Iwao Dev

気付いたことをメモしています.

この画面は、簡易表示です

Windows

VirtualBox BLKCACHE_IOERR

今まで特に問題なく使えていた VHD が今日の午前中から調子が悪い.
VirtualBox BLKCACHE_IOERR

仮想マシンの実行中にエラーが発生しました!エラーの詳細を以下に示します。説明されたエラーを修正し、仮想マシンの再実行することができます。
The I/O cache encountered an error while updating data in medium "ahci-0-0" (rc=VERR_IO_CRC). Make sure there is enough free space on the disk and that the disk is working properly. Operation can be resumed afterwards.
エラーID: BLKCACHE_IOERR
重要度: 致命的でないエラー

検索すると「ホストの I/O キャッシュを使う」とあったが…
ホストの I/O キャッシュを使う
チェックを付けて起動させると,
スタートアップ修復
どうも違うみたいで,元に戻した.


どこかが壊れたのか?安定しない.
ブルースクリーンになってしまう


2021/02/28
どうも物理ディスクに障害が発生しているみたい.
突然ホストがブルースクリーンに.
Z170S0 がブルースクリーンに
起動後,ディスクの状態が「注意」となっていて「代替処理保留中のセクタ数」の所が黄色に.
代替処理保留中のセクタ数
イベントビューアを見ると disk のエラーがいっぱい.
イベントビューア 「disk 」のエラー
さかのぼって調べるとさらに 1 週間前位にもあり.
イベントビューア 「disk 」のエラー 2021/02/19
D ドライブのものをバックアップしていて,対象の VHD をコピーしている時読み取りエラーとなった.
VHD 「送り側のファイルまたはディスクから読み取れません」
最近,ホストの Windows Update 後などの再起動が遅いと感じていたが,この辺りが原因だったか?
PC の内蔵ディスクが壊れた?

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


CMutex の使用でデッドロック?

何年も前(2015/11?)からなのかもしれないが,
今の PC になってから作成した exe が起動時やサムネイルの表示などで停止する現象が時々発生している.
「ファイル更新監視」が停止
発生する頻度が低いのと,現象が絞り切れていなかったのでそのままになっていた.


今日,デバッグしていると exe が起動しない.
その時までに起動済みのものは動作しているが,止まってしまうものもあり.
以前この現象が発生した時は再起動することで回避したが,今回はもう少し調べてみることにした.


デバッガで追いかけると CMutex の Lock(INFINITE) で戻って来ない
CMutex Lock(INFINITE) で戻って来ない
使用している所は次の様な感じ.

{
	_MutexS_  mt(FALSE,_T("DocIB::GetBitmap")) ;
	MutexS    m(&mt) ;
	{
	//	共有のリソースに対する操作
		}
	}

通常の動作では Unlock されないことがある様には思えないが…
デバッガを使っていて Lock 中に exe を強制終了してしまったか?

_MutexS_	UseGdiPlus::ME(FALSE,_T("UseGdiPlus::GP_Token")) ;

{
	MutexS	me(&ME) ;
	if (IsInitialized())	{
		//	...
		}
	//	..
	}

いい修正方法が思い浮かばないので,とりあえずメモ.


2021/02/19
その後いろいろと検索して調べたが,通常の動作ではロックされたままとなることはなさそう.
https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/standard/threading/mutexes


表示されてはないが起動したままの exe があるかと思い,タスクバーを見たが特になさそう.
昨日,わかっているものの幾つかは「タスクの終了」で終わらせている.
そうなるとロックされている Mutex は,自前のシェルエクステンションと思われる.
「タスクバー」に表示されている「エクスプローラ」は終了させたが,まだ誰かがロックしている.
画面には表示されていない explorer.exe が幾つかか存在したので,すべて終わらせた.
これでロックされた Mutex は解放されたみたい.


今度は,デバッガを使用してうまく起動しなかった exe をいろいろ試すことに.
デバッガで Lock した直後にブレイクポイントを設定して停止.
当然であるが他の exe を起動すると Lock の所で止まってしまう.
デバッガで Unlock の後まで実行すると,他の exe も止まっていた所から動き出す.


