Iwao Dev

気付いたことをメモしています.

この画面は、簡易表示です

Raspberry Pi

漢字を含むソースのテスト

’90 年代前半の頃は JIS と シフトJIS のソースを扱っていた.
そのプロジェクトの最初の頃は,ターゲット環境のみでソースを管理していた.
0x1c 0x2d 漢字 0x1c 0x2e の形式.wiki 漢字シフトコード
途中からソース管理は PC-9801DA などに移行してシフトJIS になった.
ターゲット環境に移す時,ソースのコピーとシフトJIS から JIS への変換を行っていた.


Linux 環境を意識し始めてから新規に書いた共通のコードは 7 ビットの範囲にしている.
Windows AP であれば rc ファイルの STRINGTABLE が使用できるが,これにあたるものをどうするか?
まず一番簡単な方法の漢字を含むソースでの動作をテストしてみた.
この中の ccc(const char* s) の部分はまだ暫定的なコードで,登録されたテーブルから対応する JPN を求めるもの.

#include	<clocale>
#include	<iostream>
#include	"i_define.hxx"
#include	"_tdefine.hxx"
#include	"ccc_mlg.hxx"

bool	test	(void)
{
	ccc_mlg*	cm = ::get_ccc_mlg() ;
	{
		ccc_mlg_1	cm_1 ;	cm_1.Name = _T("Name_1") ;	cm_1.JPN = _T("名称 1") ;
		ccc_mlg_1	cm_2 ;	cm_2.Name = _T("Name_2") ;	cm_2.JPN = _T("名称 2") ;
		ccc_mlg_1	cm_3 ;	cm_3.Name = _T("Name_3") ;	cm_3.JPN = _T("名称 3") ;
		ccc_mlg_1	cm_4 ;	cm_4.Name = _T("Name_4") ;	cm_4.JPN = _T("名称 4") ;
		ccc_mlg_1	cm_5 ;	cm_5.Name = _T("Name_5") ;	cm_5.JPN = _T("名称 5") ;
		cm->push_back(cm_1) ;
		cm->push_back(cm_2) ;
		cm->push_back(cm_3) ;
		cm->push_back(cm_4) ;
		cm->push_back(cm_5) ;
		}
	std::tout << ccc("Name_3") << std::endl ;
	return	true ;
	}

int _tmain(int argc, TCHAR* argv[])
{
	_tsetlocale(LC_ALL,_T("")) ;
	test() ;
	return 0 ;
	}

gcc 漢字 shiftjis」で検索すると -finput-charset で文字コードを指定できるとある.

pi@raspberrypi:~/projects/cc_ml_1 $ g++ cc_ml_1.cpp 
pi@raspberrypi:~/projects/cc_ml_1 $ ./a.out 
���� 3
pi@raspberrypi:~/projects/cc_ml_1 $ g++ -finput-charset=SJIS-WIN cc_ml_1.cpp 
pi@raspberrypi:~/projects/cc_ml_1 $ ./a.out 
名称 3
pi@raspberrypi:~/projects/cc_ml_1 $ 

g++ -finput-charset=SJIS-WIN
-finput-charset=SJIS ではよくわからないエラーになる.
g++ -finput-charset=SJIS
cp932 でも良さそう.


Synology NAS DS116 は g++ の-finput-charset の指定では変換できないみたい.

Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_1$ g++ cc_ml_1.cpp -Wall
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_1$ ll
total 72
drwxrwxrwx+  3 Iwao users  4096 Jan 16 22:01 .
drwxrwxrwx+ 10 Iwao users  4096 Jan 16 21:36 ..
-rwxrwxrwx   1 Iwao users 50452 Jan 16 22:01 a.out
drwxrwxrwx+  2 Iwao users  4096 Jan 16 21:53 bak
-rwxrwxrwx+  1 Iwao users  2001 Jan 16 22:00 cc_ml_1.cpp
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_1$ ./a.out
 3
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_1$ uconv -f sjis cc_ml_1.cpp > dd.cpp
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_1$ g++ dd.cpp
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_1$ ./a.out
名称 3
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_1$ g++ -finput-charset=SJIS cc_ml_1.cpp
cc1plus: error: conversion from SJIS to UTF-8 not supported by iconv
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_1$ g++ -finput-charset=sjis cc_ml_1.cpp
cc1plus: error: conversion from sjis to UTF-8 not supported by iconv
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_1$ iconv
-sh: iconv: command not found
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/cc_ml_1$
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Linux での cp コマンド

ssh 接続 した linux 環境で,ファイルをコピーしようとして cp コマンドを使用.
その時,更新日時が変更されることに気付いた.

