Iwao Dev

気付いたことをメモしています.

この画面は、簡易表示です

FaceA::Search の高速化

データが増えると遅かったので改良
BOOL FaceA::Search(const long edgeS,const long edgeE,long* left_Face,long* rightFace) const
{
  if (left_Face == NULL) { return FALSE ; }
  if (rightFace== NULL) { return FALSE ; }
  *left_Face = *rightFace = -1 ;
  BOOL lfFound = FALSE ;
  BOOL rfFound = FALSE ;
   static long LastFace = 0 ;
  int index = 0 ;
   for (index=LastFace ; index<GetCount() ; index++) {
     Face f = Faces[index] ;
     if (!f.Search(edgeS,edgeE,&lfFound,&rfFound)) { continue ; }
     if (*left_Face<0 && lfFound) { *left_Face = index ; }
     if (*rightFace<0 && rfFound) { *rightFace = index ; }
     if (*left_Face >= 0 && *rightFace>=0) {
       LastFace = min(*left_Face,*rightFace) ;
       return TRUE ;
       }
     }
  for (index=0 ; index<GetCount() ; index++) {
    Face f = Faces[index] ;
    if (!f.Search(edgeS,edgeE,&lfFound,&rfFound)) { continue ; }
    if (*left_Face<0 && lfFound) { *left_Face = index ; }
    if (*rightFace<0 && rfFound) { *rightFace = index ; }
    if (*left_Face >= 0 && *rightFace>=0) {
      LastFace = min(*left_Face,*rightFace) ;
      return TRUE ;
      }
    }
  return FALSE ;
  }

前に検索して一致した所から再検索するコードを追加.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


CArray の要素のコピー

FaceA::FaceA (const FaceA& other)
{

// ループによるコピー
  Faces.SetSize(other.Faces.GetSize()) ;
  for (int index=0 ; index<other.Faces.GetSize() ; index++) {
    Faces[index] = other.Faces[index] ;
    }

// CArray::Copy
  Faces.Copy(other.Faces) ;

  }

VC 6 リリース版では体感できなかったが,少なくともデバッグ版では Copy の方がはるかに速かった.

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


VC 2010 $(IncludePath)

Microsoft.Cpp.Xxxx.user.props の場所
C:\Users\(UserName)\AppData\Local\Microsoft\MSBuild\v4.0
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ee855621.aspx

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


CImage::Draw 部分のメモ

//  AtlImage.h より

inline BOOL CImage::Draw(
  _In_ HDC hDestDC,
  _In_ int xDest,
  _In_ int yDest,
  …
{
  …
#if WINVER >= 0x0500
  if( ((m_iTransparentColor != -1) || (m_clrTransparentColor != (COLORREF)-1)) && IsTransparencySupported() ) {
    bResult = ::TransparentBlt( hDestDC, xDest, yDest, … , GetTransparentRGB() ) ;
    }
  else if( m_bHasAlphaChannel && IsTransparencySupported() ) {
    BLENDFUNCTION bf;
    bf.BlendOp = AC_SRC_OVER;
    bf.BlendFlags = 0;
    bf.SourceConstantAlpha = 0xff;
    bf.AlphaFormat = AC_SRC_ALPHA;
    bResult = ::AlphaBlend( hDestDC, xDest, yDest, … , bf) ;
    }
  else
#endif // WINVER >= 0x0500
  {
    bResult = ::StretchBlt( hDestDC, xDest, yDest, … , SRCCOPY) ;
    }
  …
  return( bResult );
  }

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


VC 6 で GlobalMemoryStatusEx

#if(_MFC_VER >= 0x0700)
  #include	<WinBase.h>
#else

#include	<Windows.h>
#include	<TChar.h>

//  WinBase.h より
typedef struct _MEMORYSTATUSEX {
  DWORD    dwLength;
  DWORD    dwMemoryLoad;
  DWORDLONG  ullTotalPhys;
  DWORDLONG  ullAvailPhys;
  DWORDLONG  ullTotalPageFile;
  DWORDLONG  ullAvailPageFile;
  DWORDLONG  ullTotalVirtual;
  DWORDLONG  ullAvailVirtual;
  DWORDLONG  ullAvailExtendedVirtual;
  } MEMORYSTATUSEX, *LPMEMORYSTATUSEX;

typedef	BOOL	(WINAPI *PFnGlobalMemoryStatusEx)	(LPMEMORYSTATUSEX lpBuffer) ;

////
//*******************************************************************************
//	クラス名:Kernel32.DLL ラッパー
//	作成日	:’10/09/16
//*******************************************************************************
class	WrapKernel32	{
public:
      WrapKernel32	() ;
  virtual ~WrapKernel32	() ;
public:
  virtual	BOOL	GlobalMemoryStatusEx(LPMEMORYSTATUSEX lpBuffer) ;
protected:
  HMODULE   HLibrary ;
  PFnGlobalMemoryStatusEx  FnGlobalMemoryStatusEx ;
  } ;

