Iwao Dev

気付いたことをメモしています.

この画面は、簡易表示です

VS 6 の SP の確認

VS 6 の SP の確認
http://support.microsoft.com/kb/316915/ja
HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftVisualStudio6.0ServicePacks

Ver.   SP MFC MSC
VS 6 VC 6 6 0x0600 1200
VS .net VC 7 1 0x0700 1300
VS 2003 VC 7.1 1 0x0710 1310
VS 2005 VC 8 1 0x0800 1400
VS 2008 VC 9 1 0x0900 1500

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  • Categories:

IE8 での User Agent 文字列

IE8 での User Agent 文字列
 
イントラネット内で「互換表示」が ON になっていることがある.
「ツール」-「互換表示設定」-「互換表示でイントラネット…」のチェック
 
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  • Categories:

ダイアログにドロップ機能の追加

「ダイアログ プロパティ」-「拡張スタイル」タブ内の「ドラッグアンドドロップを許可」にチェック.
「MFC ClassWizard」の「クラス情報」-「詳細設定オプション」の「メッセージフィルタ」を「ウィンドウ」に.
「メッセージマップ」の「メッセージ」内の WM_DROPFILES を追加.


void C???Dlg::OnDropFiles(HDROP hDropInfo) 
{
    CStringArray dropFiles ;
    ::DropFilesToStringArray(hDropInfo,dropFiles) ;
    ...
    CDialog::OnDropFiles(hDropInfo);
}
//   WinMFC.hxx
//*******************************************************************************
// 関数名 :ドロップされたファイル名の取得
// 作成日 :’07/10/19
//*******************************************************************************
BOOL DropFilesToStringArray (HDROP hDropInfo,CStringArray& strAry)
{
    UINT nFiles = ::DragQueryFile(hDropInfo,(UINT)-1,NULL,0) ;
    CStringArray dropFiles ;
    for (UINT index=0 ; index<nFiles ; index++) {
         UINT len = ::DragQueryFile(hDropInfo,index, NULL,0) ;
              len += 1 ; // 終端の NULL 文字の分を確保
         CString dropFile ;
         ::DragQueryFile(hDropInfo,index,dropFile.GetBuffer(len),len) ;
         dropFile.ReleaseBuffer() ;
         dropFiles.Add(dropFile) ;
         }
    strAry.Copy(dropFiles) ;
    return TRUE ;
    }

2014/06/02 v_tstring DropFilesTo (HDROP hDropInfo) { v_tstring dropFiles ; UINT nFiles = ::DragQueryFile(hDropInfo,(UINT)-1,NULL,0) ; for (UINT index=0 ; index<nFiles ; index++) { UINT len = ::DragQueryFile(hDropInfo,index, NULL,0) ; len += 1 ; // reserve last '\0' tstring dropFile ; dropFile.resize(len,0) ; ::DragQueryFile(hDropInfo,index,&dropFile[0],len) ; dropFiles.push_back(dropFile.c_str()) ; } return dropFiles ; }
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


IIS 環境の設定

2018/11/16 追記
 Win7 x86 に IIS
 IIS 環境の再設定
 PAtoMHD.AsPln2D を …
 RegSvr32 で ocx などの登録
 


以下は Win XP 相当の内容です.

  1. http://support.microsoft.com/?id=883607
  2. 他の環境と同様に,asp などを Inetpubwwwroot 以下にコピー.
  3. db をコピー.
  4. 「ODBC データ ソース アドミニストレータ」の「システム DSN」で追加.
  5. http://support.microsoft.com/kb/175168/ja
  6. 「コンポーネント サービス」-「DCOM の構成」で「セキュリティ」タブ内の設定.
  7. INI のアクセス権の設定. ??
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  • Categories:

SCREnc スクリプト エンコーダ

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


複数のツールバーを横に並べて作成

//*******************************************************************************
// 関数名 :ツールバーの作成の後処理
// 作成日 :’05/06/16
// 変更日 :’07/04/06
//*******************************************************************************
// MFC\General\DockTool\MainFrm.cpp DockControlBarLeftOf より
BOOL	ToolBar::CreateDocking	(
	CFrameWnd*	frameW,
	CToolBar*	toolBar,
	UINT		idr,
	CString		title,
	UINT		barID,
	CToolBar*	last,
	const	BOOL	canFloat		//	フローティング可能かどうか
	)
{
	toolBar->SetWindowText(title) ;                                            	//  ウィンドウタイトルの設定
//	toolBar->SetBarStyle(toolBar->GetBarStyle()|CBRS_TOOLTIPS|CBRS_FLYBY) ;  	//  ツール チップなどの付加
	toolBar->EnableDocking(CBRS_ALIGN_ANY) ;                                       	//  ドッキング可能に
	Resize(toolBar,idr) ;	//	ツールバーのリサイズ
	{	//	ツールバーの位置を決定する
		static	CToolBar*		LastToolBar = NULL ;			//  前のツールバーの位置
		if (last != NULL)	{	LastToolBar = last ;	}		//  前のツールバーが指定された
		if (LastToolBar == NULL || barID != 0) {
			CControlBar*	pDockBar = frameW->GetControlBar(barID) ;
			if (pDockBar != NULL && canFloat) {
				frameW->DockControlBar(toolBar,barID) ;
				}
			}
		else {
			frameW-6gt;RecalcLayout() ;
			CRect		rect ;
			LastToolBar->GetWindowRect(&rect);
			rect.OffsetRect(1,1);
			DWORD		dw = LastToolBar->GetBarStyle();
			UINT		tBarID = 0 ;
			tBarID = (dw&CBRS_ALIGN_TOP)	            	?  AFX_IDW_DOCKBAR_TOP    : tBarID ;
			tBarID = (dw&CBRS_ALIGN_BOTTOM	&& tBarID==0)	?  AFX_IDW_DOCKBAR_BOTTOM : tBarID ;
			tBarID = (dw&CBRS_ALIGN_LEFT	&& tBarID==0)	?  AFX_IDW_DOCKBAR_LEFT   : tBarID ;
			tBarID = (dw&CBRS_ALIGN_RIGHT	&& tBarID==0)	?  AFX_IDW_DOCKBAR_RIGHT  : tBarID ;
			CControlBar*	pDockBar = frameW->GetControlBar(tBarID) ;
			if (pDockBar != NULL && canFloat) {
				frameW->DockControlBar(toolBar,tBarID,&rect) ;
				}
			}
		LastToolBar = toolBar ;				//  次のツールバーの位置を求めるために保存しておく
		}
	return	TRUE ;
	}

http://cid-535f5973454c1292.skydrive.live.com/embedicon.aspx/.Public/MFC/ToolBar.hxx

ToolBar.hxx

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


CMenu::SetDefaultItem()

CMenu::SetDefaultItem() では,サブメニューに設定できない

CMenu menu ;
CMenu* pPopup = menu.GetSubMenu(0);
pPopup->SetDefaultItem(defaultID) ;


pPopup->TrackPopupMenu(flags,point.x,point.y,AfxGetMainWnd()) ;
上のコードでは,トップレベルのコマンドには可能だが,そのサブメニューには対応できない.

以下の様に順に辿っていく必要がある

//*******************************************************************************
// 関数名 :既定のメニューの設定
// 作成日 :’09/11/12
//*******************************************************************************
inline
BOOL MenuMod::SetDefaultItem (CMenu* menu,const UINT defaultID)
{
 if (menu == NULL)   { return FALSE ;  }
 int  menuCount = menu->GetMenuItemCount() ;
 for (int index=menuCount-1 ; 0<=index ; index–) {
  UINT menuItemID = menu->GetMenuItemID(index) ;
  if (ID_SEPARATOR    ==menuItemID)  { continue ; } // SEPARATOR
  if (menuItemID == defaultID) {
   return menu->SetDefaultItem(index,TRUE) ;
   }
  CMenu* subMenu = menu->GetSubMenu(index) ;
  if (subMenu != NULL) {
   MenuMod::SetDefaultItem(subMenu,defaultID) ;
   }
  }
 return FALSE ;
 }

http://cid-535f5973454c1292.skydrive.live.com/embedicon.aspx/.Public/MFC/MenuMod.hxx

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  • Categories:

ShellExtension

CXxx::XPersistFile::Load は呼ばれるのに CXxx::XExtractIcon::GetIconLocation が呼ばれない
 
[HKEY_CLASSES_ROOTCLSID{xxxxxxxx-…xxxxxxxxxxxx}InProcServer32]
@="ExtentionDLL.dll"
"ThreadingModel"="Apartment"
 
TheredingModel を指定すれば呼ばれるようになった
 
2008/04/03 16:25
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  • Categories:


    top

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。