デバッガで Lock した直後に停止させて,他の exe を起動.
デバッガで「デバッガの停止」してみる(Unlock していない)と,他の exe が動き出す.


これらの動作を見ると,使い方としてはそれ程間違ってはなさそう.
コードを追いかける限りでは,「マズい」所がわからない.
複数のプロセスから呼ばれた時に意図しないタイミングとなってしまう所があるのか?
ある程度はっきりしたのは,自前のシェルエクステンションの GDIPlus 関係の時の Lock で止まっていること.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


SetConsoleCtrlHandler

コンソール AP で,キー入力による中断ができないかと…
やりたいことは,時間がかかるコンソール AP で,その途中までの計算結果を保存すること.
コンソールアプリ 中断」で検索すると ::SetConsoleCtrlHandler を使えば良さそう.
MSDN を「PHANDLER_ROUTINE」で検索.次のサンプルが見つかった.
NSDN 2001/10 PHANDLER_ROUTINE
そのタイトル「Registering a Control Handler Function」で検索.
コントロール ハンドラー関数の登録
https://www.installsetupconfig.com/win32programming/
https://www.installsetupconfig.com/win32programming/winconsolecharapplication8index.html

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


T90Chi Windows Update その後

以前 Windows Update で,再起動を繰り返す状態になり そのままだった.
その後,幾つかの方法を試してみたが,BIOS 画面に入れずそのままとなっていた.
その時,音量の「-」と「電源ボタン」の同時長押しで起動すれば良い とあった.が,うまく入れないでいた.


久しぶりに調べてみると,USB キーボードを接続すれば良いとあったので試すとうまく BIOS 画面に入れた.
BIOS の起動は「F2」または「Delete」.「ESC」を押したときは「Please select boot device:」となる.
ESC を押して起動
F2 を押して起動
また,同じ様な状況になった人の記事も幾つかある.
ここまでは,昨日見つけた情報.


キーボード,マウス,Win10 インストール用 USB メモリ を接続して「ESC」を押して起動.
Win10 インストール用 USB メモリも接続して起動
インストールを進めて…
上の「アップグレード」は選択してもその先に進めない.「カスタム」を選択.
「インストールの種類」で「カスタム」を選択
4つのパーティションを削除.
パーティションを「削除」
「次へ」.
「次へ」を選択するとインストールが始まる
ライセンス認証は以前のものがそのまま引き継がれたみたい.
ライセンス認証
まだ設定は足りないが,何とか使えるようにはなった.


この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


ドライブ名からリモート名に

ネットワークドライブ名から UNC での表現に変換するコード.

#include	<clocale>
#include	"i_trace.hxx"

//#include	<winnetwk.h>
#pragma		comment	(lib,"mpr.lib")

tstring	W_get_remote_name	(LPCTSTR path_)
{
	tstring	dpath = path_ ;
	if (dpath.size() < 2)		{	return	dpath ;		}
	tstring	drive = dpath.substr(0,2) ;
	tstring	_path = dpath.substr(2) ;
	tstring	remote_path ;
	if (drive.length() == 2) {
		if (drive[1] == _T(':')) {
			u_16	d_t  = ::GetDriveType(drive.c_str()) ;
			if (d_t == DRIVE_REMOTE) {
				DWORD	buf_size = MAX_PATH ;
				tstring	remote_name ;
				remote_name.resize(buf_size+1) ;
				::WNetGetConnection(drive.c_str(),&remote_name[0],&buf_size) ;
				if (!remote_name.empty()) {
					remote_path = remote_name.c_str() + _path ;
					}
				}
			}
		}
	if (remote_path.empty())	{	return	dpath ;		}
	return	remote_path ;
	}