[Iwao@fedora ~]$ cp --help
使用法: cp [OPTION]... [-T] SOURCE DEST
または: cp [OPTION]... SOURCE... DIRECTORY
または: cp [OPTION]... -t DIRECTORY SOURCE...
Copy SOURCE to DEST, or multiple SOURCE(s) to DIRECTORY.

Mandatory arguments to long options are mandatory for short options too.
  -a, --archive                -dR --preserve=all と同様
      --attributes-only        ファイルのデータをコピーせず、ファイルの属性のみコピーする
      --backup[=CONTROL]       コピー先ファイルが存在する時にバックアップを作成する
  -b                           --backup と同様だが引数を受け付けない
      --copy-contents          再帰時に特殊ファイルの内容をコピーする
  -d                           --no-dereference --preserve=links と同様
  -f, --force                  if an existing destination file cannot be
                                 opened, remove it and try again (this option
                                 is ignored when the -n option is also used)
  -i, --interactive            prompt before overwrite (overrides a previous -n option)
  -H                           follow command-line symbolic links in SOURCE
  -l, --link                   コピーの代わりにファイルのハードリンクを作成する
  -L, --dereference            SOURCE にあるシンボリックリンクを常にたどる
  -n, --no-clobber             存在するファイルを上書きしない (前に指定した
                                 -i オプションを上書きする)
  -P, --no-dereference         SOURCE にあるシンボリックリンクを決してたどらない
  -p                           --preserve=mode,ownership,timestamps と同様
      --preserve[=ATTR_LIST]   指定した属性を保護する (デフォルト: mode,ownership,timestamps)。
                                 追加可能な属性: context, links, xattr, all
  -c                           deprecated, same as --preserve=context
      --no-preserve=ATTR_LIST  指定した属性を保護しない
      --parents                DIRECTORY 配下で SOURCE ファイルのフルパス名を使用する
  -R, -r, --recursive          再帰的にディレクトリをコピーする
      --reflink[=WHEN]         clone/CoW コピーを制御する。下記を参照
      --remove-destination     コピー先にファイルが存在する場合、開く前に削除する (--force と対照的)
      --sparse=WHEN            スパースファイル作成を制御する。下記を参照
      --strip-trailing-slashes  各 SOURCE 引数から末尾のスラッシュを全て削除する
  -s, --symbolic-link          コピーの代わりにシンボリックリンクを作成する
  -S, --suffix=SUFFIX          通常のバックアップ接尾辞を上書きする
  -t, --target-directory=DIRECTORY  全ての SOURCE 引数を DIRECTORY にコピーする
  -T, --no-target-directory    DEST を通常ファイルとして扱う
  -u, --update                 SOURCE ファイルがコピー先ファイルより新しいか存在しない時だけコピーする
  -v, --verbose                実行していることを説明する
  -x, --one-file-system        このファイルシステムだけで実行する
  -Z                           set SELinux security context of destination file to default type
      --context[=CTX]          like -Z, or if CTX is specified then set the SELinux or SMACK security context to CTX
      --help     この使い方を表示して終了する
      --version  バージョン情報を表示して終了する

Fedora での cp コマンドの --help
-p オプションで意図した動作となる.
また GUI 版の「ファイルマネージャ」などでは更新日時などは引き継がれる.
mv コマンドは更新日時は引き継がれる.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Linux 文字コード変換のコード

iconv を使用した方法

std::string	SJIS_to_UTF8	(const std::string& sj_str)
{
	tstring	u8_str ;
	iconv_t	icd = ::iconv_open("UTF8","Shift_JIS") ;
	if (icd == (iconv_t)-1) {
		u8_str = ::iconv_SJIS_UTF8(sj_str) ;
		}
	else {
		{
			size_t	sj_size = sj_str.length() ;
			size_t	u8_size = sj_str.length()*3 + 1024 ;
			u8_str.resize(u8_size) ;
			char*	sj_ptr = (char*)(&sj_str[0]) ;
			char*	u8_ptr = (char*)(&u8_str[0]) ;
			::iconv(icd,&sj_ptr,&sj_size,&u8_ptr,&u8_size) ;
			}
		::iconv_close(icd) ;
		}
	return	u8_str.c_str() ;
	}

