Iwao Dev

気付いたことをメモしています.

この画面は、簡易表示です

Synology NAS

Linux から NAS へのアクセス

Linux から Synology NAS 上の共有ファイルへのアクセスでのメモ.
Linux 環境の「ファイルマネージャ」から「他の場所」を選択すると,DS116 などが複数表示されている.
Ubuntu 「ファイル」 「他の場所」
今まであまり気にしていなかったが,違いがあるとわかったのでメモ.
一覧で表示されたものから選択する場合は,区別できなさそう?
「サーバに接続」でそれぞれの方法で接続すると区別できる.
「DSM」-「コントロールパネル」-「ファイルサービス」-「SMB/AFP/NFS」
smb://ds116/
afp://ds116.local/
AFP と SMB で接続したときの区別
隠しファイルなど?になっている場合,AFP では一覧に表示されないことがある.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Let’s Encrypt certificate expiration …

また次のメールが届いた.


Let’s Encrypt certificate expiration notice for domain “itl.mydns.jp” (and 4 more)


Hello,
Your certificate (or certificates) for the names listed below will expire in 20 days (on 30 Aug 19 02:53 +0000). Please make sure to renew your certificate before then, or visitors to your website will encounter errors.
We recommend renewing certificates automatically when they have a third of their total lifetime left. For Let’s Encrypt’s current 90-day certificates, that means renewing 30 days before expiration. See https://letsencrypt.org/docs/integration-guide/ for details.
itl.mydns.jp

mish.myds.me
For any questions or support, please visit https://community.letsencrypt.org/. Unfortunately, we can’t provide support by email.
For details about when we send these emails, please visit https://letsencrypt.org/docs/expiration-emails/. In particular, note that this reminder email is still sent if you’ve obtained a slightly different certificate by adding or removing names. If you’ve replaced this certificate with a newer one that covers more or fewer names than the list above, you may be able to ignore this message.
If you are receiving this email in error, unsubscribe at http://mandrillapp.com/track/unsub.php?u=30850198&id=fab156addb7b4097869d6fbc1603e9d3.RsjpgIgXcXbPKK4%2Fg4vK9vppkUw%3D&r=https%3A%2F%2Fmandrillapp.com%2Funsub%3Fmd_email%3Diwao.n%2540ae.auone-net.jp
Regards,
The Let’s Encrypt Team


Synology NAS の DSM で更新してくれるはずなのにうまく動作しなかったのか?
DSM の「コントロールパネル」-「セキュリティ」-「証明書」から対象のものを選んで「右クリック」-「証明書を更新」.
DS116 証明書の更新

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


NAS でのコンパイルエラー

Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/gons_to$ g++ gons_to.cpp
In file included from /volume1/public/C_Sync/GoogleD/Develop/_.SRC/__Iwao/gonsa_to.hxx:24:0,
                 from /volume1/public/C_Sync/GoogleD/Develop/_.SRC/Test/gons_to.hpp:11,
                 from gons_to.cpp:13:
/volume1/public/C_Sync/GoogleD/Develop/_.SRC/__Iwao/ga_dae.hxx: In function 'Xml_E GonsA_ToDAE(const GonsA&, c_v_tstring&)':
/volume1/public/C_Sync/GoogleD/Develop/_.SRC/__Iwao/ga_dae.hxx:180:95: error: invalid initialization of non-const reference of type 'Vd3& {aka Vector3<double>&}' from an rvalue of type 'Vd3 {aka Vector3<double>}'
      Xml_E nodeR = dae_out::node_lookat(ID_visual_scene_n_c_R,ID_camera_R_STD,stdR.GetEyePoint(),target) ;
                                                                               ~~~~~~~~~~~~~~~~^~
In file included from /volume1/public/C_Sync/GoogleD/Develop/_.SRC/__Iwao/ga_dae.hxx:12:0,
                 from /volume1/public/C_Sync/GoogleD/Develop/_.SRC/__Iwao/gonsa_to.hxx:24,
                 from /volume1/public/C_Sync/GoogleD/Develop/_.SRC/Test/gons_to.hpp:11,
                 from gons_to.cpp:13:
/volume1/public/C_Sync/GoogleD/Develop/_.SRC/__Iwao/fe_dae.hxx:596:15: note:   initializing argument 3 of 'static Xml_E dae_out::node_lookat(LPCTSTR, LPCTSTR, Vd3&, Vd3&)'
  static Xml_E node_lookat (
               ^~~~~~~~~~~
In file included from /volume1/public/C_Sync/GoogleD/Develop/_.SRC/__Iwao/gonsa_to.hxx:24:0,
                 from /volume1/public/C_Sync/GoogleD/Develop/_.SRC/Test/gons_to.hpp:11,
                 from gons_to.cpp:13:
/volume1/public/C_Sync/GoogleD/Develop/_.SRC/__Iwao/ga_dae.hxx:181:95: error: invalid initialization of non-const reference of type 'Vd3& {aka Vector3<double>&}' from an rvalue of type 'Vd3 {aka Vector3<double>}'
      Xml_E nodeL = dae_out::node_lookat(ID_visual_scene_n_c_L,ID_camera_L_STD,stdL.GetEyePoint(),target) ;
                                                                               ~~~~~~~~~~~~~~~~^~
In file included from /volume1/public/C_Sync/GoogleD/Develop/_.SRC/__Iwao/ga_dae.hxx:12:0,
                 from /volume1/public/C_Sync/GoogleD/Develop/_.SRC/__Iwao/gonsa_to.hxx:24,
                 from /volume1/public/C_Sync/GoogleD/Develop/_.SRC/Test/gons_to.hpp:11,
                 from gons_to.cpp:13:
/volume1/public/C_Sync/GoogleD/Develop/_.SRC/__Iwao/fe_dae.hxx:596:15: note:   initializing argument 3 of 'static Xml_E dae_out::node_lookat(LPCTSTR, LPCTSTR, Vd3&, Vd3&)'
  static Xml_E node_lookat (
               ^~~~~~~~~~~
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/gons_to$ g++ gons_to.cpp
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/gons_to$ ./a.out

