Iwao Dev

気付いたことをメモしています.

この画面は、簡易表示です

Python から C の呼出し – 3

Win10 環境に入っている Python.h を検索.

C:\Users\Iwao>where /R \ Python.h
C:\CocosCreator\resources\utils\Python27\include\Python.h
C:\Microsoft\AndroidNDK64\android-ndk-r15c\prebuilt\windows-x86_64\include\python2.7\Python.h
C:\Microsoft\AndroidNDK64\android-ndk-r16b\prebuilt\windows-x86_64\include\python2.7\Python.h
C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2017\Professional\Common7\IDE\Extensions\Microsoft\Python\Core\Packages\ptvsd\_vendored\pydevd\pydevd_attach_to_process\dll\python.h
C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2017\Professional\Common7\IDE\Extensions\Microsoft\Python\Core\Packages\ptvsd\_vendored\pydevd\pydevd_attach_to_process\linux\python.h
C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2019\Professional\Common7\IDE\Extensions\Microsoft\Python\Core\debugpy\_vendored\pydevd\pydevd_attach_to_process\common\python.h
C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2019\Professional\Common7\IDE\Extensions\Microsoft\Python\Miniconda\Miniconda3-x64\include\Python.h
C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\Shared\Anaconda3_64\include\Python.h
C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\Shared\Anaconda3_64\pkgs\python-3.6.5-h0c2934d_0\include\Python.h
C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\Shared\Python36_64\include\Python.h
C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\Shared\Python36_86\include\Python.h
C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\Shared\Python37_64\include\Python.h
C:\ProgramData\Microsoft\AndroidNDK64\android-ndk-r11c\prebuilt\windows-x86_64\include\python2.7\Python.h
C:\salt\bin\include\Python.h
C:\Users\All Users\Microsoft\AndroidNDK64\android-ndk-r11c\prebuilt\windows-x86_64\include\python2.7\Python.h
C:\Users\Iwao\AppData\Local\Microsoft\Linux\HeaderCache\1.0\-1863842710\usr\include\python2.7\Python.h
C:\Users\Iwao\AppData\Local\Microsoft\Linux\HeaderCache\1.0\-1863842710\usr\include\python3.7\Python.h
C:\Users\Iwao\AppData\Local\Microsoft\Linux\HeaderCache\1.0\-1863842710\usr\include\python3.7m\Python.h
C:\Windows.old\Users\All Users\Microsoft\AndroidNDK64\android-ndk-r11c\prebuilt\windows-x86_64\include\python2.7\Python.h

C:\Users\Iwao>  

Win10 環境の Python.h

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


Python tkinter インストール

sudo apt install python3-tk
Debian 環境に tkinter インストール
Ubuntu 環境に tkinter インストール


Windows から Raspberry Pi 環境に接続できる様に samba を追加しようと…
検索して次の所を参考に設定.
https://qiita.com/fstyle/items/1670d260f58f77a43144
https://www.raspberrypirulo.net/entry/samba
この中で書かれている nano というエディタ.
CUI で使えるみたいで NAS などの幾つかの環境にインストール.
sudo opkg install nano


他に CUI のファイルマネージャ.
sudo opkg install mc
操作性など異なるが,エコロジーⅡを思い出す.
https://unilab.gbb60166.jp/T98Next/T98Next2.htm

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


NAS VirtualBox に Win10 … できず

ASUSTOR NAS の VirtualBox で動作させている Win10 が不安定なので,VirtualBox 上にインストールから…


ASUSTOR NAS の VirtualBox で作成した vdi をコピーしてそれを指定すると,
VirtualBox error: rc=0x80bb0001 Cannot register the hard disk ‘/volume1/Public/VHD/DevA/DevA.vdi’ {f7577f3a-2c71-49bb-b349-5b6aa27133bd} because a hard disk ‘/root/VirtualBox VMs/DevA/DevA.vdi’ with UUID {f7577f3a-2c71-49bb-b349-5b6aa27133bd} already exists (0x80070057)
vdi コピーでエラー
コマンドプロンプトで,
Microsoft Windows [Version 10.0.18362.1016]
(c) 2019 Microsoft Corporation. All rights reserved.

