pPopup->SetDefaultItem(defaultID) ;


pPopup->TrackPopupMenu(flags,point.x,point.y,AfxGetMainWnd()) ;
上のコードでは,トップレベルのコマンドには可能だが,そのサブメニューには対応できない.

以下の様に順に辿っていく必要がある

//*******************************************************************************
// 関数名 :既定のメニューの設定
// 作成日 :’09/11/12
//*******************************************************************************
inline
BOOL MenuMod::SetDefaultItem (CMenu* menu,const UINT defaultID)
{
 if (menu == NULL)   { return FALSE ;  }
 int  menuCount = menu->GetMenuItemCount() ;
 for (int index=menuCount-1 ; 0<=index ; index–) {
  UINT menuItemID = menu->GetMenuItemID(index) ;
  if (ID_SEPARATOR    ==menuItemID)  { continue ; } // SEPARATOR
  if (menuItemID == defaultID) {
   return menu->SetDefaultItem(index,TRUE) ;
   }
  CMenu* subMenu = menu->GetSubMenu(index) ;
  if (subMenu != NULL) {
   MenuMod::SetDefaultItem(subMenu,defaultID) ;
   }
  }
 return FALSE ;
 }

http://cid-535f5973454c1292.skydrive.live.com/embedicon.aspx/.Public/MFC/MenuMod.hxx

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ

  • Categories:

ShellExtension

CXxx::XPersistFile::Load は呼ばれるのに CXxx::XExtractIcon::GetIconLocation が呼ばれない
 
[HKEY_CLASSES_ROOTCLSID{xxxxxxxx-…xxxxxxxxxxxx}InProcServer32]
@="ExtentionDLL.dll"
"ThreadingModel"="Apartment"
 
TheredingModel を指定すれば呼ばれるようになった
 
2008/04/03 16:25
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ

  • Categories:

Tool Bar のドロップダウンボタン

VC7 exe で,ビジュアルスタイルが有効な時,ツールバーの幅が正しくない

VC7.1 NG   VC8 以降では OK

VC6 exe で,リサイズした時ダウン

2009/06/18 10:48

 

http://cid-535f5973454c1292.skydrive.live.com/self.aspx/.Public/MFC/%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3.txt

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ

  • Categories:

MFC DLL → Static

Open Dialog , Print Preview でのエラー

ダイアログの DDV でメッセージなし(アイコンのみ)

VC7 共有DLL Static DLL に変更した場合

Vista Common Ctrl 6 が有効にならない

Project . Manifest の不備

Neme = …. Project

確認済

Print Preview

DDV

「リソース」-「全般」のプリプロセッサを削除

  _AFXDLL を削除

確認済

LNK2019: 未解決の

_mainCRTStartup で..

「リンカ」-「システム」-「サブシステム」が

  設定なしになっている
  ⇒
Windows (/SUBSYSTEM:WINDOWS)

 

 ?

fatal error C1189: #error : Please use the /MD switch for _AFXDLL builds

ソースのプロパティに _AFXDLL が含まれているのでそれを削除

 

 

補足(static 共有に戻した時)

$(NoInherit) を削除する必要もあった

 

VS2010β2 で「C++Runtime Library」を /MD /MT

確認済

2009/06/17 22:46

2009/09/16 10:45 追加

2009/10/21 10:04 追加

2009/11/27 17:20 追加

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ

  • Categories:

UNICODE と VC6 → VC8

  

VC6

UNICODE

wWinMainCRTStartup

 

VC6 VC8

http://cid-535f5973454c1292.skydrive.live.com/self.aspx/.Public/MFC/VC6%e2%86%92VC8.txt

「プリコンパイル済みヘッダファイル」

$(IntDir)/$(TargetName).pch

「C/C++」-「出力ファイル」
 「ASMリスト...」

 「オブジェクト...」
 「プログラムデータベース...」

$(IntDir)/

「リンカ」-「全般」の「出力ファイル」

$(OutDir)/$(ProjectName).exe

リンカ」-「デバッグ」
 「プログラムデータベースファイルの生成」

$(OutDir)/$(ProjectName).pdb

「リソース」-「全般」の「リソースファイル名」

$(IntDir)/$(InputName).res

「MIDL」-「出力」の「タイプライブラリ」

$(IntDir)/$(ProjectName).tlb

「ブラウザ情報」-「全般」の「出力ファイル」

$(OutDir)/$(ProjectName).bsc

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ

  • Categories:


    top

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。