iconv,uconv の部分

#define	cmd_iconv		_T("iconv")		//	linux
#define	cmd_uconv		_T("uconv")		//	DS116

bool	exec_x_conv	(const tstring& s_j_name,const tstring& u_8_name)
{
	tstring	sj_name = ::QuotM_Add_Auto(s_j_name) ;
	tstring	u8_name = ::QuotM_Add_Auto(u_8_name) ;
	tstring	param = _T(" -f sjis -t utf8 ") + sj_name + _T(" -o ") + u8_name ;
	if (::which( cmd_iconv)) {
		tstring	 exe_iconv = cmd_iconv	_T(" ") + param ;
		_tsystem(exe_iconv.c_str()) ;
		return	true ;
		}
	if (::which( cmd_uconv)) {
		tstring	 exe_uconv = cmd_uconv	_T(" ") + param ;
		_tsystem(exe_uconv.c_str()) ;
		return	true ;
		}
	return	false ;
	}

std::string	iconv_SJIS_UTF8(const std::string& sj_str)
{
	tstring	tmp_path = ::Get_i_Tools_tmp_date() ;
	tstring	now_str  = ::Now_Format(_T("%M%S")) ;
	tstring	s_j_name = ::Path_AddLastSP(tmp_path) + _T("sj_") + now_str + _T(".txt") ;
	tstring	u_8_name = ::Path_AddLastSP(tmp_path) + _T("u8_") + now_str + _T(".txt") ;
		s_j_name = ::CreateUniqueEmpty(s_j_name.c_str()) ;
		u_8_name = ::CreateUniqueEmpty(u_8_name.c_str()) ;
	std::string	u8_str ;
	{
		v_char	v_c_u8 ;
		v_char	v_c_sj = ::To_v_char(sj_str.c_str()) ;
				 ::v_c_SaveText(s_j_name.c_str(),v_c_sj) ;
		{
				 ::exec_x_conv(s_j_name,u_8_name) ;
			}
		v_c_u8 = ::v_c_LoadText(u_8_name.c_str()) ;
		u8_str = ::To_tstring( v_c_u8   ).c_str() ;
		}
	return	u8_str.c_str() ;
	}

Fedora  iconv コマンドでの変換


うまく置き換わっていない文字があった.
‘~'(0x7e) が ‘‾'(0x203e) になってしまっていた.
他にも ‘\'(0x5c) が ‘¥'(0xa5) .
http://ossforum.jp/jossfiles/Linux_SJIS_Support.pdf
幾つか違う文字があるようで,iconv の -f sjis を SJIS-WIN でうまくいった.

	tstring	i_param = _T(" -f SJIS-WIN -t utf8 ") + sj_name + _T(" -o ") + u8_name ;
	tstring	u_param = _T(" -f sjis     -t utf8 ") + sj_name + _T(" -o ") + u8_name ;
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Linux で文字コードの変換

Windows での文字コードの変換部分は MultiByteToWideChar,WideCharToMultiByte でうまく機能している.

 exe \ 入力 シフトJIS UTF-16 UTF-8
_UNICODE → WideChar そのまま → WideChar(CP_UTF8)
_MBCS そのまま → MultiByte → WideChar(CP_UTF8) → MultiByte

MultiByteToWideCharWideCharToMultiByte の使い方は C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 12.0\VC\crt\src\ などの mbstowcs.c,wcstombs.c を参照.