C:\Users\Iwao>cd %TMP%

C:\Users\Iwao\AppData\Local\Temp>"C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\VBoxManage.exe" internalcommands sethduuid B:\VHD\DevA\DevA.vdi
UUID changed to: 7bf3a9e5-06f0-4718-b8ed-c48322cc99f9

C:\Users\Iwao\AppData\Local\Temp>


コピーした vdi を選択して起動すると,
UUID {bee82a51-4b3e-4856-9d86-f035dee8bd25} of the medium ‘/volume1/Public/VHD/DevA/DevA.vdi’ does not match the value {7bf3a9e5-06f0-4718-b8ed-c48322cc99f9} stored in the media registry (‘/root/.config/VirtualBox/VirtualBox.xml’)
コピーした vdi を選択して起動するとエラー
検索 してわかりやすかったのが次の所.
https://katurakuno.xsrv.jp/Linux/LinuxMint/virtualbox/error.html
C:\Users\Iwao\AppData\Local\Temp>"C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\VBoxManage.exe" internalcommands sethduuid B:\VHD\DevA\DevA.vdi 7bf3a9e5-06f0-4718-b8ed-c48322cc99f9
UUID changed to: 7bf3a9e5-06f0-4718-b8ed-c48322cc99f9

C:\Users\Iwao\AppData\Local\Temp>


VirtualBox 内でセットアップは起動するが,リモートデスクトップサーバとして動作させる方法がわからない.
AS5202T VirtualBox Win10 インストール
今までは既存の vdi を使用していたが,インストールからとなると NAS 本体に接続するしかないのか?
以前,一時的に仮想マシンが起動する前に RDP 接続できていた時があったが,どこかの設定なのか?
QNAP NAS の Virtualization Station は,ブラウザから操作が可能


2020/09/20
VirtualBox の更新があり?リモートデスクトップ接続 できるようになった.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


TS-253D セットアップ – 7

幾つかの気づいたことをメモ.


SSH 接続して python3 が動作しない.
python 2.7 は起動する.
AppCenter で Python3 はインストールしてある.
はっきりわからないが,AppCenter でインストールしたものと SSH 接続してのものとは異なるみたい.
admin で入って opkg install python3 でインストール.
QNAP NAS に Python 3 インストール
これで SSH 接続でも可能になった.


インストールされている PHP は 7.3.7 .
アップロードできるファイルサイズはデフォルトで十分.


zip , unzip , 7z , convert は入っている.

[Iwao@TS253D prt_text]$ tree /mnt/ext/opt/ImageMagick/usr/local/
/mnt/ext/opt/ImageMagick/usr/local/
└── sbin
    ├── composite
    ├── convert
    └── identify

1 directory, 3 files
[Iwao@TS253D prt_text]$      

iconv コマンドは入ってなさそうだが iconv API は使える.


2020/08/18 pip の追加.

[~] # opkg install python3-pip
Installing python3-pip (19.2.3-4) to root...
Downloading http://bin.entware.net/x64-k3.2/python3-pip_19.2.3-4_x64-3.2.ipk
Installing python3-pkg-resources (41.2.0-3) to root...
Downloading http://bin.entware.net/x64-k3.2/python3-pkg-resources_41.2.0-3_x64-3.2.ipk
Installing python3-setuptools (41.2.0-3) to root...
Downloading http://bin.entware.net/x64-k3.2/python3-setuptools_41.2.0-3_x64-3.2.ipk
Installing python-pip-conf (0.1-1) to root...
Downloading http://bin.entware.net/x64-k3.2/python-pip-conf_0.1-1_x64-3.2.ipk
Configuring python-pip-conf.
Configuring python3-pkg-resources.
Configuring python3-setuptools.
Configuring python3-pip.
[~] #          

QNAP NAS に Flask のインストール

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


TS-253D セットアップ – 6

以前調べた時は,Synology NAS と同様に面倒だと思ったが…


検索すると
QNAPにEntware-stdをインストールする
QNAP NAS  QKPG Store の登録
QNAP NAS  Entware-std のインストール

Microsoft Windows [Version 10.0.18362.1016]
(c) 2019 Microsoft Corporation. All rights reserved.