////
//*******************************************************************************
//	関数名	:コンストラクタ/デストラクタ
//	作成日	:’10/09/16
//*******************************************************************************
inline
WrapKernel32::WrapKernel32	()
{
  HLibrary = NULL ;
  FnGlobalMemoryStatusEx = NULL ;
  HLibrary = ::LoadLibrary	(TEXT("Kernel32.DLL")) ;
  if (HLibrary == NULL)	{	return ;	}
  FnGlobalMemoryStatusEx = (PFnGlobalMemoryStatusEx) GetProcAddress(HLibrary,("GlobalMemoryStatusEx")) ;
  }

inline
WrapKernel32::~WrapKernel32	()
{
  if (HLibrary != NULL) {
    FreeLibrary(HLibrary) ;
    }
  }

////
//*******************************************************************************
//	関数名	:それぞれの呼び出し
//	作成日	:’10/09/16
//*******************************************************************************
inline
BOOL	WrapKernel32::GlobalMemoryStatusEx	(LPMEMORYSTATUSEX lpBuffer)
{
  if (FnGlobalMemoryStatusEx != NULL)	{
    return	FnGlobalMemoryStatusEx	(lpBuffer) ;
    }
  return	FALSE ;
  }

inline
BOOL	WINAPI	GlobalMemoryStatusEx(LPMEMORYSTATUSEX lpBuffer)
{
  if (lpBuffer->dwLength != sizeof(MEMORYSTATUSEX)) {
    #ifdef	_DEBUG
      afxDump << _T("GlobalMemoryStatusEx ... dwLength != ") << sizeof(MEMORYSTATUSEX)
            << _T("  ") << lpBuffer->dwLength << _T("\r\n") ;
    #endif
    }
  WrapKernel32	wk32 ;
  return	wk32.GlobalMemoryStatusEx(lpBuffer) ;
  }

#endif	//	(_MFC_VER >= 0x0700)

WrpKrnl3.hxx

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  • カテゴリー:

DIB の縮小表示

サイズの大きな画像を縮小して表示すると汚くなる

SetStretchBltMode の指定が必要.
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc428734.aspx

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。


「応答なし」になり難くする

//*******************************************************************************
// 関数名 :時間がかかる時に,応答なしにならない様にする
// 作成日 :’07/10/05
//*******************************************************************************
BOOL WaitPeek (void)
{
  MSG msg ;
  ::PeekMessage(&msg,NULL,0,0,PM_NOREMOVE) ;
  return TRUE ;
  }

//*******************************************************************************
// 関数名 :時間がかかる時に他に制御を回す
// 作成日 :’95/12/05
//*******************************************************************************
BOOL Wait (void)
{
  MSG msg ;
  for (int msgCnt=0 ; msgCnt < 1000 ; msgCnt++) {
    if (::PeekMessage(&msg ,NULL,0,0,PM_REMOVE)) {
      if (msg.message == WM_QUIT) {
        return FALSE ;
        }
      ::TranslateMessage(&msg) ;
      ::DispatchMessage(&msg) ;
      continue ;
      }
    break ;
    }
  return TRUE ;
  }


2011/11/02 追加
//*******************************************************************************
// 関数名 :時間がかかった時に,不要なイベントをスキップする
// 作成日 :’11/03/31
//*******************************************************************************
inline
BOOL EatMessage (const HWND wnd=NULL,const UINT skipWM=WM_TIMER)
{
  MSG eatMsg;
  while(::PeekMessage(&eatMsg,wnd,skipWM,skipWM,PM_REMOVE)) ;
  return TRUE ;
  }

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

  • カテゴリー:

Win7 srv 2017

ログの名前: System
ソース: srv
日付: 2010/01/08 21:15:09
イベント ID: 2017
タスクのカテゴリ: なし
レベル: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー: N/A
コンピューター: T54W7U64
説明:
非ページ プール割り当ての制限に達したため、サーバーはシステムの非ページ プールから割り当てることができませんでした。

検索すると,
[HKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMCurrentControlSetservicesLanmanServerParameters]
"Size"=dword:00000003
"MaxMpxCt"=dword:000000ff
"MaxWorkItems"=dword:00000400
とある.

T54W7U64 の現在の設定は,
[HKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMCurrentControlSetservicesLanmanServerParameters]
"MaxNonPagedMemoryUsage"=dword:ffffffff

http://cid-535f5973454c1292.office.live.com/self.aspx/.Public/RegFiles/Win7^_SRV^_2017.zip

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。



    top

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。