Iwao myds

dev.mish.work へ移行しました.

この画面は、簡易表示です

VC

error C2065 _lpa

T2OLE を利用したら,
——————–構成: Test – Win32 Debug——————–
コンパイル中…
Test.cpp
C:\…\Test.cpp(81) : error C2065: ‘_lpa’ : 定義されていない識別子です。
C:\…\Test.cpp(81) : error C2440: ‘=’ : ‘char *’ から ‘int’ に変換することはできません。(新しい動作 ; ヘルプを参照)
この変換には reinterpret_cast, C スタイル キャストまたは関数スタイルのキャストが必要です。
C:\…\Test.cpp(81) : error C2065: ‘_convert’ : 定義されていない識別子です。
cl.exe の実行エラー
Test.exe – エラー 3、警告 0

USES_CONVERSION; の指定がないとこれらのエラーが出力される.
テクニカル ノート 59


他に,今回テストに利用したサンプルで IID_PPV_ARGS が未定義となった.
動作確認が目的なので,c:\…\v7.0A\Include\ObjBase.h より対象部分の数行をコピーして利用.
COM のコーディング プラクティス

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


operator[]

以下の様なコードで,配列の要素として書き戻す部分がうまく機能してなかった.
BOOL d3D_PgonsA::SetUniqueName (void) {
  { // 空の場合 “Pgons_0x” を設定
    for (int index=0 ; index<this->GetCount() ; index++) {
      d3D_Pgons1 pgons = (*this)[index] ;
      CString name = pgons.GetName().c_str() ;
      if (name.IsEmpty()) {
        name.Format(_T(“Pgons1_%03d”),index+1) ;
        pgons.SetName(name) ;
        (*this)[index] = pgons ;
        continue ;
        }
      }
    }
  // …
  }
原因は, d3D_Pgons1& operator[] (const int index) が定義されてなかったためだが,未だによくわかってない.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


MemStat.hxx

Xcode や VC , W Mobile で可能な様にコードを書いてみた.


#ifndef MemStat_hxx
#define MemStat_hxx
//
#ifdef _WIN32
  typedef __int64 i64 ;
  typedef unsigned __int64 ui64 ;
#else
  typedef long long i64 ;
  typedef unsigned long long ui64 ;
#endif
//
#ifdef __APPLE_CC__
  #include <mach/mach.h>
#endif
#ifdef _WIN32
  #include <Windows.h>
  #include <WinBase.h>
#endif
//
class MemoryStatus {
public:

} ;
//

{
  P_Free = P_Total = 0 ;
  #ifdef __APPLE_CC__
  {
    unsigned int count = 0 ;
    mach_port_t host_port = ::mach_host_self() ;
    host_basic_info_data_t hb_info;
    {
      count = HOST_BASIC_INFO_COUNT ;
      ::host_info(host_port,HOST_BASIC_INFO,(host_info_t)&hb_info,&count) ;
      }
    vm_statistics_data_t vm_info;
    {
      count = HOST_VM_INFO_COUNT;
      ::host_statistics(host_port,HOST_VM_INFO,(host_info_t)&vm_info,&count) ;
      }
    P_Free = vm_info.free_count * vm_page_size ;
    P_Total = hb_info.max_mem ;
    }
  #endif
  #ifdef _WIN32
  #if !defined(_WIN32_WCE) && (_MFC_VER >= 0x700)
  {
    MEMORYSTATUSEX memStat ;
    memset(&memStat,0,sizeof(MEMORYSTATUSEX)) ;
    memStat.dwLength= sizeof(MEMORYSTATUSEX) ;
    ::GlobalMemoryStatusEx(&memStat) ;
    P_Free = memStat.ullAvailPhys ;
    P_Total = memStat.ullTotalPhys ;
    }
  #else
  {
    MEMORYSTATUS memStat ;
    memset(&memStat,0,sizeof(MEMORYSTATUS)) ;
    memStat.dwLength= sizeof(MEMORYSTATUS) ;
    ::GlobalMemoryStatus(&memStat) ;
    P_Free = memStat.dwAvailPhys ;
    P_Total = memStat.dwTotalPhys ;
    }
  #endif
  #endif
  }
//
#endif


