Iwao Dev

気付いたことをメモしています.

この画面は、簡易表示です

VC

BDH_Modify クラスを用意

BDH_Modify クラスを用意しました.
 class BDH_Modify {
 public:
   BDH_Modify () { Modified = FALSE ; }
 public:
  virtual BOOL IsModified (void) const { return Modified ; }
  virtual BOOL SetModifiedFlag (const BOOL mod=TRUE) { Modified = mod ; return TRUE ; }
  virtual BOOL CanClose (void) { return SaveModified() ; }
 public:
  virtual CString GetPathName (void) const { return _T(“ファイル”) ; }
  virtual BOOL DoFileSave (void) { return FALSE ; }
 public:
  virtual BOOL SaveModified (void) ;
 protected:
  BOOL Modified ;
  } ;

 inline
 BOOL BDH_Modify::SaveModified (void)
 {
  if (!IsModified()) { return TRUE ; }
  CString name = GetPathName() ;
  if (name.Find(‘\\’) >= 0) {
   name = ::GetFileName(name) ;
   }
  // VC98\MFC\SRC\DocCore.cpp CDocument::SaveModified() より
  CString prompt ;
  AfxFormatString1(prompt,AFX_IDP_ASK_TO_SAVE,name) ;
  switch (AfxMessageBox(prompt,MB_YESNOCANCEL,AFX_IDP_ASK_TO_SAVE)) {
   case IDCANCEL: return FALSE ; break ;
   case IDYES : if (!DoFileSave()) { return FALSE ; } break ;
   case IDNO : break ;
   default : break ;
   }
   return TRUE ;
  }

ダイアログベースなどで利用するために作成しました.
以下の様に利用しています.
 #include “BDH_Mod.hxx”
 class BDModCSV : public BDocCSV , public BDH_Modify {
 public:
  virtual BOOL Clear (void) { SetModifiedFlag(FALSE) ; return BDocCSV::Clear() ; }
 public:
  virtual void Serialize (CArchive& ar) { SetModifiedFlag(FALSE) ; BDocCSV::Serialize(ar) ; }
  } ;

 class Masters : public BDModCSV
 {
  // …
  virtual CString GetPathName (void) const { return GetFilePath() ; }
  virtual BOOL DoFileSave (void) { return FileWrite(GetFilePath()) ; }
  } ;

 BOOL Masters::AddMaster1 (Master* reg)
 {
  SetModifiedFlag(TRUE) ;
  // …
  }

 void CEditCNDlg::OnCancel()
 {
  Masters* masters = Mast_S->GetSelected() ;
  if (masters != NULL && !masters->CanClose()) { return ; }
  CDialog::OnCancel();
  }

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


VC6→VC8→MBCS→UNICODE C4651

c:\….\masteddg.cpp(4) : warning C4651: ‘/D_MBCS’ がプリコンパイル済みヘッダーに定義されていますが、現在のコンパイル処理には定義されていません。

vcproj 内の “;_AFXDLL;_MBCS;$(NoInherit)” を削除
 _AFXDLL _MBCS $(NoInherit)


VC 7 などで追加したファイルは,以下の様にシンプル.
<File
  RelativePath=".\MastEdDg.cpp">
  </File>

これは,VC 6 で追加したもの.
<File
  RelativePath="MastS.cpp">
  <FileConfiguration
    Name="Debug|Win32">
    <Tool
      Name="VCCLCompilerTool"
      PreprocessorDefinitions="WIN32;_DEBUG;_WINDOWS"
      BasicRuntimeChecks="3"/>
    </FileConfiguration>
  <FileConfiguration
    Name="Release|Win32">
    <Tool
      Name="VCCLCompilerTool"
      PreprocessorDefinitions="WIN32;NDEBUG;_WINDOWS"/>
    </FileConfiguration>
  </File>

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


UNICODE と VC6 → VC8 一部修正

UNICODE と VC6 → VC8  2009/12

VC6 UNICODE

wWinMainCRTStartup

VC6 → VC8

http://cid-535f5973454c1292.skydrive.live.com/self.aspx/.Public/MFC/VC6%e2%86%92VC8.txt