MSDN で見つけた記事
C++ – STL の文字列クラスと Win32 API による Unicode エンコーディングの変換


Linux 環境での動作は 2014/03 に一度調べていたみたいで ” gcc iconv ” とコメントになっている.
それで https://ja.wikipedia.org/wiki/Iconv にあるコードを Raspberry Pi 環境で実行するとうまく変換できる.
コンパイルエラーになったので string.h のインクルードが必要かも?
同じコードを Synology NAS の DS116 でコンパイルして実行するとうまく動作しない
(そのままのコードでは止まってしまう).
iconv_open で (iconv_t)-1 が返されていて errno は EINVAL になってしまう.


iconv コマンドを試すと Raspberry Pi では OK .
Synology NAS は iconv が存在しない.
検索すると uconv が使えると書かれている.
https://forum.synology.com/enu/viewtopic.php?t=82591


Iwao@DS116:~$ uconv -L
ASCII-Latin Accents-Any Amharic-Latin/BGN Any-Accents Any-Publishing Arabic-Latin Arabic-Latin/BGN Armenian-Latin Armenian-Latin/BGN Azerbaijani-Latin/BGN Belarusian-Latin/BGN Bengali-Devanagari Bengali-Gujarati Bengali-Gurmukhi Bengali-Kannada Bengali-Latin Bengali-Malayalam Bengali-Oriya Bengali-Tamil Bengali-Telugu Bopomofo-Latin Bulgarian-Latin/BGN Cyrillic-Latin Devanagari-Bengali Devanagari-Gujarati Devanagari-Gurmukhi Devanagari-Kannada Devanagari-Latin Devanagari-Malayalam Devanagari-Oriya Devanagari-Tamil Devanagari-Telugu Digit-Tone Fullwidth-Halfwidth Georgian-Latin Georgian-Latin/BGN Greek-Latin Greek-Latin/BGN Greek-Latin/UNGEGN Gujarati-Bengali Gujarati-Devanagari Gujarati-Gurmukhi Gujarati-Kannada Gujarati-Latin Gujarati-Malayalam Gujarati-Oriya Gujarati-Tamil Gujarati-Telugu Gurmukhi-Bengali Gurmukhi-Devanagari Gurmukhi-Gujarati Gurmukhi-Kannada Gurmukhi-Latin Gurmukhi-Malayalam Gurmukhi-Oriya Gurmukhi-Tamil Gurmukhi-Telugu Halfwidth-Fullwidth Han-Latin Han-Latin/Names Hangul-Latin Hans-Hant Hant-Hans Hebrew-Latin Hebrew-Latin/BGN Hiragana-Katakana Hiragana-Latin IPA-XSampa Jamo-Latin Kannada-Bengali Kannada-Devanagari Kannada-Gujarati Kannada-Gurmukhi Kannada-Latin Kannada-Malayalam Kannada-Oriya Kannada-Tamil Kannada-Telugu Katakana-Hiragana Katakana-Latin Katakana-Latin/BGN Kazakh-Latin/BGN Kirghiz-Latin/BGN Korean-Latin/BGN Latin-ASCII Latin-Arabic Latin-Armenian Latin-Bengali Latin-Bopomofo Latin-Cyrillic Latin-Devanagari Latin-Georgian Latin-Greek Latin-Greek/UNGEGN Latin-Gujarati Latin-Gurmukhi Latin-Hangul Latin-Hebrew Latin-Hiragana Latin-Jamo Latin-Kannada Latin-Katakana Latin-Malayalam Latin-NumericPinyin Latin-Oriya Latin-Syriac Latin-Tamil Latin-Telugu Latin-Thaana Latin-Thai Macedonian-Latin/BGN Malayalam-Bengali Malayalam-Devanagari