bool	Test	(void)
{
	for (long index=0 ; index<26 ; index++)	{
		tstring	drv  ;
				drv += TCHAR(_T('A')+index) ;
				drv += _T(":\\") ;
	//	if (index%2 == 0)
		{
			u_16	d_t  = ::GetDriveType(drv.c_str()) ;
			if (d_t == DRIVE_REMOTE) {
				drv += _T("*.*") ;
				v_tstring	files = ::EnumFiles(drv.c_str()) ;
				if (files.size() > 0) {
					drv = files[0] ;
					}
				}
			}
		drv += _T("                                      ") ;
		tstring	info = drv.substr(0,20) + _T("\t") + W_get_remote_name(drv.c_str()) ;
		{
			std::tout << info << std::endl ;
			}
		}
	return	true ;
	}

int	_tmain	(int argc,TCHAR* argv[])
{
	_tsetlocale(LC_ALL,_T("")) ;
	{
		::Test() ;
		}
	return	0 ;
	}

WNetGetConnection と net use
net use 」とコマンド入力することで似た様なことを確認できる.


管理者で起動した PowerShell の Get-SmbConnection で SMB のバージョンを確認できる.
ファイル共有で使われている SMB のバージョンを見る
Get-SmbConnection

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


フォルダの更新日時の変更

今までファイルの更新日時の変更は使っていた.
https://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se500182.html
が,このツールでフォルダの更新日時を変更しようとするとできない.
コードは CFile::SetStatus を使用している.

	CFileStatus	fs ;
	CFile::GetStatus(file,fs) ;
	fs.m_mtime = newTime ;
	CFile::SetStatus(file,fs) ;

CFile::SetStatus の中(…\atlmfc\src\mfc\filest.cpp)を見ると ::SetFileTime を使用している.
また Linux などでも使える utime(…\crt\src\utime.c)も ::SetFileTime を使っている.
VC 6 で作成したものをデバッガで追いかけると ::CreateFile で 0xffffffff が返ってきている.


ASUSTOR NAS で試すと,特に問題なく変更できる.

Iwao@AS5202T:/volume1/home/Iwao/gcc_test/Test/t_linux/t_mtime/t_utime $ cat t_utime.cpp
#include        <clocale>

#include        "i_trace.hxx"
#include        "filetime.hxx"
#include        "itls_tmp.hxx"
#include        "c_which.hxx"

int     _tmain  (int argc,TCHAR* argv[])
{
        _tsetlocale(LC_ALL,_T("")) ;
        {
                tstring temp_path = ::Get_i_Tools_tmp_date() ;
                tstring fold_path = ::Path_AddLastSP(temp_path) + ::Now_Format(_T("%H%M%S")) ;
                tstring file_path = ::Path_AddLastSP(temp_path) + ::Now_Format(_T("%H%M%S")) + _T(".tmp") ;
                {
                        ::Folder_Create   (fold_path) ;
                        ::File_CreateEmpty(file_path) ;
                        }
                {
                        time_t  f_time = ::File_GetMTime(file_path.c_str()) ;
                                f_time-= 3600*24*7 ;
                        ::File_SetMTime(file_path.c_str(),f_time) ;
                        ::File_SetMTime(fold_path.c_str(),f_time) ;
                        }
                {
                        tstring cmd     = tstring(cmd_ls_la) + _T(" ") + ::QuotM_Add_Auto(temp_path) ;
                        _tsystem(cmd.c_str()) ;
                        }
                }
        return  0 ;
        }
Iwao@AS5202T:/volume1/home/Iwao/gcc_test/Test/t_linux/t_mtime/t_utime $ g++ t_utime.cpp -Wall
Iwao@AS5202T:/volume1/home/Iwao/gcc_test/Test/t_linux/t_mtime/t_utime $ ll
total 136
drwxrwxrwx    2 Iwao     users       4.0K Nov  7 16:24 ./
drwxrwxrwx    3 Iwao     users       4.0K Nov  7 15:32 ../
-rwxr-xr-x    1 Iwao     users     122.7K Nov  7 16:24 a.out*
-rwxrwxrwx    1 Iwao     users        838 Nov  7 16:22 t_utime.cpp*
Iwao@AS5202T:/volume1/home/Iwao/gcc_test/Test/t_linux/t_mtime/t_utime $ ./a.out
total 0
drwxr-xr-x    3 Iwao     users           80 Nov  7 16:24 .
drwxr-xr-x    3 Iwao     users           60 Nov  7 16:24 ..
drwxr-xr-x    2 Iwao     users           40 Oct 31 16:24 162451
-rw-------    1 Iwao     users            0 Oct 31 16:24 162451.tmp
Iwao@AS5202T:/volume1/home/Iwao/gcc_test/Test/t_linux/t_mtime/t_utime $                                  