C:\Users\Iwao>\\WDCloud\Public\Document\bat\ssh_ts253d.bat

C:\Users\Iwao>cd C:\Users\Iwao\AppData\Local\Temp

C:\Users\Iwao\AppData\Local\Temp>ssh -l Iwao -p 22 ts253d
Iwao@ts253d's password:
[Iwao@TS253D ~]$ gcc
-sh: gcc: command not found
[Iwao@TS253D ~]$ opkg
-sh: opkg: command not found
[Iwao@TS253D ~]$ /opt/bin/opkg
opkg must have one sub-command argument
usage: opkg [options...] sub-command [arguments...]
where sub-command is one of:

Package Manipulation:
        update                  Update list of available packages
        upgrade <pkgs>          Upgrade packages
        install <pkgs>          Install package(s)
        configure <pkgs>        Configure unpacked package(s)
        remove <pkgs|regexp>    Remove package(s)
        flag <flag> <pkgs>      Flag package(s)
         <flag>=hold|noprune|user|ok|installed|unpacked (one per invocation)

...

 regexp could be something like 'pkgname*' '*file*' or similar
 e.g. opkg info 'libstd*' or opkg search '*libop*' or opkg remove 'libncur*'
[Iwao@TS253D ~]$ 
[Iwao@TS253D ~]$ /opt/bin/opkg install gcc
Installing gcc (7.4.0-5) to root...
Downloading http://bin.entware.net/x64-k3.2/gcc_7.4.0-5_x64-3.2.ipk
Installing zlib (1.2.11-3) to root...
Downloading http://bin.entware.net/x64-k3.2/zlib_1.2.11-3_x64-3.2.ipk
Collected errors:
 * wfopen: //opt/lib/opkg/info/zlib.control: Permission denied.
 * extract_archive: Cannot create symlink from ./opt/lib/libz.so to 'libz.so.1': Permission denied.
 * extract_archive: Cannot create symlink from ./opt/lib/libz.so.1 to 'libz.so.1.2.11': Permission denied.
 * wfopen: /opt/lib/libz.so.1.2.11: Permission denied.
 * pkg_write_filelist: Failed to open //opt/lib/opkg/info/zlib.list: Permission denied.
 * opkg_install_pkg: Failed to extract data files for zlib. Package debris may remain!
 * opkg_install_cmd: Cannot install package gcc.
 * opkg_conf_write_status_files: Can't open status file //opt/lib/opkg/status: Permission denied.
 * opkg_conf_write_status_files: Can't open status file /opt/tmp//opt/lib/opkg/status: Permission denied.
[Iwao@TS253D ~]$ 

QNAP NAS ssh 接続 opkg
QNAP NAS opkg install gcc
sudo -i としても入れない.方法がわからなかったので admin で入ることに.

C:\Users\Iwao>ssh -l Iwao ts253d
Iwao@ts253d's password:
[Iwao@TS253D ~]$ sudo -i
Password:
Iwao is not in the sudoers file.  This incident will be reported.
[Iwao@TS253D ~]$
[Iwao@TS253D ~]$
[Iwao@TS253D ~]$ exit
logout
Connection to ts253d closed.