ファイルは,UTF-8 と言うか,シフトJIS の設定で,7 bit の範囲の文字のみ使用.
改行は,CR+LF としている.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


C1083

—— ビルド開始 : プロジェクト : CalAxByC, 構成 : Debug Win32 ——
コンパイルしています…
StdAfx.cpp
c1xx : fatal error C1083: コンパイラの中間生成物 ファイルを開けません。’ .\Debug.070/CalAxByC.pch’: No such file or directory
CalAxByC – エラー 1、警告 0
———————- 終了 ———————-
ビルド : 0 正常終了、1 失敗、0 スキップ

出力ディレクトリなどの指定で .\$(ConfigurationName).070 の前にスペースが入っていた.


「UNICODE 文字セットを使用する」にすると,
—— ビルド開始 : プロジェクト : CalAxByC, 構成 : Debug Win32 ——
コンパイルしています…
CalAxByC.cpp
リンクしています…
LINK : warning LNK4075: /EDITANDCONTINUE は /INCREMENTAL:NO の指定によって無視されます。
msvcrtd.lib(wcrtexew.obj) : error LNK2019: 未解決の外部シンボル _wWinMain@16 が関数 _wWinMainCRTStartup で参照されました。
.\Debug.070/CalAxByC.exe : fatal error LNK1120: 外部参照 1 が未解決です。
CalAxByC – エラー 2、警告 1
———————- 終了 ———————-
ビルド : 0 正常終了、1 失敗、0 スキップ

この対応方法は vcproj を編集

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ

  • カテゴリー:

コード分析による修正

VC 9

~\CharFnc.hxx(155) : warning C6284: オブジェクトがパラメータ '3' として渡されました。
~\CharFnc.hxx(155) : warning C6284: オブジェクトがパラメータ '5' として渡されました。
  str.Format(_T("(%*s,%*s)"),width,        ToString(value.x) ,width,        ToString(value.y) ) ;
  str.Format(_T("(%*s,%*s)"),width,LPCTSTR(ToString(value.x)),width,LPCTSTR(ToString(value.y))) ;
  間違って LPCSTR としてしまうと,_UNICODE では
    error C2440: '' : 'CString' から 'LPCSTR' に変換できません。
  LPSTR としてしまうと,
    error C2440: '' : 'CString' から 'LPSTR' に変換できません。
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


explorer /e,/select

Explorer.exe コマンドライン オプション
  void CDropADlg::OnExecExplorer()
  {
    UpdateData(TRUE) ;
    CString file = m_SelectFile ;
    ShellExec se ;
    if (::FileIsDirectory(file)) {
      se.SetFile(file) ;
      }
    else {
      se.SetNon2QMark(TRUE) ;
      se.SetFile(_T(“explorer.exe”)) ;
      se.SetParamaters(_T(“/e,/select,”)+file) ;
      }
    se.Execute() ;
    }

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


xmlns を間違えて 0xE06D7363

xmlns の所を xmlne とタイプミス.そのまま実行して 0xE06D7363.
0xE06D7363
0xE06D7363
—————————
Microsoft Visual C++
—————————
ハンドルされていない例外 は T_xml_7.exe (KERNEL32.DLL) にあります: 0xE06D7363: Microsoft C++ Exception。
—————————
OK
—————————
通常の実行の場合は,
Abnormal Program Termination
—————————
Microsoft Visual C++ Debug Library
—————————
Debug Error!
Program: …NGS\ALL USERS\DOCUMENTS\VC_TEST\SVG\T_xml_7\Debug\T_xml_7.exe
abnormal program termination