「全般」-「出力ディレクトリ」,「中間ディレクトリ」 .\$(ConfigurationName)
「プリコンパイル済みヘッダファイル」 $(IntDir)/$(TargetName).pch
「C/C++」-「出力ファイル」
 「ASMリスト...」
 「オブジェクト...」
 「プログラムデータベース...」
$(IntDir)/
「リンカ」-「全般」の「出力ファイル」 $(OutDir)/$(ProjectName).exe
リンカ」-「デバッグ」
 「プログラムデータベースファイルの生成」
$(OutDir)/$(ProjectName).pdb
「リソース」-「全般」の「リソースファイル名」 $(IntDir)/$(InputName).res
「MIDL」-「出力」の「タイプライブラリ」 $(IntDir)/$(ProjectName).tlb
「ブラウザ情報」-「全般」の「出力ファイル」 $(OutDir)/$(ProjectName).bsc

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


ビルドエラー

VC 8 でのビルドでエラー
c:\program files\microsoft visual studio 8\vc\atlmfc\include\afxtempl.h(674) : fatal error C1060: ヒープの領域を使い果たしました。
c:\program files\microsoft visual studio 8\vc\atlmfc\include\afxtempl.h(675): クラス テンプレート のメンバ関数 ‘void CArray::AssertValid(void) const’ のコンパイル中
with
[
TYPE=Circle,
ARG_TYPE=Circle
]
\\dp340xpp\d_drive\develop\circary.hxx(79) : コンパイルされたクラスの テンプレート のインスタンス化 ‘CArray’ の参照を確認してください
with
[
TYPE=Circle,
ARG_TYPE=Circle
]

エラーメッセージの通り,不要な AP を終了することにより対応.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


CHttpFile を利用した読込みで,…

CHttpFile を利用した読込みで,接続されていなくても ReadString でそれなりに戻ってくることがあった?

以下は,あるサイトが応答しているかどうかを確認するコードの断片.
  #define W_M_P_C_ _T(“http://www.??????.com/”)
  CString rData ;
  if (!canConnectWeb && InetFile::Read(W_M_P_C_,rData)) {
    if (rData.Find(K_M_P_C_) > 0) { canConnectWeb = TRUE ; }
    connectdSite = W_M_P_C_ ;
    }

アクセスする url に,ダブらないような情報を付加することで回避.
  CString para = _T(“?_q_=”) + ::ToString(::GetTickCount()) ;
  if (!canConnectWeb && InetFile::Read(W_M_P_C_+para,rData)) {
    if (rData.Find(K_M_P_C_) > 0) { canConnectWeb = TRUE ; }
    connectdSite = W_M_P_C_ ;
    }

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Dependency Walker , Spy , …

Dependency Walker
 http://www.dependencywalker.com/

Spy++ 8.0
 2005-09-28 10:07 140,463 spyxx.chm
 2005-12-01 03:24 496,824 spyxx.exe
 2005-09-23 02:13 73,728 spyxxhk.dll
 VC++ 2005 SP1 再頒布可能パッケージ
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


LBS_HASSTRINGS を忘れると…

オーナ描画リストボックスで,GetText を呼出した時,

コントロールの LBS_HASSTRINGS が指定されていない.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ

  • Categories:

コンソール AP リンクエラー

——————–構成: XXxxXXxx – Win32 Debug——————–
コンパイル中…
XXxxXXxx.cpp
リンク中…
nafxcwd.lib(thrdcore.obj) : error LNK2001: 外部シンボル “__endthreadex” は未解決です
nafxcwd.lib(thrdcore.obj) : error LNK2001: 外部シンボル “__beginthreadex” は未解決です
Debug/XXxxXXxx.exe : fatal error LNK1120: 外部参照 2 が未解決です。
link.exe の実行エラー

XXxxXXxx.exe – エラー 3、警告 0

「C/C++」-「コード生成」-「使用するランタイムライブラリ」を 「マルチスレッド (デバッグ)」 に


 
——————–構成: XXxxXXxx – Win32 Debug——————–
コンパイル中…
XXxxXXxx.cpp
リンク中…
nafxcwd.lib(afxmem.obj) : error LNK2005: “void __cdecl operator delete(void *)” (??3@YAXPAX@Z) はすでに LIBCMTD.lib(dbgdel.obj) で定義されています
Debug/XXxxXXxx.exe : fatal error LNK1169: 1 つ以上の複数回定義されているシンボルが見つかりました
link.exe の実行エラー

XXxxXXxx.exe – エラー 2、警告 0

http://support.microsoft.com/kb/148652/ja
Visual C++ で CRT ライブラリおよび MFC ライブラリのリンク順序が正しくないときに LNK2005 エラーが発生する

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


いつも場所を忘れるので

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ

  • Categories:

VC 2010 $(IncludePath)

Microsoft.Cpp.Xxxx.user.props の場所
C:\Users\(UserName)\AppData\Local\Microsoft\MSBuild\v4.0
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ee855621.aspx

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ



    top

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。