Malayalam-Gujarati Malayalam-Gurmukhi Malayalam-Kannada Malayalam-Latin Malayalam-Oriya Malayalam-Tamil Malayalam-Telugu Maldivian-Latin/BGN Mongolian-Latin/BGN NumericPinyin-Latin NumericPinyin-Pinyin Oriya-Bengali Oriya-Devanagari Oriya-Gujarati Oriya-Gurmukhi Oriya-Kannada Oriya-Latin Oriya-Malayalam Oriya-Tamil Oriya-Telugu Pashto-Latin/BGN Persian-Latin/BGN Pinyin-NumericPinyin Publishing-Any Russian-Latin/BGN Serbian-Latin/BGN Simplified-Traditional Syriac-Latin Tamil-Bengali Tamil-Devanagari Tamil-Gujarati Tamil-Gurmukhi Tamil-Kannada Tamil-Latin Tamil-Malayalam Tamil-Oriya Tamil-Telugu Telugu-Bengali Telugu-Devanagari Telugu-Gujarati Telugu-Gurmukhi Telugu-Kannada Telugu-Latin Telugu-Malayalam Telugu-Oriya Telugu-Tamil Thaana-Latin Thai-Latin Tone-Digit Traditional-Simplified Turkmen-Latin/BGN Ukrainian-Latin/BGN Uzbek-Latin/BGN XSampa-IPA am-am_FONIPA az-Lower az-Title az-Upper ch-ch_FONIPA cs-cs_FONIPA cs-ja cs-ko cs_FONIPA-ja cs_FONIPA-ko dsb-dsb_FONIPA el-Lower el-Title el-Upper eo-eo_FONIPA es-am es-es_FONIPA es-ja es-zh es_419-ja es_419-zh es_FONIPA-am es_FONIPA-es_419_FONIPA es_FONIPA-ja es_FONIPA-zh ia-ia_FONIPA it-am it-ja ja_Latn-ko ja_Latn-ru ky-ky_FONIPA la-la_FONIPA lt-Lower lt-Title lt-Upper nl-Title pl-ja pl-pl_FONIPA pl_FONIPA-ja ro-ja ro-ro_FONIPA ro_FONIPA-ja ru-ja ru-zh sk-ja sk-sk_FONIPA sk_FONIPA-ja tlh-tlh_FONIPA tr-Lower tr-Title tr-Upper uz_Cyrl-uz_Latn uz_Latn-uz_Cyrl yo-yo_BJ zh_Latn_PINYIN-ru Any-Null Any-Lower Any-Upper Any-Title Any-Name Name-Any Any-Remove Any-Hex/Unicode Any-Hex/Java Any-Hex/C Any-Hex/XML Any-Hex/XML10 Any-Hex/Perl Any-Hex Hex-Any/Unicode Hex-Any/Java Hex-Any/C Hex-Any/XML Hex-Any/XML10 Hex-Any/Perl Hex-Any Any-NFC Any-NFKC Any-NFD Any-NFKD Any-FCD Any-FCC Any-ch_FONIPA Any-Latin Any-Telugu Any-Gurmukhi Any-Gujarati Any-Malayalam Any-Oriya Any-Devanagari Any-Kannada Any-Tamil Any-cs_FONIPA Any-ru Any-Bengali Any-uz_Latn Any-Katakana Any-ro_FONIPA Any-ky_FONIPA Any-zh Any-yo_BJ Any-am Any-es_419_FONIPA Any-eo_FONIPA Any-es_FONIPA Any-sk_FONIPA Any-Hant Any-Hans Any-Hiragana Any-la_FONIPA Any-Syriac Any-Greek Any-Greek/UNGEGN Any-Cyrillic Any-Hangul Any-Bopomofo Any-Arabic Any-Thai Any-Armenian Any-Thaana Any-Georgian Any-Hebrew Any-am_FONIPA Any-dsb_FONIPA Any-ia_FONIPA Any-uz_Cyrl Any-pl_FONIPA
Iwao@DS116:~$
DS116 で uconv -L