(Press Retry to debug the application)
—————————
中止(A) 再試行(R) 無視(I)
—————————

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


コンパイルで C4786

——————–構成: T_xml_7 – Win32 Debug——————–
コンパイル中…
T_xml_7.cpp
c:\documents and settings\all users\documents\develop\____test\xmlout.hxx(69) : warning C4786: ‘__ehhandler$?Add_Attribute@XmlOut@@SAHV?$_com_ptr_t@V?$_com_IIID@UIXMLDOMDocument@MSXML@@$1?_GUID_2933bf81_7b36_11d2_b20e_00c04f983e60@@3U__s_GUID@@A@@@@
V?$_com_ptr_t@V?$_com_IIID@UIXMLDOMElement@MSXML@@$1?_GUID_2933bf86_7b36_11d2_b20e_00c04f983e60@@3U__s_GUID@@A@@@@PBD2@Z’ : デバッグ情報で識別子が 255 文字に切り捨てられました。
...
リンク中…
T_xml_7.exe – エラー 0、警告 6

コードは以下の部分.
  inline
  BOOL XmlOut::Add_Attribute (
        MSXML::IXMLDOMDocumentPtr pDoc,
        MSXML::IXMLDOMElementPtr pEle,
        LPCTSTR name,LPCTSTR value)
  {
    if (pDoc == NULL) { return FALSE ; }
    if (pEle == NULL) { return FALSE ; }
    MSXML::IXMLDOMAttributePtr pAtt = pDoc->createAttribute(name) ;
    pAtt->value = value ;
    pEle->setAttributeNode(pAtt) ;
    return TRUE ;
    }

前後に,
  #pragma warning (disable : 4786 )

  #pragma warning (default : 4786 )
を付加.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


DocTh.exe 2011.01.18 0xc0000374

Win7 環境のイベントビューアを見ていたら,エラーがいっぱい.

障害が発生しているアプリケーション名: DocTh.exe、バージョン: 1.10.2012.120、タイム スタンプ: 0x4f16d6f9
障害が発生しているモジュール名: ntdll.dll、バージョン: 6.1.7601.17725、タイム スタンプ: 0x4ec49b8f
例外コード: 0xc0000374
障害オフセット: 0x000ce6c3
障害が発生しているプロセス ID: 0x21cc
障害が発生しているアプリケーションの開始時刻: 0x01ccd71a3cef9b75
障害が発生しているアプリケーション パス: C:\Users\Iwao\AppData\Local\Temp\…\Project\DocTh\Release.060\DocTh.exe
障害が発生しているモジュール パス: C:\Windows\SysWOW64\ntdll.dll
レポート ID: 8e3b520d-430d-11e1-8bec-00219b51e933


AP 終了時に発生しているが,Win7 環境では,特に何も表示されない.
単純に exe を起動して,何もせず終了してもエラーが記録される.
同じ操作を,開発環境の XP で実行してもエラーにはならない.
また,デバッグ版 exe も問題ない.
他にもいろいろやったが,省略.
WinXP で,ドキュメントをドロップして終了でエラーが発生.

結局,原因は VC 6 でのビルド時の依存関係と思われるが,リビルドで解決.


この exe ではあまり意味はないが,Profile::SetPathINI() を利用しているので,これが原因かと思った.
  BOOL Profile::SetPathINI (void)
  {
    CWinApp* app = AfxGetApp() ;
    if (app == NULL) { return FALSE ; }
    CString nowINI = app->m_pszProfileName ;
    if (nowINI.Find(_T(“\\”)) > 0) {
      nowINI = GetFileName(nowINI) ;
      }
    CString newINI = Profile::CheckAndChangeINI(nowINI) ;
    free((void*)app->m_pszProfileName) ;
    app->m_pszProfileName = _tcsdup(newINI) ;
    return TRUE ;
    }
CWinApp::m_pszProfileName


i_Tools

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ



    top

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。