Iwao Dev

気付いたことをメモしています.

この画面は、簡易表示です

Windows バージョンのデスクトップ表示

 Windows のバージョンをデスクトップに表示する reg ファイル
http://cid-535f5973454c1292.skydrive.live.com/embedicon.aspx/.Public/RegFiles/PaintDesktopVersion.zip

HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Desktop
  PaintDesktopVersion

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


IE の Skype アドオン機能の無効化

IE での Web ページ内の電話番号付近の表示をなくす設定
Skype add-on の設定を開く.

その中の,「番号をハイライト表示する」のチェックを外す.

特に利用しない場合は,アンインストールしても良い.


2013/12/09 追記
今の環境(Win 7 , IE 10)では,
メニューの「ツール」-「アドオンの管理」などから
IE_10_AddOn
「Skype add-on for Internet Explorer」を選択して,「無効にする」
IE_10_Skype_Add_on
IE を再起動.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


Outlook で配信不能 配布先リスト

 「配布先リスト」の「名前」の所にメールアドレスでなく「連絡先」の「表示名」のみの場合?に配信不能になる.
修正後,「配信不能」にならなかったことは確認済み.
詳細は未確認.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


IIS 他の PC から接続できない

以下を設定済み.
Windows ファイアウォールを設定したまま、IIS のサービス提供を有効にする方法
  http://support.microsoft.com/kb/883877/ja
  http://support.microsoft.com/ja-jp/help/883877
この状態で,他の PC から接続できない状態になっていた(前は接続できてたはず).
 1. 一度,「詳細設定」-「サービス」タブの「Web サーバ(HTTP)」のチェックを外す.
 2. 「Windows ファイアウォール」のダイアログを閉じる.
 3. 再度開いて「「Web サーバ(HTTP)」のチェックを付ける.
再設定して他から接続できる様になった.


2016/04/19 追記 上は,Win XP 相当の内容です.


2015/02/17
IIS 環境の再設定

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  • Categories:

「全て/このユーザのみ」の選択を表示させない

インストール時のインストールフォルダの指定の時に,「すべてのユーザ」/「このユーザのみ」の選択を表示しない.

  1. メニューの「表示」-「エディタ」-「ユーザーインターフェイス」で設定ウィンドウを表示する.
  2. ツリーの「インストール」-「開始」-「インストールフォルダ」を選択.
  3. プロパティの「InstallAllUsersVisible」を Flase に.

必要に応じて,「配置プロジェクトのプロパティ」の「InstallAllUsers」を設定すること.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


エクスプローラでサムネール表示できない

 エクスプローラの表示設定の「常にアイコンを表示し,縮小版は表示しない」のチェックを外す.

  1. 「コントロールパネル」-「デスクトップのカスタマイズ」.
  2. その中の「フォルダオプション」.
  3. 「フォルダオプション」ダイアログ内の「表示」タブにあります.
  • または,「エクスプローラ」のメニューの「ツール」-「フォルダオプション」.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


インストールイメージのファイルの追加

インストールされるフォルダイメージのルートフォルダををドロップすれば良い.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


CommonAppDataFolder にインストールしたい

CommonAppDataFolder 以下に,ファイルをインストールする

  1. 「特別なフォルダの追加」-「カスタムフォルダ」でフォルダを作成.
  2. プロパティの「DefaultLocation」を "[CommonAppDataFolder]" と入力.
    [CommonAppDataFolder][Manufacturer][ProductName] などとしても良い.

System Folder Properties
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa372057(VS.85).aspx

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


Outlook で配信不能になる

2018/04/06 新しく書き直し


受信者をコードで指定していると Outlook で配信不能になる(OE では問題ない).

配信不能 : Subject
システム管理者
送信日時 2010/02/19(金) 21:20
宛先   **********


このメールは、受信者全員または一部に届きませんでした。
件名: Subject
送信日時: 2010/02/19 21:20
以下の受信者にメールを配信できません: 
‘user@*******.com’ 2010/02/19 21:20
この受信者へ配信できる電子メール アカウントはありません。


受信者のメールアドレスを設定する時,_T("smtp:") を付加する

// DOCMAPI.CPP  CDocument::OnFileSendMail
//*******************************************************************************
// 関数名 :ファイルの送信
// 作成日 :’06/06/23
//*******************************************************************************