iconv_open で失敗した場合,iconv コマンドまたは uconv コマンドとするか?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Raspberry Pi に ImageMagick

以前調べた時に入っていた ImageMagick
先日追加した SD の Pi 環境には入っていないのでインストール.
検索すると sudo apt install ImageMagick とある.が,入力すると,
pi@raspberrypi:~ $ sudo apt install ImageMagick
パッケージリストを読み込んでいます… 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています… 完了
E: パッケージ ImageMagick が見つかりません
正しくは,
sudo apt install imagemagick
Raspberry Pi に ImageMagick のインストール
パッケージ名は小文字で指定する. imagemagick

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Fedora 環境で bmp が読めない

先日 GLUT でテクスチャ表示 の動作を確認していた時のこと.
Raspberry Pi ではうまく表示できることまで確認.
Raspberry Pi で GLUT テスクチャ表示
Fedora ではうまく読めない.
コードでテクスチャを生成しての表示ではうまくいく.
Fedora コードでテクスチャを作成しての表示
32 ビット色 BMP のコードは Synology NAS Web サーバなどでもそれなりに動作している.
Synology NAS で i_DIB を使用
32 bit exe ではうまく読み書きできているみたい.


Raspberry Pi (ARM) と Fedora (x64) で BITMAPFILEHEADER などを見ると 64 bit 環境でうまくない.
Raspberry Pi の BITMAPFILEHEADER BITMAPINFOHEADER
Fedora の BITMAPFILEHEADER BITMAPINFOHEADER
例えば bmih.biSize が x64 では 0x50 になっている(ARM では 0x28).


def_bmp.hxx が間違っているみたい.
どうも long の定義が Windows と Linux などでは異なるため.wiki 整数型


DWORD と LONG の定義を u_32 と i_32 に変更(u_32 ,i_32 は i_define.hxx で定義している).

//typedef unsigned long       DWORD;
typedef   u_32                DWORD;
//typedef long                LONG;
typedef   i_32                LONG;

Fedora での GLUT テクスチャ表示

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Raspberry Pi で NAS が …

以前は表示されていたと思うが…
Raspberry Pi のファイルマネージャ Pcmanfm で「移動」-「ネットワーク」で NAS などが表示されていない.
Raspberry Pi のファイルマネージャで「移動」-「ネットワーク」
しばらく対応方法がわからなかった.
「ファイルマネージャ」の「アドレス欄」に smb://ds116/ の様に入力することで接続できることを確認.
Raspberry Pi ファイルマネージャのアドレス欄に smb://ds116/

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


GLUT でテクスチャ表示

今度はテクスチャ.次の様なコードで面に貼り付け.

#include	"glut_cg.hxx"
#include	"gonsprmt.hxx"
#include	"i_dib_f.hxx"

i_DIB	tex_01 ;

int	main(int argc, char* argv[])
{
	{
		tstring	test_bmp = _T("./Tex01.bmp") ;
		//     	test_bmp = _T("/run/user/1000/gvfs/smb-share:server=ds116.local,share=web/i_Tools/Doc/blog/3D_Data/Tex01.bmp") ;
		#ifdef  _MSC_VER
		      	test_bmp = _T("//DS116/web/i_Tools/Doc/blog/3D_Data/Tex01.bmp") ;
		#endif
		tex_01 = ::DIB_Load(test_bmp.c_str()) ;
		}
	{
		GonsA	gnsa ;
		{
			Gons1	box = ::Gons_Box(Vd3(5,0,5)) ;
			box.SetColor(0xffffff) ;
			gnsa.push_back(box) ;
			}
		::set_GonsA(gnsa) ;
		::set_Extent(::GonsA_GetExtent(gnsa)) ;
		{
			C_glut*	gm = ::get_c_glut() ;
			gm->BG     = Vd4(0.9) ;
			gm->EP     = Vd3(0,-10,0) ;
			}
		}
	::glutInitWindowPosition(200,100) ;
	::glutInitWindowSize	(600,600) ;
	::glutInitDisplayMode	(GLUT_RGBA | GLUT_DOUBLE | GLUT_DEPTH) ;
	::glutInit           	(&argc,argv) ;
	::glutCreateWindow  	(argv[0]) ;
	::glutReshapeFunc   	(cv_resize) ;
	::glutDisplayFunc   	(cg_display) ;
	::glutKeyboardFunc  	(cv_keyboard) ;
	::glutMouseFunc   	(cv_mouse) ;
	::glutMotionFunc  	(cv_motion) ;
	::cv_init       	() ;
	{
		::glPixelStorei(GL_UNPACK_ALIGNMENT,1) ;
		::glTexImage2D(GL_TEXTURE_2D,0,GL_RGB,tex_01.GetWidth(),tex_01.GetHeight(),0,GL_RGB,GL_UNSIGNED_BYTE,tex_01.GetP_Bits()) ;
		::glTexParameteri(GL_TEXTURE_2D,GL_TEXTURE_MAG_FILTER,GL_NEAREST) ;
		::glTexParameteri(GL_TEXTURE_2D,GL_TEXTURE_MIN_FILTER,GL_NEAREST) ;
		::glEnable(GL_TEXTURE_2D) ;
		}
	::glutMainLoop   	() ;
	return	0 ;
	}

::glTexImage2D の指定と Tex01.bmp の形式が合っていないため
GLUT でテクスチャ表示 間違った GL_RGB の指定でずれている
32 ビット色の画像なので ::glTexImage2D の GL_RGB を GL_RGBA に.
GLUT でのテスクチャ表示 R と B  が合っていない
色の順番が違うので ::glTexImage2D を見ると GL_BGRA_EXT があったのでこれを指定.
GLUT でテクスチャ表示 GL_BGRA_EXT を指定

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


VC Linux の include 設定

VC Linux プロジェクトの include 設定
次のようなコードをビルドするのに include の設定がわからなかった.