C:\Users\Iwao>ssh -l admin ts253d
admin@ts253d's password:
[~] #
[~] #
[~] #
[/opt/bin] # opkg install gcc
Installing gcc (7.4.0-5) to root...
Downloading http://bin.entware.net/x64-k3.2/gcc_7.4.0-5_x64-3.2.ipk
Installing zlib (1.2.11-3) to root...
Downloading http://bin.entware.net/x64-k3.2/zlib_1.2.11-3_x64-3.2.ipk
Installing libiconv-full (1.11.1-4) to root...
Downloading http://bin.entware.net/x64-k3.2/libiconv-full_1.11.1-4_x64-3.2.ipk
Installing libintl-full (0.19.8.1-2) to root...
Downloading http://bin.entware.net/x64-k3.2/libintl-full_0.19.8.1-2_x64-3.2.ipk
Installing libbfd (2.27-1) to root...
Downloading http://bin.entware.net/x64-k3.2/libbfd_2.27-1_x64-3.2.ipk
Installing libopcodes (2.27-1) to root...
Downloading http://bin.entware.net/x64-k3.2/libopcodes_2.27-1_x64-3.2.ipk
Installing objdump (2.27-1) to root...
Downloading http://bin.entware.net/x64-k3.2/objdump_2.27-1_x64-3.2.ipk
Installing ar (2.27-1) to root...
Downloading http://bin.entware.net/x64-k3.2/ar_2.27-1_x64-3.2.ipk
Installing binutils (2.27-1) to root...
Downloading http://bin.entware.net/x64-k3.2/binutils_2.27-1_x64-3.2.ipk
Configuring zlib.
Configuring libiconv-full.
Configuring libintl-full.
Configuring libbfd.
Configuring libopcodes.
Configuring objdump.
Configuring ar.
Configuring binutils.
Configuring gcc.
There are no *-dev packages in Entware(with few exceptions)!
Please install headers as described in the wiki:
https://github.com/Entware/Entware/wiki
[/opt/bin] # 

QNAP NAS admin opkg install gcc

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


TS-253D セットアップ – 5

メール通知の設定.
QNAP NAS メール通知の設定


WordPress の設定.
QNAP NAS  WordPress
そのまま進めてしまうとエラー.
QNAP NAS データベース接続確立エラー
検索すると pnpMyAdmin を入れるみたい
https://www.qnap.com/ja-jp/how-to/knowledge-base/article/how-to-install-wordpress-on-qts-4-4/
QNAP NAS  phpMyAdmin
phpMyAdmin を起動して root / admin と入力しても入れない.
「コントロールパネル」-「アプリケーション」-「SQLサーバー」で有効にする必要がある.
またこの時 root のパスワードを指定する.
QNAP NAS  SQL サーバ  パスワード指定
次の所を参考にさせてもらった.
QNAPのNASにWordPressをインストールしてみました
phpMyAdmin で wordpress データベースの作成
QNAP NAS WordPress データベース設定
QNAP NAS  WordPress  ブログ情報の登録
QNAP NAS WordPress ダッシュボード


Joomla! の設定.ASUSTOR NAS の時と同様.
QNAP NAS Joomla!  サイトの設定
QNAP NAS Joomla!  データベース設定
QNAP NAS Joomla!  インストール
QNAP NAS Joomla!  言語のインストール
QNAP NAS Joomla!  コントロールパネル

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


TS-253D セットアップ – 4

Virtualization Station 3 のエクスポート.
先日作成した Win10 を VirtualBox などで開くためにエクスポート.
仮想マシンの下にある「エクスポート」ボタンを押して,*.ovf で「スタート」.
Virtualization Station 3 で ovf のエクスポート
18 GB の img で 40 分位かかった.出力された vmdk は 9 GB .
AS5202T の VirtualBox で「ファイル」-「仮想アプライアンスのインポート」.
ASUSTOR NAS VirtualBox 仮想アプライアンスのインポート
変換に 5 分位.
そのまま実行すると 0xc0000225 .
チップセットを「ICH9」,「I/O APIC を有効化」にチェック.
AS5202T VirtualBox の仮想マシンの設定
安定して動作はするが,どこかで間違えたみたいでネットワークがうまく機能しない.
AS5202T phpVirtualBox
PC の VirtualBox で読み込んでみたが,やはりネットワークがうまく動作していない.
PC の VirtualBox でもネットワークがうまくない


今度は VirtualBox のエクスポート.
PC の VirtualBox で「仮想アプライアンスのエクスポート」,AS5202T 上の DevX をエクスポート.50 分位.
VirtualBox 仮想アプライアンスのエクスポート
QNAP NAS Virtualization Station 3 で「VM のインポート」.20 分位.
TS-253D Virtualization Station 3 「VM のインポート」
最初うまく起動しなかった(実際は表示がうまくされていなかっただけ?).
「設定」-「ビデオ」-「タイプ」を「Cirrus」になっていたものを「VGA」に.
Virtualization Station 3 「設定」-「ビデオ」-「タイプ」を「VGA」に
これでうまくいった.VNC 接続も問題なし.
Virtualization Station 3  VNC 接続

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


TS-253D セットアップ – 3

他の NAS と同じ様に Google Drive から NAS へのコピー.
HBS 3 Hybrid Backup Sync を利用するみたいだが,いろいろな機能がくっついているので慣れるまでわかり難い.