invalid initialization of non-const reference of type
node_lookat の 3 つ目の Vd3& を const とすることで対応.
invalid initialization of non-const reference of type” で検索するとわかりやすく書いてあった.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


認証要請が、このドメイン名に …

Let’s Encrypt 証明書を手動で更新していて,
「最大の認証要請が、このドメイン名に到着しました。」のエラーに.
最大の認証要請が、このドメイン名に到着しました。
作成や更新を,何度も要求した影響か?


DS115j は最近自動で更新されているみたい.
DS116 は,2019/01 に更新した時のまま.
その後どうなったかを試していて,DS115j の証明書がうまく取得できていない.


2019/04/03 DS116 の方は更新されたみたい.
DS116 の Let's Encrypt は更新済み

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Pythonで学び直す高校数学

Pythonで学び直す高校数学を購入.


Python をどうやれば使えるのかわかってないが,試しに python と打ってみると何か起動するみたい.


Raspberry Pi

login as: pi
pi@192.168.1.34's password:
Linux raspberrypi 4.14.79-v7+ #1159 SMP Sun Nov 4 17:50:20 GMT 2018 armv7l

The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
permitted by applicable law.
Last login: Fri Apr  5 21:59:29 2019

SSH is enabled and the default password for the 'pi' user has not been changed.
This is a security risk - please login as the 'pi' user and type 'passwd' to set a new password.

pi@raspberrypi:~ $ python
Python 2.7.13 (default, Sep 26 2018, 18:42:22)
[GCC 6.3.0 20170516] on linux2
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>>
pi@raspberrypi:~ $ python3
Python 3.5.3 (default, Sep 27 2018, 17:25:39)
[GCC 6.3.0 20170516] on linux
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>>

Synology NAS

login as: Iwao
Iwao@DS115j's password:
Iwao@DS115j:~$ python
Python 2.7.12 (default, Sep  7 2018, 13:20:13)
[GCC 4.9.3 20150311 (prerelease)] on linux2
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> hex(120)
'0x78'
>>> bin(120)
'0b1111000'
>>>
Iwao@DS115j:~$ python3
-sh: python3: command not found
Iwao@DS115j:~$

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


amp_preconnect_polyfill_404 …

Web サーバのログを見ていると,
404 /amp_preconnect_polyfill_404_or_other_error_expected._Do_not_worry_about_it?1553496120000
amp_preconnect_polyfill_404_or_other_error_expected
「心配しなくて良い」とあるが,気になってしまう.
amp_preconnect_polyfill_404_or_other_error_expected QR
QR コードを表示している関係か?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Joomla! インストール後の設定

Synology NAS DS116 の Joomla! インストール後の設定です.