#include	<cstdio>
#include	"gettickc.hxx"

int main()
{
	printf("VC 2019 hello !\n");
	for (long index = 0; index < 100; index++) {
		::Sleep_ms(100);
		printf("hello \t");
		fflush(stdout);
		if (index%5 == 4)	{
			printf("\n");
			}
		}
	printf("VC 2019 hello !\n");
	return 0;
	}

VC Linux プロジェクトの 「インクルードディレクトリ」設定


MFC のプロジェクトなどであれば,次の所で指定している.
C:\Users\Iwao\AppData\Local\Microsoft\MSBuild\v4.0\Microsoft.Cpp.x64.user.props
共通のインクルードディレクトリは,次の様なもの.
\\DevS\Documents\Develop\_.SRC\__CPR_;\\DevS\Documents\Develop\_.SRC\__Iwao;…


ソース内で次の様に指定してもエラーに.
#include “\\DevS\Documents\Develop\_.SRC\__CPR_\i_define.hxx”

1>main.cpp
1>C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2019\Professional\MSBuild\Microsoft\VC\v160\Application Type\Linux\1.0\Linux.targets(412,5): error : g++ がコード 1 で終了しました。詳細については、出力ウィンドウでビルド出力をご確認ください (注: 出力ウィンドウで詳細を確認するには、ツール オプションでビルド出力の詳細度を変更する必要があります)。
1>プロジェクト "ConsoleApplication2.vcxproj" のビルドが終了しました -- 失敗。

他に #include “//devs/documents/develop/_.src/__cpr_/i_define.hxx” としてみたが変わらず.


Raspberry Pi でビルドするともう少しわかりやすいエラーの表示になった.

1>main.cpp
1>D:\Document\VS\VS\2019\T_Linux\ConsoleApplication2\main.cpp(18,10): error : \\DevS\Documents\Develop\_.SRC\__CPR_\i_define.hxx: そのようなファイルやディレクトリはありません
1>D:\Document\VS\VS\2019\T_Linux\ConsoleApplication2\main.cpp(18,10): error :  #include "\\DevS\Documents\Develop\_.SRC\__CPR_\i_define.hxx"
1>D:\Document\VS\VS\2019\T_Linux\ConsoleApplication2\main.cpp(18,10): error :           ^~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1>D:\Document\VS\VS\2019\T_Linux\ConsoleApplication2\main.cpp(18,10): error : compilation terminated.
1>プロジェクト "ConsoleApplication2.vcxproj" のビルドが終了しました -- 失敗。

いろいろやって,次の様に指定することでうまくいった.
#include “/mnt/_.src/__cpr_/i_define.hxx”
プロジェクトの設定で次のものを指定することでビルドできることを確認.
/mnt/_.src/__CPR_;/mnt/_.src/__Iwao;/mnt/_.src/__Mlt_;/mnt/_.src/_gcc;/mnt/_.src/Test


/mnt/_.src はマウントしている.
Linux から Windows 環境への接続
g++ インクルードパスの設定

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Raspberry Pi Desktop の設定

Raspberry Pi Desktop を自分好みにするためのいくつかの設定.


Scratch は「日本語」になっているが Scratch 2 は英語のまま.
「File」メニューの左をクリックすると言語が選べて,下の方に「日本語」がある.
Scratch 2 言語設定


ブラウザの Chromium
「メインメニュー」の「設定」-「Add / Remove Software」.
Raspberry Pi Desktop メインメニューから Add / Remove Software
「Chromium」で検索して「ウェブブラウザ – 言語パック」にチェック.
Raspberry Pi Desktop ウェブブラウザ 言語パックにチェック
「OK」でインストール.
私の個人的なテスト用サイトの表示は,持っている Raspberry Pi よりスムーズ?
itl.mydns.jp

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ



    top

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。