ASUSTOR NAS AS5202T 上で utime
今日はここまで.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


Win10 他の PC が表示されない

::SHBrowseForFolder を使用している所で,最近 PC 名でアクセスできないと問合せが…
SHBrowseForFolder
私自身はエクスプローラで直接入力していたので特に困ってはなかったが,ちょっと調べたのでメモ.


Win10 他の PC が表示されない」で検索すると幾つかの対応方法が見つかる.
Windows10 – ネットワーク上のコンピューターが表示されない時の対処法
Windows 10 にてネットワークコンピュータが表示されない場合
【解決】ネットワークでコンピューターや共有フォルダが表示されない【Windows10】
Windows 10のエクスプローラの[ネットワーク]にPCが表示されない場合の対処方法
SMBv1 は、Windows 10 バージョン1709、Windows Server バージョン1709以降のバージョンでは既定でインストールされません。
「SMB 1」を入れる様な記述も多いが,「WS-Discovery」を利用する方法で…
Win10 エクスプローラでコンピュータ名が見えない
動作を確認するために,タスクマネージャのサービスで「Function Discovery Resource Publication」を「開始」.
「Function Discovery Resource Publication」を「開始」
エクスプローラで見える様になる.
Win10 エクスプローラでコンピュータ名が見える様になる


保有している NAS で,QNAP TS-253D は表示されている.
Synology NAS DS116 は「Windowsネットワーク探索を有効化して…」のチェックで表示されるようになる.
Synology NAS DS218jをWindowsからネットワーク探索
Synology NAS Windows ネットワーク探索の有効化
その他の NAS では設定がわからず,直接入力で対応.
実際はネットワークドライブとして割り当てたり,ショートカットを作成したりしている.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


コンソール AP での define

コンソール AP で Windows.h や Afx.h を読み込んだ時のエラーに対応するために i_def_aw.hxx を用意.
_AFXDLL で判断しているため「MFC のスタティックライブラリを使用」には対応できない.

//	(VS8)\VC\AtlMFC\Include\AfxV_W32.h 
#ifdef			_MSC_VER
	#ifdef		_UNICODE
		#ifndef	 UNICODE
		#define	 UNICODE		// UNICODE is used by Windows headers
		#endif
	#endif
	#ifdef		 UNICODE
		#ifndef	_UNICODE
		#define	_UNICODE		// _UNICODE is used by C-runtime/MFC headers
		#endif
	#endif
#endif

#ifdef			 _MSC_VER
	#ifdef		 _AFXDLL
		#include <Afx.h>
	#else
		#include <Windows.h>
	#endif
#endif

#ifdef			_MFC_VER
	//		...
#endif

i_def_aw.hxx
i_def_aw.hxx 2020/09

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


robocopy でエラー 50 (0x00000032)

次の様なコマンドでファイルをバックアップしていると,

robocopy "\\DevX\Public\Documents\Develop"  "\\AS5202T\Public\Document\Develop"  /e /xo /xf *.bak 
...
                           6    \\DevX\Public\Documents\Develop\VC_Test\T_mem\T_PhysF\
                           8    \\DevX\Public\Documents\Develop\VC_Test\T_STL\
2020/09/11 10:03:08 エラー 50 (0x00000032) コピー先ディレクトリにアクセスしています \\AS5202T\Public\Document\Develop\VC_Test\T_STL\
この要求はサポートされていません。
30 秒間待機しています... 再試行しています...

robocopy エラー 50 0x00000032
何かの拍子に開いたままの状態になってしまったみたいで ASUSTOR NAS で「切断」することで対応.
ADM 「システム情報」-「オンラインユーザー」-「切断」
* 使用しているユーザを切断しない様に注意.