BOOL SendMail::Send (void) const
{
  if (!IsSupport()) { return FALSE ; }
  CheckSizeAlert() ;
  // MultiByte の必要があるようなので,UNICODE の時のバッファをここに登録する
  LateDelete ld ;
  // 添付ファイルの準備
   int fileCount = 0 ;
   CArray<MapiFileDesc,MapiFileDesc> fileDescA ;
   int index = 0 ;
   for (index=0 ; index<PathNames.GetSize() ; index++) {
      CString pathName = PathNames[index] ;
      if (::FileIsNothing (pathName)) { continue ; }
      if (::FileIsDirectory(pathName)) { continue ; }
      MapiFileDesc fileDesc ;
      memset(&fileDesc,0,sizeof(MapiFileDesc)) ;
      fileDesc.nPosition = (ULONG)-1 ;
      #ifdef _UNICODE
        fileDesc.lpszPathName = SendMail__ChangeMultiByte(PathNames[index],&ld) ;
        fileDesc.lpszFileName = SendMail__ChangeMultiByte(FileNames[index],&ld) ;
      #else
        fileDesc.lpszPathName = LPSTR(LPCTSTR(PathNames[index])) ;
        fileDesc.lpszFileName = LPSTR(LPCTSTR(FileNames[index])) ;
      #endif
      fileDescA.Add(fileDesc) ;
      fileCount++ ;
      }
    // 受信者の準備
    int recipCount = 0 ;
    CArray<MapiRecipDesc,MapiRecipDesc> recipDescA ;
    CStringArray recipName ;
    CStringArray recipAddr ;
    for (index=0 ; index<Recipient.GetSize() ; index++) {
        recipName.SetAtGrow(index,Recipient[index]) ;
        recipAddr.SetAtGrow(index,Recipient[index]) ;
        if (IsAddressAddSMTP()) {
            recipAddr.SetAtGrow(index,_T("smtp:")+Recipient[index]) ;
            }
        }
    for (index=0 ; index<Recipient.GetSize() ; index++) {
      MapiRecipDesc recipDesc ;
      memset(&recipDesc,0,sizeof(MapiRecipDesc)) ;
      recipDesc.ulRecipClass = MAPI_TO ;
      #ifdef _UNICODE
        recipDesc.lpszName = SendMail__ChangeMultiByte(recipName[index],&ld) ;
        recipDesc.lpszAddress = SendMail__ChangeMultiByte(recipAddr[index],&ld) ;
      #else
        recipDesc.lpszName = (LPSTR)((LPCTSTR)(recipName[index])) ;
        recipDesc.lpszAddress = (LPSTR)((LPCTSTR)(recipAddr[index])) ;
      #endif
      recipDescA.Add(recipDesc) ;
      recipCount++ ;
      }
    MapiMessage message ;
    memset(&message,0,sizeof(message)) ;
    message.nFileCount = fileCount ;
    message.lpFiles = fileDescA.GetData() ;
    message.nRecipCount = recipCount ;
    message.lpRecips = recipDescA.GetData() ;
    #ifdef _UNICODE
       message.lpszSubject = SendMail__ChangeMultiByte(GetSubject(), &ld) ;
       message.lpszNoteText = SendMail__ChangeMultiByte(GetNoteText(), &ld) ;
    #else
       message.lpszSubject = LPSTR(LPCTSTR(Subject)) ;
       message.lpszNoteText = LPSTR(LPCTSTR(NoteText)) ;
    #endif
    CWnd* mainWnd = AfxGetMainWnd() ;
    #if(_MFC_VER >= 0x0700)
       ULONG_PTR hWnd = (ULONG_PTR)mainWnd->GetSafeHwnd() ;
    #else
       ULONG hWnd = (ULONG) mainWnd->GetSafeHwnd() ;
    #endif
    int nError = pSendMail(0, hWnd,&message, MAPI_LOGON_UI|MAPI_DIALOG, 0);
    if (nError != SUCCESS_SUCCESS &&
        nError != MAPI_USER_ABORT &&
        nError != MAPI_E_LOGIN_FAILURE) {
        AfxMessageBox(AFX_IDP_FAILED_MAPI_SEND) ;
        Copy() ;
        }
     return TRUE ;
     }

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  • Categories:

クリップボードへのテキストの転送

//  WinMFC.hxx
//*******************************************************************************
// 関数名 :クリップボードへのテキストの転送
// 作成日 :’01/07/13
// 変更日 :’07/12/14 UNICODE テキスト対応
//*******************************************************************************
inline
BOOL SetClipboardText (LPCTSTR text)
{
 CString   str = text ;
 GLOBALHANDLE hGMemText = 0 ;
 {
  hGMemText = ::GlobalAlloc(GHND,(DWORD)(str.GetLength()+1)*sizeof(TCHAR)) ;
  LPSTR  lpText = (LPSTR)::GlobalLock(hGMemText) ;
  memmove(lpText,str,str.GetLength()*sizeof(TCHAR)) ;
  ::GlobalUnlock(hGMemText) ;
  }
 {
  BOOL ret = ::OpenClipboard(NULL) ;
  if (ret == FALSE) {
   ::GlobalFree(hGMemText) ;
   ::MessageBeep(0) ;
   ::MessageBox(NULL,_T("ERROR: Cannot access the Clipboard!"),AfxGetAppName(),MB_OK|MB_ICONEXCLAMATION) ;
   return FALSE ;
   }
  else {
   ::EmptyClipboard() ;
   #ifdef _UNICODE
   ::SetClipboardData(CF_UNICODETEXT, hGMemText) ;
   #else
   ::SetClipboardData(CF_TEXT,   hGMemText) ;
   #endif
   ::CloseClipboard() ;
   }
  }
 return TRUE ;
 }
 
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  • Categories:


    top

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。