「同期」-「今すぐ同期」で 3 種類の方法が選べる.
QNAP NAS HBS 3 同期の種類
Google Drive 上のファイルを NAS へコピーなので「一方向同期ジョブ」と思ったが,これは NAS のデータを Cloud にバックアップするためのものみたい.
「双方向同期ジョブ」を選択.
QNAP NAS HBS 3 双方向同期
「アクティブ同期ジョブ」の設定を見ると Google Drive から NAS への矢印になっている.
QNAP NAS HBS 3 アクティブ同期
やりたかったのはこっちの方.
また「アクション」は「ミラー」の方が目的に合っている.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


TS-253D セットアップ – 2

今回の NAS で一番気になっている Virtualization Station 3
ASUSTOR NAS にも同様の目的の VirtualBox がある が,再起動時の安定度があまり良くない
2020/09/21 ASUSTOR NAS VirtualBox は 6.1.12 になり安定している.


「Virtualization Station 3」-「VM の作成」.
Virtualization Station 3  VM の作成
「OK」で「自動インストール」のメッセージが表示される.
Virtualization Station 3 「自動インストール」の確認
ここは「キャンセル」(「自動インストール」ではうまくいかなかった).
Virtualization Station 3 Win10 インストール開始
Virtualization Station 3 Win10 インストール終了
あまり速くない?
Virtualization Station 3 QNAP Guest Tools のインストール
ブラウザで操作していたため動きが悪かったのかもしれない.VNC 接続だとそれほど気にならない.
「Guest Tools」のインストールでは「Ultra VNC」もインストール可能になっている.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


TS-253D セットアップ

QNAP NAS TS-253D のセットアップ.
先ず,メモリの取り付け.
マニュアル通り進めれば可能.
https://us1.qnap.com/Storage/TechnicalDocument/Storage/SMB%20NAS/TS-x53D/TS-x53D-UG-01-ja-JP.pdf
但し,指の太い人はかなり厳しい.ケースカバーを外した方が作業はしやすいと思う.
メモリの表裏が,斜めから見るためわかり難い.
純正の 4G であれば,もともと付いているものと同じ向き(チップが付いている側が下).
HDD は WD Blue 3TB をベイ 2 に入れた.


以降は 付属のマニュアル を見ながらの作業.
ケーブルなどの接続を行い,PC に Qfinder をインストール.
画面の指示に従って進めていった.
TS-253D NAS 名称などの設定
TS-253D  QTS ログイン画面
TS-253D リソースモニタ
取り付けたメモリもちゃんと認識している.


QTS に入っていろいろと操作はできるが,なんかおかしい.
Web サーバを有効にできるのに「File Station」で見ると Web フォルダがない.
ユーザは追加できるが,標準で見えるはずの共有フォルダがない.
SSH 接続すると Home ディレクトリがない様なメッセージ.
ここまでの操作と付属のマニュアルを比べると,ディスクの設定がなかった.
付属のマニュアルは古いのかもしれない.


QNAP セットアップ」で検索すると次の所があった.
https://unistar.jp/column/2899/
これを見ると RAID の設定などは QTS から行うようになった?
TS-253D  ボリューム作成ウィザード 要約
ちょっとわからなかったのが,ボリューム容量の設定.
デフォルトでは 3.63 TB に対して 715.66 GB となった.
「最大に設定」で良いと思うが,今回は仮のセットアップのためデフォルトのままとした.


パスワードの制限は「コントロールパネル」-「システム」-「セキュリティ」-「パスワードポリシー」にある.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。



    top

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。