ディレクトリ以下のコピー
ClCpy 2021.06

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ


FindExecutable と C2664

::FindExecutable の動作を確認しようと思い次の様なコードを書いた.

#include	<clocale>
#include	<iostream>

#include	<Windows.h>

#include	"i_define.hxx"
#include	"tstring.hxx"

tstring	Get_doc_exe	(LPCTSTR doc)
{
	tstring	exe_path ;
	exe_path.resize(MAX_PATH,0) ;
	::FindExecutable(doc,NULL,&exe_path[0]) ;
	return	exe_path.c_str() ;
	}

int	_tmain	(int argc,TCHAR* argv[])
{
	_tsetlocale(LC_ALL,_T("")) ;
	{
		tstring	buf ;
		buf.resize(1000) ;
		{
			while (std::terr << _T("file ? =") , std::tin.getline(&buf[0],buf.size()))
			{
				tstring	str = buf.c_str() ;
				if	(str == _T("q"))	{	break ;		}
				else if (str == _T("Q"))	{	break ;		}
			//	str = ::QuotM_Del_All(str) ;
				if (str.empty())		{	continue ;	}
			//	if (::File_IsNothing(str))	{	continue ;	}
				std::tout << ::Get_doc_exe(str.c_str()) << std::endl ;
				}
			}
		}
	return	0 ;
	}

MBCS でビルドすると問題ないが,UNICODE にすると,

--------------------構成: get_exe - Win32 Release--------------------
コンパイル中...
get_exe.cpp
C:\Documents and Settings\All Users\Documents\Develop\VC_Test\PC_doc\get_exe\get_exe.cpp(37) : error C2664: 'class std::basic_istream<unsigned short,struct std::char_traits<unsigned short> > &__thiscall std::basic_istream<unsigned short,struct std::
char_traits<unsigned short> >::getline(unsigned short *,int)' : 1 番目の引数を 'char *' から 'unsigned short *' に変換できません。 (新しい機能 ; ヘルプを参照)
        指示された型は関連がありません; 変換には reinterpret_cast、 C スタイル キャストまたは関数スタイルのキャストが必要です。
C:\Documents and Settings\All Users\Documents\Develop\VC_Test\PC_doc\get_exe\get_exe.cpp(37) : fatal error C1903: 直前のエラーを修復できません; コンパイルを中止します。
cl.exe の実行エラー

get_exe.exe - エラー 2、警告 0

C2664 については ここ
Windows.h の include を i_define.hxx より後に.


::FindExecutable ではうまくない様な記述もあるが,今回の目的にはこれで良いかなと思う.
https://dobon.net/vb/dotnet/system/findassociatedexe.html
::FindExecutable を使用した動作テスト
https://itl.mydns.jp/…/get_exe_2020_09.zip


更にちょっと面白い動作があったので…

#include	"i_define.hxx"
#include	"tstring.hxx"
#include	<Windows.h>

#include	<clocale>
#include	<iostream>

int	_tmain	(int argc,TCHAR* argv[])
{
	_tsetlocale(LC_ALL,_T("")) ;
	{
		tstring	buf ;
		buf.resize(1000) ;
		{
			while (std::terr << _T("file ? =") , std::tin.getline(&buf[0],buf.size()))
			{
				tstring	str = buf.c_str() ;
				if	(str == _T("q"))	{	break ;		}
				else if (str == _T("Q"))	{	break ;		}
				if (str.empty())		{	continue ;	}
				::ShellExecute(NULL,NULL,str.c_str(),NULL,NULL,SW_SHOWNORMAL) ;
				}
			}
		}
	return	0 ;
	}

関連付けされているドキュメントは,::ShellExecute で普通に開く.
そうでないドキュメントは,エクスプローラでクリックしたのと同じような動作.
NotePad や MSPaint などと入力すると,幾つかの exe は起動できる.
起動できないものもあり,その違いは不明.
https://itl.mydns.jp/…/se_doc_2020_09.zip

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  にほんブログ村 IT技術ブログへ



    top

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。