「管理画面」を選択.
アドレス欄に入力する場合は,//ds116/joomla/administrator/ になります.
Joomla! ログイン
「システム」-「グローバル設定」-「サーバ」タブ.
「ロケーション設定」-「サイトのタイムゾーン」を設定.
Joomla! 設定 Tokyo
「システム」-「グローバル設定」-「サイト」タブ.
「SEO設定」で「URLリライトの使用」と「URLの末尾に…」を有効に.
Joomla! 設定 URL
OSMap をインストール.
Joomla! 設定 OSMap インストール
「コンポーネント」-「OSMap Free」を選択.
Joomla! 設定 OSMap XML
「XML」の所を選択するとサイトマップが開きます.
http://ds116/joomla/component/osmap/?view=xml&id=1
このアドレスを「Search Console」で送信します.
Joomla! 設定 サイトマップの追加
「Login Form」を無効に.
Joomla! 設定 Login Form を無効に


「コンポーネント」-「Joomla!の更新」から「更新のインストール」.
Joomla! 設定 アップデート

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Joomla! 再インストール

Synology NAS DS116 の Joomla! の再インストール.


「パッケージ センター」から「Joomla」を「インストール」.
Joomla! インストール
「次へ」.
Joomla! インストール 次へ
「データベースをセットアップ」-「次へ」.
Joomla! インストール DB セットアップ
「適用」.
Joomla! インストール 設定の確認
NAS の /web/joomla にコピーされます.
Joomla! インストール ファイアウォール通知
「ファイアウォール通知」は表示されないこともあります.
Joomla! インストール 開く
「開く」で Joomla! の設定画面が開きます.
Joomla! インストール サイト設定
サイト名,サイトの説明は後から変更できます.
「次へ」.
Joomla! インストール DB 設定
必要な部分を設定して「次へ」.
Joomla! インストール DB 設定 確認
「File Station」や「エクスプローラ」などで,「/web/joomla/instllation/_joomla….txt」を削除.
「次へ」.
Joomla! インストール 最終確認
Joomla! インストール 終了
「言語の追加インストール」を行います.
Joomla! インストール 言語の追加
「instllationディレクトリを削除」ボタンで削除.
Joomla! インストール 終了

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Joomla! 再インストールのために削除

Synology NAS DS116 上の Joomla! を,いろいろと弄ったので綺麗にするために再インストール.


「パッケージ センター」から「Joomla」を「アンインストール」.
Joomla! アンインストール
「次へ」.
Joomla! アンインストール 次へ
Joomla データベースの削除.
Joomla! アンインストール DB 削除
インストールされた /web/joomla が削除されます.
Joomla! アンインストール 終了

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


WordPress でエラーが表示される

自分のブログを見ているとエラーが…
Warning: mysqli_query(): (HY000/14): Can’t change size of file (Errcode: 28 “No space left on device”) in /…/wp-db.php on line 1924 Warning: mysqli_query(): (HY000/1021): Disk full (/tmp/#sql_27c2_0.MAI); waiting for someone to free some space… (errno: 28 “No space left on device”) in /…/wp-db.php on line 1924
wordpress disk full /tmp
原因は,画像変換で /tmp 以下を使用していて,70 MB 位のファイルが幾つも存在する様になってしまっていた.

Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/call_im$ ./a.out ~/gcc_test/Test/gons_to/data/dib/IMG_20180624_185921.vr.jpg
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/call_im$ ./a.out ~/gcc_test/Test/gons_to/data/dib/IMG_20180624_185921.vr.jpg
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/call_im$ ./a.out ~/gcc_test/Test/gons_to/data/dib/IMG_20180624_185921.vr.jpg
convert: ImproperImageHeader `/tmp/Iwao/i_Tools.tmp/20190201/20190201/IMG_20180624_185921.vr.jpg.004.bmp' @ error/bmp.c/ReadBMPImage/590.
convert: NoImagesDefined `/tmp/Iwao/i_Tools.tmp/20190201/20190201/IMG_20180624_185921.vr.001.jpg' @ error/convert.c/ConvertImageCommand/3258.
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/call_im$ df
Filesystem      1K-blocks      Used  Available Use% Mounted on
/dev/sda1         2385592    946808    1320000  42% /
none               513436         0     513436   0% /dev
/tmp               515324    515320          4 100% /tmp
/run               515324      3312     512012   1% /run
/dev/shm           515324         4     515320   1% /dev/shm
none                    4         0          4   0% /sys/fs/cgroup
/dev/sda3      2879506904 518855752 2360532368  19% /volume1
Iwao@DS116:~/gcc_test/Test/t_linux/call_im$

rm -r /tmp/Iwao/i_Tools.tmp/20190201/* とすることで一先ず対応.
デバッグ用にファイルを残していることもあるが,コードとしてどの様に対応するか検討が必要.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ



    top

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。